Rbsbspltudthypokokuz

ロシア

CATEGORY | ロシア

ロシアのお土産まとめ!スーパーで買えるお菓子・食品や伝統雑貨を在住者が厳選!

2019.10.11

ロシア初上陸から25年、日本に運んだロシアのお土産は数知れず。そんなロシアのお土産を研究し尽くした筆者が、スーパーで見つかる魅力あふれるお土産を厳選。ロシア語が不安という方のために、チョコなどのお菓子や紅茶、また雑貨品を画像とともにご紹介します。

この記事に登場する専門家

N4smuouclzu7bjr8f5ya

モスクワ在住ライター

Kankaru

モスクワ在住15年のKankaruです。夫はロシア人で2児のママ。子育てしながら在宅ライターとして活動中です。趣味は家族でロシアの面白いところを発見すること。在住者だからこそお伝えできる有益な情報をお届けします!

  1. ホテルで試食も!スーパーで賢くロシアのお土産探し
  2. スーパーで買えるロシアのおすすめお土産~お菓子編~
  3. お菓子お土産①お土産といえばチョコ!ロシアブランドなら【コルクノーフ】
  4. お菓子お土産②日本人の口にもあう!定番板チョコ【アリョンカ】
  5. お菓子お土産③ロシア人に広く愛されるマシュマロ風菓子【ゼフィール】
  6. お菓子お土産④ロシアの素朴な焼き菓子【プリャーニク】
  7. スーパーで買えるロシアのおすすめお土産~食べ物編~
  8. 食べ物お土産①ベリー大国ロシア!催促されるお土産No1はヴァレー二エ
  9. 食べ物お土産②紅茶文化のロシア!狙いはロシア限定フレーバー
  10. 食べ物お土産③ロシア滞在中に食べた味を日本でも!ソバの実【グレーチカ】
  11. 食べ物お土産④世界的ブランドだから安心!クノールのボルシチ
  12. 食べ物お土産⑤辛い物好きにはたまらないロシアのマスタード
  13. 食べ物お土産⑥食べだしたら止まらない【ひまわりの種】
  14. 必ず見つかるモスクワの代表的なスーパーマーケットチェーンをご紹介!
  15. まだまだあるロシアのお土産~雑貨編~
  16. 雑貨お土産①なんといってもマトリョーシカ!
  17. 雑貨お土産②素朴さと温かさが魅力のロシアの伝統陶器【グジェリ】
  18. 雑貨お土産③日本人の肌にも合う上品な輝き【琥珀】
  19. ロシアでお土産を買われるみなさんへ
  20. もらってうれしい、食べておいしいロシアのお土産!

ロシアへようこそ!ロシアの歴史・文化を感じながら観光地を周ることはもちろんですが、現地の人の生活が垣間見れるスーパーを訪れることも海外旅行の醍醐味ではないでしょうか。


ロシアのスーパーには喜ばれるお土産がいっぱいあります。でもロシア語ばかりで何だか分からないものをお土産にするのは不安ですよね。


そこで、今回これからご紹介するロシアのお土産は、どこのスーパーでも見つかる手頃なものを厳選しました!旅行前半に気になったお土産を購入しホテルで試食してみてはいかがでしょうか?

Rtnqigbh47djg5yayher
引用: https://www.instagram.com/p/B3KYraXoyAa/

「ロシアのお菓子は甘すぎる」そんなイメージがすっかり定着しているようです。実際にそういうお菓子も多く、筆者も子供のおやつ選びには苦労しています。その中でも、子供達が太鼓判を押し、日本でも好評だったロシアのお菓子をご紹介します。

E7ivzuql0dfed21unono

まずは、こちら!お土産に最適なチョコのアソート各種です。種類は豊富ですが、この中の8割はベルギー、ドイツなどからの輸入品です。よく見ると空港の免税店でお馴染みのチョコレートばかりですよね。


この中で、センターをキープし、ロシアブランドを主張しているチョコレートがありますので次にご紹介します。

Kaxe0q9sngnniblvvw27

それがこちら!ロシアのチョコレート、コルクノーフ【КОРКУНОВ】です。値段は1箱約500ルーブル(800円)。海外ブランドに引けを取らないデザイン性と、甘さが抑えられた豊富なアソートが魅力です。そして、割引商品があるのもスーパーだからこそ!観光で疲れた身体に、ホテルで紅茶のおともにまずは1箱いかがでしょうか?

Kovzhrhefhaersh1tb5a
引用: https://www.instagram.com/p/B0q1L9AAamD/

筆者も日本へ帰国のたびに購入している「コルクノフ」のチョコレート。ロシアチョコの珍しさもあり「次回もこれでね!」と催促されるほどです。

W5xmqgbqqsfy5e4nivfe

次にご紹介するのが、ソ連時代から続くロシアの老舗ブランド【Красный Октябрь】社の代表的チョコの1つアリョンカ【АЛЕНКА】です。実はアリョンカ、楽天などでも購入できるんです!一度ロシアを訪れた人が「もう1度食べたい」と懐かしむ、日本人の口にも合う優しい味です。


おススメはシンプルなミルクチョコレート(写真左)。値段は100ルーブル(160円)です。表紙を飾るアリョンカちゃんの魅力に、「ロシアのお土産はこれで決まり!」と即決される方もいます。ばらまき土産にぴったりのアリョンカはいかがですか?

Lixt7y4aketkktwwtpir

ソ連時代からロシア人に愛されているマシュマロ風菓子ゼフィール【ЗЕФИР】。ゼフィールはロシアの幼稚園でもおやつとして出されるため、子供から大人まで広く親しまれています。甘いものが好きな方へのお土産に、せっかくですから、ぜひロシアのお菓子にも挑戦してみて下さい。

Zcaon0clnde8sh1rt6a4

人気なお菓子だけあって種類も豊富ですが、筆者がおススメするのはУДАРНИЦА社のゼフィール!こちらはミニサイズで155ルーブル(250円)です。紅茶やコーヒーと相性は抜群です。

Xrlqvhth4ovunwn3sbcn

クッキーのような見た目だけれどパンのような食感が魅力のロシアの伝統菓子ブリャーニク【ПРЯНИКИ】。プリャーニクは、今回ご紹介するお土産の中で一番好みが分かれる食べ物と言えるかもしれません。


種類も様々で中にジャムが入ったものやチョコでコーティングされたものがあります。値段は1袋80ルーブル(130円)から。どんな味がするのか試食することをおススメします!

U1fpi7iop3vuhhhbxegk
引用: https://www.instagram.com/p/BS3bQ9cAfPy/

「ロシアの食べ物と言えば?」という質問に、大半の日本人が「ピロシキとボルシチ」と答えます。他はなかなか出てきません。それだけロシアの食文化は、日本人にとっては馴染みの薄いものということでしょう。


続いては、スーパーで気軽に買えるロシアのお土産【食べ物編】です!

Loeflrmdu02dc8zqyw1u

広大な自然に恵まれたベリーの宝庫ロシア!その果実をそのまま砂糖で煮込んだのがヴァレー二エ【ВАРЕНЬЕ】です。同じ陳列棚にジャム【ДЖЕМ】も並んでありますが、ヴァレー二エはとろっと液体ぽいので区別がつきます。値段は180ルーブルから250ルーブル(300円から400円)。

子供や女性に大人気!おすすめは【ラズベリーのヴァレー二エ】

Xygia7aarz8zx7nyylic
引用: https://www.instagram.com/p/Bqcx_nWAVS6/

食べ物編の中で、一番好評で催促されるお土産がこちらラズベリーのヴァレー二エ【ВАРЕНЬЕ/ МАЛИНА】です。ヨーグルトにかけてよし、紅茶と一緒に食べるもよし、水で割ってジュースにして飲んでも美味しです。1瓶170ルーブル(270円)

仰天されること間違いなし!【松ぼっくのヴァレー二エ】

Zvawc7mpxcuw9a3z50h6

えっ、松ぼっくりって食べられるの?そんな声が聞こえてくるようです。松ぼっくりのヴァレー二エ【ВАРЕНЬЕ ИЗ ШИШЕК】ロシアでは食べています!少し松の渋みがありますが、自然の恵みをいただいている気持ちになりますよ!


季節や場所によってはなかなか見つからないことも!もし発見したらラッキーです。ロシアの話の種に、珍しいものが好きな方へのお土産にいかがですか?1瓶約250ルーブル(400円)

Hckq3an9klzljsczauhl

ロシア人に紅茶は欠かせません。幼稚園でも薄くした紅茶を毎朝飲むくらい紅茶文化が浸透しています。ロシアの気候風土から自国生産の紅茶はほとんどありませんが、ロシアブランドがご希望であればマイスキー【МАЙСКИЙ】の紅茶をおススメします。大きさにもよりますが、25パック入りで100ルーブル前後(160円)です。

Cad3wh42xgmtuaanadst
引用: https://www.instagram.com/p/BouRkGOlXKZ/

また、日本では珍しいフレーバーティーが多く並びどれにしようか迷うほど!ラズベリーや黒スグリのフレーバーティーがおススメです!

C0qvveddhxe1zrqwpml0

日本人の口にもあうソバの実グレーチカ【ГРЕЧКА】。ロシア滞在中すでに試食された方も多いはず。栄養価に優れ香りも味もよいことから大変喜ばれるお土産です。


「けれど調理方法が複雑そう…」という方におススメなのが袋に小分けされたソバの実です。(写真中央、右)。沸騰したお湯に塩を適量いれ、袋ごとソバの実を入れます。15分程煮たらホークなどで取り出しお湯をしっかり切って下さい。お皿に取り出しお好みでバターを混ぜたら出来上がり!1箱5パック入りで70ルーブル(110円)。

Mjzlv8gh6rva35c3kfiv
引用: https://www.instagram.com/p/B3BDPkrlQbj/

このようにトマトソースのチキン煮込みなどと一緒に食べるとおいしいですよ。お友達を呼んでロシアランチはいかがでしょうか?

Smtqam9kr5sgb8iwwy2u

日本でもお馴染みクノールの乾燥スーブですが、ロシアでは【ボルシチ】スープが販売されています。値段は1パック20ルーブル(30円)。本場レストランの味には敵いませんが、お湯を注いだ時の鮮やかな色と異国の香り、ロシアを代表するスープということだけでも喜ばれます。

Mzsqywvap8k5xa8parrr

辛い物が大好きな筆者のお気に入りロシアのマスタード【РУССКАЯ ГОРЧИЦА】をご紹介します。日本のからしとも、マスタードとも一味違う癖になる味です。スタンダードなものからハチミツ入り、ロシア風わさび入りなどいくつか種類があります。1個約20ルーブル(30円)から。

Ylxnhyb4ubsmb4gqqtdz
引用: https://www.instagram.com/p/B1xu_y7BA0_/

ひまわりの生産が世界第2のロシアでは、特に女性を中心に少し口寂しい時、ひまわりの種が好まれ食べられています。価格は30ルーブル(45円)から。ロシア語でセーメチキ【СЕМЕЧКИ】ひまわりのイラストが目印です。

Kvym4f9ridwnwmoi3jme

ひまわりの種は、外側の黒い殻を歯で軽くかじり指で割って中の種をいただきます。慣れるまではなかなか食べずらいのが難ですが、コツをつかむと止められなくなる不思議な魅力がありますよ!

Gqbigi64tgsyc57z28ji
引用: https://www.instagram.com/p/BFnWpchvHwl/

最初にご紹介するのが、モスクワ市内に280店舗を展開するペレクリョーストク【ПЕРЕКРЕСТОК】。値段は少しだけ高めですが店内も清潔感があり品揃えが豊富です。

Kuj9qzyaavyxwsczlx4v
引用: https://www.instagram.com/p/B2jaVovA7ei/

続いてご紹介するのがこちらディクシ【ДИКСИ】。品揃えはペレクリョーストクには敵いませんがとても良心的な価格設定が魅力です。

Ueso4psov83ndkryhnxe
引用: https://www.instagram.com/p/BngZcK7g0kC/

ここからはスーパーでは買うことが出来ませんが、代表的なロシアのお土産/雑貨編をお届けします。モスクワであれば、必ず訪れる観光スポットのグム百貨店(赤の広場)、お土産屋さんが並ぶアルバート通りで購入することが出来ます。


その他観光地でも露店などでたくさんの雑貨品を目にするでしょう。治安には十分注意しショッピングをお楽しみください!

Bxbsyjz0wx0mmssrri0f
引用: https://www.instagram.com/p/BzkFBk6A0bH/

ロシアを代表する民芸品マトリョーシカ【МАТРЕШКА】!1つ1つが手作りなので好きな顔を選ぶのも楽しみの1つです。値段は200ルーブル(300円)からで中に入っている人形の数や大きなさどで変わってきます。

Lri8x0cfkd6o0ugkzu3a
引用: https://www.instagram.com/russiangames_nn/p/BfaUpxvnduf/

最近では、ロシアの昔話「大きなカブ」やチェブラーシカをモチーフにしたマトリョーシカも人気です。小さなお子さんには喜ばれるお土産になるでしょう!

Xvjraznlnqoktblrvlxf
引用: https://www.instagram.com/p/B3FK82ClQk3/

白地に青色模様、素朴な中に温もりを感じるロシアの伝統陶器グジェリ【ГЖЕЛЬ】。大小様々なプレート、カップなどの食器意外にも、グジェリ焼きの人形やマグネットなどお土産にぴったりな雑貨品も豊富です。

Njspwjil1pdagkp8ei4s
引用: https://www.instagram.com/p/Bva7R3oF-rC/
Evf1hsm6fuxpksxmg6ol
引用: https://www.instagram.com/p/B2Y3DNVofJB/

天然樹液の宝石【琥珀】、ロシア語ではヤンターリ【ЯНТАРЬ】と言います。お土産屋さんには、琥珀を使った多くの雑貨品、アクセサリーが並んでいます。琥珀は、日本人の肌の色にとても馴染むため、日本人の間で大変人気のあるお土産です。


露店などで琥珀によく似た安価な偽物も出回っていますので、琥珀を選ぶ時は百貨店やお土産屋さんで購入するようにしましょう。

ロシアでは、日本のような丁寧な包装を期待してはいけません。せっかくのお土産を傷つけてしまわぬよう日本から割れ物を梱包するプチプチやジッパー袋などを持参されることをお勧めします。

ロシアならではの魅力あふれるお土産をご紹介させていただきました。スーパーで買えるものはどれもお手頃価格なので、気になるものがあったら是非ホテルで試食してみて下さいね。


思い出に残るロシア旅行になりますように。そしてまたロシアに遊びに来てください!

この記事が気に入った方は、他のロシアの記事もチェック!