Wr8cucsdizoiudfejpjf

カンボジア

CATEGORY | カンボジア

カンボジア料理はまずい物と旨い物がある!在住者の本音・食べてはいけないもの・食べるべきものを公開!

2020.02.05

カンボジア在住者がキレイゴト抜きで書いてしまった!カンボジアの臭い料理、ホントはまずい料理の数々。有名なあのカンボジア料理も実はおすすめ出来ない? 食べてから後悔しないための、カンボジアで回避すべき臭い食べ物、まずい料理を豊富な画像で紹介します。

この記事に登場する専門家

Ezwokd6vxmyvppbd7oye

越境ライター

どりあん

ページを増補したにもかかわらず、10年パスポートを7年強で使いきってしまい、旅程を変更して否応なしに帰国した苦い過去をもつ、旅好きおやじです。海外好きが高じて某国に住みついてしまいました。

  1. ホントはまずい!臭い!も多いのがカンボジア料理
  2. まずいよ!カンボジア料理の発酵調味料【プラホック】
  3. まずい!カンボジアの定番朝食【ノムバンチョック】
  4. カンボジア麺料理クイッティアオ【珍妙な具材】
  5. 見た目より味で勝負!カンボジア料理の【お粥】
  6. ハズレばかり!カンボジアのまずい【牛肉料理】
  7. 摩訶不思議なカンボジアの鍋料理【チュナンダイ】
  8. ベトナムと大違い!カンボジアのまずい【バインミー】
  9. 炒め物に使うから余計に臭い?【カンボジアの納豆】
  10. カンボジア屋台料理①まずい店ばかりの【串揚げ】
  11. カンボジア屋台料理②味が薄い【チャーハン】
  12. カンボジア屋台料理③割とおすすめ【焼きそば】
  13. カンボジア屋台料理④ビールにおすすめの【焼き鳥】
  14. 在住者おすすめ!本当にうまい【カンボジア料理】
  15. ハズレを回避してカンボジア料理を味わいましょう!
Zi86rfo1x7w3ykjapatf

みなさん、こんにちは!カンボジア在住歴5年の「どりあん」です。私は食べログで「辛口のレビュワー」として、イマイチな料理はイマイチとはっきり書くことで、多くのフォロワー様からご支持をいただいてきた自負があります。

S3y6zjhapchpvahhxzzl

旅先で食べたものの印象は、旅行全体の印象をも左右しますよね。カンボジアにお越しになった皆さまには、ポジティブなカンボジアの思い出をお持ち帰りいただきたいです。ですから普通のライターが遠慮して書かないような本音で、カンボジアのまずい料理、臭い食べ物を列挙して参ります。

最初に挙げたいのが、カンボジアが誇る?発酵調味料のプラホック(Prahoc)です。発酵させた魚をハーブと一緒にすり潰してペーストにします。正直に申し上げて、プラホックはまずい!と私は常々感じています。

G7dbnwszft72tljevhkz
引用: https://www.instagram.com/p/B3lhP0CnLpT/

プラホックを「カンボジアの塩辛」と表現しているサイトも多いです。皆さんご自身は日本に来た外国人に「ぜひ塩辛を食べてください!」とおすすめしていますか?

外国人に塩辛を試食させて、リアクションを楽しむような悪趣味なバラエティ番組が昔はよくありました。逆の立場で、塩辛をおすすめといわれたら、どうお感じになるでしょうか。プラホックも同じですよ。

臭いに敏感な人は、耐えられないかもしれません。

V41lxwy2srf9kj0jmihi
引用: https://www.instagram.com/p/B35xuShn7i9

プラホックはさまざまなカンボジア料理に使われます。料理の見た目だけでプラホックが入っているのか、わかりにくいので余計に始末が悪いです。

画像のように、肉と生野菜を食べるときの「つけ汁」にプラホックはよく使われます。カンボジア人がスープと呼ぶ、汁物料理にもよく使われます。

この2つを回避するだけでも、プラホックとの遭遇率はかなり下げられます。

Qr5kytukgxz4oh25kwzw
引用: https://www.instagram.com/p/Bz9oTqnHmb_/

カンボジアの有名な麺料理といえばクイッティアオを連想する日本人が多いでしょう。でもクイッティアオはカンボジアの庶民にとっては贅沢な料理。日々の朝食ではノムバンチョックが国民食です。カンボジアの田舎では1杯500リエル(約0.25ドル、27円)です。

ノムバンチョックはクイッティアオと同じく米粉から作ります。そうめんのような細さで、コシはまったくと言ってよいほどありません。

Xu56wv8aowjffch2rpw0

麺そのものの旨味が貧弱なことに加えて、ノムバンチョックを食べる緑色の汁がまずいのです。前述のプラホックを使った、ソムロー・クマエというスープです。私はひとくち食べて、即座に「ごめんなさい、ダメです」といいました。

トッピングがまた、間違っても同朋におすすめできない代物です。主に使われるのは、日本のミョウガのようなもの。さらには生のモヤシです。これがまた・・・日本の野菜とは味が違いますから。

Nus6jtzkhlbkcvvdssdj

ではクイッティアオはどうでしょうか。観光客も大勢訪れるプノンペンのセントラル・マーケットには、クイッティアオ屋がズラリと並んでいます。大抵の店は4ドル(約430円)、プノンペンの他の場所では1.5ドル(約160円)くらいです。(麺の質もスープに使う骨もグレードが違います。)

いずれにしてもノムバンチョックと比べれば遥かに高級料理です。クイッティアオのスープは日本人でも美味しいと感じるはずです。スープで煮込まれたニンジンやダイコンも美味しいです。

Saxlhdo1ufscg85otol1

問題はまず、レバーが入ること。私はレバーの炒め物は好きですが、汁物ですから生臭いわけです。

次に画像のような赤茶色をしている謎の食材。これはブタの血液を固めた豆腐みたいなものです。食材を余すところなく使う精神は褒められるべきかもしれません。でも美味しいかと訊かれたら、私はまずいと答えます。

Af0pb4yebbpsf0dhhh63

そしてトッピングの生モヤシ。これがまた臭いんですね。クイッティアオ屋はトッピング無料が原則なのでもったいない気もしますが、クイッティアオは何も加えずに食べることをおすすめいたします。

それからタイでクイッティアオを食べたご経験をお持ちの皆さん、同じレベルを期待しないでください。麺の美味しさやもちもち感が全然違います。タイに出稼ぎに行っているカンボジア人は、お盆や正月の帰省時にタイのクイッティアオをお土産に買ってくるのですから。

Ny6omsf1oepewm9wsdfa

カンボジアの朝食で個人的におすすめなのはお粥(ボボー)です。クイッティアオと具材もほぼ一緒で、クイッティアオよりも安いです。見た目はイマイチなのですが、味はハズレがまずありません。

ただしお店によってはクイッティアオと同様、ブタの血液豆腐が入っています。

Zwdzycfo4bymenk6jmgj

カンボジアの人々はお粥といっしょに揚げパンを食べます。お粥の汁気に浸して食べます。お粥屋のテーブルの上には必ず置かれているので、お粥がメニューにあるかどうかの判断材料にもなります。ただし有料です。

Txjinzlch2fajf2gdmez

柔かい牛肉を食べ慣れている日本人にとって、カンボジアの牛肉は硬くてまずいものです。牛肉イコール高級、でもありません。プノンペンで一品7ドル以上するような牛肉料理は、オージービーフかUSビーフを使います。

Zkjopgx3xfqhnd9ihdvq

カンボジアのローカルな焼肉屋では、前述のとおりプラホックを使った「つけだれ」で食べるか、中国の腐乳に唐辛子などを加えたタレが好まれます。腐乳の臭いだけで私は食欲が失せます。唐辛子をふんだんに使った甘酢っぱいタレもありますが、もちろん日本人にはおすすめ出来ません。

Kw1fozggczytri3tofob
引用: https://www.instagram.com/p/BM0dQ5bBcaN/

有名なカンボジア料理のひとつであるロックラック(Loklak)は、カンボジアの結婚式で定番の料理です。トマトなどの酸味を利かせた炒め料理です。方々で紹介されていますが、まずいというほどひどくないものの、おすすめしたい美味しさではありません。

Okulcmafcwxagbbjelhl

カンボジアの鍋料理チュナンダイも有名ではあります。日本の寄せ鍋のように、牛肉やシーフード、練り物、野菜類などの具材を入れて、好みのタレで味わいます。

カンボジア流の食べ方でユニークなのは、鍋に入れる前の牛肉に生卵を絡めることです。

Aygkfkeabwdvphiwfomx

シーフードはともかく、まず問題なのは練り物です。カンボジアの練り物系はどれもまずいと私は感じています。そしてカンボジアの野菜類は、臭いが問題です。鍋から立ち上ってくる臭いは、食欲を減退させます。春菊が苦手な人などはNGでしょう。

Ltgyqvveums0dhiprrjn

このように具材のひとつひとつは難点があるのですが、さまざまなダシが混然一体となったスープは、けっこう美味しいです。ちなみにチュナンダイのシメはインスタントラーメンです。

Bgu9ivwqz1oimxncrmg5
引用: https://www.instagram.com/p/BzdUscCnsOC/

ベトナムのバゲット・サンドイッチ【バインミー】は日本でも有名です。見た目は同じものがカンボジアでもそこかしこで売られています。ヌンパンといいます。しかし味のレベルは雲泥の差があります。

何といってもバゲット自体のクオリティです。同じフランスの植民地で隣接しているのに、どうしてこうもカンボジアのバゲットはまずいのでしょうか。香ばしさの違いも歴然。味の決め手にもなるレバーペーストは、カンボジアでは使わない店(屋台)も多いです。

Ebvvp4aizcxwjyptd3yk

それから挟む具材、とくにハムやパテのまずいこと!本場ベトナムで食べたことがなければ「こんなものかな?」で済むのですが、ベトナムに20回以上行っているバインミー大好きな私には耐えられません。

Brn0enx9zvqjjgsmtlxb

カンボジアには日本の納豆によく似たシエンというものがあります。糸は引きません。ご飯の友ではなく、カンボジアでは調味料として炒め物に使うのですが、これがまずい!でも臭いは日本の納豆ほどきつくありません。

画像の左手前の料理がシエンを使った炒め物です。プラホックがカンボジアの塩辛、シエンは納豆。多くの外国人が好まない理由は想像いただけることでしょう。

Jmpjskrkupxzxc5lhu5z

カンボジアの人々は串揚げ類が大好きです。路傍の屋台でいちばん多いのは串揚げではないでしょうか。プノンペンの数少ない観光スポット、ナイトマーケットでも串揚げ屋台がズラリ、です。なおカンボジア人はケチャップ類やスイートチリで串揚げを食べます。

S0npapdgau8yhf7r0nwa

しかしどこの屋台で食べても、日本の串揚げとは比較にならないほどまずいです。ソーセージも、ちくわ風も、団子類も、厚揚げ風も、揃って壊滅状態です。どれかひとつでも「これはおすすめ」と言えるものがあれば良いのですが。

Pppd7wpv5flwip1s82db

カンボジアのチャーハンには、特色があります。牛肉、鶏肉、シーフードの焼飯はよくありますが、豚肉は使いません。(中華系の食堂にはあります。)

日本ではチャーハンといったら焼豚、ひき肉、ソーセージなどブタが主流でしょう?カンボジア人に尋ねたら「焼飯に豚肉は使わない」という固定観念があるとのこと。

Vkuq6mukrbwuljswsbjd

味は悪くはないのですが、総じて薄味です。カンボジアの人々は、卓上にある中国醤油やスイートチリで自分好みの味にして食べるから、薄味に調理するわけです。これが日本人にはハードルが高いのです。

実はクイッティアオも同じなのですが、滋味深い汁物に慣れた日本人にはクイッティアオの薄味はそれほど問題ではないでしょう。でもチャーハンは・・・ですよね。

ローカル・エリアなら1~1.5ドル(約110~160円)です。

Cul4bnnj31aucizdkm5n

カンボジアも日本と同様で、焼きそば(ミーチャー)は屋台料理の代表格です。ミーは麺、チャーは炒めるという意味です。ローカル・エリアなら1~1.5ドル(約110~160円)です。

チャーハン同様、カンボジアの人たちは醤油やチリソースを足して食べていますが、なぜかチャーハンと違って焼きそばは、そもそもの味つけが濃いめです。それゆえ日本人が、不慣れな調味料で味を調整する必要がありません。

S9bllntxhzaracr9iorn

インスタント麺だけの屋台もありますが、麺の種類が選べる焼きそば屋台も多いです。日本に無いのは画像の白い麺。短いうどんのようですが、当然米から作られています。日本で味わえないユニークな食感、という意味ではおすすめのひとつです。

Bz3nmuqetcjea6br9xps

ローカル市場の前などによくあるのが、画像のような焼き鳥の屋台です。鶏を丸ごとクルクルと回しているので見分けるのも簡単です。

G7j4tdaus01g6u7bf06j

ネギマやカワはありませんが、ハツや砂肝、ぼんじり、レバーはよくあります。これがなかなか旨いです!塩味はなく、タレだけですがビールにも良く合うので、ぜひ試していただきたいおすすめの一品です。1串1,000~1,500リエル(約30~45円)です。

Gslvwsmipprrv7qayajs

焼き鳥の屋台に似た、画像のような牛串を売る屋台もあります。これも1串1,000リエル(約30円)です。でもカンボジアの牛肉ですから、おすすめはいたしません。豚バラ串のほうがまだまともです。

画像のように野菜も大量に添えられてきます。焼き鳥の値段に含まれています。

V9xhjhl23l632ltmspfb
引用: https://www.instagram.com/p/BJLBEsSjL-4/

これまで数多くの邦人ご出張者をカンボジア料理のレストランにご案内してきました。

画像のアモックも有名なカンボジア料理ですが、どちらかといえば女性向けで、同朋男性のウケはいまひとつの印象です。同じく有名なLoklakは、先に触れたとおりです。

Ltga9d34anagqbmyk7ta
引用: https://www.instagram.com/p/BHuFbDHhmXB/

総じてご出張者の皆さんにいちばん好評なのは「イカの青コショウ炒め」です。エビも美味しいです。日本ではなかなか味わう機会の無い、青色の粒コショウが鼻に抜けていく、独特な風味の逸品です。シーフードと良くマッチして、ビールがすすみますよ。

Esxpcms2pueqt9sitemw

カンボジアでおすすめしない臭い食べ物、まずい料理、そしておすすめの料理を本音で紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事の意図はカンボジア料理を卑下することではありません。冒頭にも書きましたが、カンボジアについて同朋の皆さまに、ポジティブな印象を持っていただきたいです。カンボジアには美味しい料理もあるので、ハズレを回避してアタリを味わってください。

カンボジアの暮らしブログ

筆者のカンボジア生活を綴っているブログはこちらになります。

他の記事も読んで充実した旅行を楽しんでください~~!