N3saghdigijoclr4wbrg

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国ソウル南大門市場エリアを徹底解説!営業時間・コピー商品等の詳細やおすすめショッピング・グルメまとめ!

2019.09.13

韓国の南大門市場といえば、東大門市場と並ぶ韓国の二大市場のひとつ。600年以上の歴史あるソウル最古の市場で、国内外から多くのバイヤーや観光客が訪れる場所としても有名です。今回はそんな、南大門市場のおすすめグッズやスポットをまとめてご紹介しましょう!

この記事に登場する専門家

Njahb2joik2mdyltwxnn

韓国在住webライター

レンズ

韓国ソウル在住歴12年のwebライターです。観光だけでは知ることができないソウルのコアな情報や、人気の観光地、グルメ、ショッピングはもちろん、若者文化の発信地としても注目を集めている韓国のポップカルチャーなどをお届けします!

  1. 韓国ソウルの有名観光地のひとつ!南大門とは?
  2. アクセス方法まとめ!韓国ソウル南大門市場
  3. 南大門市場でショッピング!注意しておくことってある?
  4. 営業時間は要チェック!韓国ソウル南大門市場の休業日は?
  5. 韓国旅行前に準備してた現金が足りなくなった!南大門市場で両替できる?
  6. ⑴南大門市場のおすすめショッピング【ファッション編】
  7. ①オシャレアイテムがたくさん!南大門市場でゲットすべきファッションは?
  8. ②韓国のアジュンマも夢中!南大門市場の年配向けファッション
  9. ③小学生以下のお子さん連れ必見!南大門市場の韓国子ども服ビル
  10. ④革・ファー製品が豊富!韓国最新レザー・ふわもこファッションを南大門市場でゲット!
  11. ⑵南大門市場のおすすめショッピング【アクセサリー編】
  12. ①オシャレ好き集まれ!韓国っぽい帽子が南大門市場にはたくさん!?
  13. ②南大門はアクセサリー天国!かわいい最新アクセを探せ!
  14. ⑶南大門市場のおすすめショッピング【お土産編】
  15. ①南大門市場で探す韓国の伝統工芸
  16. ②韓国の定番土産はやっぱり南大門市場で!
  17. 南大門市場のおすすめグルメまとめ
  18. ①南大門市場のグルメの定番中の定番【ホットック】
  19. ②ほっかほかのメチャうま肉まんを南大門市場でいかが?【マンドゥ】
  20. ③南大門市場のうまいもんトリート
  21. 韓国ソウルを訪れたら南大門市場で遊び倒そう!
Pvpay8z9drwennaboyv2

言わずと知れた韓国ソウルの人気観光地のひとつである南大門市場(ナンデモンシジャン)。ここでは日用品や食料品、衣料品をはじめアクセサリーや花の卸売りなど、ありとあらゆる商品が取り扱われています。

日本人観光客が南大門市場を訪れる目的といえば、やはりショッピングや韓国グルメの食べ歩きなのではないでしょうか?今回はそんな方のために、南大門市場の楽しみ方をまとめてお伝えします!

Pjao33gyofx75kcgeezs

韓国ソウルにある南大門市場は、金浦(キンポ)空港や仁川(インチョン)空港からアクセスできる空港鉄道A’REXの発着駅であるソウル駅の近くにあり、人気観光地の明洞(ミョンドン)からも徒歩でアクセスできる観光に大変便利なエリアにあります。

南大門市場の最寄り駅

Slagk4m6werpxc5q2a3b

【地下鉄4号線】会賢(フェヒョン)駅 

Mqkbrlgqqmv0xmcco1q9

5番出口を出てすぐのところが南大門市場のメインストリート。食べ歩きの屋台や様々なお店が連なっているので、気になるお店から攻略していきましょう。

Rwytcdpf3fwnh41yeshf

韓国ではクレジットカードの普及率が高く、多くのお店でクレジットカードが利用できますが、市場屋台などでは現金が必要になることがあります。ショッピングの予算に合わせて、事前に現金を準備しておくようにしましょう。

また韓国ソウルの南大門市場では、有名ブランドのコピー商品が販売されていることがありす。コピー商品を日本に持ち込むことは違法なので、購入しないように気を付けてくださいね。

また、「完璧な偽物があるよ」と日本語で話しかけて来るお店のスタッフも多く、強引な客引きに遭うことも。その場合は、毅然とした態度で「要りません」と断るようにしましょう。筆者の経験上、断る際にあれこれ話すよりは「要りません」の一言でその場をサッと通り過ぎるのが一番です。

Y2fk0myij7senunyqpi2

南大門市場はショッピングモールではないので、決まった営業時間があるわけではなくお店ごとに異なります。

多くの路面店はだいたい午前10時頃から午後5時頃までの間が営業時間。中には、8時頃から営業している路面店もあるので、少し早めに南大門市場を訪れても何もできないということはありません。また、ショッピングビルは早朝から営業しています。

アクセサリーなどの卸問屋の営業時間は異なり、土曜日は昼の2時頃に閉まり日曜日は休業していることがほとんどです。

韓国の名節「旧正月(ソルナル)」や「旧盆(チュソク)」の営業時間は?

韓国の「旧正月(ソルナル)」や「旧盆(チュソク)」の時は、休業するお店もあるので、その期間に南大門市場を訪れる場合は気を付けましょう。

Oaqqfw5otsngtlyl8q5v

海外旅行では主にクレジットカードで支払いをするという観光客も多いと思いますが、韓国ソウルの南大門市場では場合により、現金での支払いが必要になることも多々あります。全くウォンを持たずに観光すると不便なこともあるので、少しは現金として持っておくことをオススメします。

また南大門市場のグルメやショッピングが楽しすぎて、思ったより現金を使いすぎてウォンの持ち合わせが無くなった場合もご心配なく!南大門市場の両替所を利用しましょう。

Q6rhhprv496k1gsll9ar

南大門市場にはいくつかの両替所スポットがありますが、「どの両替所がお得なの?」と疑問に思う方もいるでしょう。南大門市場であれば、ミウ両替のレートが良いという評判です。

ただ、両替のレートは日や時期によって変動するため必ず良レートでの両替が可能というわけではありません。両替前に自分でもその日の両替レートをチェックしてから両替をするようにしましょう。

韓国ソウルの南大門市場では様々なアイテムがゲット可能!まずはファッション関連のショッピングについてご紹介しましょう!

V5hbua7wjt9jodxrqtnb

ファッションアイテムといえば、東大門市場の方が種類は多いのですが、もちろん南大門市場でもオシャレなファッションアイテムをゲットできます!

Hk3b0fthpjaoobto6fih

価格も手ごろですが、価格表がついていないものも意外と多いので、購入したい時は値段を聞かなければなりません。もしかするといわゆる「観光客向け価格」で購入をすすめられるかもしれないので、予想より価格が高い場合は「思ってたより高いですね」と言う感じで買い渋るのもひとつのテクニックです。

どうしようか迷っていると、少し価格を下げて交渉してくることがあるので、価格表が無い場合はすぐに言い値で支払わずちょっと交渉してみるのもオススメですよ。

Tgi4ua37l9n5blaselno

南大門市場は、年配向けのファッションアイテムも豊富。自分では着ないから要らないという方も多いかもしれませんが、1万ウォン(約897円)代からデザイン性の高い年配向けファッションが購入できるので、お土産にピッタリですよ。

Ex5mxsues88iud1rowu9

ゆったりとした部屋着やパジャマなどもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Icxsja65jaa502jmto89

筆者がかつて各シーズンごとに通っていた南大門市場の子ども服売り場のビル。地方や海外からのバイヤーも買い付けに来るほど豊富なデザインが揃う子ども服売り場ですが、一般客も1点から購入可能なのでお子さんがいる方にはぜひ立ち寄って貰いたいエリアです。

Tdkrff2hegn5hi6ugqas

新生児からだいたい小学校の高学年までのサイズが揃っています。ただ150センチ以上となると、グッとサイズと種類が減るので大き目のお子さんのサイズを探すのがちょっと大変なのが玉に瑕。

Zh40gwsa998biwyoh71t

靴のサイズも赤ちゃんサイズから22センチくらいまでは揃っています。それ以上のサイズは、ちょっと探すのが難しいかもしれないので、気に入ったデザインがある場合は即決するのがオススメ。なお、子ども用の靴屋さんはビル内にはほとんどなく、子ども服ビル沿いかその向かい側が多いのでそちらで探してみてください。

A784maf3pmr2i8ezmr29

韓国ソウルに来て、日本人観光客が欲しがるアイテムの中で多いのがレザーやファー製品。レザーといえば、東大門市場が有名ですが南大門市場の中にもレザーやファー製品を販売するお店がいくつかあります。

Vjysyh6vx50jdltamv2j

レザーやファー製品を扱うお店も価格表が出ていないことが多いので、気になった時は値段を聞いてみましょう。相場がわからない方は、購入したいアイテムの日本での価格の相場を事前に調べておくと良いかもしれません。

色々なファッションアイテムが取り揃えられている南大門市場。もちろん、帽子やアクセサリーも種類が豊富なので、ぜひ気になるアイテムをチェックしてみてください!

Klrnlnqle64x5q7iqbki

1年を通して、シーズンごとにオシャレな帽子が売られているお店が何件もある南大門市場。去年の年末から今年のはじめにかけて大流行したウサギの帽子も、5000ウォン(約448円)くらいでたくさん販売されていました。

Kts60tc4khnspg8nweto

子どもから年配まで、幅広い年代とジャンルの帽子が取り揃えられているので、きっと気に入りの帽子に出会えるはず!デザインにもよりますが、だいたい1万ウォン(約897円)くらいから3万ウォン(約2,692円)の予算でハイクオリティな帽子が購入可能です。

Dwilpghs4yoqjn8hhrxo

南大門市場でのショッピングで、筆者が個人的におすすめしたいマストアイテムはアクセサリー!小さいお子さんの普段使いにぴったりの可愛いヘアピンやシュシュ、若い女性から年配の方まで幅広い年代が使えるおしゃれなアクセサリーが路面店のあちらこちらで販売されています。

元々、南大門市場にはバイヤー向けの卸問屋が多く、そちらでもアクセサリーの購入は場合により可能ですが、一般客には絶対に販売しないお店も多数あるので購入可能かその都度尋ねる必要があります。

購入ができても、まとまった数でないと販売しない場合もあるので、卸問屋でアクセサリーを購入したい場合は根気と交渉でお気に入りアイテムをゲットしてくださいね!

韓国ソウルに旅行に来たら、やはり買っておかなければならないのがお土産。南大門市場では、色々な種類のお土産が選べます。

Mnm9gdktnuk3z17bsmat

韓国には螺鈿細工の施された宝石箱などの高価なものから、韓国らしい色彩のポシャギというパッチワークなどの伝統工芸品があります。

Hlsl7o1ddxo7bajlwhek

中には素朴な竹細工や大小さまざまな籠といった実用的なアイテムも揃っているので、流行りのお土産でない王道アイテムを狙う人にはおすすめですよ。

韓国のり

Tjiddhecwafufuerbcfg

韓国の定番土産としてまず思い浮かぶのが韓国のり。日本でも人気の食品なので、お土産にすると喜ばれます。

あかすり

M2fc8dmbzv7v75ffyzk5

こちらは定番土産と言って良いかわかりませんが、韓国の家庭には必ずあるあかすり。お風呂に浸かって温まった後でゴシゴシこすると面白いようにアカが出てきます。

フェイスマスク

Ptyprgxbyapygctqrnu6

こちらも最早定番のばらまき用お土産として地位を築いたフェイスマスク。女性向けのお土産としておすすめです。

黒ゴマのヨッカンジョン

Iyxp4huidy03wqa53jdr

韓国風のおこしのヨッカンジョンは筆者のおすすめお土産のひとつ。大豆や松の実など色々な種類がありますが、黒ゴマのヨッカンジョンは一度食べ出すと止まりません。食べたことがない方はぜひトライしてみてくださいね!

韓国の南大門市場に来たらぜひ食べて欲しいグルメをまとめてご紹介!定番ばかりですが、これが南大門市場の醍醐味です。

Qa0seipmsewbgyof8hwi

韓国のB級グルメの定番のホットック!南大門市場の中には、ホットックの屋台がいくつかあるのですが、個人的にはどこで食べても外れがない印象です。

どうしても有名なホットック屋さんで食べたいという方は、南大門市場 GATE2入口を出てすぐのところにあるホットック屋さんは評判が高いのでおすすめですよ!

南大門市場では、肉まん(ワンマンドゥ)も大人気グルメのひとつ!地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅の5番出口を出てすぐのところにある、カメコルイェンナルソンワンマンドゥ&ソンカルグクスはぜひ試して欲しい肉まんです!

L9902gsjarpmknlhhygu

地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅の5番出口を出てすぐのところに位置する食堂街は、さっぱりとしたスープが美味しいカルグクスのお店が立ち並びます。いつも人でごった返しているので、思い切って中に入ってみましょう。

Pj17rzgi1ygstdd05z9b

南大門市場のGATE2と3の間に伸びる路地裏のようなストリートには、ビビンパやキムチチゲ、トッポッキといった韓国ならではのグルメが堪能できる食堂がずらりと軒を連ねています。

Sjymiloph9xmuly8dwf3

お店の表に食品サンプルがと値段が展示されているので、メニューが選びやすいのでこちらもおすすめですよ。

Vr3xwxqx6ne3dpbx7vgf

今回は、韓国ソウルの南大門市場を楽しむための情報をまとめてお届けしました!そこまで広いエリアではありませんが、路地や建物が複雑に入り組んでいるので初めて訪れた時は少し迷ってしまうかもしれません。

ソウルのガイドブックやソウル市観光公式サイトの地図など見ながら今回の記事を参考に、ショッピングや食べ歩きのプランを立ててみてくださいね!


この記事が気に入った方は、他の人気韓国記事もチェックしてみてください!