Dk7kv91husk9mbgltx0r

カナダ

CATEGORY | カナダ

カナダ・ウィスラーの観光!世界一のスキー場は夏も冬もアクティビティたくさん!

2019.10.11

バンクーバー五輪のスキー会場のウィスラーは、北米の中でも大人気です。冬場のスノボー等のウィンタースポーツだけでなく、夏季も空に水上アクティビティ、バンジーにジップトレックと沢山の見所があります。大自然に囲まれたカナダの観光を予定される方にはオススメの都市です!

この記事に登場する専門家

Gyfgnmcmlrwxd8cs6rba

Global Freelancer

Hinokin

国内外旅行・インバウンド・ITに関心があるグローバルフリーランサー趣味はイベントに音楽鑑賞、アウトドアと割りとフッ軽です(笑)!とにかくやってみるDIY気質で、問題の解決に日々注力している自由人です^^

  1. ウィスラーはどんな所?
  2. ウィスラーの外せない観光地3選
  3. 1,五輪の巨大シンボル像【ウィスラーオリンピックパーク】
  4. 2,現地民の歴史を知れる【スコーミッシュリリワット・カルチュラル センター】
  5. 3,屋台でグルメやアートを【ファーマーズ・マーケット】
  6. ウィスラーでおすすめのアクティビティ3選
  7. 1,二つの山の間を繋ぐゴンドラ 【ピーク・トゥ・ピーク】
  8. 2,ウィスラーの五大湖!?【トレッキング】
  9. 3,野生のクマを間近で見れる!?【ベアーウォッチング】
  10. ウィスラービレッジのおすすめホテル3選
  11. 1,カナダの人気かつ優良ホテル系列【ザ・フェアモント・シャトー・ウィスラー】
  12. 2,格の高い質の癒やしのサービス【ヒルトン・ウィスラー・リゾート&スパ】
  13. 3,ウィスラーの山小屋で特別な体験を【ウィスラー・ロッジ・ホステル】
  14. ウィスラービレッジのおすすめグルメ3選
  15. 1,現地人も御用の極上シーフードグルメ【Rimrock Cafe】
  16. 2,グルメ【Hy's Steakhouse & Cocktail Bar】
  17. 3,鶏の看板がしんぼる・クレープ専門店【Crêpe Montagne】
  18. バンクーバーからウィスラーへの行き方
  19. ウィスラーのおすすめモデルコース
  20. 都市と大自然が調和する街ウィスラーへ
Inukshuk

こんにちは!地球で遊ぼうをテーマに

記事を執筆しておりますHINOKINです。


カナダ西部のウィスラーという街を知っていますか?


バンクーバー五輪の会場にもなった

北米の中でも長年、大人気のスキー場です。


スキーにスノーボードと

ウィンタースポーツが楽しめる

冬季の旅行も勿論おすすめですが、

他の季節にも、空中に水上アクティビティ

バンジージャンプ、ジップトレックにハイキングと

様々な見所があります。


ウィスラーの観光地や、街中のおすすめスポット

アクティビティやグルメなどについて

今回は紹介していきます。

Whistler-Village-WR-660x353

中心部となるウィスラー・ビレッジは、

グルメにホテル、アウトドアストアなど

100を超えるお店が立ち並ぶエリアです。


他にも写真映えする場所であったり

原住民の文化やアートを知れる場所があるので

ここでは3箇所のおすすめ観光地を紹介します。

olympic

2010年バンクーバーオリンピックで表彰式に

使われた場所で、大きな五輪オブジェが特徴的です。

5000人以上が入れる規模の芝生公園になっており

オリンピックの余韻に浸ることができます。


園内では、クロスカントリーにスノーシューだけでなく

E-Bikeに、なんと射撃までバラエティに富むアクティビティがあります。


スキーですらりと滑走した後に

的に向かって真直ぐに弾を撃つ技を極めるのは

いかがでしょうか^^

Squamish-Lilwat

ウィスラービレッジにある、現地人のアートや衣装、

生活などの文化を象徴する用品などが展示されています。


展示物の一つ一つ珍しく、

現在に到るまでの生活を彷彿させられます。

民族的な衣装や、トーテムポールなどの彫刻も印象的で

ぜひ、現代とは違う一面も知る機会にしていただきたいです。


■料金:大人18ドル:約1800円

Whistler Farmers' Market

5月中旬〜10月中旬の

毎週水・日曜日のお昼に開催される

屋台のマーケットです。


現地直送の新鮮な野菜にスイーツ、ワインなどの

グルメだけでなく、絵画や衣装と様々な物が売られています。


時には路上で弾き語りライブしているアーティストもいて

街の様子を味わえるので、ぜひ一度行ってみてください!

Whistler Mountain

北米といえば一見、極寒を想像しがちですが、安心してください!

カナダの中では、比較的温暖で、冬でもマイナス10℃前後です。


レインクーバーと言われるバンクーバーほど、雨も降ることもないので、

スキーのシーズンは、11月中旬〜5月頃と長く楽しめます。


スキー場として最も有名なウィスラーですが

とはいえ毎日連続で雪が降るわけでなく、

一度積もると真夏の8月でさえ、

溶けきっていない雪を見ることが出来ます。


ブラッコムマウンテンウィスラーマウンテン

2つの山の行き来は、ゴンドラで移動できます。

gondora-blackcomb

ブラッコムとウィスラーの2つの山を乗り継げる

3000mを超える世界最長を誇るゴンドラ "Peak to Peak"

たった4本の支柱で全長4000mを支え、

谷底からの高さも400mもあり世界最高峰です。


ウィスラービレッジからウィスラーマウンテンへ

ゴンドラにて移動します。

途中で何回か乗り継いで、上級コースへ向かいます。

ゴンドラから見る壮大な山々は

日本にはない景色なので非常に感銘を受けます。


※ゴンドラ利用料金:60カナダドル(約6000円)

Whistler_lake

カナダのやるべきことの一つが、

写真映えする大自然の風景の撮影です。


大きなカナディアンロッキーを背景に

エメラルドグリーンの湖と一緒に

撮影する観光客も大変多いです。


ウィスラーには5つの大きな湖があります。

ウィスラービレッジの北側には

グリーン湖ロスト湖


街の西側には、

アルタ湖、ニタ湖、アルファ湖の

五大湖があります。

Green-lake-4

(添付写真:グリーン湖)


それらを繋ぐバレートレイルを呼ばれる道路は、

レンタルサイクルや車で走るだけで

湖だけでなく、古川に雪山、ゴルフ場に街々を

横目で眺めながら、楽しむことができます。


大自然と都市の融合した風景を見れるので

カナディアンゆったりライフを一度過ごしてみては!

Bearwatching_

ベアウォッチングは、ツアーを予約して参加します。

車から眺めるだけでなく、なんと野生のクマに

接近することができます。


ウィスラーは、ブラックベアーの生息地として知られ

至る場所に、クマと遭遇したときにどうするかなどの

ハウツーが書いているパンフットがあります。


出会えるのは、熊だけではありません。

この山にはシカやコヨーテ、リスなどの可愛い小動物まで

生息しているので、近辺の自然を、動物を通して観ることができます!


※ツアー:119ドル〜(約11,900円)

hotels

ウィスラーは3つのエリアから構成されています。


中心にはホテルがあるウィスラー・ビレッジがあり、

そこから南西のアルタ湖とニータ湖付近には、

木造の簡易宿泊所、ロッジも多数あります。


そこからさらに南西には、クリーク・ビレッジがあり、

湖が近くにありテニスにバスケ場の大きな公園、

そしてウィスラー山のゴンドラも村から出ています。


どちらかのビレッジのホテルに宿泊して、

ゴンドラを利用して、ブラッコムマウンテン

ないしはウィスラーマウンテンに

向かうのが一般的です。

Fairmont Chateau Whistler

ウィスラービレッジまで徒歩5分でブラッコムマウンテンの

ゴンドラまでホテルを出てすぐの場所にあります。

大きな城を彷彿させる外観で、

カナダを代表するフェアモント系の最高級ホテルです。


ホテル内にはレストラン、ジム、スパ、屋外プールだけでなく、

テニス場にゴルフ場まで贅沢にもついています。


部屋の窓からゲレンデを眺めることのできるので

スロープ側が見える部屋がオススメです。


※1泊の平均単価:200ドル(約20,000円程度)

HILTON

ウィスラービレッジの中心部で、

ゴンドラもホテルを出てすぐにあります。


レストランにショッピング、スキーにスノボーの準備

全てにおいて困らない、最高の立地条件を誇る

リゾートホテルです。


ホテル名のリゾート&スパだけに、文字通り

疲れた身体を癒すためのジャグジーや屋内プールも完備で

質の高いサービスは老舗のヒルトンならでは。

ハネムーンにもおすすめですね!


※1泊の平均単価:180ドル(約18,000円程度)

whistler-lodge-hostel

ホテル以外にも、木造の簡易宿泊所のような

ロッジもウィスラーには多数あります。ウィスラービレッジの

クリークサイド駅からバスで10分に位置するホステルです。


ウィスラー・ロッジ・ホステルは中でも人気で

屋外ホットタブ、ドライサウナが提供されています。


他にも共同ゲームルームラウンジ、

バーベキュー設備付きのテラス、

無料Wi-Fiもあるので、団体で複数人で来る場合は

検討してみるのも一つですね!


※1泊の平均単価は、80ドル(約8,000円程度)

whistlwhistler-bikepark-apreser-bikepark-apres

旅の楽しみは、食べる楽しみも醍醐味です。


カナダでは、サーモン料理にロブスター

高級牛としてアルバータ牛が有名です。


ウィスラービレッジではレストランにバー

スウィーツと所狭しと多くのお店があるので

その中でも選りすぐりのグルメを紹介します。

Rimrock Cafe

ウィスラービレッジとクリークビレッジの中間にある

現地人にも大変人気の老舗レストラン


サーモンにロブスター、オイスターなどの

シーフードが一押しです。他にも

鹿のステーキやダックまで様々なメニューを提供しています。


営業時間:毎日午後5時半から9時半

料金:メインコースで40ドル(約4,000円)

Hy's Steakhouse & Cocktail Bar

カナダ・カルガリー発祥のステーキレストラン


高級感のある落ち着いた雰囲気の店内では、

ステーキだけでなく、ロブスターにカニなどの

魚介類も味わえます。カナダだけに止まらず、

ホノルルやグアムにも展開している現地人も観光客も

大満足の本格ステーキです。


営業時間:毎日午後5時半から10時

料金:ステーキが約50〜100ドル(約5,000から1万円)

Crêpe Montagne

ウィスラービレッジにある行列ができるほど人気のお店!


フランス風のオシャレなクレープの専門店。

スイーツだけでなく、シーフードやベジタリアンなど

20酒類以上の種類があります。デザートとして頂くもOKですが

お昼の食事に十分なりえるボリュームがあります。


お店の奥には穴蔵のようなユニークな席があります。

店内でゆったりするのもおすすめです。



営業時間:毎日午前8時から午後9時半

クレープの相場:7から14ドル程度(約700〜1,400円)

Bus

「じゃあ、どうやってウィスラーに行くのがいいの?」と

疑問があるかとは思います。


結論からいうと、、、


バンクーバーの市街、または国際空港から直行バスが出ています。

1時間毎に出ており、移動時間は約3時間程度になります。


一番早いバスで午前7時、最後のバス午後9時代になります。

季節によって値段が変動するのでHPで確認が必要です。


■チケット代:ダウンタウンから往復60ドル(約6,000円)

国際空港から往復130ドル(約13,000円)


利用するには、予約が必要になります!

下記リンク:チケット予約サイト(英語表記)

【日帰りコース】


7時:バンクーバー国際空港よりバス乗車(移動3時間)

10時:ウィスラービレッジに到着

11−17時:スキー/スノボー or アクティビティ or 街散策,etc

18時:ウィスラービレッジにて夕食

19時:お土産購入

21時:ウィスラー ビレッジよりバスでバンクーバーへ(移動3時間)


※ウィスラーのスキー場の営業時間は、

午前10時から午後5時になるので、

日帰りでも、十分満喫できます!

とはいえ、日帰りですと弾丸旅行で急ぎ足になるので

ビレッジのホテルで、宿泊した当日または翌日に

スキーやスノーボードを楽しむ。

ないしは、2日連絡で楽しむ方もたくさんいます。


カナダ西部の都市バンクーバーだけじゃなく

別の都市も旅程に入れたいという方には

非常におすすめの都市です。

blackcom

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます!


バンクーバーからアクセスが良く、

ウィンタースポーツだけに限らず

知れば知るほどに楽しめるウィスラー

いかがだったでしょうか。


友人とでも、一人旅でも、またご家族でも

幸せなひとときを共有する時間を作るきっかけになれば

私としても非常に喜ばしい次第です。


大自然と北米文化の都市が融合する国カナダ

次の長期休暇で行くことを検討されては

いかがでしょうか。


この記事が気に入った方は、他のカナダの記事もチェックしてくださいませ。