Ccmureyaalr8os2qptyr

フランス

CATEGORY | フランス

パリ観光おすすめモデルコースと治安情報!必要日数は1泊2日だけ!

2019.10.08

パリ観光ではどれくらいの日数が必要?どこに行くのがおすすめ?そんな疑問に全てお答えします!気になる治安情報や2日で湯名観光スポットを回り切るおすすめモデルコースを経験者の目線で紹介します!パリ旅行の注意点・楽しむためのオトクな情報もご紹介!

この記事に登場する専門家

Vza7ndkob4dhmt4b5cgb

学生旅ブロガー

タカ

世界20か国を渡り歩いた学生旅ブロガー。
趣味は海外旅行・登山・カメラ。毎月1万人以上が見る海外旅行メディア『得する旅、損する旅』を運営しています。

  1. 初めてのパリ観光に必要な日数は?
  2. 気になるパリの治安は?
  3. パリ観光モデルコース:1日目はパリで外せない定番スポットめぐり!
  4. パリ観光モデルコース:2日目は街中のアートや荘厳な宮殿に触れ合おう!
  5. モデルコースをお得に観光するのに知っておきたい2つのこと
  6. 時間が余れば近郊へ行くのもあり!
  7. まとめ|初めてのパリ観光は2日間のモデルコースで周ろう!
In2kiskcver1y9bmcwvn

こんにちは!旅ブロガーのタカです!

初めてのパリ観光。 パリには観光地が多く、どれだけの日数があれば十分に観光できるのか気になるところですよね!


僕が思うに、パリを十分満喫して観光するのに必要な日数は、ズバリ丸2日! 丸2日あれば、初めてのパリ観光は十分じゃないかなーと思っています! もちろんその2日でも満足度高く楽しめる内容になっています!

概要は、

1日目:ルーブル美術館、凱旋門、エッフェル塔、シャンゼリゼ通り

2日目:モンマルトル地区、サントシャペル、ヴェルサイユ宮殿美術館

こんな感じになっています。

今回のモデルコースのポイントは、

➀絶対に抑えておきたいパリの有名観光地を全て周ることができる

➁各観光地を最も効率よく周ることができる順番 の2点!

それでは、パリ観光の前に気になるパリの治安情報を見ていきましょう!早速パリ観光のモデルコースを見ていきましょう!

パリの治安は結論から言うと良くはありません。ヨーロピアンのキレイな町並みとは対象的に、治安面はそこまで良くは無いでしょう。


しかしそれはあくまで日本と比較しての話です!


パリの治安として、観光名所などは観光客を狙ったスリなどが多発しています。これはどこの国に行っても言えることですが、以下の点を注意してれば安全にパリを観光できるかと思います!


・かばんには注意を向け、リュックやショルダーバッグなどは体の前に持ってくる


・スマホや財布などポケットにも注意を払いましょう。特にスマホをいじったり電話をしていると狙われやすいです。


・レストランなどで所持品を置きっぱなしにしないようにする。


・バーなどで賭け事を提案してくる人に気をつけてください。お避けの場で仲良くなったふりをして賭け事を提案してくる輩からは離れましょう。言いがかりをつけられたり、賭け事でお金のやり取りのどさくさに盗んできたりするらしいです

※僕は遭ったことないですが、注意してください。



実際に僕もしていた注意点で、治安の善し悪しに関係なくこれで何も盗まれずに過ごせました。

1日目は、午前中にルーブル美術館を散策、午後はシャンゼリゼ通りから凱旋門へ向かい、そのままエッフェル塔へ向かうというコースです!

1日目はパリ王道の観光地を周り、パリに来たということ肌で実感しましょう!

大迫力の美術館「ルーブル美術館」で感性を磨こう!

Kkmy1pdcrkadd29xshjv

最初は朝一番でルーブル美術館へ! 世界的に有名な美術館ということもあり、人の少ない朝一番の時間帯で館内を見て周りましょう!

(私は朝と昼の2回行きましたが、朝の方が空いていました。)

C4lshd2esmqtqozcgmed

作品自体の迫力もさることながら、館内の広さが作品により臨場感を与えてくるんですよね。歩いているだけで、感性が磨かれる。そんな不思議な体験を出来るのはここだけかも! 館内は本当に広いので、事前に見ておきたい作品の位置をある程度把握していることをおすすめします◎ モナリザの前には100人近くの人が集まり、写真を撮ろうと必死です。朝に着いたらモナリザに先に行き、写真を撮って、他の画家の作品を見て回りましょう!

また、地下鉄からルーブル美術館へ向かう際は、ルーブル美術館の最寄り駅「ルーブル・リヴォリ駅」から地上に出るのではなく、地下からルーブル美術館へ移動しましょう。 タイミングによっては地上階の入り繰りには行列ができていることもありますが、地下からなら楽々で入場することが出来るんです◎

シャンゼリゼ通りでパリジャン気分を味わおう!

Pjd6d8mysdlt9k96jgtd

ルーブル美術館から凱旋門へ向かって真っすぐ続く通り。 それが、かの有名なシャンゼリゼ通りなんです。 「お~♪シャンゼリゼ~♪」の歌でも有名ですよね!笑

Z8sk6ruftabxyhlpav2g

シャンゼリゼ通りにはテラス席のあるお洒落なレストランが多くあるので、ここでお昼ご飯を食べれば、きっと気分はパリジャン!おすすめですよ。笑

(マクドナルドですら、テラスで食べれば一味違ったお洒落な気分を感じること間違いなし!笑)

凱旋門から美しいパリの街並みを一望しよう!

Eaxgumfovpsodjut6ynk

シャンゼリゼ通りの最終地点にそびえ立つ、凱旋門。 凱旋門では上に登ってパリの街並みを一望しましょう!

Oeo4dcspfdnypjix1ldl

250段にもなる螺旋階段を登りきった先に待っているのは、パリの美しい放射線状の街並み!ここまで整然とした街並みは圧巻もの、開いた口がふさがりません。(流石に言い過ぎた。) 螺旋階段を登るのは相当気力が必要ですが、それに値するくらい頂上からの景色は見ごたえがあるので、ぜひ頑張って登り切りましょう!

Gynt8xkf9sefhmp8cydw

凱旋門には夜も登ることができ、夜景を見るために、登るのをお勧めします!昼よりも夜の方が繁華街の位置を光の加減で知ることが出来、パリの街の活動を知ることが出来ます。 パリでコスパ良く夜景を楽しむことが出来るのは凱旋門だと、個人的には思います。またその際には、後述するミュージアムパスを使いましょう!

パリのシンボルマーク「エッフェル塔」で1日を締めよう!

Amcgkyh0yih0p12iyajw

1日目はパリのシンボルマークであるエッフェル塔で1日を締めましょう! エッフェル塔近くにはシャン・ド・マルス公園という長閑な公園があるので、公園でぼーっとしながら1日の疲れを癒しましょう〜!

Gdzt2cmlcrdhgqvfq1wx

写真を撮るならエッフェル塔西側にあるシャイヨー宮から写真を撮るのがおすすめ。 高台になっているので、高さのあるエッフェル塔の全体をばっちり写真に収めることができるんです!

Dmurpak1ygubkfwarke8

また、夜には毎時0分からシャンパンフラッシュと言われる特別なライトアップが始まります。煌びやかに輝くエッフェル塔は、通常のライトアップとは違った良さがあるので、そちらもぜひ一緒に見てみてくださいね!

詳細情報

【住所】5 Avenue Anatole France, 75007 Paris

【入場料】最上階まで:大人(25€)約3000円

※エッフェル塔内に行くのは有料です!


年齢やどこまで上がるかによって料金が変わるので注意してください。以下のサイトで料金の確認やチケットの購入ができます!


【営業時間】

6月~8月(夏季)9:00~0:45

夏季以外は09:30~23:00

2日目は、午前中はモンマルトル地区散策とサントシャペル観光、午後はヴェルサイユ宮殿を観光するというコースです! モンマルトル地区は僕がパリで一番気に入っているくらいおすすめな観光スポットです◎

芸術の街「モンマルトル地区」でアートに触れよう!

Fkn4jasaoldgelj10xgb

2日目の午前はパリ北部にあるモンマルトル地区へ! ここ、モンマルトル地区はパリの中でも芸術の街として栄え、あの有名なゴッホにも所縁ある場所なんです。

Jyulycphp9w1otkgqjvw

建物がまるで作品の様になっていたりと、モンマルトル地区は街全体が芸術になっている感じで、歩いているだけで本当に楽しいんですよね。 パリに行くたびに行く場所で、これからもずっと行く。それくらいお気に入りの場所です。

Y2ce4viq3bix0k260j22

特に、モンマルトル地区のシンボルマークであるサクレクール寺院前の階段に座って、そこから見る景色をのんびり見る時間が一番お気に入り。 この辺りにはストリートのミュージシャンが演奏していて、その音楽がこの場所の雰囲気とマッチしていて、まるで映画の世界にいるような時間を過ごすことが出来るんです…!


モンマントル地区への行き方はこちら!

サントシャペルで迫力満点のステンドグラスを見よう!

G3xwxfklhzk1wcveovwt

ランチの前に行って欲しい場所がシテ島にあるサントシャペル! モンマルトル地区から少し距離はありますが、ここも地味に人気観光地。 午後からは人が増えるのでお昼前の人が少ない時間に行くのがおすすめ。

Srb3b508oejicg0lqg5k

サントシャペルは世界で一番美しいステンドグラス教会とまで言われるほど。 それぐらい美しいステンドグラスがここにはあるんです。 狭い教会に十数枚ものステンドグラス。ステンドグラスの高さは6mもの大迫力。 なので、まるで自分が万華鏡の中心にいるかのような神秘的な体験をすることが出来ます。

18か国ほどの国へ訪れましたが、ここまで美しい教会はなかったように思います。 ですので、たしかに世界で一番美しいステンドグラス教会なのかもしれませんね~。

ヴェルサイユ宮殿で貴族の暮らしを垣間見よう!

Vqvefcdly3im345rnuqt

2日目の午後は電車に乗ってヴェルサイユ宮殿へ! 学校の教科書でも出てくる、かの有名な太陽王ルイ13世が作ったと言われる大宮殿。

Keoc6aulnipa30ynsdxr

広々とした宮殿内には、これでもかと言わんばかりに埋め尽くされた大量の装飾品や煌びやかな壁や天井。日本では絶対に見ることが出来ない、中世の貴族の暮らしぶりを間近で見ることが出来ます◎

Jy94670jok1hqf60fvok

特に!宮殿の庭は見た瞬間思わず笑ってしまったほどの広さです。笑 端から端まで見て周るときりがないので、ある程度見る場所は見切ってくださいね。

また、ヴェルサイユ宮殿は人気観光地ゆえに観光客はかなり多め。 事前予約をこちらのサイトでしましょう。

今回のモデルコースをお得に観光するために、

➀ミュージアムパスを使う

➁地下鉄は回数券で購入する


という2点は知っておいて欲しいんです!

➀ミュージアムパスを使ってお得に観光しよう!

引用: https://scontent-hkg3-1.cdninstagram.com/vp/dc942f6f455265fcfa13d8acd9434cad/5E38734B/t51.2885-15/e35/s1080x1080/60443254_1289329841243689_8674082269686763002_n.jpg?_nc_ht=scontent-hkg3-1.cdninstagram.com&_nc_cat=101

今回紹介したモデルコースを見て周るのに使ってほしいパス。 それがミュージアムパスというパス!パリの観光地をお得に周ることが出来る優れもの。

というのも、このミュージアムパスを使えば所定の施設がいつでも無料で入退場できるようになるんですよね。

パスの有効期限によって値段は変動するんですが、パスの2日間の使用だと値段は€42(≒約6,000円)! 6,000円と聞くと、一見高い印象を持ってしまいますが、1日あたりだと3,000円。その値段でいつでも好きな時に観光施設に入ることができるって考えればかなりお得なはず!

今回紹介したモデルコースだと「ルーブル美術館・凱旋門・サントシャペル・ヴェルサイユ宮殿」が適用施設でして。 特にヴェルサイユ宮殿は€25もするので、この高さならミュージアムパスを使う手はないですよね。笑

今回紹介した観光地を周るだけで余裕に元は回収できるので、観光の際はぜーったいにミュージアムパスを買いましょうね!

➁地下鉄は10枚セットの回数券を買おう!

パリでの観光に必須なのが地下鉄。 地下鉄の料金は乗り降りする場所問わず1回の乗車あたり€1.8と、元々値段は安いんですが、10枚綴りの回数券を買うと1回あたり€1.4で乗ることができるんです。10回乗れば€4、日本円にして約500円も節約することが出来てしまうんです!この差は意外と大きい!

2人で旅行するなら10枚綴りを買って5枚ずつ分けるのも良し。 もし、10枚も使わなかったとしても最低8枚を使えば、普通に1枚1枚買った時よりもお得になるんです◎ なので、パリ観光をする際は、ぜひ地下鉄の回数券を買うことをおすすめします! (とはいっても、10枚程度ならすぐ使ってしまうと思います。)

E6sfve45khitmelzstl0

もし時間に余裕のある方はパリ近郊へ行くのも良し。 おすすめはフランス旅行の王道観光地でもあるモンサンミッシェル! モンサンミッシェルへは日帰りで行くこともできますし、朝焼けや夕焼け、あるいは夜のライトアップが見たいという方は、1泊2日で行くのもありですね~!

湾の上に静かにたたずむ様子は本当に幻想的で、ぜひ肌で感じて欲しいもの。

モンサンミッシェルは人気観光なので種々様々なツアーが用意されています。 個人で行くと観光時間が随分と限られてしまいますので、行く際はぜひツアーで行ってくださいね!

初めてのパリ観光。 人気観光地を回るには2日あれば十分!

また、今回紹介したコースはゆったり観光向けのプランです。 なので、今回紹介したコースはベースにしてもらい、その他で行きたい場所やカフェなどを加えてもらって、オリジナルに仕上げてもらうのがベストかなーっと! そうすれば、満足度120%になること間違いなしです!笑

以上、学生旅ブロガーのタカがお届けしました~!