Esswktqm8g7g9yodrrtc

カナダ

CATEGORY | カナダ

北米在住者が語る!カナダのモントリオールの旅行前に確認しておきたいこと!

2019.07.23

カナダのモントリオール旅行で必要な情報を、北米在住者で旅行経験者がお届けします。有名な観光スポットだけじゃなく、お土産におすすめなもの、気候や治安といったモントリオールに関するあらゆる疑問を解決します。これからカナダに行く予定があるならとくに必見です。

この記事に登場する専門家

Rfrksmqw9vl80mvqnkpe

ラスベガス在住ライター兼翻訳家

mm2445

アメリカに住んでいるフリーライター。米国永住権を所得し、これまでにニューヨークに5年、ラスベガスに3年以上住んでいます。世界50カ国を巡ったことがあり、今後の人生を旅行に捧げる覚悟です。

  1. カナダのモントリオールってどんな都市?
  2. カナダのモントリオールの公用語は?英語は通じるのか?
  3. カナダのモントリオールとの時差は?
  4. カナダのモントリオールの気候は?ベストシーズンは?
  5. カナダのモントリオールの治安は?
  6. カナダのモントリオールの主な見所①輝かしい大聖堂
  7. カナダのモントリオールの主な見所②パリのような街並み
  8. カナダのモントリオールの主な見所③ショッピングが楽しい
  9. カナダのモントリオールの主な見所④いろんな動物に遭遇
  10. カナダのモントリオールのグルメは?
  11. カナダのモントリオールの定番のお土産は?
  12. カナダのモントリオールのまとめ

こんにちは!北米に8年以上住んでいる、フリーライター兼翻訳家のmm2445です。今回は私がこれまでに観光したことがあるカナダの都市の中でも、とくにおすすめをしているモントリオールについて詳しく紹介したいと思います。

カナダ東部のケベック州にあるモントリオールといえば、まるでヨーロッパのフランスのような街並みからも、北米のパリとも呼ばれている都市です。モントリオール市内には内装の豪華な大聖堂や教会が多数あり、モントリオール観光の目玉となるでしょう。それに加えて周辺は自然が豊かなので、野生動物にも遭遇する機会が多いです。そのため北米だけでなく、世界中からたくさんの旅行者を集めている観光都市です。そんなモントリオールへの旅行を考えている方に必見の、観光前に知っておくべき情報を北米在住者で旅行経験者がまとめました。

カナダのモントリオールの第一公用語はフランス語です。英語じゃないんですね。私も初めてモントリオールへ旅行するまで全く知りませんでした。モントリオール市民の3人中2人は、母国語がフランス語らしいですよ。それに対して母国語が英語の人口は、十数パーセントだけなんです。そしてなんとモントリオールは世界でパリについで、2番目に大きいフランス語圏の都市らしいですよ。ただし多くのモントリオール市民が英語も話せるため、ほかのカナダの都市と同様に会話は英語でも大丈夫でした。しかしフランス語の単語を少し勉強しておくと、モントリオール旅行中に何かと役立ちますよ。

道路標識がフランス語のみ!?

道路標識

カナダにある道路標識は英語とフランス語が併用されていますが、モントリオールとその周りだけはフランス語だけの表記となっています。同じ国内で表記に使う言語が統一されてないんですね。そのためもしモントリオールをレンタカーで旅行したいなら、初めは標識が読めずに慌てるかもしれませんね。でももしカナダやアメリカなどで運転経験があれば、標識の形は同じなので、運転はなんとかなると思います。例えば写真のように赤色の正8角形は、一時停止の標識だということが日本以外世界共通なので、フランス語の一時停止だと十分予想できます。北米在住の私としても、この点は日本も世界に合わせて、一時停止を赤色の正8角形にしてほしいぐらいです。

ストリート名もフランス語!

ストリート名

カナダのほかの都市では英語名のストリートが多いですが、モントリオールではストリートの名称もフランス語が多く使われています。街中の建造物のみならず、こういった部分もカナダなのにまるでフランスらしさを醸し出していますね。

モントリオールの日本との時差は-14時間で、サマータイム中は-13時間になります。ほとんど日本と正反対の時間なので、時差ボケが辛いです。

カナダのモントリオールは内陸部にあるため、夏季は暑くて、冬季は寒いです。とくに平均気温が氷点下になる12月から3月までは、雪も降るので観光しにくい気候です。春から秋までが暖かくて、モントリオール旅行に適しています。

カナダのモントリオール旅行を、筆者が個人的におすすめする季節は秋です。モントリオール周辺は紅葉が綺麗なので、できるだけ紅葉シーズンを選択した方がいいでしょう。このエリアはメープル街道と呼ばれていて、カエデの木が一面が真っ赤になってすばらしい絶景が見られます。

カナダのモントリオールの治安は良好です。ただし観光客はモントリオール市民とは違って、スリなどに狙われやすいため、海外旅行中は外国にいるということを常に肝に命じて行動した方がいいでしょう。

モントリオールで必見のスポットといえば、豪華な内装の大聖堂や教会です。それではいくつか代表例を紹介していきますね。

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

モントリオールの大聖堂でとくに必見なのは、こちらのノートルダム大聖堂です。モントリオールの歴史的地区に位置し、アクセスがしやすいです。すばらしい外観のみならず、内部には青や金のような多彩な色が装飾に使用されていて、とてもきらびやかです。写真を何枚も撮りたくなりますよね。多くの観光者が長時間、その美しさに魅了されています。ステンドグラスも綺麗でしたが、後方にある7000本ものパイプを用いた世界最大級のパイプオルガンも必見です。

聖ジョゼフ礼拝堂

聖ジョゼフ礼拝堂

モントリオールにはノートルダム大聖堂以外にも、すばらしい教会が多数あります。この聖ジョゼフ礼拝堂はカナダらしいモダンな内装をしていて、明るくて色鮮やかでした。この教会にはエレベーターやエスカレーターまであり、2階には展望台とギフトショップ、3階には礼拝堂博物館がありました。カラフルな通路といい、エスカレーターといい、これまでの教会に対するイメージを覆されました。輝かしい内装だけでなく聖ジョゼフ礼拝堂は丘のふもとに位置しているため、建物からの都市の景観も良かったです。

世界の女王マリア大聖堂

世界の女王マリア大聖堂

こちらの世界の女王マリア大聖堂は、内部は白を基調とした明るい作りでした。天井の細かい装飾もじっくり眺めてみましょう。先に紹介したノートルダム大聖堂や聖ジョゼフ礼拝堂が、眩しいほどの内装だったので、ずいぶん落ち着いた印象を受けますね。この大聖堂はバチカン市国のサンピエトロ大聖堂を模して造られたため、大聖堂の屋根に多数の銅像が立っています。

モントリオール

街の至る所にフランス語が使われているモントリオールですが、街並みにもフランスの雰囲気を漂わせていました。これは歴史的にモントリオールが、もともとフランス領だったためのようですね。そして現在のモントリオールでも、その時代由来のフランス文化が強く根付いています。モントリオールの旧市街には市庁舎のような歴史的建造物を中心に、古いヨーロッパ風の建物が残っていて、散策するのも楽しいエリアでした。モントリオールはお土産探しも容易な観光都市です。

モントリオールの街並みを眺めながら歩くだけでも楽しいですが、ショッピングモールがたくさんあるためショッピングも楽しめます。商業施設が連なっているモントリオールの地下街は、世界最大と言われています。

ジャック・カルティエ広場

ジャック・カルティエ広場

ジャック・カルティエ広場はモントリオールの街並みを眺めながら、おしゃれな気分で買い物を満喫できる場所でした。おしゃれなカフェや花を売っている露店が並んでいる細長い広場で、なんか落ち着く雰囲気でしたよ。旅行者にも人気のスポットで、観光の疲れを癒せます。この広場でカナダのお土産を考えてもいいですね。

雄大な自然を有するカナダでは、とくに緑豊かな場所をハイキングしているときなどに、多種多様な動物に遭遇します。とくにモントリオール市街地のすぐ西側に位置する、緑豊かなモン・ロワイヤル公園と呼ばれる小高い丘なら、動物の遭遇率が高いですよ。それではモントリオール市内でも、とくに出逢いやすい動物を紹介します。

リス

リス

誰でも北米に住んでいると、リスは一週間も経てば見飽きてきます。 よく見かけるタイプのリスは、ネズミのような大きいものですが、可愛いらしいシマリスもいますよ。

リス

リスと一言で言っても、地域により少し色が異なります。モントリオール市内にある公園で、真っ白なリスも見かけました。北米在住なのでリスは見飽きていたのですが、白いリスはこのとき初めて見たので、思わず写真を撮りました。

アライグマ

アライグマ

モントリオールにある都市公園は自然が豊富なため、アライグマもたくさん住んでいます。このときは食べ物の匂いに誘われて出てきたようです。匂いのあるものをアライグマに狙われないように気をつけましょう。

アライグマ

この写真ではアライグマが多すぎて引きますよね。北米ではアライグマは、あらいぐまラスカルのように可愛いらしい動物ではないです。アライグマはゴミ箱を住処にする汚らしい動物です。そしてアライグマは鋭い爪を持っているため、近づきすぎるのは危険なので注意してくださいね。

モントリオールにはおしゃれなレストランも多く、カナダらしい料理を堪能できます。モントリオールがフランス文化の影響を強く受けている街ということもあり、カナダ料理をフランス料理風にアレンジしたものもありますよ。あとモントリオールは日本食もおいしいと評判です。

それでは最後に、カナダ旅行で人気のあるお土産を紹介します。

メープルシロップ

メープルシロップ

秋はカエデの紅葉が綺麗だと述べましたが、もちろんお土産にも選ぶことができます。サイズや種類が豊富なメープルシロップなら、どれにしようか迷うぐらいギフトショップで探せますよ。モントリオールだけでなく、カナダ東部のほかの都市に旅行した場合でも、お土産はメープルシロップで決まりですね。

トーテムポール

トーテムポール

カナダといえばトーテムポールも有名ですよね。北米先住民を思わせるこの置物を、モントリオール旅行のお土産にしてみてはいかがでしょう。

カナダ旅行でとくにおすすめしたいモントリオールについてまとめましたが、いかがだったでしょうか?モントリオールが北米のパリと賞賛される理由が、少しでも伝わったのであれば幸いです。この記事を参考にして、すばらしいモントリオール旅行にしてくださいね。


筆者のブログはこちら!

http://ithacamani.blog.fc2.com/