Bfajwxsyxrzny6ne94jc

香港

CATEGORY | 香港

香港は子連れ旅行に最適!安全で楽しいおすすめスポット10選を紹介!

2020.02.26

子連れで香港に行くのってハードルが高いと思っていませんか? 街がコンパクトでどこにでもすぐに行ける香港こそ、比較的安全で子連れ向きなのです。それに子供でもグルメが楽しめますしね。ここでは子連れにおすすめなスポットをご紹介します。

この記事に登場する専門家

Vzpqpdv6yxnziqbq9p01

香港好きライター

zuenmei

香港渡航歴20回超。最近では現地人に在住者に間違えられます。ガイドブックにないような情報をお届けしたいと思います。よろしくお願い致します!

  1. 実は香港旅行は子連れ向き?!
  2. 香港旅行は子連れに向いている理由
  3. 子連れで香港!おすすめの香港子連れスポット10選
  4. おすすめスポット①ミニ・バードパークやプールもある【九龍公園】
  5. おすすめスポット②子連れ香港の定番【香港ディズニーランド】
  6. おすすめスポット③現地ではディズニーよりすごい?パンダもいる【オーシャンパーク】
  7. おすすめスポット④10分間で子供も満足【スターフェリー】
  8. おすすめスポット⑤部屋の中からなら混雑もなし!【シンフォニー・オブ・ライツ】
  9. おすすめスポット⑥ビルが斜めになる景色に子供釘付け!【ピークトラム】
  10. おすすめスポット⑦珍しいサルや鳥もいる【香港動物園&植物園】
  11. おすすめスポット⑧カラフルな金魚に子供も釘付け!【金魚街】
  12. おすすめスポット⑨おむつ替えOK!旺角の高層ショッピングスポット【ランガムプレイス】
  13. おすすめスポット⑩街中を走る電車に子供大はしゃぎ!【香港島トラム】
  14. 子連れだからと諦めないで!子連れの香港を楽しもう!
Docgjzsvkxrux99w89ks

こんにちは!香港好きライターのzuenmeiです。


お子様がいると、海外旅行の行き先が決まってきて困っちゃう、ってことはないでしょうか?ママの中には子供をのびのび遊ばせることができる「ハワイしか行けない」って困っている人もいますが、実は香港だって子連れにおすすめなのです。


摩天楼が林立する大都会のイメージの香港ですが、元イギリス領なので、意外に緑もあって、公園もたくさんあるんですよ。


Jzkulup9asnvkj38w7yt

香港が子連れ旅行に向いている理由、それは香港はその土地柄、コンパクトでタクシー料金が安いので移動が楽なこと。日本にはない面白い乗り物があること、意外に公園が多くて緑もあり、珍しい動物がいるため子供を遊ばせるのに困らないことです。


ここでは、子連れ旅行に最適な香港のスポットをご紹介します!

Tlxdpaftxplyq1auxj0s

それでは、子連れで香港に行くときのおすすめスポットをご紹介します!

Sbzuipuczvaouawzotxr
引用: https://www.instagram.com/p/B7KjpEIhXzO/?utm_source=ig_web_copy_link

尖沙咀と佐敦の間にある大きな公園「九龍公園」をご存知でしょうか?ここは香港一アクセスがしやすい公園と言ってもいいでしょう。


なんといっても、香港一の繁華街、尖沙咀から近く、徒歩で行けるので便利です。

Lipe29jmpvf7h81n73we
引用: https://www.instagram.com/p/B3_uBTVHisK/?utm_source=ig_web_copy_link

ただし、公園が広大なため、数カ所ある入り口を間違えると歩くことになってしまいます。プールが目的であれば、ミラマーショッピングセンター近くのネイザンロード入り口が便利です。


プール料金は平日大人17HKドル(約240円)、子供8HKドル(約110円)、休日料金あり


この公園はとにかく広いので子供さんも歩き疲れてしまいます。できればベビーカーなどがあったほうがいいでしょう。

【九龍公園】の詳細情報

営業時間:5:00-0:00(公園)

定休日:無休

URL:九龍公園

Ozw2zfvmqlv43sfcnl6y
引用: https://www.instagram.com/p/B8L91lODsFe/?utm_source=ig_web_copy_link

香港ディズニーランドは2005年9月に開園し、すでに15年近くの月日が流れています。開園して1年ほどの頃に1度、行ったことがありますが、東京の3分の2くらいの面積しかなく、つまらなくて午前中で帰ってきてしまったことがあります。


しかしそれから15年が経ち、スペースも拡張されました。いぜん世界でもっとも狭いディズニーランドであることは変わりないですが、アドベンチャーランドとジャングルクルーズは世界最大だそう。

Xsivakagbmfwxpdoouhg
引用: https://www.instagram.com/p/B8L8-nfjCp6/?utm_source=ig_web_copy_link

Webでチケットを購入したらエントランス脇のブースでチケット引き換えを忘れずに!香港ディズニーランドもじわじわと値上がりしており、大人1日券が619HKドル(約8,700円)、子供3才以上が458HKドル(約6,400円)と高額です。


年間パスポートのシルバーなら大人約17,000円、子供12,000円程度で買えるそうなので、それを買っている人もいます。もっとも1年に3回も来れば元が取れますね!


東京ではめったにお目にかかれないプーさんも香港ディズニーランドでは普通に歩いていて一緒に写真を撮ってくれます。


香港ディズニーランドのベビーカーはレンタルがありますが、あまり使いやすく無いよう。自分のを持参するのをおすすめしますが、盗難対策は万全に!

【香港ディズニーランド】の詳細情報

営業時間:10:30-20:00(土日は20:15まで)

定休日:無休

URL:香港ディズニーランド

Zritqjor10pnsudbpdjl
引用: https://www.instagram.com/p/B7YOkEQBZ0c/?utm_source=ig_web_copy_link

オーシャンパークは香港では海洋中心と書き、香港ディズニーランドよりも人気があるそうです。


オーシャンパークは大人480HKドル(約6,900円)子供240HKドル(約3500円)でディズニーランドより安い!


アクセスもMTRサウスホライズン線が開通し、海洋公園駅もできたのでぐっとアクセスしやすくなりました。


Yglyolpnyvjvy0r0dyvv
引用: https://www.instagram.com/p/B60esY_DMZv/?utm_source=ig_web_copy_link

それでいて絶叫マシーンもあるアトラクションからパンダもいる動物園、そして水族館もあるのですから絶対にお得です。


その他、東シナ海の絶景を楽しめるケーブルカー、70羽もペンギンがいるレストラン、夜のライトアップショーも小さなお子様から楽しめます。飲み物の持ち込みはOKですが、食べ物はNGですのでご注意を!!

【オーシャン・パーク】の詳細情報

営業時間:季節により異なる

定休日:無休

URL:香港オーシャンパーク

Csfz2srtwuluhiw3a6qp

特に男の子連れなら、香港の電車やケーブルカー、そしてこのスターフェリーにも興味を惹かれると思います。


香港のスターフェリーは中国と地続きの九龍半島と香港島の間のヴィクトリア湾を航行しているフェリーです。ルートはセントラルー尖沙咀と湾仔ー尖沙咀があります。

Jts54azgenmzybdsbdn6

もし港に行くのに迷ったら「尖沙咀碼頭」(尖沙咀埠頭)、「中環碼頭」(セントラル埠頭)と書いた紙を見せればOK。子供を連れて道に迷うのはなかなかキツいですよね。


たったの52円で乗れて高層ビルがゆらゆら揺れる景色を見ながらくつろげる10分間の優雅な船旅は、お子さんが成長してもきっと心に残ることでしょう。


ただし、エンジン付近に座ると子供さんは重油の匂いで気分が悪くなることがありますので、できれば景色が見える2階席の中程がいいでしょう。

【スターフェリー】の詳細情報

営業時間:6:30-23:30

定休日:無休

URL:スターフェリー

なお、スターフェリーについては下記の記事もどうぞ!

Ek4yayyvxgap9tb7o48y
引用: https://www.instagram.com/p/Brcq2f4lS3T/?utm_source=ig_web_copy_link

2004年よりはじまった、香港のヴィクトリア湾沿岸のビルディングがレーザー光線やサーチライトで彩られる10分間で、毎日20時に行われます。


一番の鑑賞スポットは尖沙咀の沿岸、アベニューオブ・スターズですが、各国から集まる観光客でごった返します。


子供連れだとわざわざ混んだところに子供を連れて行きたくないですよね。

Htlf3yurypjyqmmbrfo5
引用: https://www.instagram.com/p/B0F-UhKFdTv/?utm_source=ig_web_copy_link

そこでおすすめなのが尖沙咀のホテルの一室から見ることです。

香港島の夜景がきれいに見えると言えば、ペニンシュラ香港か、インターコンチネンタルホテルですが、どちらも1室が4-6万と高いです。


でもペニンシュラ香港の横の「サルスベリ-YMCA」は世界一豪華なYMCAと言われていて、近年リニューアルをしたのでとてもきれいです。それにロケーションが抜群でどこへ行くにも便利です。


ハーバービューの「ファミリースイート」でも1室が25,000円ほどで、FMでシンフォニー・オブ・ライツの音声を聞くことができるのがメリットです。


香港交響楽団の奏でる重厚なクラシックサウンドに合わせて2017年にリニューアルされた、プロジェクションマッピングもフューチャーされた新しいシンフォニー・オブ・ライツをお楽しみください。

【シンフォニー・オブ・ライツ】の詳細情報

営業時間:毎日20:00から

定休日:無休

URL:シンフォニーオブライツ

B6uuvhwgqdi8clwfjab5

ピークトラムは1888年開始でまだイギリス統治の香港で、山の上の方に住むイギリス人のために作られたケーブルカーだと言われています。


花園道ー山頂までの最大27度の傾斜路を10分で運行します。途中に4つの駅もあり、ベンツが故障した時には香港のセレブも乗ってきます。


通路が階段状になっていて、走り出すと高層ビルが斜めに見えて面白く、景色も見えることから行きは右側に座るといいと言われています。


Qz6wzr2ouckxecsv3pyl

料金は大人99HKドル(約1,400円)、子供(3-11才)47HKドル(約660円)ですが、ピークタワー展望台とのセット料金もあります。チケットを買うにも相当な時間がかかる場合がありますので、事前の入手をおすすめします。


なお2才までは無料ですが、年齢確認のためパスポート提示が求められます。


終点の山頂にはピークタワーというタワーがあり、お土産物屋や蝋人形館などのアトラクション、100万ドルの夜景が見える展望台があります。


おすすめはなんといっても展望台です。昔よりはスモッグがかかって夜景が見えにくくなったとは言え、やはり日本では体験できないダイナミックな夜景は子供心にも鮮明な印象を残すでしょう。

【ピークトラム】の詳細情報

営業時間:7:00-0:00

定休日:無休

URL:ピークトラム

Ghywa7o0gyhbdo74ir4z
引用: https://www.instagram.com/p/B02mY1VgJ6s/?utm_source=ig_web_copy_link

ガイドブックなどにはあまり出ていないのですが、中環のピークトラムの乗り場近くに、香港動物園&植物園があります。中環の中でも特に緑が多いところで、夏場には鬱蒼と緑が茂っていて涼しいくらいです。

Lvhvusvoavuin3fbb6cz
引用: https://www.instagram.com/p/BexmEZslme7/?utm_source=ig_web_copy_link

ここには日本では見られない、孫悟空のモデルとなった猿などいろいろな種類の猿や珍しいカラフルな鳥がいます。


高層ビルが林立する大都会香港のオアシス的な存在です。アクセスは中環からタクシーで5分ほど。歩くと結構な坂なのでタクシーがおすすめです。

【香港動物園&植物園】の詳細情報

営業時間:5:00-22:00(部分的に異なる)

定休日:無休

URL:香港動物園&植物園

Ozyas93z6rzgwz8msphk
引用: https://www.instagram.com/p/B7BTfocjnXY/?utm_source=ig_web_copy_link

風水では水槽が金運、財運を引き寄せ、金魚を飼うと水に動きが付くためより運気が上昇すると言われています。また「魚」の発音が「余」と同じ「ユ」のため、縁起のいい生き物とされています。

Sv0buwasbtv8xf2ndwck
引用: https://www.instagram.com/p/B5UVOpcBgdG/?utm_source=ig_web_copy_link

それも日本では見られないようなカラフルでバラエティーに富んだ金魚がいて、子供が喜びそう!残念ながら持ってかえるのは叶いませんが、見て楽しむだけでもいいですよね。


ここ金魚街は香港の下町、旺角の近くにあり観光客で混んでいることも多いです。ベビーカーなどを押してだと歩きにくい場合もありますので、注意が必要です!

【金魚街】の詳細情報

営業時間:店によって異なるがだいたい10:00-18:00

定休日:無休

URL:金魚街(ユンポ-街バーズガーデン)

X57rby3gulror4dsjyc5
引用: https://www.instagram.com/p/BzjfVkag40F/?utm_source=ig_web_copy_link

ランガムプレイスは旺角一の高さを誇る、複合ショッピングモールで、映画館やホテル、物販など数多くのお店が入っています。

MTR旺角駅からは地下でつながっているので、雨の日でもらくらくアクセスできます。

Ynnz5u0rm9jhvyek1vth
引用: https://www.instagram.com/p/BjRwIHchKv8/?utm_source=ig_web_copy_link

10-12階にはレゴショップやポケモンショップなどおもちゃ関係のお店が入っているので子供は張り切ってしまうかも。


小さい赤ちゃんのおむつなどを替える設備もあって困らないかも。ただし、土日などはとても混むので、できれば平日に行きたいところ。

【ランガムプレイス】の詳細情報

営業時間:店舗によって異なるが大体10:00-21:00

定休日:無休

URL:ランガムプレイス

Ljctntoeacjcuyrhsjf3

香港島の西の端から東の端までを走るカラフルなトラム(路面電車)。ガタゴトと音を立てて走る電車は子供の興味を引くことでしょう。


端から端まで乗っても一律HK$2.3(約30円)(子供:3歳から12歳までHK$1.2・約12円)なので、景色を見ながら香港見物もいいでしょう。

Hstwp6qykepvr7zrleu9

ただし、土日はとても混む上に途中で降りるのであれば子供連れだと早めに1階に降りていたほうがいいかも知れません。また他の乗客との密着度が強いため、ひっかき傷やスリなどにも注意が必要です。

【香港島トラム】の詳細情報

営業時間:路線により異なるが、端から端までの路線は7:00-19:10

定休日:無休

URL:香港トラム

ここでは子連れで香港を観光するときのおすすめスポットや注意点をご紹介しました。


小さなお子さんがいるとどうしても海外旅行を諦めたり、ハワイやサイパンなどビーチリゾートが多くなりがちですが、香港は公園も多く日本では体験できない乗り物、文化などがありますので実はおすすめなのです。


ただ、現在はまだデモの状態が不安定ですので、もう少し安定してからの来訪をおすすめします!

なお、夜景の穴場は他にもありますので、下記の記事で参考にしてくださいね!

トラムについては下記の記事もご覧ください!