Quosfcpgnni4hkv3a9yk

カナダ

CATEGORY | カナダ

カナダからのお土産はこれ!ジャンル別に厳選10選とお店情報を紹介します!

2019.08.06

お土産を探しているだけであっという間に時間が過ぎてしまった経験をした人は多いと思います。今回はカナダからのお土産のアイデアと実際に喜ばれたものをご紹介したいと思います。カナダでもお土産はスーパーとモールで簡単に見つけられます。

この記事に登場する専門家

Flk14juipvqnn4iglnhp

カナダトロント在住

Tsuki

ワーキングホリデーから始まったカナダ生活。ケアギバープログラムで移民、現在アラブ系カナダ人と国際結婚をし2人の子供をトロントで育てています。周りには楽観的ポジティブ人間と呼ばれています。。。

  1. カナダお土産はスーパーとモールで揃えよう!
  2. スーパーの情報【トロント】
  3. お土産屋よりも安くスーパーでお土産を!【メープル関連】
  4. カナダの朝食に出てくるのはこれ!
  5. コーヒーは、このカナダブランドを!
  6. カナダ人も大好き!【お菓子】
  7. これでカナダ料理が簡単に作れる!【調味料】
  8. モールでカナダブランドを探そう!【ファッション】
  9. モール情報【トロント】
  10. カナダ人に大人気のお店でお土産を!【日用品】
  11. 大量購入しても軽量のおすすめのお土産は? 【雑貨】
  12. お土産を持って帰る際の注意点!

こんにちは、カナダ在住ライターのTsukiです。広い国土と大自然に恵まれたカナダには毎年多くの旅行者が訪れ、日本人にも人気の旅先となっています。観光地や市内ではお土産屋を見つけることができますが、お土産屋に置いてある商品は大抵のものがカナダ国旗が印刷されているものが多いです。

今回はお土産屋ではなく、スーパーやショッピングモール内で購入できるカナダならではのお土産をご紹介します。

本文の為替レートは2019年7月現在のものです。 1カナダドル=82.49円

こちらでご紹介するお土産はカナダ全般のほとんどのスーパーやモールで購入できます。以下の位置情報はカナダのトロント市内にあるスーパーです。トロントには至る所にスーパーがあります。

Loblaws(Bayview village)

営業時間 :月曜日から日曜日 7am - 11pm

住所:2877 Bayview Avenue,North York ,Ontario

Pusateri’s Fine Foods

営業時間:月曜日から金曜日 7:30am - 9pm 土曜日 7:30am -7pm 日曜日7:30am -6pm

住所:2901 Bayview Ave,North York,Ontario

観光地巡りもいいけど、外国でスーパーに行くのも楽しいものです。行ったスーパー先でユニークなお土産を見つけることができます。値段もお手頃価格で喜ばれること間違いなしです!

お土産の王道はやっぱりメープル関連

カナダのスーパーにあるメープルシロップ

カナダ人の家庭に必ずあるもの!と言えばメープルシロップ。カナダ人はパンケーキにかけるだけではなく、サラダや料理にもこのメープルシロップを使用します。どのスーパーにも必ずこのメープルシロップを見つけることができます。

メープルシロップにはゴールデン、アンバー、ダーク、ベリーダークと種類があるのですがスーパーで置かれているものは人気が高いアンバーが中心となっています。お土産屋に比べると容量が多く値段も安めになっています。500mlおよそ9ドル(742円)

メープル関連

上の写真はメープル関連の物です。メープルティーやメープルクッキーやメープルキャンディー、メープルバター。メープルシロップは重たいのでこうしたものは軽くておすすめです。特に下の写真のメープルシュガーはおすすめです!コーヒーや紅茶に入れるとメープル風味になります。砂糖より甘さが控えめになっています。8ドル(659円)

メープルシュガー

ピーナッツバター

ピーナッツバター

カナダ人の家庭にあるものの中にこちらのピーナッツバターも入ります。ピーナッツバターも食べ方が色々あり、そのまま容器のままスプーンを入れて食べる人やリンゴやセロリのディップにする人もいます。私のおすすめはピーナッツバターとイチゴジャムの組み合わせです。5ドル(412円)

Tim Hortons

カナダのコーヒー店と言えばTim Hortons です。道を歩けばTim Hortons があります。その有名コーヒー店のコーヒーはスーパーでも購入可能です。1袋7ドル前後(日本円およそ500~600円)で売られています。

お土産で置物やキーホルダーもいいのですが、消費できるお土産が喜ばれると思います。ここではカナダならではのお菓子を紹介します。

ケチャップ味のチップス!?

Lay’s Ketchup

カナダのチップスと言われて有名なものにケチャップ味のチップスがあります。食べている間は手が真っ赤になるのですが、人気商品です。味の方は少し酸っぱくなっていますがフライドポテトにケチャップという感覚と同じなので結構私は好きです。2.50ドル(200円)

グミ、チョコレート

カラフルなグミ

カナダのスーパーに必ずあるのがこのカラフルなグミです。上の写真のように容器に入って販売されているものもあれば、測り売りで販売されているスーパーもあります。私のおすすめはsour gummyです。甘さと酸っぱさが人気です。また測り売りではチョコレートやナッツ類も置かれています。大箱入り4ドル(329円)

測り売り場は全て重さになっています。日本のように袋いっぱいで〇円ではないので気をつけてください。重さもほとんどがlb(ポンド)表示になっています。1ポンドは0.454kgです。

カナダのチョコレート

Coffee Crispはカナダのチョコレートです。その名の通りコーヒー味のチョコレートなのですが

そこまで甘くもなく、中はサクサクとしています。このチョコレートはスーパーだけではなく、市内にあるコンビニエンスストアでも置かれています。3.79ドル(312円)

お土産は軽量でかさばらない物がいい人には調味料がおすすめです。カナダは移民の国なので

様々な調味料が置かれています。ここではカナダならではの調味料をご紹介します。

モントリオールシーズニング

モントリオールシーズニング

カナダ人に大人気のシーズニングと言えばこのモントリオールシーズニングです。振りかけるだけでチキンやビーフが一段に美味しくなります。もちろんグリルだけではなくオーブン、フライパン料理でも使用できます。5.49ドル(452円)

プーティーン

グレービーソースの素

カナダの食べ物といえば?の中に絶対に入るのがこのプーティーンと言われているものです。フライドポテトにチーズカード(モッツァレラチーズやホワイトチェダー)をまぶし、ブラウン色のグレービーソースをかけて食べるプーティーンは多くのレストランのメニューの中にあります。

上の写真のグレービーソースの素は溶かすだけで簡単にできます。4袋で5ドル(412円)とお買い得でもあります。

家族や友人にお土産もいいけど自分にも何かカナダで購入したい人にはモールでお土産購入がおすすめです。特に祝日前後はほとんどの店がセールを行っているので狙い目です。

以下のお店もカナダ全般のモールで購入できます。ご紹介するモールはトロントになります。

CF Toronto Eaton Centre

営業時間:月曜日から金曜日 10am - 9:30pm 土曜日9:30am - 9:30pm 日曜日 10am -7pm

住所: 220 Yonge street,Toronto,Ontario

Yorkdale Shopping Centre

営業時間:月曜日から金曜日 10am - 9pm 土曜日9:30am -9:30pm 日曜日11am -7pm

住所:3401 Dufferin street,North York ,Ontario

Roots

カナダブランドRoots

カナダブランドと言えば、Roots。写真右上のビーバーがロゴとなっています。Rootsはレディース、メンズ、子供服、ベイビー服が置かれています。また革製のカバンや財布も販売されています。家族や友人達へのお土産はマフラーや帽子、手袋などがおすすめです。

カナダブランド Roots

おすすめはスウェットパンツやパーカーです。カナダの冬にも対応できるぐらい防寒がしっかりとされています。多くのカナダ人が愛用している人気商品です。スウェットットパンツ、パーカー約70ドル(5700円)

lululemon

カナダブランドlululemon

こちらのlululemonで販売されているのは主にヨガウェアです。一時は街中でこのlululemonを着た人で溢れていました。ヨガパンツは着心地がよく何よりも生地がしっかりしており長期着用できます。男女問わず超人気店です。

引用: https://www.instagram.com/p/Bi-kq0cl50b/?igshid=1wivlbgsnps58

人気店のlululemonではヨガウェアだけではなく、その他スポーツウェアやカバンなども販売されています。カナダにあるほとんどのモールの中にこのlululemonを見つける事ができます。ヨガパンツ約80ドルから(6500円)

カナダの国旗などが書かれているお土産は空港の免税店で揃いますが日用品のお土産はやはり街中で探す事になると思います。モールの中で探せる日用品の中でおすすめをご紹介します

Body and works

Bath & Body Works

こちらのBath&Body Worksの人気商品はハンドソープです。種類豊富で香り豊かでお値段の方もお手頃価格です。だいたいまとめ買いすると割引されています。ハンドソープだけではなく、シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、パスボール、キャンドルなどが販売されており、特に女性に人気のお店となっています。

Body and Bath Works

お土産でおすすめはコンパクトな物です。ハンドクリームやパスボール、ハンドサニタイザーなどが重さもなくおすすめです。店内には商品が山のようにあるので選ぶのに悩んでしまいますが、サンプルも充実しています。5ドル前後(412円)

お土産屋には雑貨がたくさん売られています。お土産に雑貨は悩む所でもあります。例えば風景写真のポストカード、自分へのお土産には思い出としてはいいのですが全く知らない国や場所のポストカードをもらっても、結局は引き出しの中。カード類はお土産に向いてないのでしょうか?

カード

種類豊富なカード類

実は私がカナダから購入していくお土産の中で喜ばれた中にこのカード類があります。でも風景写真のポストカードではありません。喜ばれたのはモールの中の本屋さん(Indigo,chapter)やカード専門店(PAPYRUS)に売られているカード類です。

PAPYRUS

位置情報

PAPYRUS【Bayview Village 】

営業時間: 月曜日から金曜日 10am - 9pm 土曜日9:30am -6pm 日曜日12pm -5pm

住所:2901 Bayview Ave, North York , Ontario

モール内にあるカード専門店、PAPYRUS は私のおすすめのカード専門店です。こちらのお店に置かれているカード類は種類が豊富な上、カード1枚1枚のデザインが美しいものがたくさんあります。Thank you カードや多目的のカードなどはまとめて箱に売られています。

カードのまとめ売り

売られているカードは細かく用途に分類されています。また季節のイベントのカード(ハロウィンやクリスマスなど)も数多く販売されています。カード1枚5ドル(412円)から。

多種多様なカード類

お土産を購入したら、スーツケースの中に入れてしまいましょう。割れ物だからといって手荷物にとしてしまうと、特にメープルシロップなどの液体物は機内持ち込み禁止となっているので没収されてしまいます。(免税店で購入したものは機内持ち込み可)

カナダは多民族国家なので、街を歩けば様々な国のものが見つけられますがカナダならではのお土産は何かと考えてしまいがちです。今回ご紹介せたカナダならではの商品が皆さまのお土産のアイデアの参考になればと思っています。良い旅を!

筆者のブログはこちら!

この記事が気に入った方は、他のカナダの記事もチェックしてみてください!