Jhlmwguvkalb1oha1vfa

ブラジル

CATEGORY | ブラジル

【体験レポ】南米の風俗遊びを紹介!治安が悪い南米風俗の注意点10選や超セクシーボディのおすすめ国はこれ!

2021.07.15

南米といえば「ドラッグ・人身売買・犯罪」と世界の闇が詰まった危険なエリアとして知られてますよね。しかし、その一方で女の子たちは美人が多いことでも有名で、世界で活躍するトップモデルたちも実は南米出身の方が多いのも事実。今回はそんな南米の風俗事情についてを紹介。

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. 南米の風俗は最高にエロいけど最凶に危険!
  2. 南米の風俗で気をつけて欲しいポイント
  3. 南米の風俗が最高な3つの理由
  4. 南米で風俗遊びをするならオススメの国ベスト3!
  5. 南米のオススメ風俗遊びを紹介まとめ
メキシコ市内にて一枚

みなさんこんちは!


ヨーロッパ在住、基本的には欧州主要都市、たまに欧米や南米までと、様々な国へと訪れた際に遊んだことのある風俗・夜遊びスポットについてをご紹介しているシラフシラズです。


2020年に世界経済フォーラム「World Economic Forum」が報告した内容では、毎度のこどく今年も南米は世界で最も危険なエリアとして待望のワースト入りを果たします。


国境を越えて命辛々アメリカに亡国するメキシコでは、毎年殺人発生率も上昇傾向にあり、約2万人以上が毎年殺害されていることで知られてます。


そんな今回は世界一危険なエリア、南米の風俗事情についてを徹底紹介!


最凶に危険だけど最高にエッチな国の風俗遊び情報も収録。

ブラジルのダウンタウンにて一枚

赤線地帯と風俗エリアが一緒のところには行くな!

海外の風俗は国によって危険レベルが異なってきます。


南米の場合は国自体が治安の悪い場所が多く、普通に市内を観光しててもスリやひったくり被害に遭うことが多く、特に人混みも多い繁華街ともなればその可能性は増えてきます。


また南米の風俗は赤線地帯の中に集まっていることが多く、赤線地帯といえば言わずもがなの「危険エリア」、地元人でも用がなければ近寄らない場所です。


赤線地帯ではドラッグの密売、犯罪、最悪の場合は殺人の舞台にもなることが多いです。


特に南米の赤線地帯は徐々に治安が悪化していて、企業が郊外へと移転したり、それを追って多くの住民が移転しためにゴーストタウンと化してる場所が多いため、中は無法地帯として恐れられています。


高層ビルも有名ホテルも全てが空き家となり、そこへ職や家を求める貧しい人々が住み着くという図式は徐々にではありますが、都市機能が回復傾向にもあります。


ただし風俗歩きにはまだまだお勧めできないエリアですね。

行く前は事前に治安についてをリサーチ必須!

日本は世界でも治安の良い国で、夜間の一人歩きも安全です。


しかし南米の赤線地帯では日本の常識は通用しません。


夜間の一人歩きは現地人でもほとんどしないので、特別な事情がない限り夜間の外出は避けてください。


それでも風俗遊びが諦めきれない人は、まず行く前に治安についてを入念にリサーチして、本当に行っても大丈夫かどうかを日本人の体験者が書いているレビューについてを調べる様にしましょう。


持ち物から目を話すことも危険で、一瞬で盗まれてしまいます。


また、違法取引の拳銃やレンタル拳銃などが出回り、誘拐や自動車強盗が社会問題となっているところが多いので、日本では頼れる警察官や軍人も要注意といった感じ。


警官や軍人を装ったり、本物でも不良警官による犯罪が多発しており、特にバス停や駅前は治安が悪いので周囲に気を配り、制服を着ている人を見かけたら遠ざかるようにしましょう。

PCMAXには大人の関係を求める女性が多いです。自粛中だけど、たまには開放的になりたい、そんな夜もあります。つまりセックスする相手を探しています。でも、女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使っているんですよ。

出会うコツは、登録したその日に課金すること。初日は優先的に表示されるのでコスパがめちゃくちゃ良いのです。3000円で50人くらいとやり取りできます!

ブラジル市内にて一枚

とにかく女の子が綺麗でエロい!お尻がでかい!

南米の女の子はとにかく綺麗で美人さんばかりなのに、それに加えて世界中の男をイチコロにする悩殺ボディーが半端ないです!


特にキュッと細く引き締まったウエストに、大きくて弾力のあるお尻にはメロメロ。


南米においてセクシーな女性像とは「グラマラスなボディラインの女性」、なので胸やお尻のボリュームがあって、ウエストがキュッとくびれている、いわゆる「ボン・キュッ・ボン」タイプです。


そういう訳からか、南米ではこのボディラインを出すために女性もトレーニングをしたり、中には豊胸手術やお尻を大きくする整形手術を行う女性もいるほどです。


さらにただグラマラスなだけでなく、特にお尻は大きければ大きいほどセクシーとされているので、女性もセクシーさを出すためにあえてタイトなデニムやレギンスなどを好んで履いてお尻のボリュームを強調することも多いです。


南米の女性は、体のラインを隠すのではなくむしろ目立たせ、それを男性は魅力的と捉える傾向が強い。


また、肌の色は小麦色の肌の女性はセクシーで人気が高いので、南米でのセクシーさはそのまま肉体的な魅力、すなわち「セックスに直結している」ということ。

サービス精神旺盛!積極的な女の子ばかり!

南米の女性のセックスは日本人より激しくパワフルです。


特に女の子で自分から腰を振ってきたりと、ピストンが激しい上に日本人に比べて平均的に奥まで突かれるのが好きな子が多いです。


そのため激しく奥まで突くことを要求されることが多く、一度南米の女性とセックスすると、すっかりその深くてびしょ濡れのアソコにハマってしまう日本人男性も多くいます。


南米の女性も自分からすすんでセックスを楽しむ女性が多いので、自然と回数も多くなり激しさも増していきますし、風俗だからといって手を抜く様な子はいないです。


日本では1回セックスをした終わり、というケースも多いですが、激しくパワフルな南米の女性は、何度もセックスを楽しむことが普通。


激しいセックスで何度も絶頂し、お互い気持ちいことを確認し合うような濃厚なセックスも好み。


また、陽気なラテン系の人々のノリはセックスにおいてももちろん健在。


ノリが良いので距離感も近くなりやすいですし、セックスを「スポーツ感覚」または「コミュニケーションのいちツール」として捉えています。

騎乗位は圧巻!アソコをガンガン押し当ててくるぞ!

とにかく性欲が強いのが南米の女性の特徴!


日本人の女性は基本的に「受け身」、自分からガンガン攻めるというよりも男の動きに合わせて受け皿になる様な子が多いですが、南米女性はそうもいきません。


自分からガンガンお尻を振ってアソコを奥に当ててきます。


また南米の女性は性欲が強いので、どんな状態であっても性欲だけはあるのです。


そのため女性もセックスを拒否するようなことは一切なく、セックスをし始めるとノリノリで楽しんでくれます。


また南米の女性はセックスに対して、恥ずかしい、いやらしい、エロいというような気持ちを少しも持っておらず、むしろ、さわやか、楽しい、健康といった様にスポーツの一種として捉えている子が多いです。


だからこそ、より良い試合にするにはどうすればいいのか?のように、真剣に考えています。


セックスをするのではなく、セックスに取り組むというような心意気で、一緒に良い試合、良いセックスができる様にいつも全力を尽くしてくれます。

3位:アルゼンチン

ブエノスアイレスの様子

南米の中でも第3位にランクインするのが、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスです。


南米ではブラジルに次いで2番目に国土が広いアルゼンチンですが、他の南アメリカ諸国と比べると少し異なった風土があります。


どちらかちうと、ラテン系アメリカであるラティーナというよりかは、何処か少しヨーロッパに近い雰囲気を持っています。


そのためアルゼンチンの女の子は、美人が多いですがラティーナとは少し違った雰囲気で、その洗練された美しさはヨーロッパにおけるウクライナ人女性の様な輝きを放ってます。


ただし、女の子のレベルは申し分ないんですが、ブエノスアイレスの風俗遊びでは「作業感が強い」「スレ感がある」のがネックで、顔とスタイルは申し分ないのプレイのサービスクオリティがちょっと残念なのが否めないといった感じです。

2位:ブラジル

サンパウロ市内にて

ブラジルの風俗といえば「ボアッチ」が有名です。


まさにエロ大国と言えるブラジルは、このボアッチで美人なブラジル人女性と乱行できたりと紳士の天国があります。


また「ブラジル人」と聞くと黒い肌をイメージする方も多いと思いますが、ブラジルは昔多くの国からの移民を受け入れていた為、現在は多民族国家となり黒や白、黄等の様々な肌の色の人が入り乱れているのも特徴です。


白人系ブラジル人を「ブランコス」、褐色系の肌色を持つ人たちを「パルド」、黒人系ブラジル人を「プレト」と呼んでおり、血筋は白人、混血、黒人の順番に多いですが、風俗遊びではこんなんにも豊富な女の子と遊ぶことができます。


もちろん混血の人が多いのも、先祖が人種であまり差別をせずに関わりあってきた事が見受けられてます。


あとカーニバルで鍛え上げられたお尻を堪能した本場の騎乗位は最高です。

1位:コロンビア

ボゴタにて一枚

コロンビアといえば、南米の麻薬大国であり美人大国でもあります。


しかし、かつてはサッカーW杯でオウンゴールした選手がマフィアに射殺されるほど賭博や麻薬などと闇社会が結び付いてる国でしたが、危険の香りのするコロンビアには美人・美女がとても多いんです。


ベネズエラやブラジルなどの他の南米国とともに、ミスユニバースにて優勝者をたびたび排出してます。


直近では、2014年ミスユニバースにて優勝したコロンビア美女を見れば、美人大国であることを証明しています。


そして何といっても、南米一の最高峰レベルの置屋が乱列しており、中では美女大国の名に恥じないエロくて可愛い女の子ばかりです。

素人女子ともっとセックスしたい人にはPCMAXがオススメ。


コロナ以降、セフレ目当ての女性が余っちゃってるんです。人妻やJDの寂しさを和らげてあげませんか?


風俗なら1回で2万円は必要ですが、PCMAXなら3,000円程で十分に出会えるのでコスパよくセックスできますよ♪

ボゴタの路上ライブにて

如何でしたでしょうか。


今回は世界の風俗体験記 in 南米ということで、シラフシラズが訪れた・知ってる南米の風俗事情から各種遊び方などについてをご紹介しました。


他にも欧州を中心に欧米等、世界の主要都市へと旅行や長期滞在した際に周った風俗店等についてもご紹介をしているので、興味のある方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという人も多いです。


こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策です。

昔、AV女優の紗倉まなさんがテレビで、AV女優もマッチングアプリを使っていると暴露し話題になったこと、覚えていますか?


一昔前は、危険やサクラの印象が強くメジャーではなかったですが、最近は人気を博していて、実は日本人の若者の4割は出会い系を利用しているそう。


当然、大人の関係目的で集まっているアプリも存在します。

Man3

某アプリ運営者からは、登録女性が急増、男性が不足しているとの情報も!

風俗なら1回で2万円は必要ですが、マッチングアプリなら3,000円の課金で十分楽しめます。一度会って連絡先を交換すればあとはOK。風俗のように毎回お金がかからないため、コスパよくセックスができます。

チンポ好き女子をコスパよく見つけるためには、アプリの使い方が大事です。


そのコツは、ズバリ登録後24時間以内に3000円程のポイントで連絡を送りまくること。


なぜなら、登録後スグは、ブーストされて表示されやすく、返信率がとても高いのです。

Man1

世の中には男のチンポを求める女性がたくさんいるのです。その本性をどうやって暴くかだけです。

おすすめアプリ!PCMAX

PCMAX大人の関係目的で使うには抜群です。婚外恋愛をしたい人が多く、既婚者が3割。みんな内緒な関係を求めているんですね。


匿名性が高いので、コッソリ使うにはちょうど良いです!

Man1

PCMAXは、コッソリ使うのに一番良い。お互い家庭持ちとかも多いから、秘密を守れる。(41歳/会社員)

Man1

使い始めてから分かったけど、登録初日のブーストは神。プロフは簡単に済ませて連絡送るのが一番良いね。(27歳/会社員)

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.tripsavvy.com%2Fbest-bars-and-clubs-in-cancun-4691495&psig=AOvVaw05V5MolrACO4JdDDd_vgZN&ust=1587142607337000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCPicxai17egCFQAAAAAdAAAAABAV