Qybncewmr2snpbehxurd

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

オーストラリアの電源・コンセントの注意点!変圧器・変換プラグは必要?

2019.10.25

日本が世界最小電圧なのに対し、オーストラリアの電圧は240Vと世界最大クラス。日本の電化製品をオーストラリアで使用するには、変圧器や変換プラグが必要なのはご存知の方も多いかと思いますが、さらに気をつけるべきことが!オーストラリアの電源事情をお届けします!

この記事に登場する専門家

Ploamwgroj9zyvgkotz5

オーストラリアの兼業農家

ナイーブME

西オーストラリア州南部のド田舎でヤギとアルパカの世話をしながら建築業を営む兼業農家。都会のオシャレな情報よりも、僻地のクセある情報に強いです!
私の一風変わった生活ぶりを綴ったブログはこちら→hppts://www.naiveme.net

  1. 日本とオーストラリアの電源事情の違い
  2. オーストラリアの電源プラグ・電圧・周波数への対応
  3. オーストラリアでは周波数は気にしなくてOK
  4. オーストラリアでは買えない変換プラグは必須アイテム!
  5. オーストラリアの電源プラグの形のO2タイプって?
  6. オーストラリアでは変圧器は必須アイテムではない!?
  7. オーストラリアに持参する電化製品の定格電圧を要チェック!
  8. オーストラリアに対応してる?変圧器を使う前に消費電力を要チェック!
  9. どうしてもオーストラリアで日本のヘアドライヤーを使いたい場合
  10. ノートパソコンは変換プラグ使用だけでは危険!
  11. オーストラリア在住者として現地調達のススメ!
  12. 電源コンセント上のスイッチのオン/オフを忘れずに!
  13. 【まとめ】オーストラリアの電源と上手に付き合う方法
O4bhevxl2w6fzqerchg2

こんにちは!西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです。私はカナダとオーストラリアのワーホリ経験があるのですが、日本から海外へ行くのに心配だったのが各国の電源事情。特にオーストラリアは特殊です。

今回はそんな私の経験を踏まえて、オーストラリアの電源事情とアドバイスをお届けます!

日本の電源事情

Ai334lltmb12c8fae7zw

日本の電源プラグはAタイプと呼ばれる2本の縦棒のもの、電圧は100Vです。実はこの電圧は、世界の電源で最小です。周波数に関しては東日本が50 Hz、西日本が60 Hzなので、周波数を意識したことのある人は結構いるのではないかと思いますが、最近ではどちらの周波数でも使えるヘルツフリー商品が増えています。

日本の電源事情をまとめると以下のようになります。

  • 電源プラグの形:Aタイプ(縦棒が2本)
  • 電圧:100 V
  • 周波数:東日本50 Hz、西日本60 Hz

オーストラリアの電源事情

Wi6i0p9q3kgkp4chkihl
  • 電源プラグの形:Oタイプ(八の字)、O2タイプ(八の字と下の縦棒)
  • 電圧:220~240 V
  • 周波数:50 Hz

たまに、電圧250 Vという情報を見かけることがありますが、電圧変動で地域や建物によってありうるということで、旅行で気にする範囲ではありません。

Cpkcwzhseqhn2mdlttyv

電源プラグの型を変えるためには『変換プラグ』を、電圧を変えるには『変圧器』が必要です。残念ながら、周波数を変えることはできません。

Nxicejqwa49enzovpnvz

周波数は変えられませんが、旅行に携帯するような電化製品は上の写真の赤丸ように『50/60 Hz』のヘルツフリーのもがほとんどです。60 Hzのみ対応の製品を使用すると性能に多少の違いは出ますが、旅行程度の使用ならば問題ないとされています。そのため、周波数に対しての心配は特に必要ありません。

Dk8bbzneteypjcpynz3d

電源プラグの形が違うので、このままではコンセントに挿せません。日本のAタイプからオーストラリアのOタイプに変換するプラグが必要です。安いものだと百円均一で買うことが出来ます。

この変換プラグは必須アイテムです!なぜなら、オーストラリアではオーストラリア国外へ旅する人用にOタイプから他のタイプに変換するものはあっても、海外のタイプからOタイプに変換するものは売っていません。そのため、AタイプからOタイプへの変換プラグは必ず日本から準備していきましょう。

Vvpihvnixwhen6fhxfbv

O2タイプは、この壁の電源の穴のようにOタイプの八の字と縦棒の合わさったタイプを言います。この縦棒はアースの役目をしているので、主に台所や洗濯場で使う家電(電子レンジや冷蔵庫、電気ケトル、トースター、ミキサー、洗濯機など)のコンセントについています。

Alaehdg65bb4eu8dnzyd

基本オーストラリアでは、すべての電源穴がO2タイプなので変換プラグもO2タイプが必要かと思うかもしれませんが、旅行ではOタイプの変換プラグだけで大丈夫です。

Ezpeun93nb2blxkcj61i

これまで述べてきたように、日本とオーストラリアの電圧が違います。では、変圧器が必要なのではと思うかもしれませんが、全ての電化製品に対して必要ではありません。それぞれの製品には定格電圧(電気機器を安全に使用するための最大電圧)が決められているので、それを確認してからの判断になります。

Ejxjouzgm6hwqxqmhrvs

旅行に持って行く可能性のある電化製品としては携帯電話やデジカメ、ノートパソコンなどの電子機器類の充電器、ヘアドライヤー、電気シェーバーが代表かと思います。これら日本から持参する電化製品の定格電圧を確認する必要があります。

O2fqapeqxjcqj2mcvorf

上の写真はスマホ充電器ですが、赤丸で囲ったところが定格電圧になります。この充電器は『100~240 V』で使用可能ということなので、変圧器の必要がありません。

実は、携帯電話やデジカメなどの充電器、ノートパソコンなどのほとんどの電子機器類の定格電圧は『100-240 V』になっており、変換プラグさえあれば世界中どこでも使用可能なユニバーサルタイプになっています。そのため、変換プラグさえあればどの国でも使用可能ということです。※ただし、ノートパソコンについては注意が必要なので、後で詳しく解説します。

またスマホやデジカメなどの電子機器類に限らず、ここ数年で日本国内で販売されている電気シェーバーはユニバーサルタイプのものがほとんどです。

Kl4y6krpfcieljyo2b73

上の写真はヘアドライヤーです。定格電圧が『100 V』になっているので変圧器が必要になります。しかし、ここで注意したいのが一般的な変圧器ではこのドライヤーは使えません。

それぞれの変圧器には、対応できる消費電力(W、ワット)が決まっており、たいていの一般的な変圧器はヘアドライヤーの消費電力には対応していません。

Jzl9xv7xswikszngieiq

このヘアドライヤーの消費電力は青丸の『1200 W』です。

Tzfz7aiqnx56ees2s4s1

そして、この私の変圧器は、電圧が110~130 Vの国では300 Wまで電圧が220~240 Vの国では120 Wまでの電力に対応しているということになります。つまり、オーストラリアではこの変圧器は120 Wまでしか対応していないので、このヘアドライヤーは使用不可能ということになります。

Ernhu7c0h8dj9mubmkto

海外旅行用のヘアドライヤーはユニバーサルタイプになっていますが、日頃の生活で愛用されているヘアドライヤーのほとんどは定格電圧が100 Vで、消費電力は1000~1500 Wです。すなわち、一般的な変圧器でヘアドライヤーを使用することは不可能だということです。

どうしても日頃愛用しているヘアドライヤーをオーストラリアで使いたいという場合には、ヘアドライヤーの消費電力をカバーしている変圧器を購入するしかありません。このときオーストラリアの電圧220~240 Vに対応している電力数を確認することを忘れずに!!

一般的な電化製品の消費電力

ちなみに、一般的な電化製品の消費電力の目安は以下のようになっています。ヘアドライヤーに限らず、消費電力の大きな電化製品を使用する場合は気をつけましょう。

E0fihawtx2dr8llgxxa1
Udek9po8faqvc98qda9a

仕事や留学、ワーキングホリデーでオーストラリアへ行くとなると、ノートパソコンを持参する人も多いと思います。ACアダプターを確認すると『100~240 V』のユニバーサルタイプなので、変換プラグだけで使用できると思いがちですが、そこに大きな落とし穴が!

ケーブルに注目!!

Txnf07g6ksmwvw1ruyaf

電源アダプターは3つの部分に分かれます。

  1. パソコン本体からACアダプターまで
  2. ACアダプター
  3. アダプターから電源までのケーブル

機種によっては、1と2が一体になったものもあります。注目すべきは3のアダプターから電源までのケーブルです!!

Lmpl26ypt7s1bfcachwk

見えにくいですが、ケーブルには『125 V』と書いてあります。アダプター自体は『100~240 V』なのに、ケーブルは『125 V』までなのです。

このパソコンの写真は全て私のものですが、私はそうとは知らずに日本の『125 V』のケーブルに変換プラグだけつなげて3年間使い続けていました。しかしある日、コンセントをつないだら電源から火花を見るようになりました。その後いろいろ調べて、この事実にたどりつきました。現在では、オーストラリア現地で購入した『250 V』対応のOタイププラグのものを使っているので、変換プラグ無しで使用しています。

ユニバーサルタイプのコードをお持ちでない場合は、いくらアダプターが『100~240 V』でも変圧器を使用することをおすすめします。幸いにも、私は3年間知らずに使い続けてたわりにパソコンが壊れることはありませんでしたが、この頃パソコンの調子が悪いのはこのせいだと思っています。

Qv7nwytvk0dfqgd4mir7

ここまで、変換プラグと変圧器を使用する際の注意をまとめてきましたが、オーストラリアでのワーホリ経験有りかつ在住の者としては、そんなにややこしいなら必要なものは現地で購入したほうが安くて安全だと思います。特に、長期滞在の方!

変換プラグならまだしも、変圧器は相場は3000円~と決して安いものではありません。そのうえ、変圧器を使用して電化製品の調子が悪くなったという声もよく耳にします。

携帯などUSB充電器【Wall Charger】

Jtautg0rgrpm2umb7ftp

変換プラグと電化製品の接続がゆるいので、スマホなど充電しながら使用すると抜けることが多々あります。毎日使うのもなので、ストレスフリーになるために現地購入がおススメ!大手スーパーマーケット(ColesやWoolworths)でも売っています。お値段、2穴で10ドル(約750円)から。

ヘアドライヤー【Hair Dryer】

V9zr700j8ly7coyutbcg

こちらもスーパーマーケットで売っています。お値段25ドル(約1875円)から。

ものによるとは思いますが、私の個人的な感想ではオーストラリアのものの方が俄然パワフルで乾きが早い!日本に帰る度に、日本のパワーの無さに驚いてしまいます。

ノートパソコンの電源ケーブル【Laptop Power Cable】

Dyn1wvkdktnsllxg00rm

日本でもユニバーサルタイプのケーブルが買えますが、それだと変換アダプタが必要になります。オーストラリアで購入すれば、Oタイプのものが買えるのでストレスフリーです!私は中古のものを1ドル(約75円)で購入しましたが、オフィス用具店などで新品が15ドル(約1125円)から購入できます。

たこ焼き器【Dutch Pancake Maker】

Bnjo2b5sa2sy077kwj74

まさかとは思いますが、オーストラリアでも買えるんです!その名も『Dutch Pancake Maker』。そのわりに、タコの絵が・・・!?

Buxt7tm9wq7hyuryc2ck

日本からはりきって持ってきて、変圧器を使用して壊れたというのを聞いたことがあります。たこ焼き器の消費電力は700 Wなので、普通の変圧器は対応していません。日本から持参するならば、たこ焼きの鉄板がおススメです。ちなみに私は中古を2ドル(約150円)で購入。新品は25ドル(約1875円)から。

N7tmulmzalmpuj89nrvw

オーストラリアの電源にはたいていスイッチが付いています。使用するときには赤いマークが見えるようにオン、使用していないときはオフにしましょう。

使用していないのにオンのままにしておくと、すぐそこに240 Vの電圧が待機していることになります。日本の100 Vとはわけが違いますので気をつけましょう。また、電源をオンにするときはプラグを挿してから、オフにするのはプラグを抜く前です。

Y4rctxvyyxoouec7zokx
  • 変換プラグは必須!
  • 変圧器を使う前に消費電力(W)の確認!
  • ヘアドライヤーには特殊な変圧器を!
  • ノートパソコンの電源ケーブルをチェック!
  • 長期滞在者には現地購入がおススメ!
  • 壁スイッチのオン/オフを忘れずに!

筆者のブログはこちら!

オーストラリア在住の私のブログもよろしくお願いします!

この記事が気に入った方は、他のオーストラリアの記事もチェックしてみてください!