Hb0fuqeanptwbidsowko

カナダ

CATEGORY | カナダ

バンクーバーを満喫できるポイント6!観光・天気・治安・レストラン情報満載!

2019.09.25

カナダのイメージと言えば、”ロッキーマウンテン”や”寒い”と言ったものだと思います。では、バンクーバーのイメージは?留学先でしょうか?実は、観光でも楽しめる魅力がたくさんあります!バンクーバー旅行を楽しむポイントを余すところなく、ご紹介いたします!

この記事に登場する専門家

Arasel3csdig5dvjipit

国際派自由人

ゆっかむ

カナダ留学を経て、オーストラリアにてワーホリ。ワーホリ中にブラジル人と国際結婚し、現在ブラジルで生活中。ブログにてブラジルの事や海外生活について紹介してます。

  1. 都会と自然の融合!バンクーバーの魅力!
  2. ポイント①まずはバンクーバーの基本情報を把握しよう!
  3. ポイント②バンクーバーの見逃せない超定番スポット3選!
  4. 1.バンクーバーの楽しみ方は千差万別!【スタンレーパーク】
  5. 2.ご飯も買い物も楽しめる!バンクーバーNo1の観光スポット!【グランビルアイランド】
  6. 3.バンクーバーはまさに自然と都会の融合!【イングリッシュベイとサンセットビーチ】
  7. ポイント③バンクーバーのダウンタウンで街歩きを楽しもう!
  8. ポイント④定番スポットだけでは伝わらない!バンクーバーの魅力満点!郊外のおすすめスポット4選!
  9. 1.ハイキングにカヌー!アクティブ派には【ディープコーブ】
  10. 2.絶景の景色を堪能しよう!【グラウスマウンテン】
  11. 3.地元の方に大人気!【リンキャニオンパーク】
  12. 4.意外に見どころがたくさん!【UBC】
  13. ポイント⑤時間があるならおすすめ!バンクーバーから日帰り旅行スポット!
  14. 1.まるでヨーロッパの田舎町【ビクトリア】
  15. 2.バンクーバーオリンピック開催地!【ウィスラー】
  16. ポイント⑥これだけは食べておこう!カナダ名物とバンクーバー名物!
  17. 魅力いっぱいのバンクーバーを存分に楽しもう!
  18. 筆者のブログはこちらから!
Msjysowacaqjtxuxxfeh

こんにちは。ゆっかむです。

バンクーバーは私にとって、留学やインターンシップを経験した忘れられない場所です。そんなバンクーバーの良いところは、なんと言っても都会と自然と両方楽しめるところです!!!ビル街の横にはビーチ!バス1本で山や湖にも行けます。こんな場所なかなかないですよね?そんなバンクーバーですが、観光にも、とってもおススメなんです!自称、バンクーバー通の私が、バンクーバーを楽しむポイントを6つお教えします!

バンクーバーはカナダ第3の都市です。どこにあるかご存知ですか?

バンクーバーはカナダの西側、アメリカ国境付近の都市です。

日本からの直通フライトもあります。

他にも、知っておきたい基本情報がありますので、しっかりと抑えておきましょう!

バンクーバーの基本情報

時差:17時間遅れ(サマータイムあり)

言語:英語

通貨:CAD(カナダドル)$1約80円(2019年9月現在)

水:硬水。水道水は飲めますが、敏感の方はミネラルウォーターや浄水された水を飲んでください。

ビザ:6カ月未満はビザ不要。ただし、eTAが必要。

バンクーバーのベストシーズンは?

Fubrjux62jr3wxhixoc6

バンクーバーのベストシーズンは何と言っても、夏!7月と8月です。

バンクーバーはあまり知られていませんが、夏以外の季節は雨が多く、優れない天気が続きます。また、日照時間も大変短いです。

しかしながら、夏は毎日のように晴れ!しかも日照時間も長いので、時間も気にせず観光も楽しめます。また、夏と言っても朝晩や日陰は涼しいので、すごく過ごしやすいです。日本のジメジメした夏からしたら、避暑地にもなります。

バンクーバーの治安は?

Fowgmyiqlt99nyxcb4ib
引用: https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-3402714/

バンクーバーの治安はとっても良いです。ただ、そんなバンクーバーでも注意する点が2つあります。それは、置き引きとE.Hastings St (イーストヘイスティングストリート)です。

置き引きは特に、レストランやカフェでの携帯電話です。携帯電話は鞄に入れて置きましょう。私の周りでも、フレンドリーに話しかけてきたように見せかけて、机の上の携帯を撮られた友人がいます。

また、E.Hastings St (イーストヘイスティングストリート)は観光地から近い場所にありますが、異様な雰囲気を放つほど治安が乱れています。ホームレスや薬物中毒者が大変多いので、絶対近寄らないでください。

カナダのチップ制度は?

カナダもアメリカのように、しっかりとしたチップ制度があります。レストランやホテル、タクシー、美容室、どこでもチップが必要となります。ファストフードなどでカウンターに募金箱のような箱がある時は、そちらにお釣りなど少額入れればOKです。レストランでは、10%~20%ほど支払ってください。ホテルでは、ポーターやルームクリーニングに$1~$3お渡しください。

Dec4ygknbmwye2kubkeg

バンクーバーに行ったら、の3つは超定番観光スポットですが、是非行ってください。絶対に期待を裏切らないと思います!

Ibir05oewgutot1c8zse

まずは、バンクーバー民の憩いの場、スタンレーパークです。バンクーバーのすぐ横にありながら、広大な敷地を持ち、楽しみ方も千差万別です。私のおススメの楽しみ方を5つご紹介します。

スタンレーパークの楽しみ方①都会の喧騒を忘れてのんびり

Rkoaauaga8su6l9wql9a

スタンレーパークは都会の横にありますが、敷地が広いため、道路の音などは全く聞こえず、まるで別空間です。芝生のエリアもありますので、ピクニックをしながらゆったり過ごすのは最高です。また、レストランやカフェもありますので、緑に囲まれながらお茶するのも良いですね。

スタンレーパークの楽しみ方②アクティブにレンタサイクル!

スタンレーパークでの1番人気のアクティビティは、なんと言ってもレンタサイクルです。400ヘクタールの広さを持つ公園ですので、徒歩だとなかなか回り切れませんが、自転車なら楽々です。特におススメは外周コースです。約10㎞で、海沿いを走れます。また、展望スポットに寄ることも出来ます。

スタンレーパークの楽しみ方③パークトレイン?シャトルバス?馬車? 素敵な乗り物で公園を1周!

Ru8ce1qqo4oyvgvmq1ey

公園ではパークトレインや馬車にも乗れます。トレインは、ハロウィンのゴーストトレインやイースタートレインなど季節に合わせてコースに仕掛けが施されます。特に、お子さんは喜ぶこと間違いなしです。また、街を走るホップオンホップオフバスが、スタンレーパーク内も走ります。時間がない方には持って来いですね!そして、特別な体験をしたい方は馬車がおススメです。26人乗りの馬車での1時間のツアーでガイドが案内もしてくれます。

どのツアーでも是非、下車して欲しいのが、トーテムポールです。トーテムポールはカナダ原住民の神話や戦などを表した彫刻なんです。カナダ文化にまつわるフォトスポットなので、是非、一緒に写真を撮ってください。

スタンレーパークの楽しみ方④イルカに癒されたいなら、バンクーバー水族館

Xmd5iarwulwc1jrsdqgh

公園内には水族館もあります。地元の魚から、らっこ、ペンギン、いるかもいます。1日中過ごすような水族館ではありませんが、展示は工夫がこなされていて見応えがあります。また、教育の目的も強い水族館で、環境問題などに関する展示も多いです。中でも、私の一押しは、イルカショーです。このイルカショーなんと言っても、イルカとの距離が近いんです‼日本のイルカショーはまるで劇場のように、大きな水槽で大技を披露しますが、ここでは正反対です。派手な技は少ないですが、イルカが目の前まで来て一緒に写真が撮れちゃうくらいです。日本とは別のイルカショーが楽します。

スタンレーパークの楽しみ方⑤ 広大な公園でウォーキング!

公園内は、見どころもたくさんあります。自転車や馬車で回るのもいいですが、自分のペースでウォーキングも気持ちが良いです。また、ウォーキングコースもたくさんあるので、木々に囲まれたコースでハイキングも楽しめます。お散歩中にはアライグマやリスなどの動物に会えることもあります。ただ、スカンクは異臭を放ちますので、ご注意ください。

まだまだ、他にも楽しみ方たくさん!

Uskndsloh5azk7e0ypjb

スタンレーパーク内にでは他にも様々なことが出来ます。テニスコートや子供の遊具もあります。また、子供の水遊びスポットもあります。この水遊びスポットですが、イベントの日は大人も童心に帰って本気で水遊びします。カナダ人はいくつになっても遊ぶときは全力です!夏には野外映画も開催され、ピクニックをしながら芝生で映画が楽しめます。観光地巡りだけでなく、地元のイベントに参加するのも忘れられない思い出になること間違いなしです!

Yariwsgctxiu8dqeeom7

こちらも、超が付くほどの定番スポットで、バンクーバー観光には外せません!アイランドという名前ですが、島ではなく市場です。この市場の良いところは、食べ物のもちろんですが、雑貨やハンドクラフトも充実していてお買い物も楽しめます!私は、月3回くらい通っていました。また、ビールの醸造所や劇場、さらには、ボートの停留所でもあります。ほとんどは個人のものですが、中が見られるボートもあります。観光に来た私の父は、ボートがとても印象的だったと言っていました。

食いしん坊にはたまらない【パブリックマーケット】

Xztti8kjxbtlu6hjb1dv

パブリックマーケットはグランビルアイランド内のメインスポットのフードマーケットです。カラフルな果物やかわいい焼き菓子やケーキは、見ているだけでも幸せです。写真を撮ってもフォトジェニックで絵になります。こちらの名物はホットパイですが、私は、パン屋さんが売ってい特大チャンククッキーが大好きでした。是非、お試しください!

雑貨も盛りだくさん!

Uheotmf31qs3drwtezxg

グランビルアイランドは雑貨も充実しています。私のお気に入りはキッチン用品のお店と、ハンモックのお店です。日本で見ないような物がたくさんあって、見ているだけでもワクワクしました。また、パブリックマーケット内の通路には、アーティスト達がハンドクラフトの作品を売っています。その場で作成している方も多いので、作っている工程も見られます。また、フレンドリーな方が多いので、英語がわかる方はぜひコミュニケーションをとってみてください。

ビール好きなら【グランビル・アイランド・ブリューイング】

このグランビル・アイランド・ブリューイングは、これを目的に、グランビルアイランドに行く方もいるくらい人気があります。11:30、1:00、2:30、4:00、5:30にティンスティングを含むツアーが行われています。一人$12(約950円)です。ビール好きの方はぜひお試しください!

キッズマーケットで子供も楽しめる!

Ohsfsw383viaehrvip2a

グランビルアイランドは大人だけでなく、子供も楽しめる場所となっています。その理由は、キッズマーケットです。マーケット内には、子供の遊べるアスレチックとおもちゃ屋さんのコーナーがあります。おもちゃ屋さんの一角にある、人形屋さんは人形劇で使うような人形が隙間なく並んでおり、大人でも楽しめます。なかなか日本では見ることのないお店なので一見の価値ありです!

詳細情報

住所:1661Duranleau St. Vancouver

営業日:毎日

営業時間:パブリックマーケット;9時から7時、ネットロフト(雑貨など);10時から7時、キッズマーケット;10時から6時

行き方:ダウンタウンエリアから50番のバスに乗り、West 2nd Ave で下車、徒歩5分

バンクーバーは街の中心地のすぐ横にビーチがあります。仕事して買い物して、ビーチでのんびり・・・そんな夢のような生活が出来るのがバンクーバーなのです。旅行中も朝のお散歩に、夕日を見に、気軽にビーチを楽しめます。

イングリッシュベイ

一番、街の中心部から近いビーチがイングリッシュベイです。バンクーバーの海水は冷たい事が多いのでなかなか海水浴は出来ませんが、ビーチは地元の人たちの憩いの場です。のんびり、日光浴をしたりフリスビーをしたり、各々の時間を楽しんでいます。また、イングリッシュベイには面白い(ちょっと怖い?)銅像があり、フォトスポットになっているので、旅行の思い出にぜひ写真に収めてください。お友達同士なら盛り上がる事、間違いなしです!

イングリッシュベイへの行き方

ロブソンストリートから5番のバスで行けます。中心地から徒歩でも簡単に行けるので、地図を参考にしてくだい。

サンセットビーチ

Wsvoiruklzdoolufrpsy

イングリッシュベイのすぐ横にあるのが、サンセットビーチです。イングリッシュベイより人混みが少なく、静かなビーチです。名前の通り、夕日がとてもきれいに見れることで有名です。イングリッシュベイから歩いて行けますので、イングリッシュベイで写真撮影を楽しんだら、少し先まで歩いて、サンセットビーチで夕日を見るのがおすすめコースです。昼間に観光を楽しんだら、夕方はビーチでのんびりするのがバンクーバー観光の醍醐味だと思います。

サンセットビーチへの行き方

イングリッシュベイから海を正面にし、左側へ徒歩5分程度です。地図をご確認ください。

カナダでは、街の中心部の事をダウンタウンと呼びます。バンクーバーのダウンタウンはお買い物はもちろん、フォトスポットもありますので、1日はダウンタウン観光に費やしたいですね!

お買い物なら【ロブソンストリート】

Wqerkorslvvumszehnsz
引用: https://www.google.com/search?biw=1280&bih=570&tbs=sur%3Afc&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNR5YGPDOb-yueUgsEAd0-wFMdz8sg%3A1568594796311&sa=1&ei=bNt-XbvOEsfG5OUP59qjwAs&q=robson+street+vancouver&oq=robson+st&gs_l=img.1.0.0l10.674067.676957..679752...0.0..3.115.1340.6j8......0....1..gws-wiz-img.....0..0i24j35i39j0i67.sU8CtWS1DRs#imgrc=G8KrDf_ZxeSL8M:

バンクーバーで一番活気がある通りがロブソンストリートです。ショッピングはもちろん、レストランも多いので、食事も楽しめます。おススメのお店は、カナダのブランドRoots(ルーツ)です。カナダ人なら誰でも1着は持っているような、定番ブランドです。カジュアルでシンプルなデザインなので、お土産として買っても失敗しないと思います。バラマキ用のお土産なら、スーパーマーケットwhole foods(ホールフーズ)やドラッグストア Lodon Drugs(ロンドンドラッグ)もおススメです。

異国情緒満点!バンクーバー発祥の地【ガスタウン】

Svlc3oaxzrpgi7ofy6b4
引用: https://www.pexels.com/photo/canada-robson-street-vancouver-1065957/

ガスタウンの街並みは、他のエリアと異なり、まるでヨーロッパのような異国情緒が漂っています。そして、ガスタウンで見逃せないのが、名前の由来でもある、”蒸気時計”です。15分毎に音もなりますので、せっかくなので音も聞いてみてください。また、ガスタウンはお土産屋さん街なので、旅行者にはぴったりです。

バンクーバーのフォトスポット!【カナダプレイス】

Orf3oifj5tlbgfogtpym

カナダプレイスはコンベンションセンターやクルーズ客船の停留所として使われている場所ですが、フォトスポットでもあるんです!コンベンションセンター自体も、オーストラリアのオペラハウスを模したデザインになっていて、写真に収めたくなります。そして、なんと言っても、オリンピックの聖火台が一番のフォトスポットだと思います。バンクーバーに来たら、見逃せないスポットの一つだと思います。

Slb4xdf1owkfyem5gn9t

ここまでは、ガイドブックにによく載っている場所でしたが、本当のバンクーバーの魅力は郊外にあります。バンクーバーは郊外が楽しいんです!バスやシーバス(バンクーバーにある船)を使うので、難易度が高く感じられるかもしれませんが、是非とも行って頂きたいです!!

Echgal9ubu4xnbnqyjgd

ここは、私の一押しスポットのひとつです。ダウンタウンからのアクセスも簡単で、ハイキングにカヤック、ピクニックと自然を大満喫出来ます。また、レストランやかわいい雑貨屋さんもあります。

ハイキングで絶景を楽しもう!

Nceu6m0l6ecgzdawg0c6

ディープコーブを訪れたら、挑戦していただきたいのが、Baden Powell Trailです。ゴールはQuarry Rockという展望スポットです。片道1時間弱の道のりで、初心者でも大丈夫です。ただ、トレッキングコースですので、必ず運動靴で行きましょう!水もお忘れなくお持ちください!Quarry Rockからの景色は本当に最高で、登る価値があります。

カヤックも体験できる!

Aowfwamakwach3bavw9e

ハイキングと共に、ディープコーブで人気のアクティビティがカヤックです。ディープコーブは海に面した町ですが、波は全くなく、湖のようなので、初めてでも安心です。私も漕ぎ始めは、緊張して少し怖かったですが、すぐに慣れて景色を満喫出来ました。ただ、普段やらない動きをするので、意外と疲れると思います。レンタルは欲張らず、2時間がおすすめです。風を感じながら、壮大な景色を見ていると、なんだか大冒険にでたような気分になれました。

カヤック詳細情報

住所:2156 Banbury Road, North Vancouver, BC

営業日:4月から10月の間、毎日

料金:シングルカヤック$39、ダブルカヤック$59 (2時間の場合)

営業時間:営業時間は月によって異なります。また、閉店時間は日没時間で異なってくるので余裕を持っていきましょう。

ディープコーブへの行き方

ダウンタウンからは211番のバスで1本で行くことが出来ます。車で行く方は、地図をご参考ください。

Yavl7ngx8b1kdtam3hez

冬の間はスキー場であるグラウスマウンテンですが、夏の間も楽しめる山です。しかも、夏の間は、ダウンタウンから無料のシャトルバスも出ています。山と言えど、ロープウェイもあるので、体力に自信がない方も山頂からの絶景を楽しめます。グラウスマウンテンでは様々なアクティビティがあったり、ショーやクマが見られらたりもして、一日中楽しめるスポットです。

山頂でのショーも見逃せない!

山頂では木こりショーが行われています。ショーでは木こりが色々な技をコミカルに披露してくれるので、英語がわからなくても誰でも楽しむことが出来ます。見ている私たちがハラハラするような技も多く、見応えたっぷりです。また、毎日ではないのですが、木こりになりきって斧を投げも体験できます。当たり前ですが、「斧を投げてみたい」と思ったことさえなかったので、思い出に残る体験でした。

肉体派はタイムトライアルを!

Ulchnkd0zezg3mlug6rb

体力に自信がある方は、ロープウェイは使わず、登山に挑戦してみてはいかがでしょうか?この登山コースですが、実はキツイ事で有名です。2.9㎞、高低差853mのコースです。私は、普段から運動をしていたため、平気でしたが、友人は本当に辛そうでした。初心者にはおススメ出来ません。しかしながら、登った後は気持ち良い達成感が待っています!体力に自信がある方にはおススメです。また、$25でタイマーを購入するとタイムトライアルに参加できます。普通に上ると1時間以上はかかるコースですが、タイムトライアルに参加している猛者達は30分ほどで駆け上がっていきます。旅の思い出に本気で挑戦するのもいいかもしれませんね。

詳細情報

住所:6400 Nancy Greene Way, North Vancouver, BC V7R 4K9, Canada

行き方:シーバスにてLonsdale Quay、そこから232番のバス。または、夏季はカナダプレイスより無料シャトルバス(9時から18時)、30分間隔で運行。

ロープウェイ料金:大人$59(約4800円)、子供(5-16)$32(約2600円)

ロープウェイ営業時間:8時45分から午後10時

バンクーバーの一大観光地に、キャピラノブリッジがあります。しかしながら、今回はご紹介しませんでした。その理由は、ここ!リンキャニオンパークです。無料にも関わらず、同じように、つり橋もありますし、自然を満喫出来るからです。私は、然リンキャニオンパーク推しです!!ハイキングが好きな方、自然が好きな方には外せない断スポットです。

スリル満点のつり橋で度胸試し!?

Uh9fvtaogpjeawpbfaem

リンキャニオンパークの一番の見どころは、このつり橋だと思います。高いところが苦手な方は足がすくんでしまうほどの高さです。50mのつり橋はユラユラと揺れスリル満点です。また、景色ももちろん文句なしです。長さは、キャピラノブリッジより短いですが、申し分なしです。

充実したトレッキングコース!

Ikhhoq3nkohaezrlptgw

リンキャニオンパークはトレッキングコースも充実しています。また、旅行者より、地元の方が週末にハイキングに来るような場所なので、観光地化していないのもまた良いところだと思います。トレッキングコースは整備されていて歩きやすいですが、緑がいっぱいで森林浴には持って来いです。また、コースも30分程度の短いものからありますので、誰でも気軽に楽しめます。

詳細情報

住所:N 49 20 37 Longitude: W 123 01 04. GPS data: 49 20.617’N 123 01.067’WWGS84 data: 49.343611, -123.017778.

行き方:シーバスでLonsdale Quayに到着後、228番のバス

営業時間:6月から9月:10時から 5 時、10月から:5月12時から4時

詳細情報

ブリティッシュコロンビア大学は、学生でなくても、誰でも敷地内に入る事が出来ません。外国の大学に入る機会はなかなかないと思いますので、お散歩するだけでも楽しめると思いますが、博物館などもあり、観光地としても楽します!

見ごたえ十分!人類学博物館!

Tfkpyxrmvlz7jekz2iow

UBCの中でメインと言ってもいいのは、この人類学博物館です。大学敷地内の博物館というと少量のマニアックな展示があるイメージですが、ここは違います。博物館だけを目的に行っても平気なほどのボリュームです。カナダ先住民の歴史などについて学ぶことが出来ます。

大学内で!?ツリーウォーク

Fdukl5v6yqr2x2dldpcj

大学内でもう一つの見どころが、植物園です。テーマに分かれていくつかのガーデンがあり、花に無関心の私も十分に楽しむことが出来ました。また、植物園の中に鳥の目線でも楽しめるように、ツリーウォークもあります。しかし、どちらかというと、植物を楽しむというより、スリルを楽しめます。意外にも高く、そして細い足場ですので、高いところが苦手な方は要注意です。良くも悪くも植物園の植物より印象に残っています。

詳細情報

住所:2329 West Mall, Vancouver, BC V6T 1Z4 Canada

行き方:ダウンタウンより4番、14番、44番のいずれかのバス

人類学博物館、入場料:大人$18(約1465円)、学生(13-17)$16(約1302円)

人類学博物館、営業時間:10時から5時(木曜のみ9時まで)

植物園、入場料:大人$10(約815園)学生(13-17)$8(約650円)、ツリーウォーク込み:大人$23(約1870円)学生(13-17)$17(約1380円)

植物園、営業日:10時から4時半

ツリーウォーク、営業時間:

博物館パス:大人$27(約2200円)、学生(13-17)$23(約1870円)

Sz9qj8rawhzjvgyaylbw

バンクーバーからバスや船で近郊の都市にも遊びに行けます。特にバンクーバーの周りには多くの島があり、それぞれ個性のある場所なので、島に行くのはおすすめです。今回は、特に人気の2大スポットをご紹介します。可能なら1泊して頂きたいですが、日帰りでも楽しめます。

Tqzxinpromgfblzko3oh

ビクトリアは、バンクーバー諸島の中で1番人気の島です。近代的なバンクーバーダウンタウンは異なり、まるでヨーロッパのような街並みです。小さいかわいい町ですので、歩いているだけでも楽しいです。また、ビクトリアに来たら、外せないスポットが州議会堂とブッチャードガーデンです。州議会堂はなんと無料で見学できます。時間がある方は、ホエールウォッチングも有名なので、ぜひご参加してみてください。ただ、船上は風が強く寒かったので、皆さんは上着をお忘れなくお持ちください。

ビクトリアへの行き方

バンクーバーのフェリーターミナルTsawwssenからフェリーで1時間半、その後中心地までバス(70番または72番)で1時間ほどです。TsawwssenへはBridgeportの駅から620番のバスで行けます。

バンクーバーオリンピックの開催地、ウィスラーは冬はもちろん、夏もおススメです。かわらしいヴィレッジに、盛りだくさんのアクティビティで一日中楽しめること間違いなしです!!オプションツアーも多いので、アクティビティ付きで申し込むの良いと思います。

ウィスラーの夏のアクティビティ

夏のアクティビティも挙げたらキリがないほどありますが、人気なのはゴンドラとマウンテンバイク、ハイキングだと思います。どれも、壮大な自然を満喫出来ます。また、もっと刺激を求める方は、バンジージャンプも出来ます。旅行中でもない限り、やらないと思うので、この機会にチャレンジしてみてはいかがですか?

ウィスラーへの行き方

ウィスラーへは長距離バス、またはツアーに参加することで行くことが出来ます。所要時間は大体2時間程度です。バスはダウンタウンから出発するものと空港から出発するものがありますので、お好きなほうをお選びいただけます。下記のリンクをご参考ください。

カナダは、メープルシロップやサーモンなど有名な食材はありますが、カナダ料理はご存知ですか?カナダ人が大好きなカナダ名物とバンクーバーのおススメレストランをご紹介します!

カナダを代表するジャンクフード!プーティン!

カナダのジャンクフードと言えば、プーティンです!

フライドポテトにグレイビーソースとチーズ、ベーコンをかけたものです。見るからにジャンクなので、私は渡航後しばらくは避けていたのですが、一度食べたらハマってしまいました。プーティンの専門店もありますが、バーやパブ、ハンバーガー屋さんなど、どこでも手に入りますので、是非お試しください。

カナダ最大のドーナツチェーン!ティムホートン!

バンクーバーは、そこら中にティムホートンがあります。ドーナツもコーヒーも安く、Wifiも使えるので、ちょっとした休憩にぴったりです。カナダ人の手土産の定番は、一口サイズのドーナツのBOXセット、Timbits(ティムビッツ)です。色んな味が楽しめるので、ティムビッツを購入し、お友達とシェアしてみてもいいと思います。

バンクーバーの超人気店!ステフォーズ!

バンクーバーは移民の町なので、そこら中にエスニック料理レストランがあります。その中でも、人気なのがギリシャ料理のステフォーズです。バンクーバー在住の人の中では知らない人がいないほどの名店でいつでも混んでいます。日本から遊びに来た家族にも大好評でした。おススメはカラマリです。是非、お試しください!

筆者おすすめ!ブリッジス!

Exfyzjx9zchaedlruoas

個人的なおススメは、グランビルアイランド内にある、Bridges(ブリッジス)です。シーフードレストランなのですが、おススメはサーモンピザです。サーモンの名産地、カナダでピザから溢れるほどのサーモンを味わえるなんて、カナダだからこそです。テラス席でも食べるのもまた気持ちが良いです。このお店は、味だけでなくローケションやカナダらしさも含めておススメです。

J3tnw62wgnqhxh9p8egl

この他にも、バンクーバーは魅力がいっぱいです。紹介しきれなかったアクティビティやレストランもあります。ただ、一つ言えることは、バンクーバーに来たらダウンタウンだけでなく、是非郊外まで足を延ばして頂きたいです。カナダの大自然を満喫出来ます。また、季節にも注意してください。バンクーバーを楽しむなら、断然夏!!是非、楽しいご旅行にしてください。

ブラジルの文化や海外生活についてのブログです。海外に行きたい方、ブラジルに興味がある方は、良かったら覗いて見てください。