Xquuac6k5neukbynzqgc

ドイツ

CATEGORY | ドイツ

ドレスデン観光スポット10選!世界最大のジグソーパズルや美しい宮殿を堪能!

2019.08.26

ドイツ東部ザクセン州にあるドレスデンは州内でも一番人気の観光都市。チェコの国境から約30㎞のところに位置しているので東ヨーロッパへのアクセスも良好です。エルベ川との関わりが深い「マイセンの磁器」はこのドレスデンが生まれ故郷なんです。東ドイツに訪れた際は必見の観光地ドレスデンでここに行けば間違いなしという観光スポットをご紹介します!

この記事に登場する専門家

Ivu9lssiu2imuokxqabc

デュッセルドルフ在住ライター

銀平

京都出身 大学卒業後すぐワーホリでドイツへ。在住中にもドイツへ1年間の留学経験があり現在2年目のドイツ生活を送り、観光情報などをブログで発信している。

  1. エルベ川の真珠!美しき古都ドレスデン
  2. ドレスデン観光を短い時間で楽しむには1日乗車券を!
  3. ドレスデン観光のスタート地点は中央駅から!
  4. ①街を一望できる【ドレスデン市庁舎(Rathaus=ラートハウス)】
  5. ②世界最大のジグソーパズルを間近で【聖母教会(Frauenkirche=フラウエンキルヒェ)】
  6. ③マイセン磁器タイルの壁は必見【ドレスデン城(Residenzschloss=レジデンツシュロス)】
  7. ④美しい庭と美術館を楽しもう!【ツヴィンガ―宮殿(Zwinger)】
  8. ⑤ザクセン州最大の教会【カトリック旧宮廷教会(Kathorische Hofkirche)】
  9. ⑥世界三大オペラの一つ【ゼンパーオーパー(Semper Oper)
  10. ⑦日本らしさは一見ゼロ?【日本宮殿(Japanisches Palais)】
  11. ⑧ドレスデンの隠れ観光スポット【クンストホーフパサージュ(Kunsthofpassage)】
  12. ドレスデン観光ポイント【番外編】
  13. ドレスデン観光のモデルコース
  14. とても観光しやすい街ドレスデン

こんにちは!ドイツ在住ライターのギンペイです!

エルベ川沿いに並ぶ美しいバロック建築が特徴のドレスデンは教会や博物館、美術館の歴史や文化、そして自然を味わえる大きな街です。


今回実際にドレスデンに日帰りで足を運び旧市街地と新市街地の両方で体験した8つの観光スポットとタイミングが合えば行っておきたい2つの観光スポット合計10選をご紹介します!

Vxoqjypsxcnhhbptexvo

ドレスデンはエルベ川を隔ててアルトシュタット(旧市街地)とノイシュタット(新市街地)に分かれていて川を渡るとまるで違う街に来たような風景になっています。

そんな街を日帰りという限られた時間内で楽しむためにトラム(路面電車)の1日乗車券の購入がおすすめ。


Tageskarte(一日券)を券売機で選ぶと購入できます。

電車に乗ってから機械があるのでそこに通して使います。これは一回だけで構わないです。

24時間有効とかではなくてその日の夜中4時までが有効期限と書かれています。

金額は6€でトラムの停留所にある券売機で買うことができます。

T4hul2foqt2x3guq8cao

ドレスデンへのアクセスはICEやREなどの電車でのアクセスがいいです。

またFlix Busなどの高速バスでも大丈夫です。僕はライプチヒという街からバスで約1時間半ほどでドレスデンに着きました。


中央駅からはトラムの停留所がたくさんあるのでいろんな目的地に行くことができて便利です。

歩いても10分ほどで旧市街地に入ることができます。

Z7uplxfn9cwmk3f1dar9

ドレスデンのトラムは結構いろんなところを通っていて観光スポットまで歩いてすぐのところまでいけることが多いです。


ここから市庁舎の方へトラムで向かうとそこからは聖母教会、ドレスデン城、ツヴィンガ―宮殿、カトリック旧宮廷協会、ゼンパーオーパーへはほぼ隣接してるような感じなので徒歩圏内です!

Z4lng8x2wouxoglmpf37

中央駅から旧市街地に入り一番最初に目に入るのがドレスデンの市庁舎です。

黒い塔の部分は遠くからでも目立つ存在で頂点にある5.6mもある金の像を含めるとドレスデンの中でも一番高い建物になるとか。


観光するなら市庁舎の建物内ではなく塔の部分です!

塔の部分は展望台になっているので街を一望できるのですがあいにく観光した日は営業しておりませんでした。(公式サイトによると8月6日現在閉鎖中)


・住所:Neues Rathaus, 01067 Dresden

市庁舎で食べられるドイツ料理

Z6r9pixcavuctlrlyhca

Ratskeller(ラッツケラー)は市庁舎の地下にあるレストランで本格的なドイツ料理を味わうことができるレストランです。

少し値段は高いですがドイツの中では上品なレストランの部類に入ります。

ドレスデンの地ビールや郷土料理を楽しみたい方はこちらがおすすめ!

S1tvgrtytft4atdibqdv

旧市街地の大きなノイマルクト広場にドカンと建っているのがこの聖母教会です。

かつての第二次世界大戦により崩壊した過去を持っていますが2005年に再建が完了した教会です。


昔の石を使える部分はそのまま使っているので外見は新しい石と古い石で色がまだらになっていて大変な修復作業から「世界最大のジグソーパズル」と言われました。


教会なので中にキリスト教でないと入りづらいのではないかと思いましたが良くも悪くも中に入っているのはほとんどが観光客です。

Gak7hvobgrntllmcnqey

内装はとても美しく独特の空気感があり、一見の価値ありです!

キリスト教徒でなくても中で座っていれば心が浄化されるような、そんな気分になりました。


・住所:Stiftung Frauenkirche Dresden, Georg-Treu-Platz 3, 01067 Dresden

Cglhuzir1ztenumwujka

ザクセン選帝侯の居住用の城(レジデンツ城)として15世紀に建設されたドレスデン城でしたが第二次世界大戦の影響で一度は半壊したものの2006年に修復工事によりかつての姿を取り戻しました。


城の西側にはさまざまなミュージアムがあり中でも「歴史的な緑の丸天井(Histrisches grünes Gewölbe)」ではザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世が集めた陶器や宝石などを間近で見ることができますが、時間帯による入場制限があります。


東側のシュタールホーフの外壁にはマイセン磁器のタイルにザクセン候が描かれています。

こちらも必見ポイントです。


・住所:Taschenberg 2, 01067 Dresden

・営業時間:10:00~18:00 火曜定休日

お土産ならここ!

Lv06m1r8w7zy3py4v9cc

ドレスデンで有名なクッキーメーカーKexerei(ケクセライ)です。

ここのクッキーはいろんな味の種類があって本当においしいので自分用にも誰かにあげるお土産としてもおすすめです!

中でケーキやコーヒーでゆっくり休憩もできます。

お土産にクッキーを買い逃したという人は中央駅内でも買うことができますよ。


・住所:Sporergasse 5, 01067 Dresden

・営業時間:9:00~20:00 定休日なし

お城近くのグルメ情報

Cofjfszbdbeu2kava422

Curry am Schloss というカリーヴルスト専門店で軽食をとりました。

お店の名前を直訳すると「城のそばのカリー」という感じの超シンプルな名前です。

ちょっとピリ辛で他のところと違う赤いウインナーを使っているのが特徴的でポテトやパンと一緒に食べるのがおいしいです!ポテトとカリーヴルストのセットで5€ほど。


・住所:Schlossstr. 1, 01067 Dresden

・営業時間:日~木11:00~19:00 金、土11:00~22:00

Qtbin5im430gsxwvbkqb

ツヴィンガ―宮殿は18世紀初めにアウグスト王が建設したことで完成しました。

宮殿内にはアルテマイスター絵画館や中国、日本、マイセン磁器が展示されている磁器博物館や実験器具の博物館があり日帰り観光を考えている方にはすべて回るのは厳しいです。


中央にある白いドーム部分ではツヴィンガ―宮殿のこれまでの300年間をVRで振り返る体験ができます。

芝生広場からゆっくり休憩しながら綺麗なバロック様式の建物を見てるだけでも楽しめます。


・住所:Theaterplatz 1,01067 Dresden

・営業時間(博物館など):10:00~18:00 火曜定休日

Nsgvlrusnvbh16hmc5rj

ドレスデン城のすぐ隣にあるカトリック旧宮廷教会は18世紀半ばアウグスト三世によって建設され、ドレスデンでも最大の教会でお城やオペラハウスと遜色ないほどに迫力があります。

バロック様式の屋根の上に立っているのは78体もの聖人たち。教会が大きすぎて尖塔の十字架を映しきれませんでした。


教会に入ると外観とは違った白を基調とした美しい内装に加えてここにもマイセン磁器が使われていて落ち着くことができます。

入場はもちろん無料で毎週のようにコーラス団が練習していたり日によっては演奏会が開かれたりもするのでこれも楽しみの一つです。


・住所:Schlossstr. 24, 01067 Dresden

・営業時間:月~木9:00~17:00 金13:00~17:00 土10:00~17:00 日12:00~17:30

Ustulhzwxwimh4s0bewv

エルベ川沿いにあるゼンパーオーパーはザクセン州立の大きなオペラ歌劇場でドレスデンの中でも歴史ある観光スポットなんです。


オペラやバレエは人気で当日にチケットは確保しづらいので鑑賞する方は事前に予約しておくべきです。チケット購入はネットからでも可能です!


オペラ鑑賞はしないけど中に入りたい方も内部見学ツアーで中に入ることができます。

また、旧市街地やお城とゼンパーオーパーがセットになっているガイドツアーもありますよ。

8月は夏休み期間がほとんどで何もやっていませんがツヴィンガ―宮殿やドレスデン城からすぐなので必見の観光スポットです!


・住所:Theaterplatz 2, 01067 Dresden

Ihyjjotdnaidiyaypns2

「日本宮殿」という名前を聞きつけ新市街地へトラムでオペラ付近から川を渡り移動しました。

トラム停車駅からすぐある日本宮殿なるものを見てみると思っていたよりも日本感はなくしっかりドイツらしい建物でした。


これは建物自体に日本らしさというのは関係なくアウグスト王が東洋の陶磁器などを補完するために作られた場所で日本以外にも中国などの東洋文化を集めた博物館になっています。


つまりヨーロッパの人が思うアジア文化の博物館といった感じでしょうか。

中にはカフェやゆっくりできるスペースもあって静かに勉強してる人もいたり、それほど人もいなくて穴場という感じでした。


・住所:Palaisplatz 11, 01097 Dresden

・営業時間:火~日10:00~18:00

Ge90kop7irqcconqepsx

新市街地を歩いて路地のようなところに入ると芸術的な建物がたくさん出てきます。

このような水色の建物や黄色の建物があったり楽器の形をしている雨どいのように個性的なデザインであふれています。


この水色の建物にあるクラフトビール専門店ではビールを買ってその場でビンのまま飲むというまさにドイツって感じのお店です!

X8xwtuoqevjfkoupy8vd

建物だけでなくブティックや雑貨屋、レストランなどもここならではのおしゃれなものが多いのでお買い物も楽しめます!


・住所:Görlitzer Str. 21-25, 01099 Dresden

・営業時間:月~金11:00~19:30 土11:00~17:30 日曜定休日

近辺のビアガーデン

Oyy93bxg2ermfkzr7nxg

偶然入ったビアガーデンの"Louisengarten(ルイゼンガルテン)"では開放感のある席で外の空気を感じながら飲むドレスデンの地ビール"Radeberger"はとても美味しかったです。


料金は500mlの大ビールが3.80€でこれに加えて1€はジョッキ代として取られますが帰るときにジョッキ返却で戻ってきます。

ソーセージなどの軽食やカクテルなどもありました。

一人でも行きやすく、大人数でも席数が多いので心配なく入れます。


・住所:Louisenstr. 43, 01099 Dresden

・営業時間:日~木16:00~23:00 金、土16:00~0:00

今回の日帰り旅では行くことができなかった「もう一日あれば行きたいところ・タイミングが合えば行きたいところ」をご紹介します!

ドレスデンのクリスマスマーケット

クリスマスマーケット
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/11/24/18/34/christmas-market-1060516_960_720.jpg

日本でも近年開催されているクリスマスマーケットは実はドイツが本場なんです。

その中でも最古といわれるほど歴史があるのがドレスデンのクリスマスマーケット。

夜のイルミネーションが美しく世界中から観光客がやってくるので毎年の来場者数もドイツでは最大級のクリスマスマーケットです。


ドレスデンで有名なクリスマスのケーキ「シュトレン」や「ホットワイン(グリューワイン)」を本場で味わうことができます。

またワインを飲んだマグカップは毎年違うものが使われているので持ち帰り思い出の品になることは間違いなしです!


開催期間は11月末からクリスマス直前まで、毎日アルトマルクト広場など街中の11か所が賑わいます。

冬のドレスデンには欠かせない名物です。

ザクセンスイス

Jeegzchagllyt5cbkmas

ドレスデンにもう一日滞在できるならおすすめしたいのはザクセンスイス!

ドレスデンの郊外にあるので日帰りには厳しく、こちらでハイキングするなら一日は確保しておきたいところです。

こちらは5月ごろから9月ごろまでの暖かい季節に行くのがおすすめ。


この風景がスイスのようであることから「ザクセン州のスイス」として名前が付きました。

それほど険しい山道ではないので水分と歩きやすい靴さえ準備しておけば大丈夫です!

普段は登山などしませんがたまにこういうところに行くととても気持ちいいです!


ドレスデン中央駅からはクアオルト・ラーテン(Kurort Rathen)駅までS1で36分、そこから船で川を渡ると山道に着きます。

まず中央駅に着いたら北側の出口へでて行くとトラム乗ることができます。


①市庁舎が駅から最も近く②聖母教会があるノイマルクト広場へも徒歩圏内です。

③ドレスデン城④ツヴィンガ―宮殿⑤カトリック旧宮廷協会⑥ゼンパーオーパーは隣接しており特に行ったほうがいい順番などはありません。


新市街地へ行く場合は近くのトラム停車駅から行くことができますよ!

⑦日本宮殿は18時までなので先に行って後から⑧クンストホーフパサージュへ向かい食事も周辺でするのがおすすめです!


今回の日帰り旅行では約8時間ほどの滞在で回りましたが、美術館など時間が必要になる箇所により所要時間は変わるのでしっかり事前に予定を組むことを推奨します。

W7wyhno4wx4gu6xmf702

ドレスデンにはすでに何度か足を運んでいますが街中に観光スポットが集中していてとても観光客が回りやすくなっていて治安も悪くありません。


街中に集中している観光スポットが多いため日帰りでも十分楽しめますが、それだけでなく実は郊外にいけば他にもあります。

音楽や美術や自然、歴史に触れながら何度来ても楽しめるドレスデンはドイツ旅行でおすすめできる街です!


ちなみに筆者のおすすめは【新市街地を回る】ことです!

今回紹介したクンストホーフパサージュや近辺のビアガーデンには観光客はそれほどいないので地元感を感じつつも見どころがあって楽しかったです!

ぜひそちらにも足を運んでみてください!

筆者のブログはこちら!