Rzxwzpiwhdjkfitmadds

イタリア

CATEGORY | イタリア

【ローマ在住美食ブロガーがお届け! 】スーパーで買える厳選イタリア土産!

2019.07.05

観光、食事、ショッピング。どれを取っても他国に引けを取らない魅惑の国イタリア!そんなイタリアへ旅に来たら、最後の想い出作りとしてやはり気になるのはお土産選びでしょう。今回は初めてイタリアを訪れる方のために、『スーパーで買える厳選イタリア土産』をご紹介します。

この記事に登場する専門家

Xl6tufwvtylayox3rjzy

ローマ在住美食ブロガー

Tsugumi

12年間のCA生活に終止符を打ち、ローマへ。フィレンツェにてイタリア料理を2年程学ぶ。コルドンブルーでの非常勤講師を経て、今は自宅でイタリア家庭料理教室を主宰。
野菜ソムリエ。現在は伊ワインソムリエの勉強中。

  1. 執筆者情報
  2. イタリアのスーパーの種類
  3. イタリアのスーパーで気を付けること!
  4. ローマのスーパーで上質おすすめ土産を探そう!料理食材編
  5. ローマのスーパーで地元おすすめ土産を探そう!焼き菓子編
  6. ローマのスーパーで地元おすすめ土産を探そう!チョコレート編
  7. ローマのスーパーで地元おすすめ土産を探そう!ワイン編
  8. ローマのスーパーで地元おすすめ土産を探そう!その他編
  9. まとめ!イタリア土産はローマのスーパーでも十分!
美しいローマの街並み

ローマ在住11年。イタリア在住歴は13年。日本在住時は日系航空会社にて国際線CAとして12年間働く。 現在は自宅でイタリア家庭料理教室を開催する傍ら、イタリアワインを勉強中。 イタリア情報ブログ『Tsugumi’s Monologue ローマより徒然なるままに』を運営。

一言にスーパーと言っても、日本同様にイタリアにもたくさんの種類のスーパーがあります。

食のデパート!Eataly イータリー

イータリーの外観

最近では日本にも進出しているので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。トリノに本店を持つ、巨大フードマーケットです。イタリア各地の地元名産品が充実していて、パスタだけでも300種もあるという品数の多さが魅力です。イートインコーナーもかなり充実しています。

イタリアの成城石井?Castroni カストローニ

カストローニの外観
引用: https://images.app.goo.gl/Pig9KNfYkbUNS9hNA

ちょっと珍しいものやイタリア国外からのものが手に入ります。日本やアジアのものも!コーヒーやチョコレートの量り売りでも有名です。

今回はこちらで!身近に展開する庶民派スーパー

イータリーやカストローニももちろん楽しいのですが、滞在先によっては移動がとても困難となります。今回はローマ市内のあちらこちらに展開する、庶民派スーパーにスポットを当てていきましょう。コープ、エリーテ、カルフール、コナード、、、たくさんの種類の庶民派スーパーがあります。滞在先近くにあるスーパーを見つけたら、早速出かけてみましょう!

イタリアのスーパーに並ぶ野菜たち
引用: https://images.app.goo.gl/kuRCpJPD7AM61T7h9

イタリアのスーパーに足を踏み入れてみましょう。まず視界に入ってくるのは、色鮮やかな野菜やフルーツ!イタリアでは、野菜やフルーツなどが袋詰めされることなく山積みにされています。ちょっと手にしてみたくなりますが、実は厳禁!直に手で触れることは出来ません。野菜やフルーツをいれるビニール袋の近くに必ずビニール手袋が用意されています。ビニール手袋を手に、野菜やフルーツを好きなだけ袋詰めにしていきましょう。この時、野菜やフルーツの名前の脇に記載されている品番をチェック!

近くの計量器に袋を乗せ、品番とOKを入力すると、値段が書かれたシールが出てきます。これを袋に貼付けてレジへ持参します。生鮮食品は旅行客には買う機会が少ないかもしれません。でもちょっとフルーツが食べたくなった時など、地元の人たちに混じってトライしてみるのも楽しいでしょう。希少価値の高いフレッシュなポルチーニ茸に遭遇した時などには是非に!

さすがは美食の国だけあり、スーパーにも魅力的な食材が溢れています。イタリアン好きではなくても、ついつい手が伸びてしまう!そんな食材の中からおすすめをご紹介していきましょう。

パスタの国ならでは!でも人とはちょっと違ったものを選ぼう!

現地で美味しいパスタと出会い、是非日本に持って帰れたら!そう思う方も少なくないでしょう。イタリアはパスタの国。300種近いパスタが存在しています。日本では見たことも無いような面白いパスタもたくさん!!DE CECCO ディチェコなど、日本でも良く見かけるパスタも1.2ユーロ(およそ150円)と安く売られてはいますが、折角ですから現地でしか買えない希少価値のあるものを選びましょう。

イタリアのスーパーに並ぶパスタたち

青地に白が鮮やかな包装は Cav.Giuseppe Cocco カヴァリエーレ•ジュゼッペ•コッコのもの。実はこちらのパスタ、バチカン市国の御用達のひとつでもあります。ローマ法王も口にしているパスタをお土産にするのはいかがでしょう?因みに値段は2.9ユーロから3.2ユーロほど。日本円に換算すると350円から400円となります。

料理好きにはたまらない!乾燥ポルチーニは軽くて最適なお土産に!

イタリアのスーパーのポルチーニ

ポルチーニと赤ワインを使ったリゾットを食べたことがある方なら、もう既にお土産リストの一つとしてポルチーニ茸がリストアップされているに違いないでしょう。とても独特な香りを楽しむことが出来るポルチーニ茸。もちろんリゾットだけではなく、パスタや肉料理にも大活躍します。手軽なミニパックは3ユーロ(約370円)前後から手に入ります。ちなみに写真上部の瓶は、オイル漬けのポルチーニです。生の触感を楽しみたい方にはこちらがおすすめです。

セレブ感たっぷりのイタリア土産はこちら!トリュフを使ったペースト!

トリュフペーストの並ぶ棚

最近ではトリュフを使ったお土産も数多く手に入るようになりました。トリュフの香りのするオリーブオイルやバルサミコ酢などもよく売られています。でも液体はちょっと不安、そんな方におすすめなのがこちらのトリュフペースト!しかもただのトリュフペーストではありません。夏用にはバジルと松の実、パルミジャーノを使用して作られたジェノベーゼにトリュフの香りを、冬から春にかけてはアーティチョークにトリュフの香りをという、季節に合わせたイタリアらしい食材を用いたトリュフペーストがスーパーで気軽に入手出来ます。しかも7ユーロ(約860円)と1000円もしない嬉しいスーパー価格となります。

イタリアに来たらやはりこれ!パルミジャーノ・レッジャーノ!

イタリアのスーパーのパルミジャーノ・レッジャーノ

イタリアでチーズの王様とも言われている、パルミッジャーノ•レッジャーノ。日本のパルメザンとは全く異なるものです。そのまま食べても良し、パスタにかけても良し、使い方は千差万別です。一度食べたら病み付きになるその美味しさは、イタリアの子供たちをも魅了して止みません。

イタリアのグルメはパスタだけには留まりません。パンナコッタやティラミス、そしてジェラートにセミフレッド。ドルチェと呼ばれるお菓子も高品質揃いのイタリアです。そんなイタリアから是非持ち帰りたいお菓子の数々。スーパーだからと言って侮れない、そんなお菓子をご紹介していきましょう。

イタリアではビスコッティが美味しい!

イタリアのビスコッティ

ビスコッティとは焼き菓子の総称です。実は自宅でも簡単に作れるものがほとんどです。旅行者の皆様はスーパーでとっておきのビスコッティ探しをしてみましょう。

スーパーに並ぶビスコッティ

スーパーの棚には、見ているだけで楽しくなる様々な種類のビスコッティが並んでいます。有名なのはアーモンドが中に入ったカントウッチ(写真右側)。ただし少し硬めなので、ヴィンサントと呼ばれる食後酒や白ワインに浸して食べるのが一般的です。値段も3ユーロ(約360円) という嬉しさです。

ワインを使ったビスコッティ

こちらは白ワインや赤ワインを使ったビスコッティ。左側のものはアニスやシナモンなどのハーブ入り。お酒が好きな方へのお土産に最適です。

祝祭菓子のコンフェッティが可愛いお土産に変身!

イタリアのコンフェッティ

イタリアでは結婚式や洗礼式などの引き出物として、こちらのコンフェッティが活躍しています。結婚式には白、男の子の洗礼式には水色、女の子の洗礼式にはピンクなど、実はそれぞれの色に意味合いが込められています。コンフェッティはアーモンドを砂糖でコーティングしたお菓子。最近では様々なフルーツ味が登場しています。可愛らしいお土産となること間違いなしでしょう。値段も3.9ユーロ(約500円) とばら撒き用にはうってつけです。

一度食べたら病みつきになるイタリアンチョコレート!

Venchi ヴェンキやCaffarel カファレル。イタリア北部、トリノを代表する老舗の高級チョコレートメーカーです。イタリアに来たら、やはり一度は口にして欲しいヴェンキのチョコレートやジェラートですが、心配はご無用です。空港免税地域にショップがあるからです。高級チョコレートは最後のお楽しみに残し、スーパーでは少し気軽な、お土産に配れるものを選びましょう。値段は気軽でも味は抜群とさすがはイタリアンチョコレートです。

可愛いイタリアンチョコレート

バーチは昔からあるヘーゼルナッツが入ったチョコレートです。イタリアのチョコレートはやはりヘーゼルナッツとの相性が絶妙的です。ハートの形をした箱もなかなかおしゃれですよね。

詰め合わせのイタリアンチョコレート

バーチの定番は左側の青い箱に入ったものですが、普通だとつまらないという方は、詰め合わせを選んでみましょう!ひと袋で何種類もの味が楽しめますし、何より色合いがイタリアらしく奇麗ですよね。(3.5ユーロ、約450円)

ちょっと粋なお土産はこちら!ピスタチオクリーム&へーゼルナッツクリーム!

ピスタチオ・へーゼルナッツ・アーモンドのクリーム

左からピスタチオ、ヘーゼルナッツ、そしてアーモンドのクリーム。最近流行りのピスタチオは、実はシチリア産がとても味が濃厚で美味しいのです。クリームとなったピスタチオはドルチェだけではなく、白身魚とも相性が抜群!もちろんシンプルにトーストに乗せても!

重さやパッキングは気になるものの、やはり日本にはない種類の多さが魅力的なイタリアワイン!折角ですので、イタリアでしか買えないようなオリジナルワインを探してみましょう!

地域性の強いイタリアワイン!まずは手軽な値段で買える白ワインから!

白ワインの並ぶ棚

気軽な値段で買えるイタリア白ワイン。こちらはアルジオラス社のヴェルメンティーノです。魚料理におすすめの一本となります。(10ユーロ前後、約1300円から1500円)

ピンからキリまであるイタリア赤ワイン!手頃な値段で好まれるものを!

赤ワインの並ぶ棚

ピンからキリまであるイタリア赤ワインですが、手頃な値段で買える美味しいものの一つはヴァルポリチェッラでしょう。アマローネは高くて買えないという方にも是非おすすめです。

スーパーでも妥協はしたくない!高級志向の方にはこちら!

ガラスケース入りの高級ワイン

スーパーでも少しリッチなワインが欲しい!そんな方はガラスケースの中を覗いてみましょう!スーパーにしてはやや高価なワインは、このように鍵がかかったガラスケースに入って販売されています。店員さんに声をかけて取り出してもらいます。

食前酒のおつまみとして欠かせないタラッリ!

イタリアのタラッリの並ぶ棚

タラッリはサクッと歯ごたえのある、塩味の効いたスナック風。プーリア州の名産とされています。ひとつ手にしたら止まらない、正にその塩気がアルコールにぴったりのおつまみです。プレーン味の他、フェンネルの種を練り込んだもの、唐辛子味やドライトマト味とバリエーションも豊富です。そのまま食べても十分に美味しいのですが、プレーン味にはトリュフぺーストを乗せてみましょう!お洒落な前菜に早変わりです。(2ユーロから3.5ユーロ、約250円から450円)

様々な味のエスプレッソカプセル!オリジナルのひとつを見つけよう!

イタリアのスーパーのエスプレッソカプセル

最近では日本でも自宅でエスプレッソマシーンを使う人が増えましたね。そんな方へのおすすめはこちらのエスプレッソカプセル!手頃な値段で様々な味を楽しめます。エスプレッソマシーンがない方へは、袋入りの粉状もありますのでご安心を!(5ユーロ前後、約600円)

イタリアンスーパーの魅力の一部をお分かり頂けたでしょうか?こちらで紹介したものの他にも、あなただけのオリジナルの逸品を探してみるのも楽しいかもしれません。イタリア土産に迷ったら是非スーパーに足を運んでみましょう!楽しい旅の想い出の1ページとなること間違いなしです。

イタリアのスーパーの風景

この記事が気に入った方は、他のヨーロッパの記事もチェックしてみてください!