Ubr0tmboc864y7efawnw

フランス

CATEGORY | フランス

ザ・ヨーロッパを味わえるカフェ!パリの超人気カフェ大5選!

2019.07.30

「映画、観光、芸術」と、どのシーンにおいても絶大な存在感と人気を誇るフランスは首都パリ。 今回はそんな超人気海外旅行先都市のパリの「カフェ文化、そして長期滞在経験のあるロン毛だからこそ知るお勧めの人気カフェ」をご紹介!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. 【パリ:カフェ】実はパリはカフェ文化の重鎮!?
  2. 【パリ:カフェ】ここも大事!チップルールについて
  3. 【パリ:カフェ】おすすめ店 ① REPUBLIQUE OF COFFEE
  4. 【パリ:カフェ】おすすめ店 ② CAFE OBERKAMPF
  5. 【パリ:カフェ】おすすめ店 ③ Ten Belles
  6. 【パリ:カフェ】おすすめ店 ④ Café Loustic
  7. 【パリ:カフェ】おすすめ店 ⑤ Télescope
  8. 【華の都パリ】絶対に訪れてほしい人気カフェ ー総括編ー
パリ市内のカフェにて

世界屈指の先進国であるフランス、そしてその中でもトップの人気を誇る首都パリ。


数々の異名がこの都市には定着する昨今「華の都」「芸術の都」「美の都」など、世界中の人々がその美しい街並みに心を奪われ賞賛しています。


今でこそ「カフェ文化」という言葉が浸透し、日本でも都心を中心に数多くのカフェが出店し近隣ヨーロッパ諸国であればオーストリアやドイツ、イタリア等でも様々なカフェスタイルが現れています。


そんな中でもここパリのカフェ文化は、中世から脈々と続く伝統と歴史を現代の流行も擦り合わせて構築されているため非常に独自の魅力溢れるものとなっています。


かくいうフランスは何世紀にも遡る歴史深い国であると同時に、パリを発祥の地とし中心したカフェから今の姿へと変貌しています。もともと紅茶文化が主流であった中世の頃から大きく人々がコーヒー文化へと移行していったのも、当時のパリ市内を中心に展開されてきたスタイリッシュなカフェ陣営がキッカケであったと言われています。


そんなこともあり、今でもパリのカフェはさまざまなスタイルのカフェがあり、地元の人や観光客の心を掴んでやまない独特な雰囲気を醸し出しており、また左岸のカルチエラタンとサンジェルマンの大小両方にシックでトレンディなカフェが最も集中しているのも魅力の一つです。


中でも典型的なフレンチカフェでは室内には席があり、小さな円形のテーブルとたくさんの木製パネル、そして赤と黒の装飾が施されたストアデザインが特徴的です、逆に現代的な今風のカフェはクロムとステンレス鋼で装飾されたストアデザインが数多く、カフェ自体の規模に関わらずこの様なものが多いです。


そしてパリ市内のカフェは基本的に店内もそうですが、それ以上に外まで席を展開しているのも魅力であり真夏であれば暖かいパリの日差しを浴びながら美しい街並みを優雅に楽しむのがパリ流のコーヒーブレイクであると言えるでしょう。

カフェで寛ぐパリジェンヌたち

そんな華やかなパリにはお洒落なブティックが立ち並び、高級フレンチレストランからハイメゾンのファッションブランドの路面店が立ち並ぶ世界でもトップクラスの豪華絢爛な都市となっています。


もちろん商業施設においては、その土地土地が轢く「ルール」いわば「郷に入っては郷に従え」というその場の常識やマナーについては事前に押さえておきたいものであります。


かくいうフランスはパリのカフェ文化の特徴としては「チップ」についてのいくつかのルールが存在しており、観光客として訪れる身からすると「どうチップを支払えばいいのか分からない」「チップなんて日本で払ったことないから何て言えばいいの?」といった疑問や不安はどうしても少しはあるもの。


まず、チップはフランス語で「Le pourboire(ル・プルボワ)」と言いますが一応どのカフェにいったとしてもそのまま英語で通じるのが一般的なので特に覚える必要はないかと思います。


しかし!大事なのはその次の「支払い方法」と「実際のチップ額」


例えばカフェでコーヒー1杯と何かデザートやサンドイッチを一緒に頼んだとして、最後のお会計の時にチップを支払うことが主流ではありますが、実はパリではチップ額(いわゆるサービス料)というものは既にお会計金額に上乗せされた状態で請求されるため別に何か手渡しでキャッシュを渡す必要がある!なんてことはありません。


通常の場合ですと支払額に5〜10%の間の金額がチップ額として上乗せされており、支払いの際にはウェイターから渡された金額相応のキャッシュ、もしくはクレジットカードで決算をするだけで終了となります。


これは通常の場合と紹介した様に、特別な場合であると例えば「席を変えもらった」「何か特別なサービスを要求した」だとかの際にはそれとは別にキャッシュをテーブルに置いて店を出たり、もしくはお釣りを受け取る際に受け取りを拒否し相手に渡すといったものになってきます。

REPUBLIQUE OF COFFEEの一枚

まずオススメのカフェ一店目はこちらの「REPUBLIQUE OF COFFEE」


こちらのREPUBLIQUE OF COFFEEは、色とりどりの果物や野菜を扱った新鮮なサラダやデザートが鉄板フードメニューはおろか、可愛いマキアートがたくさんあしらわれたコーヒーメニューも人気の理由の一つであります。


またその人気もとどまるところを知らず、今でこそパリ市内に数多く点在するカフェ戦争の中でも今最もトレンディな一店として認知され、現地パリジェンヌが朝から足早く通う姿が多く見られます!

CAFE OBERKAMPFを正面に

続いてご紹介をするおすすめカフェがこちらの「CAFE OBERKAMPF」です!


CAFE OBERKAMPは、パリのカフェシーンで最も小さいカフェでありながら最も流行に敏感なパリジェンヌが愛してやまないカフェです。


そんなCAFE OBERKAMPFですが、なぜ小規模なカフェでありながらもパリの今のカフェ文化を牽引するほどまでのものとなっているのかは一度実際に足を運んでみると分かるでしょう!


また店内のデザインコンセプトも非常に清潔なものとなっており、スタイリッシュなデザインと元来受け継がれてきた従来のフレンチカフェの雰囲気も同時に混ぜた独特な空間はとても新鮮な空気を醸し出しています。

Ten Bellesにて

続いてこちらの「Ten Belles」は、パリ市内でも有数の特製コーヒーショップの1つとしてしられる人気カフェであります。


それはTen Bellesが保持するBellevilleBrûlerieという焙煎工場によって焼かれた高品質の自家製ブレンドを提供する姿勢がその理由の一つであると言えるでしょう。


しかしその小さな正方形の店舗スペースであるために、活気ある他大規模カフェの影に隠れていた創業当時ではあったものの、近隣のビジネスワーカーたちのお昼のコーヒーブレイクとして愛用され始めたことがキッカケに今の大人気店舗の一つの架け橋となりました。


また、こちらはテイクアウトサービスもしており自家製の美味しいコーヒー片手に近くを散歩しながらパリの街並みを散策してみるのもオススメであります!

Café Lousticにて

続いてのご紹介するおすすめカフェはこちらの「Café Loustic」


Café Loustic はパリ市内における現代風カフェブームの火付け役としてしられる人気カフェの一つとして知られ、店内には鮮やかなピンク色のクッション、木目のない半分タイル張りのフロア、グラフィックデザインが施されたヴィンテージ感あるエルメスの壁紙など、その全てがCaféLousticの可愛らしい雰囲気を演出しています。


また最近では他カフェも近所に現れはじめたものの、Café Lousticの人気は勢い去ることなく今も抜群の支持を集めています。


その他にもベルギー産のコーヒー豆を扱った味わい深いメニューをはじめ、他にはチャイラッテ、ティー、その他にはデザートコーヒーと題したっぷりのホイップクリームやチョコレートを贅沢にのせたコーヒーなども提供しています。


そんなCafé Lousticは、1日の始まりを甘い味わいのコーヒーでスタートしたい人、観光で少し疲れた体を休めたい人、友達との軽い昼食なんかでも抜群に楽しめる最適な場所であると言えるでしょう!

Télescopeを正面に

続いてはこちら「Télescope」というカフェですが、おそらく観光雑誌などではピックアップされないであろう超穴場カフェの一つとしてロン毛も大絶賛の一店であります!


こちらのTélescopeは週末になるとこの居心地の良いカフェへと地元パリジェンヌたちが足早に向かう姿が数多く見れるものとなっており、オーナーのフランス人Nicolas Clercの強いこだわりをみせるドリンクメニュー豊富なものとなっています。


もちろん、それこそがこのカフェの人気の理由であると言えるのは間違いありませんが他にもあり、主にスカンジナビアのコーヒー焙煎業者と提携し優れたフィルターコーヒーから牛乳ベースのコーヒー、甘みの強いものからブレンド風味が強いものまでたくさん取り扱われているのも人気の一つであると言えるでしょう!


またコーヒー以外を求めにくる人たちにも向けた素敵なティーメニューも取り扱っており、味にこだわった各ドリンクはフルコンプリートしたいものであります!


もちろんデザインコンセプトもかなりミニマリズムの様なものとなっており、一切無駄のないシンプルでありながらもどこか落ち着きを演出する水色と肌色をベースとしたカラー展開も可愛らしい表情を魅せるものとなっています。

とある休日のパリ市内にて

いかがでしたか?


今回は「ザ・ヨーロッパを味わえるカフェ!パリの超人気カフェ大5選!」と題し、実際にロン毛が訪れたことのある今人気のカフェを一挙ご紹介をしてきましたがお気に入りは見つかりましたか?


観光ブックなどでは有名どころのカフェも数多くピックアップされていますが、今回ロン毛の紹介したカフェは「地元パリジェンヌが推す超穴場カフェ一選」ではありますので是非一緒に照らし合わされてパリの観光を楽しんでいただけたら幸いです!

この記事が気に入った方は、ハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!