Wqgmhf9vavdgof6niggg

タイ

CATEGORY | タイ

在住者体験談!タイ治安は大丈夫?経験者が避けるべきエリアと8つの犯罪・対策をご紹介!

2019.12.02

初めてのタイ旅行に行くけど、日本に比べて治安が悪そうなイメージ。一歩が踏み出せないあなたへ!実際にタイに滞在して居る筆者が、タイでこれを知っておけば、安全に観光ができる対策方法などを解説して行きます!治安の悪いエリアも解説するので、より安心に観光することができますよ!

この記事に登場する専門家

Pzw8nyuxyw3b939ei2t8

東南アジアの旅人

旅人R

日本と東南アジアにてデュアルライフを行なっています。東南アジア各国を巡るが好きで、一人でどこまで行きます。その知識や経験が読者の行動の源になればと思います。

  1. タイの治安を経験者がご紹介!
  2. タイの治安①子連れや女性だけでも大丈夫?
  3. タイの治安②日本とタイの感覚の違いについて
  4. タイの治安③タイの治安が特に悪いエリア
  5. タイの治安④タイで実際に起こっている8つの犯罪と対策
  6. タイの治安⑤2015年のバンコクテロ以降は落ち着いている!
  7. 対策方法を知っておけばタイ旅行は安全です
Pzqsuyi0ojxszxwwmfvc

どうも、こんにちは〜!東南アジアのバックパッカー旅人Rです。今回は、その場で感じた雰囲気や、実際におきたこともふまえて、タイの治安について解説していきます!


この記事を最後まで見ることによって、タイ旅行がより安全に行えるようにまとめました。

タイは、他の国に比べて治安が良い国です。

しかし、油断は禁物です。これからご紹介する内容をしっかり把握することによって、安全にタイ旅行を楽しむことができます。

Qteslamsrhxvoebklg3g

女性の方だけでの観光や、子連れでも安全なのか気になる方も多いと思います。

特に有名な観光地、タイのバンコクやチェンマイは、街を歩いても子供連れが多く、安全性が高いと言えます。


他にも、日系企業が多く進出しており、子連れの駐在者もいらっしゃいます。

ですが、もし子連れでタイに観光されるのであれば、宿泊施設の衛生面やセキュリティ、レビューなどを確認しておきましょう。レビューを見ることによって、家族連れでも安心か確認することができます。

Dcnykyvt5okmpj3yhx3j
引用: https://www.instagram.com/p/B5EjGYpAcCI/

こちらの項目は、タイに行く前に知っておきたい感覚の違いについて解説していきます。

知らないと、危険な事故に巻き込まれたり、貴重品を盗まれてしまう可能性もあります。しっかりと把握しておきたい項目となっております。

車優先な社会、歩くだけで違う

Owfrx4q8e2xvzranh2t8
引用: https://www.instagram.com/p/B5Eop5An-cc/

日本とタイの違いを感じたのは、普段歩く道の違いです。

日本であれば、自分があまり頭を使わなくても、道を歩けるのですが、

タイだと、道がしっかり舗装されていなかったり、車やバイクが優先的なので、道を渡るときに止まってもらえることはありません。

普段歩く道において、危険性をしっかり把握する必要があるなと筆者が感じました。

カフェなどで注意すること

A6adzt0qugxmvmmah8nn
引用: https://www.instagram.com/p/B43YcJKgucM/

日本の感覚だと、お店にスマホや財布を置いて、席確保!なんてことも可能ですが、タイだと盗まれてしまうので気を付けましょう!


盗まれても良いと思える服や、物を置いて席を確保をしましょう!

ホテルのセキュリティをチェックしよう

Pml4ps6rsrilyuwvfc5s
引用: https://www.instagram.com/p/BsSTG4JnISc/

筆者はドミトリーのホステルにて現金を盗まれたことがあります。

見えるところに置いていたからです。


他にも、ホステルにはセキュリティボックスが設置されていたりしますが、鍵が壊れていて、閉めたつもりが鍵がしっかり掛かっていなかったことがあります。

しっかりとチェックし、できる限り貴重品はシャワー時に持ち歩くようにしましょう!

E8afl1guqojfj0zqufu4
引用: https://www.instagram.com/p/BSGCeTvAJlJ/

タイの治安が特に悪いエリアとは、何も知らずに行くのが一番危険であり、想像を超える出来事が海外では起こることが良くあります。


ですので、タイの中で、特に治安の悪いエリアについて紹介して行きます。こちらをしっかりチェックしておきましょう!

タイとマレーシア国境付近

Eb41der9rmlyup8wcq16
引用: https://www.instagram.com/p/B5EmaSDJVWA/

タイで最も治安が悪いと言われているのが国境付近です。

カンボジアの国境は安全性が高いのですが、マレーシアとタイの国境付近は、犯罪率が高く、足を運ばないのがおすすめです。


筆者は、マレーシアに行きましたが、タイとはまた違った雰囲気です。

国境付近は、いきなり雰囲気的にも変化することが多いので、あまり海外に行ったことが無い方は、周りの空気をよく読みながら行動するようにしましょう。

スラム街クローントゥーイ

Igfhbgqzthmrltbkya6b

タイバンコクにあるスラム街クローントゥーイ。

スラム街は、経済的に貧困な方が多いので、薬物や人身売買などが行われている話もあります。


スラム街は、暖かい人もいます。

しかし、夜などは薬物の売人や、犯罪の可能性もあるので、できる限り近寄らないのがおすすめと言えます。

ナイトライフで賑わうバーなど

Jxe3kwmpktgusbjpcdzt
引用: https://www.instagram.com/p/B5BahHxJQVl/

タイのすべての地域で言えることですが、バーやクラブなどの場所は、どちらかというと治安が悪いエリアとなります。


どこに行ってもそうですが、お酒で盛り上がるエリアは、喧嘩なども多い傾向にあります。

行ってみるのもおすすめです。しっかり雰囲気を掴むことが大切です。全てがそうでは無いからです。

それだけ自由な場所でもあるということです!


↓例えば、パッポン通りなどです。

それでは次に!タイで実際に起こっていて、筆者が実際に巻き込まれたことなどをご紹介して行きます。


犯罪は、知るか知っていないかだけで、対策することが可能です!

こちらの犯罪を知っておくことによって、安心してタイを観光することができますよ!

睡眠薬強盗

Fxd4sosjc2ekvjfp1vey
引用: https://www.instagram.com/p/B4WHLoeBdRP/

これは、タイのナイトライフを楽しむ方が知って起きたい犯罪になります。

他にも、タイ人との交流がある方も、頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。


現地の人と偶然仲良くなり、お酒で盛り上がり、気づいたら貴重品が盗まれていたなんてことも多く耳にします。

ナイトライフを楽しむ方も、この手口が多いとの声もあり、外へ出る際は貴重品を全て持って行かずに、ホテルなどの置いて、最低限の貴重品だけで外出するように対策しましょう!

イカサマ的な賭博

Ryttkmkkgurdenuqxnrv
引用: https://www.instagram.com/p/B4NO1OhAGY5/

現地の人と仲良くなり、交流することはとても大切であり、価値のあることです!

しかし、油断も禁物なんです。絶対に儲かる、おすすめな場所を紹介するなどと誘い、ついて行く先は知らない場所。


断れない雰囲気の中で、なんとなく賭け事をしたら、危険な目に合うこともあります。調子の乗って掛け金を増やす人を、イカサマ行為で誘い、有り金を持っていかれます。



筆者は遭遇したことがありませんが、友人がそれらしき場所に誘われてことがあると言っていたので、未だ行われている犯罪のようです。

対策方法は、どこに行くか予想できない場所には行かないようにすることです!

お金見せて詐欺

Obibltomii4qr6yt4dmp

こちらは、筆者がそれらしき犯罪に遭遇したことがあります。

よく使われる言葉として「日本円を見せて欲しい」と声をかけてきます。

筆者は、アラブ系のような感じでしたが、インド系や中東系の方の確率が高いようです。


財布を出す瞬間や、お札をその場に出すという行為は、危険性が高いので、何を言われても財布を出したり、お札を出したりしないようにしましょう!


日本円は、持ち歩いていないという意思表示をすることが対策方法と言えます!

わいせつ的な犯罪

Bf1opuk45empwjrfsprs

わいせつ的な犯罪も多いです。特に女性の方はタクシーなどに気をつけるべきと言えます。対策方法として、Grabタクシーというアプリを使うことがおすすめです。

スマホでタクシーを呼び出すことができますし、走行経路が記録されるシステムとなっているので安全性が高いです。


誰かと移動をともにすることや、タクシーを利用する際は、Grabタクシーをなどを利用することが対策方法と言えます!

スリ、置き引き

P7lblgszthwe9jqxhq9u

日本の感覚で、タイの街を歩いたり、過ごすと知らない内にスられたりすることがあります。


日本の感覚の一つとして、席を確保する際に、スマホや財布などの貴重品を置いて行く人が多いですが、非常に盗まれる確率が高いです。できる限り、席を確保する際は、盗まれても良いや!と思うものを置くようにしましょう!

ニセ警官

Wmwnlxvqxvwln7b6enp2

この犯罪に筆者は遭遇したことがありません。しかし、タイにて現在も起こっているので、知っておくことが必要です。


あまり人のいない場所で頻発している犯罪であり、本物のような警察の服装をしているので戸惑うと思います。


いきなり、所持品を検査させて欲しいと、求められたりする可能性があります。タイの警察官がいきなり、所持品を確認させて欲しいと言ってくるのはおかしいので、その場合は「最寄りの警察官へ同行します!」などとGoogle翻訳で伝えれば、対策可能と言えます!

ターボメータータクシー

Ved1g4qwyqeldavvejif

タクシーを乗る際に気をつけたい、知っておきたいことの一つとして、ターボタクシーと言われるぼったくりされるタクシーが居ることを覚えておきましょう!


メーターの動きが2倍程度のスピードになっていて、通常の2倍の金額を請求されるなんてこともあります。泣く泣く支払う雰囲気になってしまうので注意しましょう!


できる限り、Grabタクシーを利用することにより、ターボタクシーなどの不正なタクシーに乗る危険性が無くなるので、タイではGrabタクシーを使うようにしましょう!


対策方法は、簡単に使うことができるGrabタクシーを利用することです!

ホステルでの盗み

Iwo6xyryd0bocuwqqett

筆者が実際に遭遇した犯罪がこちらです。ホステルのドミトリー、相部屋を利用する場合は、貴重品の管理を厳重にする必要があります。


僕は、日本から久しぶりにタイに行ったために、油断をしていて、財布を見えるところに置いて寝てしまいました。

すると、次の日の朝、財布の現金2万円とカードなどを盗難されました。


対策方法として、貴重品は必ず見えないところ、または枕の下や、来ている服のポケットなどに入れて睡眠を取るようにしましょう!

Wrm43zdhh8r52pcudqze
引用: https://www.instagram.com/p/B5Eou5An99j/

2015年に不特定多数を狙う爆弾テロ事件が起こりました。

筆者は、タイにほとんどいるのですが、身の危険を感じることはなく、大きな事件も起きていません。

Ctdkpvkyy3jhwchg8vx6

今回は、タイの治安についてご紹介してきましたが、犯罪や危険性の高いことに巻き込まれるのは、油断してしまうことや、知っていないからということがほとんどです。


どんなことが起こるのか、どう対策をすれば良いのかを知っておけば、安全性は大幅に向上します!


観光1日目は油断せす、周りの雰囲気を感じながら、対策方法をしっかり行いつつ、街を歩くようにしましょう。

慣れたら、もう何も考えなくても、自動的に察知できるようになります!

この記事が気に入った方は、他のタイの記事もチェック