V44c6iznunqfhp3bheeo

タイ

CATEGORY | タイ

女性が僧侶を触ると怒られる?タイの文化やマナー・習慣を解説!してはいけないことを知っておこう!

2019.12.25

タイ旅行をする予定の方や、タイに興味がある方に必見です!タイの文化やマナー、習慣などを紹介します。筆者はタイをバックパッカーしているので実体験をもとに解説していきます!タイ人と仲良くなるためにも覚えておきたいですね!

この記事に登場する専門家

Pzw8nyuxyw3b939ei2t8

東南アジアの旅人

旅人R

日本と東南アジアにてデュアルライフを行なっています。東南アジア各国を巡るが好きで、一人でどこまで行きます。その知識や経験が読者の行動の源になればと思います。

  1. タイの文化、マナー、習慣を実際にバックパッカーした筆者が解説!
  2. タイの文化とは?日本との違いはどんなところ?
  3. タイの習慣・文化①電車の中に僧侶優先席がある
  4. タイの習慣・文化②多民族な国、バンコク場所によって人種が変化して面白い
  5. タイの習慣・文化③意外とニューハーフが多い
  6. タイの習慣・文化④若者文化はどんな感じ?
  7. タイの習慣・文化⑤タイの習慣とは?日本との違いはどんなところ?
  8. タイの習慣・文化⑥タイのマナーは?やってはいけないことリストを紹介!
  9. タイの習慣・文化⑦タイの人の性格はどんな感じ?
  10. 他の国の人と仲良くするために、少しでも覚えておこう!
E1rizutel64mpnccestn

どうも。こんにちは〜!東南アジアバックパッカーの旅人Rです。今回は、タイの文化やマナー、習慣などを解説します。


日本人が海外に行くと、外国人と思われるので、ちょっとしたことなら気にもされません。しかし、知っておくとタイ人と仲良くなりすいので、覚えておくと良いでしょう!

Xay8ztb70wnqhzitwozt

さて!日本とタイの文化は、どんな違いがあるのでしょうか?

旅行前の方は、特に気になる方も多いと思います。まずは、タイをバックパッカーして感じた文化を解説していきます!

これで、タイと日本の違いが少し理解できるかもしれません!

K7nj0kuysdjdu6sbmebo

タイバンコクに行き驚いた経験として、バンコクの交通機関であるBTS「電車」には、優先座席が普通にあるのですが、

その部分に僧侶優先席があるのです!


日本では、僧侶の人が街を歩くということを見たりしませんよね!

ただ、タイでは、僧侶さんが街を歩いているのをよく見かけます。日本より、仏教が強く根付いているためかと思われます!

Y6kuqscqnpjmmvjgnb0c

タイ首都バンコクを街を歩いていると、地域によって、人種が変化することにビックリしました。


タイ人が多いのは当たり前です。しかし、プラトゥーナムエリアだとインド人が多かったり、シーロムエリアだと黒人が多いエリアがあったり、サパーンタクシンエリアだと欧米人が多かったり、チットロムエリアだと中華系の人が多かったりします。


日本人の多いエリアもあり、プロンポンやスクンビットなどが挙げられます。

文化的に面白い体験ができる国でもありますよ!

世界の国の人を見ることができるので、世界の人の行動や価値観も楽しむことができ、日本では体験できない経験を積むことができますよ!

インド人が多いエリア

バンコクの中でも伊勢丹が入ってリウセントラルワールドを北へ歩いて行くと、プラトゥーナムエリアがあるのですが、このあたりからインド人の方が急に増えてビックリしますよ。

プラトゥーナムエリアにあるショッピングセンターには、インド人がお店をしていたりするので、インドに行ったような雰囲気を感じることができます。

黒人が多いエリア

バンコクのシーロムエリアに行くと、突如黒人の方が増えて行きます。

バンコクの街を歩いて楽しい理由は、このエリアによって雰囲気がガラッと変わることかもしれません。

カフェやコンビニにいる人が、ほとんど黒人の方になるので、違う国に来たかのような錯覚を感じました。

欧米人が多いエリア

サパーンタクシン、スカイバーなどがあるエリアは、欧米人が多いように感じました。

ここから王宮などのアクセスもしやすいためなのか、街並みが欧米っぽいからかもしれません。

どちらかと言うと、街並みも昔ながらの雰囲気を残しているように感じました。

欧米人の方は、歴史というか、国の文化を楽しむのが好きな人が多いので、多いのかもしれません。

中華系の人が多いエリア

セントラルワールドや、ゲイソンショッピングセンターなどの近代的なエリアには、中華系の観光客が多い印象でした。

東南アジアを旅していると、中華系の人は近代化しているエリアが好みのようです。

どちらかというと、周りの目線を気にしない人が多いので、開放的な空間で、観光しやすいメリットがあるように思います。

Hwutozwsqtnuptd7fyat

バンコクの街を歩いていると、顔立ちが男っぽいロングヘアに人が多く、意外とニューハーフが多いことに気づきました。

バンコクにも日本系列のセブンイレブンが多いのですが、店員さんがよくニューハーフっぽくて驚きますよ!

ゲイバーなどが多いのも有名であり、意外と面白い国というか、変わった国なので面白いですよ!

Cu8apoihiizxqnsaodjt

タイバンコクでは、サイアムなどが最先端的な街で、若者文化が根付いている場所があります。


スターバックスは当たり前に存在しており、東京で言えば渋谷のような最先端エリアとなっています!

クラブやディスコなどで盛り上がることも多く、男性が女性を支える文化が強く根付いている印象です。

日本よりもぶっ飛んだ賑わい方が、ワイワイしている姿が面白いなと思いました!

Lmprcw73pqaikrzmevsp

タイの習慣はどのようになっているのでしょうか?

日本との違いはどんな部分にあるのか。実際にタイに行って感じたことを踏まえて紹介していきます!

家で食事するより、外食する人が多い?

Joyz2n8ljkco4e427jyl

タイは、日本に比べて物価が安いです。日本だと約1000円の食事が、300円ほどで食べることができるくらいです。東南アジアの中で比較しても、外食が安い印象を受けます。


理由は、食事全てを外食で賄うのがタイの習慣になっているからです。

日本だと屋台が出るのは、イベントの時だけみたいなイメージがありますよね。

しかし、タイだと毎日屋台が街に出るのが普通です!なので、初めてタイに行くと毎日お祭り見たいに錯覚するかもしれません。

食器やペットボトルに口をつけない

Gxgd9ssqbx3izxrokeyj

タイ習慣の一つとして、食器やペットボトルに口をつけないことが挙げられます!

ペットボトルで水分を補給する際は、口とペットボトルに少し間隔を開けて飲むことが多いです。


食器などでもラーメンのスープを最後まで飲むときに、食器に口をつける習慣が無いので、食器に口をつけていると、変な目で見られるかもしれません。ただ、大きなショッピングセンターや、バンコクでは外国人観光客向けのお店が多く、あまり気にしなくても良い雰囲気があります。

備え付けのトイレットペーパーを流さない

Hcpxw5pg3wxgrnvphgwn

日本でトイレをするときは、トイレットペーパーをそのままトイレに流すのが普通ですよね。

しかし、タイでは備え付けのボックスに、トイレットペッパーを捨てる必要があります!

東南アジアの中で比較しても、タイだけの習慣で、少し手間がかかるなと思うこともありますね。


トイレットペーパーを流してしまうと、排水管が狭いため、水路を詰まらせてしまう可能性があるからです。タイに旅行する予定がある方は覚えておきましょう!

Ltnitsgiea4p50cs3a8z

日本人は、他国の人に比べて、真面目で品があると思われるみたいです。

ただ、知っておくとよりタイ人と仲良く接することができるので、是非とも覚えておきましょう!

中には、失礼にあたる動作もあったりするので、頭の片隅に入れておきましょう!

女性はお坊さんに触れないようにしよう

Rkltyprndxxocwh6n1vf

タイでは日本に比べて、街中で僧侶さんを見ることがとても多いです。そして、知っておくべきことが一つあります。


それは、女性がお坊さんに触れてはならないということです。これはマナーというよりも、文化に近いものなので注意しましょう!

触れることは文化的にダメということになっております。理由は、僧侶が最初から修行を積む必要があるからです。僧侶さんのためにも避けたいことです。

王室を批判することをしないようにしよう

Gqnmnyokem8nsiekq8y1

日本では、あまり宗教に縛られていないイメージがあります。しかし、タイは仏教を9割の人が指示している国です。

日本では、大乗仏教という誰でも成仏でき、誰でも悟りを開くことができると教えられます。

しかし、タイでは上座部仏教という出家し、悟りを開いたものだけが救われると教えられています。

ちなみに、僧侶の数は30万人と言われています。


それだけ、仏教に対して教養があり、強い尊敬があります。

なので、王室を批判することをすると、反感を買うことにもなりかねないので、王室に関わる者には丁寧に対応するようにしましょう!

頭を触ることはしないようにしよう

M1wjulomf8ssx4dczshp
引用: https://www.instagram.com/p/B3OxN2ZJ-2h/

日本だと、子供の頭を撫でてあげることも良くあると思います。これは良いことです!

ですが、タイでは、人の頭を触る行為があまり良く無いと言われています。

これは、頭や髪に神が宿っていると言う教えから来ているみたいです。


もし、子供さんを褒める際は、頭を触るような行動をしないようにしましょう!

握手や、言葉で褒めるような仕草を考えて行う必要があります!

足の裏を見せないようにしよう

Umwowooxuw5lah01dyzz
引用: https://www.instagram.com/p/B5oV-TyJ4dG/

日本では、足の裏を人に向けても何も言われないと思いますが、タイでは不浄な行為となっています。

ホテル、ホステルなどで休む際に足の裏を見せないようにしましょう!注意されるくらいで終わるのですが、よく思われないことが多いので覚えておきましょう!

Qu7vzpilgdbqycnon0bf
引用: https://www.instagram.com/p/B5rfvnVA1ke/

タイに行って思ったことは、日本人と比べてリラックスした人が多いことです。

実際に行って感じたことと交えつつ、解説していきます!

①マンペンライ!なんとかなる精神が凄い

Ohuav4f1roposm6iea0p
引用: https://www.instagram.com/p/B5rYuVljxSe/

タイ語で大丈夫、なんとかなるということをマンペンライと言います。この言葉そのままの言動を感じました。東南アジアの1年中夏という気性も関係していそうですが、性格も気質もおっとりとした人が多いです。


悩むより、とりあえずやってみるという人が多く、何かあった時に、対応してくれる感じがあって、タイ人はリラックスした人が多いですが、いざという時に助けてくれたりと、やるときにはやる精神が凄いと思いました。

②思ったことを口に出す正直者が多い!

Qwovzdopn3xcf6kgjbke
引用: https://www.instagram.com/p/B5rOLLgJcd2/

タイ人は思ったことを口に出す印象を見受けられます。筆者がローカルバスに乗っていたら、いきなり口喧嘩が始まったりしたこともあります。言いたいことを言う人が多いので、意外とコミュニケーションはうまく成立しているイメージがあります!



日本人だと思ったことを言えずに、気まずいことになったり、ストレスが溜まることも多いと思います。タイ人を見ていると、何かパワーをもらえるような気がしています。


Lw4azlgifiunazae9f1p

今回は、タイの文化やマナー、習慣について解説してきました!

あまり深く学ぶと、疲れやすくなるかもしれません。あまり神経質になる必要もないと思います。


ただ、知っておくことが大切であり、タイ人と仲良くなるために覚えておけば良いと思えば、そこまで辛くないと思います!

タイという国が王族国家であることを覚えておけば、ある程度対応できると思います!

他のタイの記事も読んで充実した旅行にしてください~~!