V9ylegsyqqitevvawnu8

イタリア

CATEGORY | イタリア

ローマ在住者が出会った!イタリアで驚きのカフェ・バールを地域別12選+@ご紹介!

2019.07.19

イタリア在住筆者が、生活、旅行中に出会った面白いカフェ、おすすめカフェをご紹介します。旅行をする際には何度も利用することになるカフェ。朝食から夕食後までのシーンに合わせて利用するバール(カフェ)を変えて、イタリアのお気に入りバールを見つけましょう。

この記事に登場する専門家

F6vg9a6rcihszn1gpkb2

イタリア在住ライター

Edicolante

イタリア在住19年。イタリアの小さな街歩きをし、美味しいものを食べながらのんびりと過ごすのが趣味です。私が得た情報がコラムを通して、皆様の旅のアイデアのお役に立てれば嬉しいです。

  1. イタリアでは1日にいったい何度カフェ(バール)に行くの?!
  2. アペリティーヴォ(食前酒とおつまみ)
  3. 電車に乗る前に、カフェを!
  4. イタリアのおすすめカフェ【ローマ編】
  5. イタリアのおすすめカフェ【フィレンツェ編】
  6. その他イタリア各地の老舗店、筆者が出会ったカフェ・バール
  7. さいごに。カフェではトイレも!
Fdmtzsk2gtupasvgaaml

こんにちは、Edicolanteです。イタリアでカフェと言えば、バール(Bar)です。朝ごはんはバールで朝食、仕事中の休憩もバール、ランチもバールで、おやつにバールでジェラート、仕事帰りに同僚とアペリティーボ、夕食後にカフェをしたりと、1日に何度もバールを利用する人が多いイタリアです。

Kdk3yyev2xysusrpu7av

その時々で利用するお気に入りバールがあったりします。“自分のバール”というのを持っていて贔屓にする人が多いですね。今回は私がイタリアで出会ったカフェ・バールをいくつかのシーンに合わせてご紹介します。

Xymdsj20g5fokd4vpovi

イタリアのバールでは、カフェやスイーツを楽しむ他にも、お酒を楽しむ場所でもあります。夕方になると、ハッピーアワーとしてアルコール類が安く提供され、おつまみもサービスで提供してくれたりするバールもあります。夕方頃に街歩きで疲れたら、アペリティーヴォやハッピーアワーと書かれた看板を出すお店に入ってみるのもおすすめします。

Iuofafc85cunztbxwnj7

イタリアでは、バールにより使用するコーヒー豆のメーカーが変わります。コーヒーが美味しくて有名なイタリアですから、メーカーも様々。イタリア全国、地域の名物コーヒーが存在します。旅行中それぞれの町で、どこのメーカーを使っているか観察をするのも面白いでしょう。

紙やプラスチックの入れ物に入れてもらい、お持ち帰りもできます。電車の中でカフェを楽しみながらの旅も良いですね。

イタリア各駅構内のカフェ

Mspc6zjofvd6lkbtdwvs

上の写真は、ローマ・テルミニ駅構内カフェ・ヴェルニャーノ。イタリア北部ピエモンテ州トリノ県のカフェを使っています。世界の玄関口、ローマの主要駅ですので、バールも多数入っていますが、それぞれ使っているコーヒーメーカーも違うので面白いです。

パン屋さんによるアートなカフェ★パネッラ

Vrzmrkrlqxawyum4vrbq

ローマ・テルミニ駅構内に最近開店したカフェ・バール。このお店はローマの老舗パン屋さんパネッラの支店なんです。本店は駅から歩いて10分ほどと少し遠かったので、今では旅行客も利用しやすくなって嬉しいですね。

Puwrylnld5humocmxu4p

パンで作られたアートな作品がウインドウに飾られているのが面白いのでチェックしてみてください。店内には真実の口の形をしたものや、サン・ピエトロ寺院のパンなどもあります。これを購入して、頬張りながらイタリアの街歩きをしている記念撮影はいかがでしょうか?インスタ映え間違いなしですよ。

■ お店情報

パネッラ本店 Pasticceria Panificio Panella

住所 Via Merulana, 54 ローマ

Gz0b65gn0mmdjmne2hm5

ローマ在住の筆者が出会ったイタリアならではの興味深い、びっくり驚きカフェをご紹介します。

石膏像が動き出しそうなカフェ★カノーヴァ・タドリーニ

Glv7kv8odjipfc4d5byy

ローマのスペイン階段近くに石膏像がいっぱいの博物館のようなカフェがあります。歩き疲れたらカフェで休憩を。先日ここで女子会をした時に、せっかくだから芸術作品たちと撮影を!と撮っておいた写真を後で見てビックリ!私のグラニータに手を伸ばしている人がいました。

■ お店情報

カノーヴァ・タドリーニ Canova Tadolini

住所 Via del Babuino, 150/a ローマ

懐かしのミキサーで作るジュースが売りのカフェ★パスクッチ

Kp5ua3ugurvw1uhpqzwd

ローマのパンテオンやナヴォーナ広場近くの1937年開店の老舗、懐かしのミキサーで作られるジュースが売りのカフェがあります。イタリアの太陽をたっぷり浴びた甘いフルーツや野菜を、目の前でミキサーにかけジュースを手作りしてくれます。一杯がかなりの量なので、それだけでお腹いっぱい。旅行中にはなかなかフルーツを食べれる機会がないので、ここでお楽しみください。

Ptpe73mrcim3qyuredqk

ローマで一番古いバール★カフェ・グレコ

Rks92nwhrdardlx2lkla

ローマにはいくつか老舗カフェがあります。一番有名なのが、カフェ・グレコローマで一番古いバールです。イタリアの旅行ガイドブックに必ず載っていますね。

ローマで一番美味しいコーヒー★サンテウスタッキオ

Glzx7a9dayxr2lxaawsx

上の写真は、サンテウスタッキオ。ローマで一番美味しいと言われているコーヒーを出すバールです。味の好みは人それぞれですが、ご自分で確かめてください。何も希望を伝えずにコーヒーを注文すると、勝手に砂糖が加えられて出てくるので、砂糖なしがよい方はご注意です。

黄色いラベルのシールが貼られたコーヒー豆などを売るお店が目印です。コーヒーのチョコボールをお土産にするのはいかがでしょうか?

Hmfygmut9zqn7tbcbmiu

フィレンツェに住んでいたこともある筆者おすすめのカフェをご紹介します。

上の写真はフィレンツェの老舗カフェ・リボワールの店内です。

カフェ・レッテラーリオ、読書ができるカフェ★ジュッべ・ロッセ

Zfp4pv6xn3ofw1oc03u8

イタリアにはカフェ・レッテラーリオと呼ばれる読書のできるカフェがあります。

フィレンツェには1897年、ウィーンのものが流行っていた時代に、ドイツのビール製造者ライニングハウス兄弟がカフェを開店しました。しかしフィレンツェの人には覚えにくい名前だったため、その頃の店員の赤いユニフォームを目印に「赤いジャケットのお店に行こう!」と呼ばれていたことから、ジュッべ・ロッセ=赤ジャケットと、改名されました。店内は真っ赤なライトでとても雰囲気のある落ち着く空間です。

詩人や政治家がチェスを楽しんだり、未来派の画家たちの集会所として使われていた時期もありました。外の席もありますので、ゆったりと町を歩く人を眺めたり、読書を楽しむのはいかがでしょうか?

■ お店情報

ジュッべ・ロッセ Caffè Giubbe Rosse

住所 Piazza della Repubblica, 13/14r フィレンツェ

イタリア各地の旧市街には老舗カフェがあり、店内の雰囲気も楽しめ歴史を感じます。コーヒーの味だけでなく、昔のイタリアへタイムスリップした感覚も味わえますよ。

ファルファでおすすめカフェ★イタリアの修道院のカフェ

Y7bgdfxuy6yoohgjjdfj

イタリアにはたくさんの修道院があり、施設内に設けられたカフェやお土産物やさんは、建物内も見れて興味深いです。

上の写真はローマから北、ラツィオ州リエーティ県のファルファ修道院の見学に行った時に入ったカフェです。修道院見学時間まで少し時間があったので休憩を。壁画が残り、テーブルには修道士がラテン語翻訳したノートが展示されていました。昔の人の綺麗な字を見ながら、当時の生活に思いを馳せました。

■ ファルファ修道院 Abbazia di Farfa

住所 Via del Monastero, 1 カステルヌオーヴォ・ディ・ファルファ

ベネヴェントでおすすめカフェ★魔女のカフェ、ミステリアスな町の老舗バール

Kknw0btrndnutr9yttlx

ベネヴェントの誇るリキュール、チョコレートのメーカー、ストレーガの直営バールです。1860年創業のリキュールを製造しています。黄色い色はサフランの色。イタリアのスーパーやエノテカでも買えるので探してみてください。

Ffd5k4zmr4sat5j5sfjg

ベネヴェントの町には魔女=ストレーガ伝説があるのです。悪魔や魔女が集ってクルミのしたで宴会をしていたと言い伝えられています。ローマ人が攻めて来る前はサニウム人が住んでおり、マレウェントゥム=悪い風と呼ばれていた町を、ローマ人が征服後は、それでは縁起が悪いということで、ベネヴェントゥム=良い風と改名したのです。ミステリアスな町ですね。

■ お店情報

カフェ・ストレーガ Caffè Strega

住所 Corso Garibaldi, 110 ベネヴェント

ラクイラでおすすめカフェ★地震で壊滅的な被害に遭いましたが、頑張ってます!

Xamcgsxu4zjbxdiuyyhh

上の写真はアブルッツォ州ラクイラ市内の老舗バールです。2009年、この町周辺で発生したマグニチュード6.3の群発地震で、309人の犠牲者が出ました。その3年後に訪れたラクイラには、大きな地震の爪痕が残っていました。町の人は郊外や他の町に引っ越し、ゴーストタウンと化し、どこのお店も閉まっているにも関わらず、頑張って運営していました。心からエールを送ります。

ラクイラ名物のトッローネというナッツ入りチョコバー、トッローネ・ヌルツィアの直営店です。

その他のイタリア主要都市の老舗カフェをリストアップしておきます。次回のご旅行の時には是非足を踏み入れてみてください。お店情報は、公式ホームページがあるお店はリンクをはっておきましたので、ご参考に。

イタリアのカフェでは、お茶やお食事休憩をする以外に、できるだけお手洗いも借りてください。イタリアではトイレを見つけるのがとても難しいです。駅などでも利用できますが、有料でコインを用意しなければならなかったり、列に長い時間並ぶことになります。

Trs1fllihtbww0tasyep

上の写真は、先日旅をしたローマから南のガエータという町のバールのトイレ。便器の隣にローマ時代の大理石の円柱遺跡がありビックリしました。こんなサプライズはイタリアだけですよね!

いかがでしたでしょうか?イタリアのカフェの雰囲気を楽しんでいただけましたでしょうか?残念ながら、カフェやスイーツの味と香りはお届けできませんので、是非イタリアに実際に行ってみて味わってください。

筆者のほぼ毎日更新のブログホームページもご覧になっていただけると嬉しいです。


この記事が気に入った方は、私が書いた他のイタリアの記事もチェックしてください!