Vxvct8kojqvq8wxhumam

ブラジル

CATEGORY | ブラジル

在住者が伝授するブラジルの治安対策!ブラジル旅行の前に必読!

2019.07.26

ブラジルは世界でも有数の犯罪件数が多い国として有名です。だからこそ、一番気になる情報といえば、この、「治安」だと思います。旅行者が利用する場所で、注意すべきこと、多発している犯罪手口、ブラジル在住者目線の治安の実際、そして実践している窃盗や強盗に対する防犯対策をお届けします。

この記事に登場する専門家

Uvsyiifcmq46jdmrsdvd

ブラジルブロガー/ライター

summereyes

高校は英語科、大学はアジア政治を専攻し、アジア各国を訪問。社会人時代にブラジル人に日本語を教えるボランティアを始めたのをきっかけに、今までとは縁のなかった南米へ2011年に国際結婚移住!あれよ、とブラジル在住歴も中堅組に。

  1. ブラジルの治安、実際どうなの?
  2. ブラジルの空港内外での治安上の注意点
  3. ブラジルのホテルでの治安上の注意点
  4. ブラジルのバス・地下鉄での治安上の注意点
  5. ブラジルのレストランでの治安上の注意点
  6. ブラジルの路上での治安上の注意点
  7. ブラジルの貧困地区ツアーは自己責任で!
  8. ブラジルで治安上の気を付ける場所や時間
  9. 日本人のアレが狙われている!
  10. 強盗に遭う前の対策
  11. もしも強盗に遭ってしまったら
  12. 犯罪被害も最後は運

こんにちは、ブラジル在住8年のsummereyesです。はい、実際、ブラジルの治安は悪いです。しかし、ブラジルは国土が広く、治安状況もかなり違いますので、ところによっては危なくない所もあります。

例えば、比較的に田舎への旅行ですと、治安の良いところも実際は多いのです。住宅の塀や門も都市部よりも簡素です。

Laznmou7tpvjf3njcvqc

逆に都市部では、住宅の塀や門も厳重で、訪問者の出入りもセキュリティが厳しいところが多いです。高い塀に高圧電線を張り巡らせています。アパートは住人が許可した人しか敷地に入れないようになっています。

引用: https://www.mac.com.br/upload/galeria/750/amista-special-resort-galeria-emp-cecd0cfaa5a24f3695a78bfdb15f4b41.jpg

近年の景気後退が原因で、特に都市部での治安状況はますます悪くなっています。日本人旅行者、在住者が巻き込まれる犯罪で、特に多いのが、強盗、窃盗です。空港から一歩外を出たら気を付けるべき防犯対策を順に紹介していきます。

荷物から目を離さないで

次のレストランでの置き引きについてで、詳細を説明しますが、空港内のレストランやカフェで飲食する場合は荷物から目を離さないよう注意して下さい。置き引きがよく起きています。

F6ytxxzya1jp9pf8acrh

車両強盗に注意

タクシーや送迎者で空港から出るときは、誰かが後方からついて来ていないか、送迎車の場合、タイヤがパンクしていないかもよく確認しましょう。駐車場内からすでに強盗が狙いをつけ、車でついてきて、強盗をするケースも時々起こっています。駐車場内で強盗がタイヤをパンクさせ、高速道路内でパンクに気が付いた車両が路肩に停車したときに、強盗が近寄り、スーツケースや貴重品を持ち去る手口です。車ごと乗っ取られてしまったり、車を乗っ取り、後で乗り捨てていく、短期間誘拐にも巻き込まれる場合もまれにあります。

Tff6tlt3uemed1nijidp

貴重品の管理に注意

滞在型のホテルにブラジルに1年間滞在していた友人の体験談です。

日本に帰国する数日前に買ったお土産10袋が、部屋の掃除中に外出していた際になくなりました。後にオーナーに報告し分かったのですが、犯人はルームスタッフでした。


また、数か月ブラジルに滞在した日本人出張者の方からも、携帯の充電器がなくなっていたなどの話も聞いたことがありますので、どんなものでも部屋から出て外出するときは、スーツケースの中にしまい、施錠してください。

Gy6sfzi12dslxwap1lwx

荷物から目を離さず、チャックには施錠

バスや地下鉄を利用する場合、混雑時はスリが多いので、荷物は自分の前に置き、しっかりと手で持つようにしましょう。リュックサックはこのように(写真)お腹の前にかけてください。

リュックサックやカバンのチャックはいつもきちんとしまっているか確認してください。

It4fm17dt8jjvczyzt6v

また、チャックをしめていても、窃盗のプロは被害者が気が付かないように巧妙にチャックを開け、速やかに貴重品を盗み出します。そのため、私は地下鉄に乗るときは番号つきの錠をチャックにつけるようにしています。(写真)安全ピンでも同様の効果があります。

Zeffw8plrveyjvqnybpe

空いている時間帯のサンパウロの地下鉄内の様子です。

Fjrxqvhetnnm98pg5h5r

リオの地下鉄の改札口の様子です。

Sk6pptcbqib6le3bohji

置き引きに注意!

レストランやカフェで食事するときも、荷物からは目を離さないで下さい。また、ショッピングセンターのフードコート内などでも、荷物を場所取りに使い、席を離れることはしないでください。食事中は椅子の後ろに荷物をかけないようにしましょう。

T750554fo6hywyolvgvp

友人とおしゃべりに夢中になっている隙に置き引きに遭うケースが多発しています。

ビュッフェスタイルのレストランの場合は、同伴者と交代で食事を取りに行き、誰か一人はテーブルで荷物を監視しているようにして下さい。

スマホは屋内で使用!

ブラジルでは配車サービスであるUBERが広く普及しています。その普及とともに、UBERをスマートフォンで呼ぶときに、自転車やバイクでスマートフォンをひったくられる被害が特に大都市を中心に急増しています。


旅行者だけでなく、現地ブラジル人も多く被害に遭っています。配車サービスや地図をスマートフォンで確認する場合は、必ず屋内で使用してください。また、観光地をスマートフォンで撮影する場合も、周囲を確認し、使用したら速やかにしまうようにしてください。

Wj7vdhuftyo3l3gpxe52

ブラジル治安対策の基本は、現地の人でも危険、と言われる場所には極力近づかないことです。しかしながら、リオではフェベーラと呼ばれるブラジルの貧困地区のツアーなども

開催されており、旅人の興味をいつも引き付けています。


どうしてもこのようなツアーに参加したい場合は犯罪被害の覚悟に遭っても良い覚悟とファベーラの暮らしのルールを調べておく必要があります。

特にリオのファベーラでは、麻薬組織の温床であり、警察との銃撃戦が起きたり、警察でも危険すぎて立ち寄ることのできない場所もある程治安の悪い場所です。その他、都市部の貧困地区も興味本位に立ち寄るのはおすすめできません。


売春婦とそのグループに身ぐるみはがされ、窃盗の被害にあった日本人男性も過去にいますので、ちょっとした火遊びも要注意です。

むき出しのレンガやトタン屋根が多い住居がファベーラです。

Xwckzwplrjpdylegq9tz

強盗や窃盗は昼夜問わず発生していますが、早朝の人気のないビーチ、昼間は人気のない小道、タクシーに乗車中の強盗は夜間や渋滞時に頻発しています。夜間は治安が特に悪くなるので、不用意な外出は避けます。逆にスリは人混みの多い観光地や交通機関でよく起こっています。

Njymr3ljdlicvxemzdtu

いつ、どこで、どんな時間に、どんな手口の犯罪が起きているか見ることで、犯罪の傾向がよく分かりますの被害事例と防犯対策を一読しておくと良いです。外務省の海外安全ホームページでは、ブラジル国内都市の警戒レベルや邦人被害情報が確認できます。

ブラジルの犯罪者が狙っているのは現金だけではありません。輸入品が特に高いブラジルでは高価な物品も、部品が高く売れたりするので、よく窃盗の被害品となります。

ブラジルの犯罪者は日本人が高価な電子機器を持っていることをすでによく知っています。

近年、i phoneを引ったくりに遭う被害が増加しています。古い機種でも犯人にとっては喉から手が出るほど欲しいものなので、油断禁物です。

Is3akbzv9nau7tmup7hi
引用: https://www.meridionalfm.com.br/2019/05/30/sinop-ladrao-e-preso-apos-levar-celular-em-assalto-na-mao-grande/

サンパウロでは駐在員の増加に伴い、明かに日本人を狙った犯罪もパターン化してきています。日本人駐在者が集住している地区や、よく訪れる場所も熟知しだしてきています。


また、犯人の要求しているポルトガル語が分からないため、迷っているうちに、殴られたり、強奪されたときに怪我を負うケースも時々あります。ポルトガル語も記しておきますので、もしものときのために最低限覚えておいて下さい。

日本人がよく盗まれているものはコレだ!

携帯電話 celular セルラー

i padなどのタブレット端末 tablet タブレッチ

腕時計 relogio ヘロージオ

現金 dinheiro ジニェイロ

サンパウロ市内でバス強盗をした逮捕者から押収した被害品です。

Bjgxv6rjmqdhjdzt37qo
引用: http://focoregional.com.br/Noticia/gps-em-celular-leva-a-prisao-de-suspeito-de-a

貴重品は分けて持つ

ブラジルでの治安対策は、「貴重品は分けて持つ」が鉄則です。パスポート・現金・航空券など紛失してしまったら困るものは、肌に身に着けるウェウストポーチを利用するのがよいです。よく空港やトラベラーショップでも売っていますね。

LiberFlyer セキュリポ®︎ 【高防水ライクラ生地】セキュリティポーチ ランニングポーチ ウエストポーチ スキミング防止 薄型で隠せる
価格 ¥1,599

クレジットカード、泥棒に取られてもよい程度の現金、携帯電話などはかばん、またはリュックの内ポケット側にいれましょう。よく男性で、財布や携帯をズボンのポケットに入れている人が多いですが、その場合はスリに気を付けなければなりません。また、現金は強盗被害に遭いやすいことから、現地ではクレジットカードをよく使い、多くの現金を持ち歩かないようにしている人が多いです。

強盗へのプレゼント用の財布、携帯電話を用意

強盗にあったときに渡すためのすぐに出せる財布を用意するとよいです。また、その中に入れる紙幣を2レアル札を多く入れておくよう、日本国総領事館も推奨しています。

なぜなら、2レアル札と100レアル札は同じ青色だからです。犯人の目を誤魔化す効果があります。使わなくなった携帯電話の機種も持ち歩き、強盗へのプレゼントにしてもいいかもしれません。

Uiz1aqjb0qr6dfi4jjq6

上が折り曲げた2レアル札と下が100レアル札です。2レアル札をたくさん折り曲げて財布にいれておけば、確かに100レアル札がたくさんあるようにみえます。

Gtvuzhkc2ztiewaxdnfe

高価な腕時計やアクセサリーは身につけない

腕時計は拳銃強盗、アクセサリーはひったくりの標的になっていることが多いです。男性は腕時計に、女性はネックレスに注意しましょう。引きちぎられて持っていかれるケースもあります。

G9lsnzvct3knf6qpm9un

絶対に抵抗しない

犯人は拳銃やナイフを持っていることが多いです。抵抗すると大けがや死亡事件につながる恐れがありますので、絶対に抵抗せずに、犯人の要求に従うようにしてください。抵抗や要求の拒否をしたことで日本人が拳銃に打たれてしまった事件も過去に実際起きています。

サンパウロ大都市圏のバスに拳銃強盗が押し入り、次々と乗客の貴重品を強奪している防犯カメラの映像。誰も抵抗する乗客はいません。

犯人と目を合わせない

犯人は顔を覚えられることを嫌がります。被害に遭ったときはなるべく犯人と目を合わせないようにしましょう。

ブラジルは犯罪は多いですが、テロの危険はあまりありません。実際は街も物々しい雰囲気に包まれている、というわけでもありません。実際に、ブラジル在住日本人もブラジル人もブラジル旅行をとても楽しんでいます。実は私は普段比較的治安の良い、郊外に住んでいるということもありますが、都市部や観光地を訪れたときも一度も強盗や窃盗の被害にはあったことはありません。上記に書いたこと日常実践していることもあるかもしれません。


私のように8年住んで一度も被害にあったことがない人もいれば、同じように気を付けていても、洗礼、ともいうレベルで被害に遭われてしまっている方もいます。知人、親戚から窃盗、強盗の被害の話を聞くのはブラジルでは日常茶飯事です。そこが日本での生活ではだいぶ違いますし、日本での警戒意識とは変わってきます。

一に命、ブラジルで身を守る大切な3つのこと

高価なものを身につけない、見せない

危険な場所に近づかない

犯罪にあったら抵抗しない

Bdxl72nc7jzlza5fozfi
引用: https://diadianoticias.com.br/?p=29663

特に、この3点に気を付けながら、楽しい旅になることを願っています。もし対策を打ったにもかかわらず、物品被害にあったとしても、命が無事であることが一番大切であることを覚えておいて下さい。

筆者のブログはこちら!

この記事が気に入った方は、他の南米の記事もチェックしてみてください!