Kjizrv65vfbeu6udt2cc

ドイツ

CATEGORY | ドイツ

伝統の街シュトゥットガルトの街を歩こう!ドイツ在住者おすすめ観光スポット7選!

2019.08.01

シュトゥットガルトといえばベンツやポルシェとドイツを代表する大企業を想像する方が多いのでは?それが実は歴史的な建築物、音楽や芸術が盛んでモダンかつ伝統的な要素が混在した魅力的な街。今回はシュトゥットガルト駅から徒歩で観光できるおすすめスポットをご紹介!

この記事に登場する専門家

Wlky4mi2v3ppbhcwudvk

ドイツ在住ミュージシャン

Yumi

ドイツ在住、オルガニスト兼主婦。音楽活動のかたわら翻訳業、旅に食に音楽と情報発信中。趣味も仕事も音を奏でること。あえて言うならば、すべての分野に新しい出会いを求め旅すること。

  1. ライター紹介
  2. ①いつ来ても癒しの空間!【Obere Schloßgarten(新宮殿裏側の公園)】
  3. ②芸術鑑賞にぴったり!【Staatstheater(州立歌劇場)】
  4. ③圧倒的な存在感!【Neues Schloß(新宮殿)】
  5. ④ガラスキューブのモダンな建物が印象的!【Kunstmuseum(現代美術館)】
  6. ⑤ドイツの歴史を感じられる【Altes Schloß(旧宮殿) 、Landes Museum(州立歴史博物館) 】
  7. ⑥パイプオルガンの音色を聞きたい!【Stiftkirche (シュティフト教会)】
  8. ⑦滞在ホテルで食べたいものはここで入手!【Markthalle Stuttgart (マルクトハレ・市場)】
  9. ⑧ばらまき土産を買うなら【königstraße(ケーニヒ通り)】
  10. 伝統的かつモダンなシュトゥットガルトの魅力は尽きない!

はじめまして!!ドイツ在住、Yumiです。日本で普通のOLでしたが、やっぱりまた音楽を勉強したくなって思い切ってドイツへ留学。大学在学中に結婚し在住歴9年。教会でオルガンを弾いたり伴奏したり色々な音楽活動をしてます。ワインとパイプオルガン、新しい出会いがあるところへ常に色々な都市を飛びまわってます。

ドイツの日本人
ドイツの宮殿の庭

素晴らしい景色、自然と噴水のある湖の傍で癒しの空間を

まずは、シュトゥットガルト駅を降りて賑わうKönigstraße(ケーニヒ通り)を歩き始めてすぐ傍にあるのがSchloßgarten(宮殿の庭)。宮殿を背景に広がる湖には白鳥と鴨さんたちが毎日仲良く泳ぎ水浴びを、そして湖を囲むように草花が咲き、ベンチや草むらの上では日光浴や読書を楽しむ人たちやジョギングする人。 私がドイツに来て、最初に降り立ったのがここ。日本から初めて来た時はストレスと不安でいっぱいだったそんな私の心を和ませ癒してくれました。

白鳥に鴨、自然もあって落ち着く場所。季節問わず絵になる光景です。

■アクセス シュトゥットガルト駅、Königstraße(ケーニヒ通り)から100メータほど行き左折、徒歩3分程度

オペラにバレエ、演劇と盛りだくさん!

ドイツのシュトゥットガルト州立歌劇場

シュトゥットガルト州立歌劇場には、オペラ、バレエ、演劇と3つの分野があり、特にバレエは日本公演も行われていて有名です。 専属管弦楽団のレベルも高く、素晴らしいソリストが勢ぞろい。またオペラハウスの内装もきらびやかでとても素敵です。音楽の本場ここドイツで、オペラやバレエ鑑賞も旅のスケジュールに組み入れてみてはいかがでしょうか。

他とはまた違った現代風にアレンジされた舞台は言語が理解できなくても解りやすい?!

モーツアルトからプッチーニとドイツやイタリアのオペラの舞台が、ここシュトゥットガルトでは比較的現代風にアレンジされていて、この曲知っているけれど意味がわからないという方でも、意外とわかりやすいかも?

詳細情報

■公式サイト 英語

■公開カレンダー (英語)

■チケット購入(オンライン 英語)

■住所Oberer Schloßgarten 6 70173 Stuttgart

■アクセス シュトゥットガルト駅から徒歩2,3分

■地図

Neues Schloß前の庭はいつも大賑わい

ドイツのNeues Schloß(新宮殿)

新宮殿の建設は1746年から1806年にかけての大事業となり、Württenberg公や国王のレジデンスとして建てられました。 みてください、この見事などっしりとした迫力のある宮殿を! 現在、中は見学できませんが、観るだけでも楽しめます。春から夏は、この芝生の上でお昼寝したりしている若者で溢れかえり、日頃からこのような景色が日常にあるなんて素敵ですね。 この日は、週末の夏のフェスタの準備で大忙しでした。冬にはこの前の通りにWeihnachtsmarkt(クリスマスマーケット)が立ち並びますが、夏にも色々な魅力的なイベントがたくさんあります。

中には色んなショップが!Königsbau

ドイツのケーニヒスバウ

新宮殿の正面、庭を挟んで反対側にはKönigsbau(ケーニヒスバウ)が。 中はショッピングセンターとなっており、いろんなショップが店を連ねています。 外のオープンテラスで素敵な宮殿と庭を眺めながら、レストランやCaféでビールにワイン、お茶はいかがでしょうか?

Königsbau 詳細情報

■住所 Königsbau Passagen Stuttgart Königstraße 26 70173 Stuttgart ■アクセス シュトゥットガルト駅からケーニヒ通りを歩き徒歩5分、U-Bahn 5, 6, 7 , 15 もしくはバス 42,44 線でSchlossplatz(シュロスプラッツ)降りて直ぐ。

■営業時間 Königsbau Passagen は 月曜日から土曜日まで 10:00 - 20:00 日曜日は終日休業 営業時間はお店によって異なります

街のど真ん中にあるお洒落な美術館

シュトゥットガルトのKunstmuse

そして、古典的な建物Königsbauのお隣Königstraßeのほぼ真ん中あたりにガラスキューブのモダンな四角い建物が突然現れます。現代美術館 Kunstmuseです。ウォーホールやヴィリーバウマイスターなど世界、ドイツでも有名な芸術家、古典から現代と膨大な作品が展示されています。一階部分は無料で入れ、カフェや芸術関係のショップを楽しめます。

Kunstmuseum詳細情報

■住所 Kleiner Schlossplatz 1 70173 Stuttgart

■アクセス Königstraße(シュトゥットガルト駅からケーニヒ通りを5分)、U-Bahn 5, 6, 7 , 15 もしくはバス 42,44 線でSchlossplatz(シャルロッテンプラッツ)降りて直ぐ。

■営業時間 火曜日から日曜日 10:00 – 18:00 金曜日のみ 10:00 – 21:00 月曜日は休業 ■チケット KUBUS. SPARDA-KUNSTPREIS (2019,3/23 - 6/23 ) コレクション込 11 € / 学生割引 8 €

シュトゥットガルト新聞社の外観

現代美術館の隣には、シュトゥットガルト新聞社。しかし、ここで私がおすすめしたいのは、その下部にある本屋さん。 色々な本屋、参考書が充実しています。 ドイツ語の料理本や、ガーデニング、リビング関係の本は、自宅にインテリアとして飾ってもお洒落!

ドイツの本屋

また、ドイツの本屋さんには、その地方に関連するグッズ、文房具、ポストカードやカレンダーが売られている一角があり、お土産におすすめです!

歴史のある建物自体がミュージアム

シュトゥットガルト旧宮殿の州立歴史博物館

新宮殿の脇には、道路を挟んで、簡素なルネッサンス様式の旧宮殿があります。 16世紀に建てられたお城ですが、今は、お城自体がヴュルテンベルク州のミュージアムになっており、様々な歴史的文化財、保存物が展示されており、必見の価値ありです。

シュトゥットガルト旧宮殿の州立歴史博物館

旧宮殿の中の吹き抜けバルコニーの眺めも素敵。何か、ルネッサンス時代にタイムトリップしそう.... この脇に、ミュージアムインフォメーションがありますが、入場は無料です。

■住所 Altes Schloss Schillerplatz 6 70173 Stuttgart

■地図 Markthalle情報下部に記載

■営業時間 火曜日から日曜日、祝日 10:00 - 17:00 Uhr 月曜日は終日閉館

■入場無料

Schillerplatz (シラー広場)

シュトゥットガルトのシラー広場

レストラン Alte Kazlei の裏側、Landesmuseumの真横にある広場。 ドイツ古典主義の劇作家、芸術家 Friedlich Schiller(シラー)はご存知でしょうか?ゲーテと並んで有名で、また日本でも年末コンサートでよく歌われるベートーベンの第九「合唱付き」の合唱部の原詩でもよく知られています。 このシラーをたたえて作られた広場。 冬にはこの広場にもWeihnachtsmarkt(クリスマスマーケット)が建てられ、とても賑わいます。

シュトゥットガルトのシラー広場のアルテ カンツライ

レストランAlte Kanzlei(アルテ カンツライ)が入るこの建物は実はとても古い歴史的な建物、その名もAlte Kanzlei。 この建物自体は、1542年ごろから建設され、現在、上部はBaden=Württemberg(バーデン・ヴュルテンベルク)州の法務省が、下部の階にはこのレストランと伝統のある薬局が入っています。 このレストランは、料理やワインがとても充実しており、とても美味しいです。 正面の1階部、オープンテラスは比較的カジュアルで、美味しいワインとドイツ料理で乾杯!歴史を感じる空間で素敵なひと時を満喫してください。

レエストランAlte Kanzlei 詳細情報

■住所 Alte Kanzlei Stuttgart GmbH Schillerplatz 5A 70173 Stuttgart

■営業時間 月曜日から金曜日 9.30 - 24.00 土曜日 9.00 - 24.00 日曜日、祝日 9.00 - 23.00 温かいお料理は 23.00 まで 日曜日、祝日は 22.00 までにオーダー

■予算 20〜40€ コース料理は35€から

歴史ある教会、音楽祭やオルガンの荘厳な響きが日常に

シュティフト協会

Schillerplatz(シラー広場)を通り抜けるとあるのがシュティフト教会。 シュトゥットガルト中心部には、2つのカトリックとプロテスタントの中心的な教会があり、その内のプロテスタントの教会がこのシュティフト教会。伝統と歴史のある教会ですが、実は中は比較的モダンに改装されており、大きなパイプオルガンも設置されています。 ヨーロッパの教会は日中に解放されているところが多く、内部も自由に見学で来ます。日曜日には礼拝、または月に幾度か様々なコンサートが盛んに開かれ、日本ではコンサートホールでクラッシック音楽やパイプオルガンのコンサートを聴きに行くことが多い中、ここヨーロッパではもっと身近で日常的です。 ヨーロッパで教会に訪れた際は、是非とも滞在時にある教会音楽コンサートのチェックをしてみてください。 神聖な空間で、荘厳なパイプオルガンの響きを感じてみてください。

シュティフト教会教会音楽情報

- 毎週、土曜日と日曜日に礼拝。 - 7月から8月まで "Internationalen Orgelsommer"(国際、夏のオルガン祭典) 金曜日の 19:00-20:00 入場可、

入場料 9 € - Adventの 時期(クリスマス前の4週間 )"Orgelmusik zum Weihnachtsmarkt"(クリスマスのためのオルガンコンサート) 毎週日曜日 の13:15-13:45

入場料 3€ - オルガン見学 (グループでの問い合わせに対応)

シュトゥットガルトのマルクトハレ・市場

観光客の方にはあまり知られていないだろう一押し買い物スポットがここMarkthalle(マルクトハレ)。 いわゆるマルシェですが、ドイツだけでなくヨーロッパから直送の普通のスーパーでは手に入らないようなデリカテッセン、新鮮な食材、品々がここで購入できます。 MarkthalteにはGastronomieやCaféなどもあり、シュトゥットガルトの美食家にも大人気。 滞在ホテルで試してみたいワインとともに、チーズやハム、チョコレートなんていうのもありですよね。

アール・ヌーヴォーの建物の中にはいろんなショップが!

シュトゥットガルトのマルクトハレ・市場

アール・ヌーヴォーの建築、スタイルを持つ内装、1914年から続く伝統のあるマルシェで楽しくお買い物を楽しんでください。

シュトゥットガルトのマルクトハレ・市場

可愛いお店がたくさん。 おすすめは、少し重いですが...コンフィチュールやチョコレートなどお土産にいかがでしょうか。

Markthalle 詳細情報

■住所 Dorotheenstraße 4 70173 Stuttgart

■営業時間 月曜日から金曜日 7:30 – 18:30 土曜日 7:00 – 17:00

■Altes Schloß、 Wüttemberg Landes Museum、 Schiller Platz 、Alte Kanzlei 周辺の地図

シュトゥットガルトのケーニヒ通り

おすすめビアレストランNo.1 Brauhaus Schönbach

Brauhaus(ブラウハウス)とはビール醸造所のこと。そうです、ここSchönbach(シェーンバッハ)は自家製ビールをダイナミックなドイツ料理とともに提供してくれるビヤレストラン。内装も何か、オクトーバーフェストを連想するような内装で、まさに ザ・ドイツ!という感じ。 特に、この地方のSchwaben料理(シュヴァーベン郷土料理)はおすすめですが、もちろんバイエルン地方の料理まで色々とあります。

ケーゼシュペッツェレ

これはKösespäzle (ケーゼシュぺッツェレ)というSchwaben(シュヴァーベン)料理のうちの一つ。ドイツの麺に、これでもかっ!という量のチーズをからめオーブンで焼き、最後には炒めた玉ねぎが添えられています。どの国にも似た料理があるもので、いうならばイタリアンのカルボナーラを更にこってりドイツ風にしたような....ビールだけじゃなくワインにも合います。友人が頼んだのは、家庭料理のLinsensuppe mit Wurst(レンズ豆のスープとソーセージ)。レンズ豆のスープはよく我が家でも登場。 このビアレストランはドイツ語がわからない、英語なら少しという観光客の方にも本当におすすめ。豪快に飲んで食べて店員さんとも仲良くなってしまう愉快なフレンドリーなビアレストランです。

Brauhaus Schönbachレストラン詳細情報

■営業時間 毎日 11.00 - 24.00 木曜日から土曜日 11.00 - 01.00 終日開店 (お昼の休憩なし)

■住所 Bolzstrasse 10 70173 Stuttgart

■アクセスシュトゥットガルト駅から徒歩3分程

■地図

■Brauhaus Schönbach公式サイト

おすすめ Café Hafendörfer Yeans Halle店

Königstraßeを歩き始めて数分、300メートルほど先の左手側にこのCaféが現れます。もともとはドイツパン屋さんで自家製のドイツぱんにケーキも自慢のCaféです。イタリアンローストのエスプレッソやカプチーノも美味しく、私は毎週ここでとりあえず休憩。夏はアイスも美味です!

Café Hafendörfer Yeans Halle店

Hafendörfer Yeans Halle店 詳細情報

■住所 Königstraße 3 70173 Stuttgart

■アクセス シュトゥットガルト駅からケーニヒ通りを徒歩3分程

■営業時間 月曜日から土曜日 6:15 - 20:00 日曜日は終日閉店

旅先で緊急に何か必要 ?!または、お土産選びにも最適なショップ2件!

ドイツのコスメショップ・T.K.max

ドイツの大都市には必ずある、まずはこのT.K.maxをご紹介。ヨーロッパ全域のコスメやカバンに靴、生活用品とにかくなんでもあるアウトレットのようなところで、みなさんが知っている有名ブランドから普通のドイツのブランドまでとにかくなんでもあって安いんです。イタリアやフランスに訪れていなくても、ここでお土産が買えてしまうという...。 私は、日本に一時帰国する際には、毎回このT.K.maxをのぞいてたくさんのお土産を友人に家族に買って帰ります。

ドイツのコスメショップ・T.K.max

石鹸やボディーソープ、シャンプー、更に、服や靴などもあって旅先での緊急事態にも役立ちます。

ドイツのコスメショップ・T.K.max

他の商品の下に隠されてPRADAまで。

ドイツのコスメショップ・Müller

T.K.maxの向かい側にあるのが、このMüllerさんも旅先では大活躍。 コスメ(ヨーロッパハイブランドから自然派まで)や香水、飲み物に生活用品から文房具まで雑貨用品まで色々とあります。

St.Eberhard教会とその隣接Café、ギャラリーもおすすめ!

シュトゥットガルトの聖エーベルハルト教会

Müllerのほぼ隣、シュトゥットガルト駅からKönigstraße(ケーニヒ通り)を徒歩5、6分、人で賑わう通りにある教会がもう1つの街の中心的なカトリック教会 St.Eberhard(聖エーベルハルト教会)。 その横には、教会のCaféとギャラリー本屋さんが隣接されており、お茶を飲みながら色々な雑貨も見れ更に教会の中も見学できるという、覗いて見るだけでもおすすめです。

■住所 Königstraße 7, 70173 Stuttgart

■アクセス シュトゥットガルト駅からケーニヒ通りを徒歩5、6分

おすすめビアレストラン No.2 Carls Brauhaus am Schlossplatz

■住所 Stauffenbergstraße 1 70173 Stuttgart Direkt am Schlossplatz

■営業時間 月曜日から木曜日 10:00 - 0:00、 金曜日、土曜日 10:00 - 1:00、日曜日 10:00 - 23:00まで (温かいお料理は 23:00まで、日曜日は22:00まで)

■予算 Café 感覚の場合は10€程度、お食事20€〜30€程度

Königstraße(ケーニヒ通り)沿いのお店情報、緑色の目印が今回ご紹介したところです。

ドイツのシュトゥットガルトの風景

シュトゥットガルトにはまだまだたくさんの魅力がいっぱいで、一度には書ききれないほどです。 また時を改めて、冬のWeihnachtsmarkt(クリスマスマーケット)や郊外の観光スポット、車好きにはたまらない情報などなどをお届けしたいと思います!


この記事が気に入った方は、他のドイツの記事もチェックしてみてください!