Szwxiuovuhzvdlajh9lz

ブラジル

CATEGORY | ブラジル

スーパーで買えるブラジルの厳選人気お土産23選!雑貨・お菓子・コスメをジャンル別に紹介!

2019.08.10

現地のスーパーだけでも買えるブラジルならではのお土産はとてもたくさんあります。ブラジルといえば、かわいい人気のビーチサンダルやコーヒーという定番商品から、日本人の口に合うお菓子やコスメまで現地在住者しか知りえないおすすめのお土産を一挙公開!

この記事に登場する専門家

Uvsyiifcmq46jdmrsdvd

ブラジルブロガー/ライター

summereyes

高校は英語科、大学はアジア政治を専攻し、アジア各国を訪問。社会人時代にブラジル人に日本語を教えるボランティアを始めたのをきっかけに、今までとは縁のなかった南米へ2011年に国際結婚移住!あれよ、とブラジル在住歴も中堅組に。

  1. 日本人に好評だったブラジルのお土産を紹介!
  2. 子どもから大人まで人気!【チョコのお土産】
  3. フライト中のお供にも!【キャンディのお土産】
  4. TVで紹介されたスーパーフードも!【ナッツのお土産】
  5. 今、流行中のタピオカ!【スナック菓子のお土産】
  6. コーヒーだけじゃない!【飲み物のお土産】
  7. ブラジルの味をちょっとお裾分け!【保存食品のお土産】
  8. 有名女性芸人が絶賛のペーストも!【調味料のお土産】
  9. 健康志向の女性に人気!【コスメのお土産】
  10. カラフル!かわいい!【ブラジルの雑貨のお土産】
  11. ブラジルのスーパーで買える!【季節限定商品のお土産】
  12. スーパーの利用方法
  13. ブラジルの物価について

こんにちは!ブラジル在住8年のsummereyesです!今まで日本に三度、一時帰国しましたが、家族や友人に今まで色々とブラジルのお土産を買ってきました。スーパーで買うことができて、日本人に喜ばれたお土産を厳選して紹介します!

Islvqe9auc7uy9ztjjly

①Bis

ブラジルで人気のウェハースチョコレートのお菓子。スリムで軽いので、スーツケースに収まりやすいです。一箱4レアル(108円)ほどで売られています。

Jswmbill6ilkkii1tdxm

チョコ、ビターチョコ、ホワイトチョコ、レモン、オレオ味などがあります。ばらまき用お菓子に最適です。子どもから大人まで喜ばれます。日本人で製菓会社に勤めている方が食べて、これは美味しい!と言っていたほどのお墨付きですよ。

②ボンボンチョコレート

中にクリームが入っている丸い形のチョコレートのお菓子のことをブラジルではボンボンと呼びます。どこのスーパーでも売っている3大メーカーはLACTA, Nestle, Garotoです。色々なタイプのチョコレートが箱に詰めあわされています。1箱9レアル(243円)前後です。

Z25tkxgdbkyvsmhfkism

駅、パン屋さん、軽食店、レストランのレジにばら売りで売られていることがよくあるので、時間がある方は、好きな味をお試しで買ってみると良いかもしれません。

Qkmbvv7ipcpz6itsjygt

LACTA社のSonho de Valsaはロングセラー人気商品の一つです。

③Butter Toffees

固いソフトキャンディのような食感で、噛んでも美味しい、舐めても溶けるのが遅いので、こどものぐずり対策によく筆者は使っています(笑)こどもから大人まで人気のキャンディのお菓子です。筆者のオススメはイチゴミルク味とコンデンスミルク味です。1袋5レアル(135円)程です。

Avucjztjiuwtdtqjtioj

④コーヒーキャンディ

ブラジルにはコーヒーキャンディが大容量で安く売っているので、ばらまき土産にも最適です。

Krowhayreribrwgjnydk

⑤ホールズ スイカ味

日本には売っていないスイカフレーバーです。メントスや携帯に便利なキャンディ系のお菓子はレジ前に置かれていることが多いです。安いので、ばらまき土産にも最適です。ブラジルの気候は乾燥しているので、喉を痛めることが多いです。ホールズの爽快感は滞在中、フライト中の乾燥対策にも役に立つこと間違いなしです。1個2レアル(54円)ほどで売っています。

Ctjwtkliaqpxmbxn0rrh

⑥ブラジルナッツ

Castanha do Pará(カスターニャ・ド・パラー)はブラジルでしかとれないナッツで、その栄養成分は一日に必要な栄養が一粒で取れてしまうほど、と言われています。こちらもTBSの「世界くらべてみたら」の世界のスーパーフードとして取り上げられていました。味はアーモンドとマカデミアナッツの中間のような味で美味しいです。日本ではまだあまり出回っておらず、ネットでもかなりの高値なので、健康志向の高い方へのお土産に最適です。

Rkzkztzs5wkf3hh1zv4k

写真、左がブラジルナッツ、右がカシューナッツです。

⑦カシューナッツ

他に、カシューナッツもブラジルは生産国なので、大粒でおいしいものが売られています。カシューナッツにキャラメルやチョコレートをコーティングされたのも美味しいですよ。

Bbvz5tqdwklokl10co0w

⑧パソッカ paçoca

粉末ピーナッツを砂糖で固めたお菓子で、ほんのり塩味も聞いていて、コーヒーに合います。きな粉に似た味がするので、日本人好みです。こちらもこどもから大人まで人気のお菓子の一つです。

Rxcdtnf5vdvqrzx2g3oi

写真はパソッカと同じお菓子で、パソキッタという商品名です。10個入りで6レアル(162円)前後です。

⑨タピオカビスケット biscoito de polvilho

ブラジルでは赤ちゃんせんべいとして、離乳食を始めたころから食べさせてよいおやつとされています。子どもから大人まで人気のおやつで、一度食べ始めたら止まらなくなります。タピオカが原料なので、グルテンフリーです。塩(salgado),チーズ(queijo), 砂糖(doce)味があります。

Dtb7mher1qvzd6v6au4t

⑩コーヒー

ブラジルは世界有数のカカオ生産国で、コーヒーの栽培が盛んです。ブラジル土産、といえばコーヒーでは?と思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか?しかし、ブラジル人が好むコーヒーの味と日本人が好む味に違いがあるので、日本人へのお土産として渡すコーヒー選びは意外に難しいのです。日本人は焙煎が浅く、香りが高いコーヒーを好むのに対し、ブラジル人は濃いエスプレッソを好む傾向にあります。

Hzz6vnv5gfxzii9p0qq6

スーパーでも大変たくさんの種類が売られていますが、Três coraçãesというメーカーのものがマイルドで、日本人には好評でした。その他、日本人の口に合うメーカーとしてCafé do Pontoや Café Brasileiroがあります。500gで10レアル(162円)前後です。

⑪カシャッサ cachaça

ブラジルのお酒、といえば、さとうきびの蒸留酒であるカシャッサです。アルコール濃度30パーセントと強いですが、お酒が好きな日本人は大好きです。夏には、カシャッサをレモンと砂糖と氷水で割った、カイピリーニャをビーチやバーベキューで飲むのがブラジル人の楽しみです。

ブラジル人夫おススメのスーパーで売られているカシャッサ2選です。あまり安すぎるカシャッサだと美味しくないそうです。

Vjyvjda3zbkewp8wb26v

お土産にするならば、80レアル(216円)前後のものが無難です。

Ylyjurr24wcx05vv1wkq

⑫フルーツの粉末ジュース

ブラジルはトロピカルフルーツの宝庫。でも、生のフルーツは国外に持ち出せないので、粉末ジュースなら軽く、かさばらないし、ブラジルならではのフルーツの味を試してもらえます。ばらまきお土産としても最適です。1袋1レアル(27円)ほどです。

引用: https://a-static.mlcdn.com.br/618x463/suco-em-po-maracuja-tang-15x25g-mondelez/docemalu/1048/ca2441a09ad398514d46e2263de149e5.jpg

⑬ジャム

グァバや桑の実などのブラジルならではの珍しい果実のジャムがたくさん売られています。

Occymaylteue6focq4dh

写真、左がグァバ(goiaba)ジャム、右が桑の実(amora)ジャムです。

⑭はちみつ

プロポリスも有名なブラジルは、はちみつももちろん、各地でたくさん売られています。その中でも筆者がおススメするのは、サシェタイプ。一口分、個包装されているので、はちみつをちょっと舐めたいとき、トースター1枚分にかけたり、持ち運びもできるところが便利で気に入っています。

M7hstqhud2sbboh1iroz

写真、左がサシェタイプの個包装になっているはちみつです。

Apkhlbjnaut8bxvvor8u

※プーさんは販売しておりません。

⑮ポン・デ・ケージョの素

日本人でポン・デ・ケージョが嫌いだという人を聞いたことがないくらい、外カリッ、中はモチモチの、まさに日本人が好きな触感。オーブンで手軽に焼くことができるポン・デ・ケージョの素を買えば、ブラジルの味をお裾分けできます。1袋6レアル(162円)程です。

Udpeldxejxktsadkhnkx

⑯ナツメグ 

なぜナツメグをおすすめするかというと、日本ではあまりみかけない「実」もブラジルでは売られているからです。粉末タイプよりも香りが高く、保存もしやすいことから、筆者はブラジルに住み始めてからずっと使い続けています。これを料理好きな友人にお土産として渡したところ、大変喜ばれました。1袋9レアル(243円)程です。

Arqttpjssl6rxouxuelm

ナツメグの実はグレーターで削ると粉末になります。グレーターも日本では持っている人が少ないと思うので、セットでプレセントすると喜ばれるかもしれません。グレーターもスーパーで売っています。保存方法は塩にいれておくだけです。

Btgkqhj13ml8ncsvyqts

⑰TVでも紹介された塩とにんにくのペースト

こちらもTBS「世界くらべてみたら」でお肉に塗って焼くだけで、お肉が絶品の味になる、とこれからヒットしそうな世界の食材探しという企画で紹介されていました。試食をした渡辺直美さんも大絶賛していました。にんにくと塩はブラジル料理の味付けの基本。日本でもブラジルの味を思い出せそうですね。

Arhqtdbnvfsvgnqpinbq

⑱Gramadoの石鹸

ブラジルに古くからある老舗石鹸メーカーです。ショッピングセンターにも専門店がありますが、石鹸はどこのスーパーにも売られています。プロポリス入り石鹸などがブラジルならではのコスメのお土産として、女性に喜ばれます。

Gmabxhyh5upnvhmotd55

⑲プロポリススプレー

強い抗菌作用があることで有名なプロポリス。乾燥するブラジルでは喉に違和感を感じた時に、ブラジル人は喉にプロポリスのスプレーをしていることが多いです。のどの痛みが重症化する前にスプレーするとより効果があります。ブラジル土産として、プロポリスはこれまた定番なのですが、プロポリスの強いにおいと味が苦手、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。プロポリスとはちみつ、ミントやざくろ味がついたスプレーも売っていて、プロポリス100%よりも癖が軽減されています。15レアル(405円)前後で売られています。

Hcn2xp5vaefik3j9o267

⑳Havaianasのビーチサンダル

ブラジルならではのカラフルな絵柄が大人気のハワイアナス(Havaianas)は履きやすく、丈夫です。筆者はいつも友人の好みの色、柄(シンプルかカラフルか)、サイズを聞いて購入します。お子様用はディズニーキャラクターの柄が充実しています。

Zwl2k25rfxlufb49bwer

Havaianasの専門店がショッピングセンターにもだいたい入っています。品揃えは専門店よりは少なくなりますが、ブラジルではスーパーにもHavaianasのビーチサンダルが売られています。筆者はお目当ての柄とサイズのビーチサンダルを求めて、わざわざサンパウロの本店やショッピングセンターの専門店まで行ったのに、そこにはなく、地元のスーパーにはあった、ということが二度ほどありました。Havaianasは一年のうちにどんどん新しいデザインのものが出回るので、品揃えの良い専門店にいつも自分の欲しいもデザインやサイズの在庫があるとは限らないのです。その点、スーパーは意外に穴場だと私は思っています。シンプルなものだと20レアル(540円)前後、カラフルで飾りがついていると30~50(810~1350円)レアル程の価格帯で売られています。

㉑エコバッグ

レジのレーンの袋詰めをする場所に売っています。フルーツやトゥカーノの柄など、ブラジルならではのカラフルな柄が多いので、人気です。スーパーのオリジナル商品が多いので、価格は場所によりますが、一袋5レアル(135円)前後です。

Iem2vyejxos9tawlp1cv

㉒イースターチョコエッグ  Ovo de Páscoa

2月下旬~4月下旬ごろにスーパーに出回ります。価格帯は25~80レアル(675~2160円)ほどです。日本のお中元のような感覚で、4月のイースターの時期にお世話になった方や、子どもにチョコエッグを渡す習慣があります。

Hbe1zaefmvggkzv0cieb

大人向けのものは日本でも人気のイタリアチョコレート、フェレロロシェのチョコエッグは美味しいです。

Mccojbt9rn6icxdslkwl
引用: https://produto.mercadolivre.com.br/MLB-853827051-kit-ovos-de-pascoa-ferrero-365g-ferrero-collection-354g-_JM

こども向けのもはチョコエチッグの中におもちゃが入っているので、お子様向けのお土産としてとても喜ばれます。

Mpcaontfrhcxf3sbew0e

㉓パネトーネ panetone

11月上旬~1月上旬あたりまで、スーパーで多くの種類が店頭に出回ります。18~40レアル(486~1080円)ほどで売られています。2種類あり、ドライフルーツが入ったものが「パネトーネ」、チョコレートが入ったものを「ショコトーネ」です。ブラジル人はこのパネトーネをクリスマスケーキとして食べる習慣があります。ケーキと言っても、実際は酵母パンですが、一度食べるとやみつきになります。おすすめはパネトーネの老舗会社であるBauduccoです。

Avmhkuoqmss3tpqqwcox

娘が動画でパネトーネの中身を紹介しています。

鍵つきロッカーの利用について

多くのスーパーでは万引き防止のため、リュックサックなどの大きな荷物を入れるロッカーが入口にあります。警備員がいて厳しいと入れるように言われます。私は子どもがいるのでいつもリュックサック持参なのですが、経験上は入れなくてもよいことが多いので、警備員に言われたら入れる、でもよいです。他のお店で買い物をした袋や店内で持ち歩くのが邪魔になる荷物があれば保管しておくのにも便利です。

レジのシステム

ブラジルのスーパーのレジは、ベルトコンベアーに商品を置き、同じ場所で支払いと袋詰めを済ませます。袋は小サイズのものしかなく、たくさん買い物をすると、たくさんの袋をもつはめになります。スーパーによってはビニールの品質も薄く、破れやすいのでエコバッグを利用するのをおすすめします。

Xnv7hiem9in3mnkg7kfv

また、レジのレーンは、10個、20個までの商品のお買いあげレーン、20個優先列(障害者、60歳以上の高齢者、妊婦、子連れ限定)、カード払い専用などもあるので、上手に利用すると待ち時間を減らすことができます。

Ol5kbpqmb995kuo8qdd3

写真は、お買い上げ商品が10個までのお客さんが利用できる列です。

ブラジルに多くあるスーパー

ブラジルにある大きなスーパーのリンクです。(ポルトガル語のみ)

今回紹介したお土産は、値段もはっきりとわかるものは参考に商品と一緒に写し、掲載しました。ブラジルは物価の上昇が激しい国です。翌日でも値段が変わる、ということがあります。値段は2019年8月時点(1レアル=27円)の値段になりますので、ご了承下さい。

筆者のブログはこちらから!