Zspgetn86nutjk5nofck

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

【音楽の都オーストリア・ウィーン】美しいイルミネーションが煌めくクリスマスムード!

2019.07.26

海外旅行先として今最も勢いのある国、オーストリアは首都ウィーン! 日本でも既にその魅力が目につけられ、日々各種イベント毎のツアー等も開催されていますが今回は実際に移住経験のあるロン毛が語る生の「クリスマス事情」や「人気イルミネーションスポット」を徹底紹介!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. 煌びやかに輝く音楽の都ウィーン市内のクリスマスムード
  2. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】営業時間は事前に押さえるべし!
  3. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】大人気のクリスマスマーケットを必見!
  4. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】人気イルミネーション ① グラーベン通り
  5. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】人気イルミネーション ② コールマルクト通り
  6. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】人気イルミネーション ③ シェーンブルン宮殿
  7. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】人気イルミネーション ④ ウィーン市庁舎
  8. 【オーストリア・ウィーン:クリスマス】人気イルミネーション編 ー総括ー
ウィーン市内での一枚

皆さんこんにちは!ロン毛です!!!


オーストリアは首都ウィーンは今や「芸術の都」「音楽の都」として広く世界に知れ渡っており年間では世界トップクラスの観光客を抱える大人気都市でもあり、日本の旅行代理店や個人海外旅行先でも必ずトップにランクインするものとなっています。


かくいう、ここウィーンは間違いなくヨーロッパで最も美しい首都のひとつであり、イースターやクリスマス等のお祝い行事でははるばる遠くの国から近隣のヨーロッパ諸国からも人が訪れ盛大にお祝いする場所として知られています。


そんな人気都市ウィーンですが、クリスマスシーズンとなれば市内各地で開催されるステージイベント、ドラマティックでバロック建築の建物を伝っている綺麗なイルミネーション、市内の中心地を起点に開催されている趣のある市場から世界でも有​​数の会場でのクラシックコンサートにアートインスタレーション、アイススケート場まで多岐に渡ってさまざまな催し物がされています。


中でも今回は、そんなクリスマスシーズンで大人気のイルミネーションスポットについて他押さえておきたい各種ポイントを交えご紹介!

引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjhjPr-j8njAhWKqaQKHZYgDagQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fnationalpost.com%2Ftravel%2Fon-your-market-get-set-go-in-vienna-some-of-the-best-shopping-comes-in-stalls&psig=AOvVaw0omCQfzPAUK72mptG2oqWS&ust=1563904626760282

ウィーンの各商業施設(例レストラン、スーパー、カフェ等)は、復活祭直前の金曜日は博物館や美術館が休館。


そしてクリスマスシーズンの頭である12月24日では午前中で全営業施設が閉まり、12月25日と26日は完全にお休み。


また12月27日が週末でなければ平常営業され12月31日は多くの商店・博物館類が午前中で閉まり元旦は休みであるものの2日以降からは全てが平常営業となります。


その他では、クリスマスの1ヶ月前からは平日は19時、土曜日は18時まで開けるところが多いものの、12月08日のオーストリアの祝日ではショッピングゾーンも全て終日開ける店が多いです。

クリスマスマーケットにて

クリスマスシーズンにウィーンに訪れたら先ず何はともあれクリスマスマーケットに行くことをお勧めします!


特に夜の市庁舎前のクリスマスマーケットは最も華やかで大規模なものとして知られています。


ただし注意としてですが、特に冬のウィーンは非常に冷え込みやすいためしっかりとした防寒、荷物を持たず両手を空けスリに注意ししっかりと自身の貴重品は保護しましょう!


それ以外を除けば、数多くの屋台やステージ模様を思う存分楽しむことができクリスマスの素敵な思い出になること間違いなしです!


また特に人気なホットワインの屋台では凍えた体を芯から温め、はちみつやシナモンと自由にトッピングした味わいゆっくりと堪能しつつ休憩するのも良いでしょう。


そんなクリスマスマーケットですが、ウィーン市内で一番華やかで有名なクリスマス市は、冒頭でもご紹介をした市庁舎前のクリスマスマーケットです。


その他にも必ず観光客の目にとまるのがシェーンブルン宮殿のクリスマスマーケット、それからウィーンの古き良き時代の雰囲気を留めるシュピッテルベルクのクリスマスマーケット旧市街地にあるフライウンク広場のクリスマスマーケットも非常に楽しいものとなっています。


これらのクリスマスマーケットには、クリスマスの飾りやクリスマスプレゼントを売る屋台が共通してたくさん並ぶのと他に、クリスマスツリーの飾りや手袋にマフラー、プンシュワインやグリューワインと呼ばれるオーストリア産の特産ワインなど暖かい飲み物の屋台も出店している他焼き栗屋も人気の店舗の一つとして数えられます。

グラーベン通りにて

まず一つ目の人気イルミネーションスポットはこちらの「グラーベン通り」です。


こちらのグラーベン通りは華やかに輝く何千ものクリスタルと巨大なシャンデリアが中心部の歩行者専用エリアから連なっており、その煌びやからな雰囲気は皇室のボールルームの雰囲気を演出しているとされています。


そんなグラーベン通りですが、せっかくならこの大通りに入る道筋から出口までを計画すことで一本の「イルミネーション通り」をご自身で作ることがなんと出来るんです!


というのもこちらの通りはウィーン市内の中心のメインストリートであるためか、近隣には有数の観光スポットから他大通りも隣接しています。


そのため例えばグラーベン通りにいきなり入る前に、まずは手前に位置するケルントナー通りを歩きはじめれば途中には綺麗にライトアップされたウィーンを代表する建物の一つのオペラ座が見えてきて、その後はシュテファン大聖堂、そしてその後にグラーベン通りへと入り最後は王宮の宮殿へのコールマルクトまで行くと。


このルートは全ての場所が美しいイルミネーションが施されたものとなっているため、個人的には是非とも試していただきたいものであります!


またこのシュテファン大聖堂はオーストリア国内で最も巨大であり最古の教会となっており、今でもウィーン市内の有名なランドマークとして国民に愛され続けられています。


建設は700年以上前のものとされており、それ以降現在もウィーンの街波並みを見下ろしており、その他にも歴史的は魅力以外にも中へと足を踏み入れれば館内の豪華なフラスコ画が煌びやかに輝いており、また塔の頂上につながる約343段の階段を登ることで街の素晴らしい景色を楽しむこともできます。


もちろんこのクリスマスシーズンは去ることながら、シュテファン大聖堂の周りには時折イベントとして夜間に多くの音楽イベントが行われており、コンサートや路上ライブを行なっているアーティストたちの演奏が重なることでまた違った表情を覗かせるものとなっています!

コールマルクト通りにて

続いてご紹介をするこちらのお勧めイルミネーションスポットは「コールマルクト通り」


コールマルクト通りは先ほどご紹介をした「グラーベン通り」と並ぶ有数のイルミネーション通りとなっており、もともと石炭市場として使われていたこちらは石炭工場として過去に使われていた建物が多く残っています。


それもそのはずコールマルクトは、ウィーン市内で最も古い通りの1つとして知られグラーベン通りのように素晴らしい歴史的建造物や高級店が並列しているのも特徴の一つです。


またコールマルクト通りに入るとすぐにホーフブルク宮殿の皇居への入り口にある「Michaelertor」の石像が立派に佇んでおり、その姿と夜空に浮か煌びやかなイルミネーションは抜群の美しさを演出しています!


その他には建物のファサードやインテリアがクリスマスムードを更に引き立てるものとなっており、最も古い建造物の1つとして1991年末に建設されたとされる巨大な噴水は今でも現地のオーストリア人から親しまれ愛され続けられています。

シェーンブルン宮殿通り

続いてご紹介をするイルミネーションスポットは毎年12月26日に開催されるシェーンブルン宮殿前での「クリスマスマーケット」です。


クリスマスマーケットはウィーン市内でもいくつかの場所で開催されてはいるものの、こちらのシェーンブルン宮殿前で開催されるものは他群を抜いて大規模な式典となっています。


開催地では丁寧に装飾されたイルミネーションが美しいシェーンブルン宮殿を照らしブースには数多くの屋台が出店しています。


もちろんシェーンブルン宮殿を華麗に照らすパレードコートは、インスタ映えスポットとしても抜群ですが、他にもオーストリア国内から近隣ヨーロッパ諸国からも提供されたイルミネーションがパレーソコート内には数多く展示されているためそちらでの撮影もオススメのものであります!


また出店屋台はクリスマスデザインのガラス製品から陶器、紙、錫で作られた伝統的な手工芸品、ノスタルジックな玩具、そしてクリスマスツリーの飾り付けなどもあります。


その他、フードメニューにはオーストリアの郷土料理BauerngröstlやKaiserschmarrn、甘栗、ジンジャーブレッドなどの珍味も多く、鉄板のパンチやホットワインの種類も豊富に用意されたものとなっています。

ウィーン市庁舎での一枚

続いてのおすすめイルミネーションスポットは冒頭でご紹介をした、ウィーン市内で開催されるクリスマスマーケット史上最も大掛かりで大規模且つ一番の人気を誇るこちら「ウィーン市庁舎」です。


ウィーン市庁舎のクリスマスマーケットの醍醐味と言えば何と言っても「アイススケートリンクを楽しめる!」というもの。


というのも、クリスマスのこの時期には開催地であるウィーン市庁舎の目の前に無料のアイススケートリンク場が設立され、訪れた人たちは買い物やイルミネーションを楽しんだ後に素敵な思い出を作るため優雅にスケートを和気藹々と楽しむことができます。


もちろんイルミネーション自体もこれまでご紹介をしてきた他イルミネーションスポットとは全く違った大掛かりなものとなっており、建物をライトアップする色とりどりのLEDと大きなクリスマスツリーは圧巻のものであります。

昼のグラーベン通りにて

いかがでしたか?


今回はウィーンの人気イルミネーションスポットを一挙にご紹介をしてきたましたが、気になった場所は見つかったでしょうか。


クリスマスシーズンは航空チケットも通常より高価な価格とはどうしてもなってしまうものではありますが、もしこの時期に渡航され存分にウィーンのクリスマスを素敵なイルミネーションと一緒に存分に堪能されれば一生忘れられない思い出となることは間違いなしです!


是非今年は羽を伸ばし訪れられてみてくださいね。

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!