Rzv2obuu13acbwugayne

フランス

CATEGORY | フランス

ツアー要らず!個人旅行でのパリから世界遺産モンサンミッシェルへの行き方を紹介!観光スポット付き!

2019.08.22

フランス西海岸にある世界遺産モンサンミッシェル。パリを訪れた際に、一緒に訪れたいと思っている人も多いのではないでしょうか。ではパリから約280km離れたモンサンミッシェルへはどんな行き方があるのか?今回はツアーを利用しないモンサンミッシェルへの行き方をご紹介したいと思います!

この記事に登場する専門家

Y42rhaimh4ytji6waakq

現役看護師旅ブロガー

mai

現役看護師。旅行好きで海外に女一人旅するなどアクティブに過していた。結婚というライフスタイルが変わるタイミングで夫と共に123日26カ国世界一周ハネムーンに出る。ブログ:『Tabi』book(https://123-maimai.com/)

  1. 一度は行ってみたい!!世界遺産【モンサンミッシェル】とは?
  2. モンサンミッシェルはどこにあるの?
  3. パリから世界遺産【モンサンミッシェル】への行き方は?
  4. 【パリからレンヌへの行き方】電車に乗ろう!
  5. TGVとは?チケットの購入は?
  6. インターネットからTGVを予約する方法
  7. 【レンヌからモンサンミッシェルへの行き方】バスに乗り換えよう!
  8. バスの切符の購入方法
  9. 【孤島モンサンミッシェルへの行き方】島内へは無料シャトルバスがおすすめ!
  10. モンサンミッシェルへの道中にある街【レンヌ】を訪れよう
  11. モンサンミッシェルの行き方まとめ
E6mpvrmidlg83odtbbnn

モンサンミッシェルはフランス西海岸に位置するサン・マロ湾に浮かぶ修道院で、1979年には「モン=サン=ミッシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産に登録され、1994年にはラムサール条約にも登録されました。


カトリックの巡礼地であるとともに、湾に浮かぶ幻想的な修道院の様子は沢山の人を魅了し続けています。


フランス旅行というとパリと並んで人気のある観光スポットであるモンサンミッシェル。その姿を一生に一度は見たいと思っている人も多いはず。フランス旅行のツアーに組み込まれていることもあるモンサンミッシェルですが、ツアーだと時間に制限もあり見たい場所もゆっくり見て回ることが出来ないのではないでしょうか?

今回は個人旅行でのパリからモンサンミッシェルへの行き方をご紹介します!

Mcacmmpezvohoxsfwcrs

モンサンミッシェルはフランスのノルマンディー地方に位置し、パリから西に約280km離れたサン・マロ湾にあります。

自力でパリからモンサンミッシェルへ行くには、高速鉄道とバスを使う方法とレンタカーを使う方法があります。

しかしパリから直線距離で約280kmのモンサンミッシェルですが、車だと実際は333kmで5時間以上の長旅になるのでレンタカーは正直おすすめしません。

高速鉄道にも何通りか方法がありますが、今回は一番おすすめの最短ルートでモンサンミッシェルに行く方法をご紹介します!

Iz0idx40wlilzs3oflsx

まずパリから高速鉄道に乗って、ブルターニュ地方のレンヌ(Rennes)という街に向かいます。レンヌ駅へは、パリのモンパルナス(Montparnasse)駅からTGVという高速鉄道に乗って約2時間で到着します。

Iy5xevenbunz9rjwlwxu

モンパルナス駅で列車に乗り込みいざレンヌへ向かいます!

パリから出るとそこには穏やかなフランスの景色が広がっています。

可愛らしい街並みや牧場、風車なども見ることができます。


そんな風景を楽しんでいると、あっという間に列車はレンヌへと到着します。

Zxcgescyhmo3rrejh877
Arjbgne6wgrabxdqw5px

TGVとはフランス国鉄(SNCF)が運営する高速鉄道のことで、パリを起点にフランス各都市を結んでいます。


チケットの購入は駅窓口やインターネットからの購入方法がありますが、TGVのチケットは購入時期が早いほど安い金額で購入することができるので、モンサンミッシェルを訪れることが決まったら早めにインターネットから購入することをおすすめします。

①レイルヨーロッパの公式サイトにアクセス

レイルヨーロッパの公式サイトにアクセスします。

サイトは日本語表記にもなるので安心です。

Hgq3rmjvn3rkxnvb4d9n

②出発地、目的地、往路と復路の日時、チケットの枚数を入力

公式サイトから出発地、目的地、往路と復路の日時、チケットの枚数を入力します。


今回は分かりやすいよう出発地に「パリ」、目的地に「レンヌ」と入力しています。

写真は往復になっていますが、片道で良い場合は片道を選択します。

Vv1fn0zsige1mflrzz5r

③往路と復路の選択

往路と復路の日時に合わせてTGVの時刻表・料金表が表示されるので、お好きな往路・復路を選択しましょう。


最安値は分かりやすくオレンジ色で表示されています。

Npvlwvxlmsdlt4hrrax6

またTGVには1等車と2等車があり、それぞれのサービス内容は詳細から参照することができます。


1等車と2当社では座席の広さは変わりますが、車内販売やコンセントはは2等車にもあり、パリからレンヌまでの約2時間の移動では2等車でも十分すぎるくらい快適でした。

O99ajgriwmimb8wpegww
Ggxuahikchdsvmtxneqx

往路を選択したら、次は復路の選択です。

復路の選択も往路の選択方法と同様になります。


復路は、モンサンミッシェルからバスでレンヌに到着する時刻を考えて購入しましょう!

Gibd6imlkpupvgo1pzhs

④選択したチケット内容を確認

選択した内容で間違いがないか確認しましょう。


間違いがなければ、旅行者情報を入力し「カートに追加」を押します。

Hlg38indxkzsoqmielea
Hegfvcvdqhrrkpvp2oqq

⑤お支払い情報の入力

購入者の名前、住所を入力します。


合計金額を確認し、「お支払いに進む」を押して支払いに進みます。

Pxssnrrb8qebt64pibnb
D7w5z5obkiizqw61owtf

⑥発券オプション、お支払い方法を選択

発券オプションを選択します。

チケットによっては送られてくるPDFを印刷する電子チケット、現地の駅でのチケット印刷、宅急便での郵送を選ぶことができます。しかし宅急便での郵送を選択すると手数料が取られます。

Xtcaqb69xdebk9hxzwjm

次にお支払い方法を選択します。

チケットの支払いにはクレジットカードとPayPalが使用できます。

お好きなお支払い方法を選択し、お支払い情報を入力します。


またレイルプロテクションというオプションも選択できますが、これはチケットの紛失・盗難時に補償が受けられるオプションで、有料でつけることができます。

Etsd8copxzyjl1dazy8k

⑦購入したチケットを印刷

決済が完了すると、メールアドレス宛に電子チケットが届くので印刷して現地に持参しましょう。Print@Homeを選択した場合は、そのまま使える電子チケットを印刷して現地にもって行きましょう。


もし現地でチケットを引き換える場合は、必要な情報を印刷し駅窓口で発券しましょう。

Fmld1zd1j7ujo9cokvox

無事レンヌに到着したら、次はモンサンミッシェル行きのバスに乗り換えます。


レンヌ駅の北口ターミナルでモンサンミッシェル(Le Mont St Michel)行きのバスに乗り換え ます。

Gufvoucajcwikjtqrz11

レンヌからモンサンミッシェルへはバスで約1時間の距離です。

Phbfo46hpjbaby4stvth

モンサンミッシェル行きのバスの切符は、TGVのチケット購入時に合わせてインターネットで予約する方法と、乗車時に運転手から買う方法があります。

レンヌではバスターミナルの窓口で購入することもできます。

インターネットからバスの切符を購入する方法

インターネットでバスの切符を購入する場合は、TGVの予約方法と同様にレイルヨーロッパ の公式サイトから予約することができます。

Su73w6n53tz60ojwnva7
Fevfvflwgdatehqzou15
Ve0nxcph4yvvvdjs3sue

レンヌ駅からバスに乗り1時間、ようやく向こう岸にモンサンミッシェルのフォルムが見えてきます。しかしバスは修道院のある島の対岸で停車。


対岸から島内へは約3kmほどあり、そこから島内へは無料シャトルバスや馬車・徒歩で行く方法があります。


無料シャトルバスの停留所は、対岸のスーパーマーケット前、クエノン河口ダム、モンサンミッシェル の3箇所で10〜20分毎に出ています。対岸からモンサンミッシェルまでの所要時間は12分程度です。

T3ogoybn8oqwuowlei1r

ちなみに馬車は有料です。

片道25分程かかるそうなので、ゆっくり橋の上から見えるモンサンミッシェルを見たい方におすすめ。

Wodn6bztxvzquz8dcnin

もちろん徒歩でも渡ることができます。

筆者も片道だけ歩いて渡りましたが、お天気が良ければ歩道沿いの季節の花とモンサンミッシェルの写真を撮りながらお散歩するのもなかなか楽しかったですよ!

Iuhbishzfezwsjnjreql
An3dsocsyu1ztcewckmi

パリとモンサンミッシェルを結ぶ道中にある「レンヌ」という街。

ブルターニュ地方の玄関口でもあるレンヌでは15〜16世紀の木骨組みの家並みを見ることができます。人口の約4分の1が学生という大学都市でもあるので、若々しい活気で溢れています。


そんなレンヌですが、見所は旧市街のある中心地に集中しているので小一時間もあれば主要な場所を見て回ることができます。

Q7htu1eloukogu3nguwx

旧市街にあるサンピエール大聖堂はレンヌの街を代表する大聖堂で、ギリシャの神殿を思わせる円柱とアーチ状の天井が特徴的です。拝観は無料なので観光のついでに立ち寄ってみるのもいいですね。

J2yk8hw82fljj59su2j4
Urykncuaswoucx64o91o

サンピエール大聖堂の詳細情報

【開館時間】9:30-12:00/15:00-18:00

もしモンサンミッシェルへ向かう途中や帰りの電車までに時間があれば、レンヌの街を観光してみてはいかがですか?

E5nzev51liq7tiwkscog

いかがでしたか?モンサンミッシェルまで行くには個人旅行では無理!と思っていた方でも行けそうな気がしてきませんでしたか?


TGVやバスの予約も意外と簡単ですし、何よりツアー頼みではなく自分でチケットを取ったり、知らない街を冒険感を味わいながら旅したりして、憧れモンサンミッシェルを訪れることができればより一層感動できること間違いなし!


この機会にぜひパリから足を伸ばしてモンサンミッシェルを訪れてみてください!

モンサンミッシェル観光についてはこちらの記事もどうぞ!

筆者のブログはこちら

この記事が気に入った方は、他のフランスの記事もチェックしてみてください!

https://trip-partner.jp/67