Sreuywmp0lg9sjdwkp46

カナダ

CATEGORY | カナダ

バンクーバーのおすすめ人気カフェ6選!オシャレなカフェから穴場カフェまでをお届け!

2019.09.19

カナダはワーキングホリデー協定国の中でも常に上位ランキングへと入っている人気都市バンクーバー!そんな大自然と都会が融合する人気都市バングーバー市内のオススメカフェ人気店から現地のチップを事情についてを今回はまとめてご紹介!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. バンクーバーのカフェ文化を徹底紹介!
  2. バンクーバーのチップ事情について!
  3. ①バンクーバー市内の人気カフェ【Kahve Cofee】のエスプレッソは格別!
  4. ②ミニマムで可愛らしい店内が人気のカフェ【Moving Coffee Roastery】
  5. ③ビーガンフードも提供するダウンタウンの人気カフェ【nemesis coffee】
  6. ④自家製エスプレッソとアボカドトーストが人気のカフェ【Elysian Coffee】
  7. ⑤深夜でもオープンしているバンクーバーの人気カフェ【Thierry】
  8. ⑥バンクーバー市内の点在する超穴場の人気カフェ【Medina】
  9. バンクーバーのカフェ文化・チップ事情 ー総括編ー
Zn8ynvva3nlzctvheu60

こんにちは!


ブダペスト拠点にヨーロッパ各地で色々と活動をしているロン毛ことマエダです。


今回は実際に仕事でもプライベートでも何度か訪れたことのあるカナダは人気観光都市バンクーバーのカフェ 情報からチップ事情についてご紹介をしていきたいと思います!

大自然と都会が融合する世界でも人気観光都市バンクーバー。


日本ではワーキングホリデー協定国の中でも「英語圏」「移民に優しい」「アメリカに近い」といった理由で毎年多くの日本人がここバンクーバへと渡航しています。


そんなワーキングホリデー色が強いバンクーバーですが、実はカナダ国内でも生粋のカフェ文化が栄えた都市として知られており、市内には数多くの大型チェーンからくるカフェや個人経営の小さなカフェまでが立ち並んでおりコーヒー愛好家にとっては非常に嬉しいものとなっています。

Mw0z5extg9copdbxld8l

バンクーバーはのんびりとした雰囲気で知られているかもしれませんが、間違いではありません。


地元カナダ人はコーヒーが好きな人が非常に多く、多くの人々はバンクーバー市内のコマーシャルドライブ周辺をコーヒー片手に散策したり、ビーチで休憩したり、イングリッシュベイで自転車に乗ったり、トレンディーなガスタウンで最新のブティックをショッピングしたりと、あらゆる形で常にバンクーバーの人々のちかくにはコーヒーやカフェ文化があります。


また多くのカフェが独自の豆を焙煎しているため、エスプレッソの揺れから伝説的なニトロコールドブリューまで、コーヒーには豊富なストーリーがあり 舌を満足させる様々なコーヒーメニューを設けている場所がほとんどです。

Skyn6bswelfow4qabilf

またバンクーバーと日本のカフェでの大きな違いというものがやはりチップ!


カナダはここバンクーバーのチップ習慣はやはり隣国アメリカ同様、一般的なものとなっておりカフェでのコーヒーブレイクを済ませた後にはこちらの支払いが必ず必要となっています。


もちろん世界中でみてもこのチップ文化については多くの国が習慣づけされているものとなっていますがバンクーバーのカフェへと訪れる前からこのチップ事情については事前に押さえておきたいもの!


基本的にバンクーバー市内のカフェにて渡すチップの相場金額についてはまたバンクーバーと日本のカフェでの大きな違いというものがやはりチップ!

I9t4um9qsoao11mo4qmy

基本的にバンクーバー市内のカフェにて渡すチップの相場金額については場面ごとにもよりますが、カフェでは合計の10%~15%を支払えば無難といったところです。


しかし注意をしたいのが「サービスチャージ(Service Charge)」という支払い名目が手元のレシートに含まれている場合はチップを払う必要はありません。


これはすでにカフェ側が決算額にチップ金を足した合計金をだしているため、こちらがチップを二度渡すということになってしまいます、店側としては嬉しい話ですが消費者側としては勿体無いですよね!


またクレジットカードで払う場合でもチップのみ「現金」で支払うことが可能です!


その際には店員に一言「チップは現金で」と声をかけるといいでしょう。

Ielfnfbwkgdx0s74j5zd

日本人からするとこのチップ文化はどうしても馴染みがなく抵抗があるもの。


しかしチップを渡すことは「マナー」に当たります、チップを払い忘れればウエイターに嫌な顔をされたり、トラブルに発展することにもなります。


「サービス」と「チップ」そうした近い関係に位置しているので常に1ドルか2ドル硬貨をポケットに入れておくことがバンクーバーでは賢明であると言えるでしょう。


もちろんカナダはここバンクーバーのチップ習慣はやはり隣国アメリカ同様、一般的なものとなっておりカフェでのコーヒーブレイクを済ませた後にはこちらの支払いが必ず必要となっています。


もちろん世界中でみてもこのチップ文化については多くの国が習慣づけされているものとなっていますがバンクーバーのカフェへと訪れる前からこのチップ事情については事前に押さえておくといいでしょう。

Eyeksquynvtuycqjlo3t

まずはじめにご紹介をしたいオススメの人気カフェはこちらの「Kahve Cofee」です!


ここKahve Cofeeはロン毛がオススメするバンクーバーきっての最高のカフェと言えるでしょう!


そんなKahve Cofeeですが2018年にコーヒーの品揃えを「Phil&Sebastian」から「Detour」にまで拡大させ、素晴らしいエスプレッソベースのドリンクメニューとClever Dripperを使用して作られた固形のフィルターコーヒーを提供し始め改めて人気カフェとなりました。


また堅実なブランチゲームもあり「バンクーバー市内の最高のブランチ賞」を5位につけています。

Paoqnoa8itumnyrmj2n0

名称:Kahve Cofee 

住所:1822 W 1st Ave, Vancouver, BC V6J 1G5 カナダ

電話:+1 604-222-9002

URL:kahvevancouver.com

Qidrvezr819lce3gzcqd

続いてご紹介をするオススメの人気カフェがこちらの「Moving Coffee Roastery」であります。


ここMoving Coffee Roasteryはコンパクトで小さなカフェであるものの、店内では数多くのコーヒーメニューを提供している市内でも人気のカフェであります。


Moving Coffee Roasteryにて焙煎されるコーヒーはバンクーバー市内の他カフェ以上に丁寧にかつ時間を掛けられおり、その香りと味わいは非常に深いものとなっています。

Cm6arbkhaucsw8j5s3do
Mir8hvil26mk5q3pfuto
引用: https://www.instagram.com/p/BzjyiBqAdwY/

名称:Moving Coffee Roastery

住所:64 E 3rd Ave, Vancouver, BC V5T 1C3 カナダ

電話:なし

URL:movingcoffee.com

V6jssrsyhcvgfmjjqvhu

続いてご紹介をするオススメの人気カフェがこちらの「nemesis coffee」であります!


こちらのnemesis coffeeはバンクーバーのダウンタウンの中心部に位置し、素晴らしいフードとコーヒーを提供しています。


また店内は明るい空間となっており、全席40席のスペースではエスプレッソ愛好家の情熱的な若いクルーによって運営され、彼らの豆は世界中の高級ロースターから調達され中でも人気のメニューが「アーモンドミルクコーヒー」となっています。


他にもフードメニューでは、ビーガンフードも取り扱っておりカシューミルクで作られたミューズリーは非常に人気のものとなっています。

Mgk2jniqsyfmimmanqws
Ktzcaidi8dnruwjs1yka
引用: https://www.instagram.com/p/Bw7NUi4BzWd/

名称:nemesis coffee

住所:302 W Hastings St, Vancouver, BC V6B 2N4 カナダ

電話:なし

URL:nemesis.coffee

Zk8tq4cyowrjbf7thyxt
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwj4z_HY4qzkAhWDK1AKHb6IDW8QjRx6BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Ffoodology.ca%2Felysian-coffee-coffee-shop-in-mount-pleasant%2F&psig=AOvVaw3SZlWnEKK9YMzO7zdBhqat&ust=1567329276310472

続いてご紹介をするオススメの人気カフェはこちらの「Elysian Coffee」であります。


ここElysian Coffeeでは、バンクーバー市内のバラードエリアとヘルマッケンエリアのちょうど境に位置しており全てのコーヒードリンクが自家製のものとなっています。


また中でも人気のエスプレッソである「ヌエズアーモンドカシューミルク(乳製品を含まないラテ風味)」から自家製のベーキング、ニュートラルトーンなどミニマリストの装飾を提供しています。


他にも小さなブランチメニューではアボカドトーストが非常に人気であり、お好みでトッピングを追加することができます!

Xoavtwdlepunzhxujbvi
Yht4w3y5v8agmv7tkcpw
引用: https://www.instagram.com/p/Bw2ooLYBPSN/

名称:Elysian Coffee

住所:1100 Burrard St, Vancouver, BC V6Z 1Y7 カナダ

電話:+1 778-379-1512

URL:elysiancoffee.com

Temhpyznznkv1bywastc
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwiG54OF46zkAhUPZFAKHWqwDIMQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.foodgays.com%2Fthierry-chocolates%2F&psig=AOvVaw0O3A1k7z9725A9zwj0fcyv&ust=1567329353154089

続いてはご紹介をするオススメの人気カフェはこちらの「Thierry」であります!


ここThierryはフランスの高級ペストリーで最もよく知られている専門家のバリスタとカサデルカフェのヴィンセントジェンティーレが設計したオーガニックのフェアトレードエスプレッソブレンドが人気のカフェであり、一貫しておいしいコーヒーを提供しています。


また焙煎された自家製の豆はドライローストされており、新鮮さを保ちチョコレートやシナモン、スパイスが持つ強くて滑らかな独特の味わいを提供しています。


ほかにも深夜でもこちらのThierryは開いているため、夜中にコーヒーを飲みたくなった人でも00:00までオープンしているので安心して向かうことができるでしょう!

Dsatlysbhpyj2ufn6lus
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwiAq5iHrsbkAhWtMewKHc9pATsQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fthierrychocolat&psig=AOvVaw0awfIfBsoAq3OOyht6IRm0&ust=1568208437285457
Mq4islw81jj5rcrttqfw
引用: https://www.instagram.com/p/BtT79zohrsv/

名称:Thierry

住所:1059 Alberni St, Vancouver, BC V6E 1A1 カナダ

電話:+1 604-608-6870

URL:thierrychocolates.com

Im8nsveuvguiedoh6x4w

続いてご紹介をしたいオススメの人気カフェはこちらの「Medina」であります。


ここMedinaでは常に素晴らしいエスプレッソとカフェメディナが提供されており中でには、ラテ、ワッフル、持ち帰り用のカウンターに特化したコーヒーバーなども設けられています。


またお店でも人気のメニューである「ラマルゾッコFB / 80」というコーヒーはパラレルコーヒーにふさわしいと高く評価され地元カナディアンも足早く通うものとなっています。

Pzjgw3ncakxw5km3uzep
Nagrz7sso4g58og8hoya

名称:Medina

住所:780 Richards St, Vancouver, BC V6B 3A4 カナダ

電話:+1 604-879-3114

URL:medinacafe.com

A1sjrhttwsairlghpbnf

如何でしたでしょうか?


今回はバンクーバーのカフェ文化からチップ事情、おすすめの人気カフェについてご紹介をしていきましたが、実は今回にご紹介をしきれなかったカフェは他にも未だ数多く点在しています!


是非観光時には今回ご紹介をしたカフェはもちろんのこと、ご自身の足で運んでお気に入りの一店を見つけてみられても良いかもしれませんね。

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjq-fTN36zkAhUOElAKHbVXAYsQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.tourismvancouver.com%2F&psig=AOvVaw3iAxqzKMSHx_fwgzxuZ4g-&ust=1567328448375099