Bp0zfp92xzylc8qrdtkl

ベルギー

CATEGORY | ベルギー

ブリュッセル年末年始まとめ!滞在者おすすめの過ごし方、モデルプランを紹介!

2019.10.08

ベルギー首都ブリュッセルは落ち着いた雰囲気を漂わせるヨーロッパでも人気の観光都市であります。そんな今回はブリュッセルの年末年始情報からオススメの過ごし方、現地商業施設についての情報をまとめてお届け!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. ブリュッセルのカウントダウンは他と少し違う!
  2. 落ち着いてカウントダウンを過ごすなら【グラン・プラス広場】
  3. 年越しのブリュッセル市内の商業施設や観光スポットについて
  4. 年越しが終わったあとのブリュッセルの年始の様子は?
  5. 年明けにオススメのブリュッセルの観光スポットはこちら!
  6. ベルギーは首都ブリュッセルの年末年始ガイド ー総括編ー
Qokzzl5ucdcc3smboiv8

こんにちは!


ブダペスト拠点にヨーロッパ各地で色々と活動をしているロン毛ことマエダです。


今回は実際に仕事でもプライベートでも何度か訪れたことのあるベルギーは首都ブリュッセルの年末年始事情からオススメの過ごし方についてご紹介をしていきたいと思います!

ベルギーは首都ブリュッセルでの年末年始の様子については、他ヨーロッパ諸国と比べると少し異なった姿をしています。


というのも他ヨーロッパ主要都市でのカウントダウンといえば「カウントダウン花火」が有名であり、どこか広場やその街を代表する建物付近にて、幾千もの打ち上げ花火が新年を迎えたと同時に夜空を覆い、集まった大勢の人々がその場でお祝いをするといった催しが行われています。


しかし、実はブリュッセルのカウントダウンの様子は少し違ったものとなっています。

Jbtsiewxuzmsfenj4mre

ここブリュッセルのカウントダウンでは、まずこの「カウントダウン花火」といった催し物が街自体で行われていないため「カウントダウン花火を見るために〇〇に行く!」といったプランは立てれないものとなっています!


もちろん、市内の公園や空き地では若い地元ベルギー人たちの集団が小さな花火をあげていることもありますが、こうした街自体での公式の花火イベントに関しては行われていません。

Zgqc5ynn5wc8wovceg7m

では逆に、ブリュッセルではどのようなカウントダウンのイベントがあるのか!となってきますが、ブリュッセルのカウントダウンイベントは「THE クラブパーティー祭り」です。


こちらはブリュッセル市内にいくつも点在する数多くのクラブやパーティー会場を、カウントダウン時には「全部を周れるチケット」を購入して、クラブを周りながら新年をお祝いするといった、なんともクラブ好きなベルギー人らしい模様となっています。


このチケットについては2019年版がすでに予約開始となっているため、ご興味のある方は下のリンクから公式サイトへと飛び詳しいチケット情報、クラブ情報、パーティー情報なんかもご確認ください。

Ffaku4eebaw72p3qzoqb

またブリュッセルでは特にエレクトリックを好むベルギー人が非常に多く、市内では一風変わった場所に立つクラブも多く見られます。


なかでは「改築された教会、古い映画館、森の真ん中にある派手なパーティー会場」など、ブリュッセルの少しぶっ飛んだ、ユニークなクラブカルチャーも年越しでは垣間見えることが出来るので是非ともブリュッセル風のカウントダウンを過ごしてみてはいかがでしょうか!

Tpfcau9cwab7dc4gqzhz

そんな大賑わいをしているブリュッセル市内のクラブやパーティー会場ですが、落ち着いてカウントダウンは過ごしたい!という方ならこちらの「グラン・プラス広場」へと訪れてみましょう。


ここグラン・プラス広場は、ベルギー国内で最も美しい市庁舎広場とされており、広場全体を囲む歴史あるヨーロピアン調の建物がイルミネーションに照らされて非常に美しい景色となっています。


中でも、カウントダウンの12月31日ではクラブパーティーには参加せず静かに年を越したい地元ベルギー人から観光客が集まって持参したワインやシャンパンを片手にゆっくりと新年を迎える準備をしています。

Hme4kl4lmhqscgswhkdq

またこちらのカウントダウン時のグラン・プラス広場では、チョコレートが特産物のベルギーということもあってか、広場内には温かくて甘いホットチョコレートを売っている屋台やホットワイン、チョコレート屋さんなど、フードコートが大晦日限定で開催されているのもオススメポイント。


クラブパーティーのようなお祭り騒ぎの様子とはまた一味違う、大人なカウントダウンが過ごせるものとなっています。


もちろん、入場に関しては料金もいっさい発生しないため、安心して訪れることが出来るのも嬉しいポイントです。


しかし、カウントダウン時のグラン・プラス広場では、スリなどの被害が毎年報告されているため「貴重品は身に付けず、無くなっても悔しくない小銭や少額の紙幣」のみを持っていくのが賢明です。

Ppj4868sbn6bsngigb6e

そんなカウントダウンで大忙しな大晦日当日ですが、ブリュッセル市内のレストランやバーについては通常通りの営業時間でオープンをしているお店が多いです。


しかし、中でも有名レストランや高級店といったお店だと予約は必須となっており、予約がない状態で当日お店へといきなり訪れても席が埋まっているのがほとんどです。


ここでは大晦日のカウントダウンでも人気のあるブリュッセル市内の指入りのレストランをご紹介していきたいと思います。

①本場の人気ベルギー料理が味わえる高級レストラン【Lola】

Oedmjp5ekdogcxktd7re

はじめにご紹介をするオススメのレストランはこちらの「Lola」です。


大晦日の12月31日ではカウントダウンメニューと題し、たくさんのレストランが特別メニューを設けていますが、ここLolaの特別コースの中ででてくる「ムール貝のワイン蒸し」が非常に人気のメニューとなっています。


ベルギーは北海に隣接する位置から新鮮な魚介類がとれるため、獲れたてのフレッシュなムール貝の味わいを楽しむことができます。

Ga0tdablvcqb73kmhp6s
引用: https://www.lola-restaurant.be/

またLolaでは、このムール貝のワイン蒸しにスパイスとして「ロブスタービスク味」や「カレー味」などをトッピングすることができますが、オススメとしてはシンプルにワイン蒸しだけで止めておくのが吉です。


繊細な味わいと食感をシンプルに味わってこそムール貝本来の旨味を楽しむことができます!

営業時間:(大晦日)12時00分 ~ 14時30分 / 19時00分 ~ 24時00分

公式HP:restolola.be

価格:75.5ユーロ/1人前コース

②ブリュッセルの老舗レストラン【LE MARMITON】

Bilqpn7l7ns1yumv32nk

続いてご紹介をしたいオススメの人気レストランがこちらの「LE MARMITON」であります。


ここLE MARMITONでは美味しいベルギー料理とフランス料理の二つをミックしたような創作料理が人気のポイントとなっており、フードメニューからドリンクまで数多くの地元ベルギー産のものを取り扱っています。

Vp2johfewbtuegnvz08y
引用: https://lemarmiton.be/en

中でもLE MARMITONのエビコロッケはおすすめです!


日本のエビコロッケとは全く違ったものとなっており、こちらでは丸々エビが中にごろごろと詰まっており旨味がギュッと凝縮されています。

営業時間:(大晦日) 12時00分 ~ 15時00分 / 18時00分 ~ 23時30分

公式HP:https://lemarmiton.be/en

価格:80.50ユーロ/1人前コース

Xbe2f25dewds5wknziae

そんなブリュッセルも盛大なカウントダウンが終わればお次はお目当の観光へと周り始めるかと思います!


しかし、残念なことにブリュッセル市内に点在するいくつものレストランやカフェ、有名観光スポットや美術館、博物館といった場所は主に1月1日はお休みとなり、2日以降からの観光地巡りとなっており、1月1日は静寂に包まれたそんな空気が街全体を包んでいます。


そのため逆に年明けのスタートとして始まる1月2日からはレストランやカフェ、ファッションモールなどは通常営業へと戻る商業施設が多いため、2日以降にそちらへと出向きお土産品やショッピングを楽しめます!

Tses1wkwgpxafly2mtiq

そんな元旦の1月1日でも観光できるスポットは多くはなくともあります。


続いてはそんな、年明けすぐに観光地巡りができるオススメの人気スポットをご紹介!

①街のシンボル【ブリュッセル市庁舎】

K2gblhzhryncpnjadp2s

世界一美しいと謳われているグラン・プラス広場のすぐそばに位置するこちらのブリュッセル市庁舎。


ここブリュッセルの市庁舎は、15世紀の建築様式を現代に残した歴史的なモニュメントです。


そして今でもグラン・プラス広場を代表する建物として、数多くの人々に愛されており、その内部を旅行者でも観覧することができるようになっています。

Izxsfc1h8ejybb3b8tpn

内観では、「市議会ホール、結婚式場、ゴシックホール」などの見応え抜群のインテリアに加えて、ブリュッセルの歴史や政治についてを音声ガイダンスで聞くことが出来るようになっています。


元旦に関しても営業をしていますが、詳しい時間帯については以下を参照ください。

営業時間:元旦 / 8時30分 ~ 17時30分

②ブリュッセルの聖地【サン・ミッシェル大聖堂】

Bhu7b91vdjgv5qzy4xc1

続いてオススメの観光スポットはこちらの「サン・ミッシェル大聖堂」です。


ここサン・ミッシェル大聖堂は、ベルギーの首都ブリュッセルの中心地に位置したゴシック様式が特徴の聖堂となっています。

Vpvnuzon2zraezaa4nys

13世紀から15世紀にかけて建造されたと言われているこちらのサン・ミッシェル大聖堂は、1516年にカール5世の戴冠式のほか、ベルギー国王ボードワン1世、およびアルベール2世の長男フィリップ皇太子の結婚式なども行われた神聖な場所となっています。


聖堂内にある巨大な美しいステンドグラスが有名であり、写真を撮る観光客も多いので是非とも訪れる価値あるものとなっています。

営業時間:元旦 / 7時30分 〜 18時00分

Hvslwrfaqbsca4uofzbl

いかがでしたでしょうか。


今回はベルギーは首都ブリュッセルの年末年始事情から年越し、年明け別のオススメの過ごし方についてをモデルプランも沿えてご紹介をしてきました。


ブリュッセルは世界でもトップクラスの人気観光都市としられるベルギーを代表する街であるため年越し当日の市内の活気というものには想像をはるかに超えるものであるでしょう。


そこでの年越しから年明けの時間は日本では味わえない一生の宝になること間違いなしです!


是非とも今年の年末年始はブリュッセルにて過ごされてみては如何でしょうか!

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjLprGzvabkAhVJ6KQKHSSWDSgQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwelovebrussels.org%2F2017%2F12%2Fchristmas-new-years-eve-brussels%2F&psig=AOvVaw23l9W0Mpw2sFLe9kxDcUop&ust=1567113041764099