Blhjath3gu81dwhovxjc

イギリス

CATEGORY | イギリス

イギリスの定番朝食の7種類まとめ!パン・豆等定番のイギリス流の朝食をご紹介!

2019.09.09

イギリスは紅茶社会として有名ですよね。朝食は紅茶とスコーン?イングリッシュマフィン?と思う人も多いのではないでしょうか?!イギリスの豪華な朝食は日曜日のブランチに食べるのが一般的です。イギリスの朝食とはどんなものなのか、ご紹介をしていきます!

この記事に登場する専門家

I7u2e7fboiesfq7epimb

イギリス在住ライター

ami

イギリスに住み10年。イギリスでの子育て、文化に戸惑いながらも楽しくのびのびと生活しています!
ヨーロッパ旅行、世界遺産、カフェ巡りが趣味♪ イギリスでの子育て、日々のこと、海外旅行のことを綴っていきます〜!

  1. イギリス人が大好きな朝食!
  2. ①イギリスの朝食、有名なのはフルブレックファースト!
  3. ②本当にイギリスのフルブレックファーストは美味しいの!?
  4. ③イギリスの朝食、子供も大好きなビーンズ&トースト
  5. ④イギリスの朝食、ヘルシーなポリッジ!
  6. ⑤イギリスの朝食、オートミールは美味しい?!
  7. ⑥イギリスの朝食、バナナトースト!?
  8. ⑦イギリスのパンは本当に美味しい!?
  9. イギリスの朝食のまとめ

こんにちは〜イギリス在住のamiです。皆さんは毎日朝ごはんはしっかりと食べますか?イギリス人たちは朝からたくさん食べているイメージが強いのではないですか!?そんなことはありませんよ。朝すれ違う人たちは、バナナやリンゴをかじりながら歩いていたりします。


日本でよく聞くイギリスの朝食、「イングリッシュ・ブレックファースト」は日曜日の朝、ブランチに食べる人が多いのです。では、日本とは違うイギリスの朝食についてお伝えします。

イギリスの朝食

イギリスの朝食と言えば、「イングリッシュ・フルブレックファースト」が有名ですよね〜。日本のホテルやレストランにもメニューにあるのではないでしょうか?


イギリスの人たちは、さすがに毎日このフルブレックファーストは食べません。フル・ブレックファーストは家庭によって様々ですが、だいたいベーコン、エッグ、ソーセージ、マッシュルーム、焼いたトマトが付いてきます。好みによってエッグがスクランブルになったりします。

イギリスの朝食

イギリスでは、週末など休みの日はのんびりとした朝を過ごすことが多いです。ベッドサイドまで紅茶を持ってきて飲む人もいますし、朝食を取る人もいるのです。ベッドで朝食!いつかやってみたいと思いませんか!?

週末や時間がある朝には、ベーコンとエッグの朝食を取るのもイギリス流です。

イギリスの料理は、美味しくない〜まずかった。。。などとよく聞きます。初めてイギリスで食べた朝食、こんなに量が多いの?と思いながら美味しくて完食しました。イギリスではホテル以外に、「B&B(ブレックファースト&ベッド)」が宿泊施設であります。


朝食付きのホテルなのですが、毎回どこへ行っても美味しくいただきます。ただ、わたし的にはソーセージはパリッとしたのが好きなので残念ですが。。。


ホテルやカフェなどでは、トマトは無し、卵はスクランブルエッグでなど個別で注文できます。卵は何個いる?とよく聞かれますが、朝から3個は食べれないですよねー。

イギリスの朝食

イギリスの定番の朝食の1つに、「ベイクドビーンズ&トースト」もあります。子供も大人も好きな人が多く、忙しい朝の定番にしている家庭が多いのでは?缶入りですので、レンジでチンと温めるだけで簡単に朝食が作れます。特にイギリスの子供達が大好きですね。


幼稚園のおやつ、ランチ、小学校のランチの時間に、このベイクドビーンズ&トーストが出されます。

イギリスの朝食、ビーンズ&トーストは美味しいの?

初めて見たときに、え!?トマトに豆?にトースト?と不思議な感じでしたねーw

フルブレックファーストにも、ビーンズがついてきてきます。好き嫌いはあるかと思いますが、甘くて美味しいですよ〜!学校のランチにビーンズ&トーストが出るとうちの子供は喜んで食べています。


イギリスのスーパーマーケットでは、缶入りのビーンズが必ず売っています。小さなサイズもありますので、ぜひ試してみませんか!?今回、日本のお土産に買って帰りました。不思議そうに食べていた友人、美味しいと食べた家族、様々な意見でした。日本に住むイギリス人へのお土産にはとっても喜ばれますよ!どの家庭にも、このビーンズはストックしてあります。

イギリスの朝食

イギリスの朝食でヘルシーな方は、「ポリッジ」を食べる方が多いです。ポリッジは、オーツ麦(オートミール)を牛乳、お水で煮て食べるヘルシーな朝食です。ゆっくりと牛乳でオーツ麦をコトコト5分ほど煮込むと、トロッとした日本でいう「おかゆ」のような感じになります。忙しい朝にはレンジで簡単にできるポリッジですね。

ポリッジにはハチミツを入れる人、バナナ、ブルーベリーなどのフルーツをトッピングする人など様々です。個人的に私は、ピーナッツバターを混ぜて食べるのが好きです。

オートミールは栄養価がとても高く、食物繊維も豊富に入っており、ビタミン、ミネラルたっぷりのヘルシーな朝食となります。子供にはたっぷりのハチミツを入れて朝食に出すことが多いです。

イギリスのカフェでも朝食メニューに、ポリッジはありますよ。ぜひ、イギリスへ来たら食べてみませんか。美味しくって身体も温まりおすすめです。


オートミールと違い、グラノーラ、シリアルもイギリスの人たちの朝食として食べられています。シリアルにはバナナを入れ、牛乳たっぷりで食べます。

全粒粉となっているオートミールは栄養価が高いために、オートミールクッキーや、フラップジャック(Flapjack)を手作りする人もいます。フラップジャック(Flapjack)は、イギリス伝統的な焼き菓子です。栄養も取れ、腹持ちが良いために、朝ごはんやおやつ代わりに、ジムの前に食べる人も多いです。手作りをすれば、ナッツ類(クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ひまわりの種など)とドライフルーツ(レーズン、ラズベリー、デーツなど)などをたくさん入れることができ、ヘルシー志向な人の朝ごはんにもなりますし、作り置きをすれば子供にも栄養があるおやつになるのです。

イギリスでは、ここ数年、グルテンフリー、ベジタリアンのメニューがとても増えてきています。必ずと言っていいほど、メニューにはベジタリアンが1つはあります。

オートミールはイギリスの特産物ともなっています。そして、グルテンフリーのオートミールも最近増えてきています。日本でいう糖質制限ですね。私は毎朝、ポリッジを食べます。


腹持ちがとってもよく体が温まっていきます。逆にシリアルに冷たい牛乳という朝食は我が家では出ないです。オートミールには砂糖が入っていなく栄養価が高い上に美味しいというので我が家では定番の朝食ですね。おしゃれなカフェでは、ポリッジをいただくことができます。ぜひ朝食にいただいてみませんか。

イギリスの朝食

イギリスの家庭では、トーストしたパンにバターをたっぷりとつけてその上にバナナを潰して食べるの家庭もあります。最初見たときはちょっとビックリしましたが。

イギリスのスーパーマーケットには日本とは比べ物にならないほど、バター、ジャム、ハチミツが売っています。やはりパン社会な国ですね。

イギリスのパンは、薄切りになっているのが多いです。全粒粉のパン、ナッツやシード入りの体に良いパンも日本とは違い安く変えるのは嬉しいですが、たま〜に厚切りのふわふわ食パンが恋しくなります。

イギリスでは甘いジャムが多いのですが、砂糖なし、糖尿病の人もたべれるジャムなど、材料もフレーバーも多くあります。もちろんバターをたっぷりつけてからジャムを付ける人たちが多いですよ。季節によって、初夏の頃にはルバーブがスーパーや家で取れると、「ルバームジャム」を手作りする家庭も多いです。

イギリスの食パン、たくさんのブランドに厚さ、白パン、全粒パン、ライパンなどがあり1斤は200円ほどで買うことができます。ベーカリーへ行って買うパンは日本と同じように高いですがやはり美味しいですね。イギリスのスーパーで買う食パンは美味しいです!が、日本のような菓子パンはなくたまに恋しくなります。厚切りのふわふわ食パンも無性に食べたくなる時もありますが。

イギリスの朝食、朝からヘビーなものを食べていると思っている人もきっと多いですよね?さすがに毎朝はフル・ブレックファーストは食べません。。。フルーツも新鮮で安く美味しいのでフルーツにシリアルなどが1番多いのではないかなと思います。


我が家では、牛乳と栄養価が高いオートミールを食べて欲しくて、子供にはポリッジです。日本の朝ごはんのように、ご飯に魚、お味噌汁が1番ヘルシーでしょうね〜!


この記事が気に入った方は、他のイギリスの記事もチェックしてみて下さい!