J897i4pe9qghor8p1wlh

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

音楽と歴史の香る美しい街ザルツブルクのおすすめ観光スポット10選&グルメスポット4選!

2019.08.07

作曲家モーツァルト生誕の地、ザルツブルク音楽祭、歴史地区の世界遺産、美しいお城や歴史のある教会、壮大なオーストリアの自然の中にある美しい憧れの街ザルツブルク。今もなおモーツァルトが生き続けるザルツブルクのおすすめ観光スポットをグルメ情報とともにご紹介。

この記事に登場する専門家

Wlky4mi2v3ppbhcwudvk

ドイツ在住ミュージシャン

Yumi

ドイツ在住、オルガニスト兼主婦。音楽活動のかたわら翻訳業、旅に食に音楽と情報発信中。趣味も仕事も音を奏でること。あえて言うならば、すべての分野に新しい出会いを求め旅すること。

  1. 音楽と歴史、自然の調和する美しい古都ザルツブルクの最新情報をお届けします!
  2. ザルツブルク(Salzburg)とは?
  3. ザルツブルクへの旅の準備
  4. ザルツブルクのおすすめ観光スポットをご紹介!
  5. ①サウンド・オブ・ミュージックの舞台にもなった【ミラベル宮殿・庭園】
  6. ②数々のモーツアルトの傑作が生み出された【モーツァルトの住居】
  7. ③川と古都、そして山上のお城とのコントラストが絶景【ザルツァハ川沿い・マカルト橋】
  8. ④神童モーツアルトが生まれ育った【モーツァルトの生家】
  9. ⑤メルヘンなショッピングストリート!【ゲトライデ通り】(Getreidegasse)
  10. ⑥【モーツァルト広場】でモーツァルトに会う!
  11. ⑦煌びやかでエレガント【レジデンツ(宮殿)】と【レジデンツ広場】
  12. ⑧6つものパイプオルガンを持つ【ザルツブルク大聖堂】と最も古い男子修道院【聖ペーター僧院教会】
  13. ⑨ザルツブルク祝祭劇場
  14. ⑩まるで天空の城・絶景の【ホーエンザルツブルク城】
  15. 絶対外せない♪おすすめのグルメ情報をご紹介!
  16. ①オリジナルのザッハトルテを!【Café Sacher Salzburg】
  17. ②モーツアルトも愛し通った 【Café Tomaselli】
  18. ③美味しいオーストリア料理とビールで乾杯!【Sternbrau】
  19. ④お土産におすすめモーツァルトクーゲル2店舗ご紹介!
  20. 街全体がモーツァルトの世界、その時代へタイムスリップしたような気分に♪

みなさん、こんにちは!ドイツ在住のゆみです。ザルツブルクといえばモーツァルト、毎年夏に開かれるザルツブルク音楽祭、そして、歴史地区の世界遺産。歴史的なお城や教会とそこに今でも日常的にある古典派の音楽、モーツァルトが生きつづけ、まさにその時代へ時間が戻ったかのような感覚へと誘われます。そんな憧れの夢のような美しい街ザルツブルクのおすすめ観光スポットとグルメ情報をご紹介!

Plsgrctqjo8bq8dlvpbq

ザルツブルク はオーストリア中北部、ほぼドイツの国境近くにある同名のザルツブルク 州の州都、西へ140キロの位置にミュンヘン、東へ300キロに首都ウィーンがあります。オーストリア支配下に入ったのは19世紀以降、直前にバイエルン王国に併合されていたという歴史的な経緯から、バイエルン州からの文化が多く含まれています。

Twbdgjzwtjwo4lgo9w9g

ザルツ(Salz)はドイツ語で「塩」ブルク(Burg)「城」という街の名前からもわかるように、塩によってとても栄えた街。ローマ時代から建てられたザルツブルク大聖堂など歴史的な建築物が多く残されており、8世紀後半に大司教区となって以来、宗教的にも大きな役割を担いザルツブルクのローマ化を目指し「北のフィレンツェ」とも名づけられたほどです。その歴史的建造物と旧市街は1996年ユネスコ世界遺産にとして登録されています。また、モーツァルトが生まれ育ち、モーツァルトを記念したザルツブルク音楽祭は世界的に知られ、かの著名な指揮者カラヤンも生まれ育ちその音楽祭に大きな功績をおさめました。また、映画「サウンドオブミュージック」トラップ一家の舞台となったのもここザルツブルクです。

Nuckihrtrc2ikqcutslv
引用: http://www.traveller.com.au/salzburg-austria-how-one-of-europes-most-incredible-cities-was-built-with-salt-gild7v

日本語のオーストリア政府観光案内ウェブサイト、ここからザルツブルクの観光案内サイトへ🔽

こちらは、ザルツブルク市観光局の情報公式サイト、一部が日本語です🔽

ザルツブルクは1日(できれば一泊をオススメ)あれば足で散歩しながら回れるほどです。もちろん冬のザルツブルクも素敵ですが、標高が高くとても寒いので、歩いて散策するならば春から秋にかけてが個人的にオススメです。

モーツアルトについて

モーツァルト飛行場と各国際空港からのザルツブルクへのアクセス

■ モーツァルト飛行場(ザルツブルク空港)より

モーツァルト飛行場は、街の中心のすぐ横にありドイツやイタリア、トルコなど近いヨーロッパ各国際空港からの発着が可能でとても便利。モーツァルト飛行場から街の中心へのアクセスはバスかタクシーで約15分です。

■ 近くの国際空港より電車で

・ミュンヘン国際空港から電車でザルツブルク中央駅から、ミュンヘン中央駅での乗り換えで約2時間20分ほど。

・ウィーン国際空港からザルツブルク中央駅まで電車では乗り換えなしで、約2時間50分ほど。

観光前のお得情報!【お得なザルツブルクカード】

ザルツブルク・カードはシーズンにより料金が異なります:(6~15歳は半額)

・ハイシーズン 2019.5.1〜10.31

24時間カード 29€(大人)14.50€(子供)、48時間カード 38€(大人)19€(子供)、72時間カード44€(大人)22€(子供)

・オフシーズン 2019.1.1〜4.30 & 11.1〜12.31

24時間カード 26€(大人)13€(子供)、48時間カード 34€(大人)17€(子供)、72時間カード 39€(大人)19.50€(子供)

■ 特典

- 市内公共交通機関乗り放題

- 要塞ケーブルカーやウンタースベルクのケーブルカー、ザルツァッハの観光船が無料

- すべての観光スポット、博物館入場無料

- 定期観光バス、コンサートなどカルチャーイベント、レンタカー、ザルツブルク郊外の観光スポットなどの料金割引

- 子供(6~15歳)は半額

■ 購入場所

駅や市内にあるザルツブルク市観光案内所やホテルで。

P1pem2eeqrv3pfggkomw

ミラベル庭園 ・宮殿(Schloss Mirabell・Mirabellgarten)の入り口の門からは、ザルツブルクのシンボルでもあるホーエンザルツブルク城が!サウンド・オブ・ミュージックではペガサスの噴水あたりで有名な「ドレミの歌」の舞台となっています。1606世紀にディートリッヒ大司教が愛人と子供の為に建てた宮殿なのですが...外も中もなんとも美しく、今でも綺麗にお手入れされています。

モーツアルトも演奏したという「大理石の間」では、今でも定期的に室内楽などコンサートが行われており要チェックです!詳細は下のコンサート情報公式サイトで🔽

■ アクセス: ザルツブルク中央駅(Salzburg Hauptbahnhof)から1km、バス約5分ほど。

■ 営業時間: 8~16時(火、金曜は13時~)、休業日: 土・日曜日および行事開催時

■ 入場料: 無料

■ 所要時間: 30時間程度

■ 住所: Mirabellplatz, 5020 Salzburg

モーツァルトの住居(Mozart Wohnhaus)はモーツァルトが1773年から1780年住んだ家。ここで素晴らしい作品が生み出されたんですね!

Opq0uqul1v3m8bxbqnc4

■ アクセス: 鉄道 ザルツブルク中央駅(Salzburg Hauptbahnhof)から1km、バスでは約 5分ほど、マカルト広場(Makartplatz)下車

■ 営業時間: 9時~17時30分(7、8月は8時30分~19時)

■ 入場料: 大人: 10ユーロ、 子供: 3.50ユーロ、 団体: 8.50ユーロ(10名~)

-学生(15~18歳): 4ユーロ。こども:6~14歳3.50ユーロ(5歳以下無料)。モーツァルトの生家とのコンビカード有(18ユーロ)

-コンビカード: 大人18,00、子供(6-14歳) 5€、青年 (15-18歳)6€、障害をお持ちの方15€(付添の方は無料)、家族 (2大人と18歳までの子供のペアー)38€、10人以上のグループ、学生(27歳まで)、シニアは各々15€ 、ザルツブルクカード持参の方はそのまま入場可能

■ 所要時間: 1時間程度

■ 住所: Makartplatz 8, Salzburg, A-5020

ザルツァハ川(Salzach)川沿い

ザルツァハ川(Salzach)は街に優雅に流れる川。川を挟んで旧市街の教会や町並み、丘にあるお城、また川沿いにはホテルやカフェが連なり、まさに絵になる光景です。

Pjujhr5ss0jszit9ld5r

マカルト橋( Makartsteg)

マカルト橋にはたくさんのカップルたちがこの美しい街に素敵な思い出をよせている愛の証が!

カラヤンの生家

Uf0hyzw1mz3wlco2zi26

カラヤンの生家はザルツァッハ川、マカルト橋のすぐ横、反対側の旧市街への眺めも最高の豪邸。

モーツァルトは1756年1月27日に生まれ、この家の3階に家族と共に1773年まで住んでいました。ここで神童モーツァルトが育てられたんですね!その後、マカルト広場のモーツァルトの住居へと移っていきました。このモーツァルトの生家(Mozarts Geburtshaus)はミュージアムとなっており、モーツァルトの愛用したバイオリンや自筆の楽譜などが展示されています。

K1p0i8dom72ihfz7djx3

モーツァルトに変身した路上芸人さん

Eicelepjcify5za8mxgx

■ 営業時間: 基本的には毎日9:00-17:30、7月8月は8:30-19:00、12月24日は9:00-15:00

 入場は閉館30分前まで。モーツァルト週間の間はコンサートのため閉館

■ 館内案内ツアー: 応相談

■ 入場料: 大人11,00€、子供(6-14歳)3,50€、青年(15-18歳) 4€、家族(大人と子供18歳までのペアー)23,00€、グループ(10人以上)、学生、シニアと各9€

ザルツブルクカード、モーツァルトの住居とのコンビカード持参の方はそのまま入場可能

■ 住所: Getreidegasse 9 A-5020 Salzburg

ザルツブルクのメインストリート、ゲトライデ通り(Getreidegasse)でショッピング。この小さな路地はいつも人で大にぎわいです。そして看板にご注目を、マックであろうが、ザラであろうがとっても可愛いらしいんです!

Ctqq68v6kgicn1smvhxs

インスタでもわかるように、見ているだけでもメルヘンチックな通り💐

モーツアルト広場(Mozartplatz)モーツァルト像

Bqc3rhe0njoje6yeqspe

その当時、社会風刺、貴族に対して批判的な内容が多かったモーツァルトの作品は周りには受けず、とても貧しいまま最後もお墓すら建てる資金もなかったほどでした。亡くなってからやっとモーツァルトの作品が世に認められ、50年経過してここに記念像が建てられました。何か悲しいモーツァルトの人生ですが、今ここで世界中の人々に愛され続けていることを心から喜んでいるに違いありませんね。

ノイエレジデンツ(Neue Residenz)内のザルツブルク博物館(Salzburg Museum)

モーツァルト広場の南側のノイエ・レジデンツ内にあるザルツブルク博物館には、地方の歴史、芸術文化などを、数々の展示品とマルチメディア・インスタレーションによって紹介されています。ザルツブルクのことについてより詳しく学術的に知りたい方にオススメです。

Rx9xs73mt78qsz2swndv

■ 営業時間: 火曜日から日曜日 9:00-17:00、7月と8月は月曜日も同じように営業。またイースター後の月曜日も営業。木曜日は18:00より夜の入館可能。

12月24日、31日9:00-14:00、1月1日は11:00-17:00

■ 休館: 11月1日、12月25日

■ 入場料: 大人9€、青年(16歳から26歳)4€、子供(6歳から15歳)3€

■ 公式サイト(英語)↓

レジデンツ広場(Residenzplatz)

モーツアルト広場とレジデンツ広場は隣接しており、レジデンツ広場へ向かうにつれアトラス神の噴水が見え始めます。またカフェやレストランが沢山ありオープンエアーでのカフェタイムもオススメです。レジデンツ噴水のあたりには馬車(街のツアー)が走っていて本当にバロック時代あたりにタイムスリップしたような感覚に。

Gujgd8fvs5aretyjxryj

レジデンツ(Salzburg Residenz)

レジデンツとは国王やお偉い方々の住居・宮殿のことを言うのですが、このレジデンツは、ザルツブルクの代々の大司教の住居でした。当時、絶大な権力と財力を持っていた大司教のヴォルフ・デートリッヒ・フォン・ライテナウがこのようなきらびやかで豪華な宮殿を建てました。モーツァルトが大司教の前で演奏を披露した「会議の広間」や見事な「謁見の間」など、180もの部屋があり、きらびやかで豪華!そして、今でもこの素晴らしいエレガントなお部屋で演奏会が定期的に開催されています。

Residenz zu Salzburg公式サイトより
引用: https://www.salzburg-burgen.at/fileadmin/_processed_/7/2/csm_residenz-thronsaal_4154c6a18b.jpg

見学、コンサート、チケット情報に関してはドーム広場レジデンツ内にあるドーム周辺地区博物館(Dom Quartier Sallzburg- Mehr als ein Museum)へ、もしくは下記の公式サイトを参照

■ 営業時間:月曜日から日曜日10:00-17:00(7月と8月は10:00-18:00) アドヴェントとクリスマスは10:00-17:00

休業日: 火曜日、12月24日

閉館の1時間前まで入館可能!

チケット: 大人13,00€ (部分的10,00€)、学生10,00€(部分的 8,00€)、 子供(0–6歳)無料、小学生 (学生証提示)5,00€(部分的4,00€)

■ドーム周辺地区の公式サイト↓

ザルツブルク大聖堂(Salzburger Dom)

そのレジデンツ広場からかなりの存在感をはなつザルツブルク大聖堂が見えます。ドーム広場へと行くにつれ、おぉ....あれがモーツァルトが洗礼を受け、なんと774年からあるドームなのか!(何度も改装されていますが)と思わせる存在感があります。

大聖堂は建てられた774年にはロマネスク様式、1200年ごろには後期ロマネスク様式、1628年にはバロック様式と時代によって様々な変化を遂げてきました。

Y48akrauxbjch4l4bptz

ザルツブルク大聖堂(Salzburger Dom)

このザルツブルク大聖堂にはなんと合計6つのパイプオルガンが設置され更に移動可能なポジティフオルガンと7つのオルガンを所有しています!入り口の頭上には大きいオルガン、その他には中、小規模の様々な国の歴史的なオルガンも設置されているのです。教会に2つのオルガンが設置されているのはよくありますが、7つ!は世界にここだけです。

Phfasjg8hzt7zjo6utri

この反対側にも同じようにパイプオルガンが壁に設置されています。

Kwafebqee4x9ktyilgyo

上からの眺め。

Yuqnh1i2pjprypsunj4r

大オルガン↑ よくネット上では世界最大と書かれてありますが、世界最大のオルガンではなく、世界で唯一7つものオルガンを持つ大聖堂です。(7つ目は持ち運び可能のポジティフオルガン)

■ ザルツブルク大聖堂の見学時間:

月曜日から土曜日(1・2月)8:00-17:00 日曜日と祝日13:00-17:00

月曜日から土曜日(3・4月)8:00-18:00 日曜日と祝日13:00-18:00

月曜日から土曜日(5・6・7・8・9月)8:00-19:00 日曜日と祝日13:00-19:00

※礼拝やコンサートで変更があることもあります。また、7月から12月の間、Jedermannが上演される際はドーム広場(大聖堂の前)は立ち入りできません。

ザルツブルク大聖堂の公式サイト🔽

聖ペーター僧院教会(St Petersstiftkirche)

Pxsjh9hhkbwki39lsdtd

696年からある、聖ペーター僧院教会はドイツ圏の中では最も古い男子修道院。

その教会墓地ペータースフリードホフ(Petersfriedhof) は18世紀に活躍したヨーゼフ・ハイドンの弟ミヒャエル・ハイドンが眠っており、ロマネスク-ゴシック期の岩窟礼拝堂グロッタや地下納骨堂(カタコンベ)も見学することができます。

ザルツブルク音楽祭の間は、どこへ尋ねてもモーツァルトやハイドンなどのコンサートがいたるところで!教会でのコンサートは無料または献金形式である所がほとんどです、素晴らしい歴史的な教会や宮殿で堪能し旅の疲れも癒してください。

Hdj75q9whkuq2bbk26q9

クレメンス・ホルツマイスターの設計により1960年に完成。祝祭大劇場の杮落しには、1960年7月26日、カラヤンの指揮によるリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」でした。音楽祭期間は、その観客の服装、ドレスを見るための人だかりが...。ザルツブルク音楽祭はモーツァルトを記念した音楽祭として世界的に知られ、ウィーンフィルやベルリンフィル、世界中から有名で著名な指揮者やソリストが集い、オペラや歌劇、コンサートが開催。世界でもっとも注目を浴びる音楽祭の一つです。音楽祭時期以外でもコンサートは行われています。

Gp1ititwcynzgfez9smg

「ザルツブルク市街の歴史地区」世界遺産に登録されているホーエンザルツブルク城(Festung Hohensalzburg)。ケーブルカーで登る場合、ザルツブルクカードを持っている方は待たずに乗車きます。徒歩でハイキングがてら(かなリの急斜面です)登れます。

実は筆者はまだお城へ訪ねたことはないのですが、お城の歴史、山上の世界、上からの絶景の眺めなどとても魅力的な情報を友人から知り、次回はぜひ山上へ足を運びたいと思っています。また、お城内でも定期的にクラシッククンサートがあり、素敵な空間と演奏会を堪能できるようです。ここでは情報のみ記載させていただきます。

■ 営業時間: 9:30-17:00(1月から4月)、 9:00-19:00(5月から9月) 、9.30-17:00(10月から12月) 

イースターとアドヴェントの週末は9:30-18:00、12月24日は9:30-14:00

■ 入場料

大人12,90€、子供(6-14 歳)7,40€、家族28,60€

Café Sacher Salzburg カフェ ザッハー ザルツブルク

オリジナルのザッハトルテを!

C6u4a8mhgbpmhexyct8f

ウィーンが本店ですが、ここザルツブルクもホテルと隣接した素敵な内装のカフェ。

Tmzwixt8gtxyn4jykscx

私自身、このホールザッハトルテをウィーンの友人にいただいたことがありますが、さすがオリジナル、日本では食べたことのないようなザッハトルテ、とっても美味しいです!

■ 営業時間: 毎日 7:30〜22:30

■ 住所: Schwarzstraße 5-7 A-5020 Salzburg

■ご予算: オリジナルザッハートルテwithクリーム 7.5€、カフェ(サーバー)5.7€

ホテルの正面にあるカフェ、他にもしっかりとしたお食事や軽食、お酒、ビール、紅茶などメニューは充実し、素敵な空間でゆっくりと過ごせます。

本店はウィーンのホテルザッハー(Hotel Sacher)なのですが、なんせザ・元祖ザッハトルテです!お土産にも最適ですよ!大きさは3種類、ピッコロサイズ:29€、Ⅰサイズ:39€、Ⅱサイズ: 48.50€、Ⅲサイズ: 55.50€。

1700以来の300年以上の歴史を持つCafé Tomaselli (カフェ トマセッリ)。モーツァルトも通ったカフェです!中は、少し古さを感じさせる気取らないレトロな雰囲気。朝食にもおすすめです。

Vqffmk2vewktlm5xfywo

■ アクセス: レジデンツ広場の北側あたり

■ 営業時間: 月曜日〜土曜日 7:00〜19:00、日曜日8:00〜19:00

■ 住所: Alter Markt 9 5020 Salzburg Tel: +43 662 84 44 880

■ ご予算: 10€ほど

1542年からある、ビール醸造所のビアレストランSternbrau(シュテルンブラウ)。中がとにかく広い!

Tzclxycv14zppmbpyror

定番の子牛のウィーン風カツレツとビールで乾杯!19.80€

■ アクセス: マカルト橋を旧市街の方に渡って向かってすぐ右側

■ 営業時間: 9:00-24:00

■ 住所: Griesgasse 23 5020 Salzburg Tel: +43(0)662 84 21 40

■ 予算: 20〜30€ほど

■ 公式サイト🔽

④中世から人々が集い愛されるレストラン!【K+K Restaurants am Waagplatz】

1181年からの歴史があるレストランK+K Restaurants am Waagplatz(カー・ウント・カー・アム・ヴァークプラッツ)。内装も様々な雰囲気・顔を持ておりインテリアも素敵なその名の通りヴァークプラッツにあるレストラン。オープンエアーでのランチ・ディナーもおすすめです。

■ アクセス:モーツァルト広場から北のモーツァルト通りを西へ行くとヴァークプラッツ

■ 営業時間: 月・火・木・金と土曜日 11:00-23:00、日曜日11:00-17:00

■ 休業日: 水曜日(※7・8・9月は水曜日も営業)

■ 住所:Waagplatz 2 5020 Salzburg Tel: +43 662 842156-0

■ 予算: 20〜30€ほど

■ 公式サイト🔽

①ミラベル(Mirabell)

モーツァルトクーゲルはドイツでも有名。お土産にいかがでしょうか?

Dvlqn7jmesmrsex8ekwc

このモーツァルトクーゲルは、スーパーマケットやおみやげ屋さんで購入可能(もちろんインターネットでも)。ドイツのスーパーマーケットでもよくお見かけします。お値段は12個で9.99€です。色々なバリエーションがあります。

②カフェ・コンディトライ フュルスト(Café Konditorei Fürst - Stammhaus Alter Markt)

私がザルツブルクに行って必ずお土産に購入するのはこちらのモーツァルトクーゲル。このコンディトライにはオープンカフェもあり、私のお気に入りのお店です!

Evvfzljnlktd2ug8lizt

■ アクセス: レジデンツ広場の北側(Stammhaus Alter Markt店)

他に、ゲトライデ通り、ミラベル広場、リッツァー通り(ドーム広場の西側)の3店舗あります。

■ 営業時間: 月曜から土曜日 8.00-20.00、日曜日 9.00-20.00

■ 住所: Brodgasse 13 - 5020 Salzburg

■ 予算:9個入りモーツァルトクーゲルが15.50€

ザルツブルクへは私自身も既に3回程訪れていますが、観光客が多いのにも関わらずあまりストレスを感じず過ごせます。街を囲む美しい自然と様々な歴史的な素晴らしい建造物、レストランやカフェもどこもレベルが高く、失敗がないほど美味しいです!カフェで過ごす、川沿いや街を散歩しているだけでも街の景色やオーストリアの自然、音楽に癒され、本当にモーツアルトの生きていた時代へとタイムスリップさせてくれるような感覚を覚えます。ぜひともみなさんにも一度訪れていただきたいです。では、Gute Reise(グーテ ライゼ!良い旅を!)

筆者のブログです🔻

この記事が気に入った方は、他のオーストリアの記事もチェックしてみてください!

https://trip-partner.jp/409