Boncte8iobxthlmbiup4

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ホーチミンの治安って実際どうなの?危険エリアや注意点を在住者が解説!

2020.12.05

近年観光地として人気のホーチミンですが、治安の良くないエリアなどではトラブルも多発しています。 今回は、ホーチミンに在住する私の実体験も交えつつ、ホーチミンの治安の実情について解説していきたいと思います! ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

この記事に登場する専門家

Sa8fj0zcku4dy9kxgg3t

ホーチミン在住ライター

nico

国内外を転々とする転勤族の妻。現在はベトナムのホーチミンに在住、ライター業などを行いながらいろんな国の方々とお仕事させて頂いています。旅行好きで、これまで8か国旅行しました。経験に基づいた、「interesting」な記事を執筆していきます。

  1. ホーチミンの治安を徹底解説!
  2. 外務省が発表!ホーチミンの治安は良い?悪い?
  3. ホーチミンで治安が悪いエリアはどこ?
  4. ホーチミンの治安をケース別に紹介!(体験談付き)
  5. ホーチミンでの注意点&治安トラブル対策
  6. 治安対策をしっかり行って楽しいホーチミン旅行を!

こんにちは!ホーチミン在住ライターのnicoです!

近年急速に成長中のホーチミンは、観光地としても日本人から大人気。

ですが、観光客を狙った犯罪も多発しているのをご存知でしょうか?

楽しい旅行を台無しにしないためにも、ホーチミンの治安対策をしっかり行ってから現地に乗り込みましょう!

ホーチミン在住者の体験も盛り込みながら、ホーチミンの治安について解説していきます!

S6spu66ktibcmkdoxw0u

外務省の「海外安全ホームページ」の情報によると、現在ベトナムには危険情報は出ていません。(2019年7月9日現在)

つまり、国際的に見てテロや感染症といったリスクが低く、比較的治安の良い国であると言えます。



しかし、ひったくりや置き引き、賭博詐欺などの犯罪は日本人も多く巻き込まれており、日本大使館でも報告を受けているとのことです。

ホーチミンの中でもエリアなどによって治安が変わって来ますので、どこでどのような犯罪が起きているのかをご紹介していきます。

比較的治安が良いと言われているホーチミンですが、エリアによっては犯罪に巻き込まれる確率が高くなります。

具体的にどこに注意すべきか、以下でご確認ください!

ドンコイ通り・ベンタイン市場・1区中心地周辺

Negn5d1xvkjpmcitqgmt

1区にはホーチミンの観光地が多く集まっており、比較的治安は良いエリアですが、観光客を狙った犯罪が多くなっています。

観光地の多いドンコイ通りやグエンフェ通り周辺はひったくりなどの犯罪に巻き込まれやすいエリアなので、注意が必要です。

ベンタイン市場も、人込みなのと、買い物に夢中になってしまうことで隙が生まれ、バッグやスマホを盗まれやすいエリアです。

バックパッカー街

Npuo00dreula78h6pwma

1区の中心街からベンタイン市場を通り過ぎた先にあるバックパッカー街は、格安なトラベルデスクや多くのバーが並び、ローカルから外国人まで幅広く人気のエリアです。

一方、犯罪グループが集まっているエリアでもあり、ひったくり賭博詐欺などの犯罪が多発しています。


ベトナム人も「治安が悪い」というエリアですので、遊びに行く際は安易な誘いに乗らない、手荷物はしっかり管理するなど、対策をしっかりして行きましょう。

中華街「チョロン」・5区・6区

Bmqjxvseicxhqtbzzm1s

ホーチミンの中でも中華系の人達が多く住むこのエリアは、中華料理店や手芸市場で有名です。

住んでいる人の8割は中華系の地元民で、あまり観光地化しておらず、治安は良くありません。

中心街とは違い街灯も多くないため、夜の1人歩きは避けた方が賢明と言えます。

ひったくりも横行していますので、特別に用がない限りは行かない方が良いでしょう。

4区・7区・8区

Xpc7jm8j9polnzuzxezj

4区・7区・8区は地元民ばかりが住む、ホーチミンの中でもローカルなエリアです。

7区には日本人学校があるので一部には多く日本人も住んでいますが、一歩外れると完全にローカルな住宅街となります。


このあたりではひったくりはもちろん、空き巣や強盗などの犯罪も多く、居住者も常に警戒しながら生活している状態です。

治安は良くありませんので、用事が無ければこちらも避けるようにした方が賢明でしょう。

危険なことがあると聞いていても、楽しい時間を過ごしていると忘れてしまうのが旅行というもの。

そんな油断をかき消すべく、実際にホーチミンでトラブルに巻き込まれた事例を、私や友人の実体験からケース別にご紹介していきたいと思います・・・!

私たちの涙から生まれた体験談になりますので、ぜひこれらを読んでトラブル回避を誓っていただければ嬉しいです!笑

ホーチミンの町中

Nkab7gbghtotopm9aabx

ホーチミンの街中はひったくりが横行しています。

私の友人がベンタイン市場の近くを歩いていた際、後ろからバイクが走って来たそう。

ホーチミンでは歩道をバイクが走ってくるのはよくあることなのですが、そのバイクが横を通り過ぎた瞬間なんだか体が軽くなったそうです。

ふと見下ろすと、肩から下げていたショルダーバッグがありません!


とはいえバイクに追いつくこともできず、結局バッグの中のスマホや財布を盗られてしまったそうです。

その方曰く、「盗られた瞬間に引っ張られもしなかったし、本当に何の感触もなかった」のだそう。

おそらく「ショルダー部分をすごく上手く切って盗っていったんだと思う」とおっしゃっていました。

バッグに入れていても盗られてしまうなんて、本当に怖いですよね・・・。


また、ホーチミンの街中はバイクと車がごった返しており、交通ルールがほとんど機能していないのが実情です。

道路を渡る際にも車もバイクも止まってくれませんので、歩行者がうまくタイミングを見計らいながら渡らなければなりません。

私の友人はホーチミンに来た当初その渡り方に慣れておらず、渡っている途中で立ち止まってしまったそうです。


すると、バイク側も友人をよけ切ることができず、ハンドルが友人のカバンに引っかかり、友人はそのまま数メートル引きずられてしまったとのこと。

命には別条はありませんでしたが、引きずられてケガをしてしまったことで道路を渡るのがトラウマになっているそうです。

ホーチミンのレストランやお店

Knalb2csyygpr2daimkc

ホーチミンはぼったくりも横行しています。

特にベンタイン市場内ではほぼ全店がぼったくりですので、値切るのを忘れないようにしてください。

私も、Tシャツを買おうとしたとき最初50万ドン(2500円)と言われ、高すぎるからいらないと言ったらどんどん値段が下がり、最終的に10万ドン(500円)になりました。笑

観光客にはかなり強気な価格を言ってきますので、絶対に半額以下には値切りましょう。

ベンタイン市場以外にも、あまり名の知れていないマッサージ店やバーなども高額な料金を請求してくることがあります。


トラブル回避のためにも、入店する前には必ずGoogleなどで店の評判を確認するのがおすすめです。

ホーチミンの交通機関

Fzeoqfauuqdoiqksoizk

ホーチミンにはまだ地下鉄がなく、鉄道やバスもかなりローカル向けなので、観光客はタクシー移動がメインとなります。

ですが、よく分からない個人タクシーには絶対乗ってはいけません。

空港から出るといろいろな人がタクシーに乗らないかと声をかけてきますが、基本的にぼったくりなので、VinasunかMailin以外は使わないようにしましょう。


VinasunやMailinの外装を真似たタクシーもたくさんいるので注意が必要です。

私も1度乗ったことがあるのですが、最初は全然メーターが回らなかったのに、ある距離を超えた辺りから急激なスピードでメーターが回り始めて焦ったことがあります。

近所だったので大した料金ではなかったのですが、遠方までの移動なら絶対に止めさせていました。

友人は、乗ってすぐにメーターがすごい勢いで回り始めたので急いで降りたと言っていました。

ホーチミンの夜道

La8m9cfmhzxk9kfykou2

ホーチミンの夜道はひったくりに要注意です。

私も以前、夜のバックパッカー街でひったくりに遭いました。

友人とタクシーを捕まえようとしていたのですが、その日は雨で競争率が高く、なかなかタクシーが捕まりませんでした。

そこで私はスマホアプリでタクシーを呼ぶことに。

あと2分でタクシーが到着するとのことだったので、歩道でスマホを手に持ったままタクシーを待っていると、急に手元からスマホが消えたのです。


最初は落としてしまったのだと思い、足元を見たのですが、何もありません。

顔を上げると横を走り去るバイク2人組の姿が!

そこでやっとひったくりに遭ったと理解し、急いで追いかけましたが時すでに遅し。

バイクは素早く繁華街の中に曲がり、他の大勢のバイクと紛れてしまったのです。

一瞬の隙をつかれた犯行でした・・・。

ホーチミンのバー・クラブ

Pazxm0phabphth4qlvst

ホーチミンのバーやクラブではスリや賭博詐欺などが横行しています。

私の知人も、バックパッカー街のバーでスリに遭いました。

その方は友人と飲んでいたそうなのですが、見知らぬ人が自分のテーブルの横を通ったかと思うと、テーブルの上に置いていたスマホを盗まれていたそうです。


日本ではテーブルの上にスマホを置いて飲食するのは普通ですが、海外ではスリの標的になってしまいます。

必要時以外は貴重品はしまっておくようにしましょう。

ここまで少し怖い話ばかりしてしまいましたが、きちんと対策すれば被害を避けることができます。

しっかりと対策をすることで心置きなく旅行を楽しむことができますので、ぜひ以下を読んで確認してみてくださいね!

海外旅行保険に加入する

率直に言ってしまうと、ホーチミンでは警察がほとんど機能していません。

何かあっても賄賂で解決してしまうことも多く、ベトナム語が話せない外国人のことはほぼ相手にしてくれないのが実情です。

警察を頼れない以上、自分で保険に加入して身を守るのがマストになります。

実際、私もひったくりに遭ったときは海外旅行保険に助けられました。


クレジットカードに付帯していた保険で被害を申請することができ、補償額の満額を受け取ることができたのです。

不幸中の幸いというか、傷口を浅くすることができたのは本当に良かったと思っています。

旅行前には必ず保険に加入しておきましょう!

財布やスマホは安易に出さず、頑丈なバッグにしまう

基本的なことですが、スマホや財布を安易に出すのはやめましょう。

本当に一瞬の油断をつかれますので、スマホを見る時は周りに人がいないことを確認する、できるだけ出さないということを徹底してください。


バッグの紐を切って奪っていくという事例もありますので、細いショルダーバッグなどではなく、頑丈なリュックなどを使用するのをおすすめします。

信頼できるタクシー会社のみを使う

ホーチミンではVinasunとMailinというタクシー会社が優良です。

他のタクシー会社は大体ぼったくりなので、使わないようにしましょう。

最近ではGrabというタクシー配車アプリもあり、最初にルートを設定して値段を事前に確認することもできるので、こちらの方がより安心です。


日本では配車アプリを使う機会がないと思うので、Grabをダウンロードして使ってみるのもおすすめですよ。

ベンタイン市場では言い値では買わない

ベンタイン市場はものすごい値段をふっかけてきますので、絶対に値切りが必要です。

私の感覚では半額以下にはなりますので、言い値の半額を目安に値切ってみましょう。

情けは無用ですよ。笑

道路はしっかり左右確認をし、急に止まらない

Xtmwwfl4vvijs3bscmk7

ホーチミンでは車もバイクもあまりスピードを出しておらず、横断しようとしている歩行者がいたら何となく減速をしてタイミングを合わせています。

ですが、こっちが急に止まったりすると向こうのタイミングもずれてしまい、事故につながってしまうので、1度渡り始めたら急に止まらないのが鉄則です。


なんか理不尽な気もしますが、これがホーチミンルールなのです・・・笑

たまに逆走してくるバイクもいますので、しっかり左右確認をして、車やバイクを見ながら渡っていきましょう。

ドライバーの目を見ながら渡ると、向こうも「あ、こいつ今渡るんだな」と分かってくれるのでおすすめです。

ホーチミンの治安について、お分かりいただけましたでしょうか?

エリアごとに起こる犯罪も異なりますが、基本的に外国人にはひったくりやぼったくりが多いので、お金や貴重品の管理はしっかりと行ってください。

外国人を狙ったテロや殺人など命にかかわる事件はあまり起きませんが、交通状況があまり良くないので、交通事故には十分気を付けていきましょう。

これらのことに注意して、ぜひホーチミンのおいしい食事と陽気な気候を存分に満喫して頂ければと思います!


この記事が気に入った方は、他のベトナムの記事も読んでみてください!