Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Categoryインド

【インドは怖くない!】極貧バックパッカーが伝えるムンバイの治安

こんにちは!旅行先として人気なインド・ムンバイですが、「治安が気になる」「安全なの?」と思っている方も少なくないはず。確かに危ない地域もありますが、ムンバイはしっかり注意していればとっても楽しいく素敵な街なんです!そこで今回は、インドを一か月かけて回った僕がムンバイの治安を徹底解説!

この記事に登場する専門家

フタマタのサムネイル画像

極貧バックパッカー

フタマタ

世界20カ国を旅した学生極貧バックパッカーが実体験とともに旅情報をお届けします!現在ミャンマーでインターン中。

ライター情報

こんにちは!ライターのフタマタです。大学生の長期休暇を利用し世界17各国をバックパッカーとして旅をしました。現在は、ミャンマーで日本語教師としてインターンをしています。そのあとに、ミャンマーから南アフリカ共和国を目指す予定です。ブログ「世界旅行」を運営中。

外務省安全ホームページではレベル1

ムンバイの町並み

外務省の海外安全ホームページではムンバイはレベル1となります。ヨーロッパなどはレベル0なので高く感じてしまうかもしれませんが、注意すべきところをしっかり注意していれば安全に旅行できます。

海外安全ホームページ

ムンバイにはスラムもある!

ムンバイのスラム

ボリウッドや世界各国の企業が集まる大都会ムンバイですが、実はスラムもあるんです。しかも、コラバ地区というムンバイの中心地の中にあります。ムンバイの有名なインド門から歩いて15分ほどでたどり着きます。海に面しているので直ぐに見つかると思います。

ツアーなどでスラムを回るツアーがあるそうですが、ツアー以外で近寄るのはなるべく避けた方がよさそうです。外国人はお金持ちだと思われているので、危ない目に遭う可能性が他のエリアよりも高くなってしまいます。

カースト制度はインド人の心の中に。住んでみて分かった実情をお届け!のサムネイル

カースト制度はインド人の心の中に。住んでみて分かった実情をお届け!

ヒンズー教徒が8割以上を占めるインドでは、国民の大半がカースト制度の影響を受けています。法的には70年近く前に撤廃されたカースト制度ですが、インド人の心の中に強く染みついて残っています。ここでは、筆者のカースト制度体験をご紹介します。

trip-partner.jp

インド・ムンバイエリア別治安情報①「南部」

インド門

まずは、ムンバイ観光の中心地南部から見ていきましょう!南部にはムンバイ大学があったり、大きな公園があったりなどとても過ごしやすいエリアで、観光としても人気な都市です。しかし、観光客が多いがために注意しなくてはいけないことがあります。

高額ツアー会社

日本人にかなり注意してほしいのがこちらです。ムンバイには悪質な旅行代理店が多いです。インドで10万ちかくのツアーを組まされたり、ツアーを組んだのに現地に行ってみると予約されてなかったりということがあります。安心できる代理店か自力がおすすめです。泊まったホテルやゲストハウスでというのが一番安心できますね。

スラムには要注意

スラムというだけで危険というのは良くありませんが、リスクが高いのは確かです。近くまで行ってみるのは問題ありませんが、間違っても一人で入っていくのはやめましょう。ナイフを突きつけられるなどの被害もあるそうです。

話しかけてくるインド人には注意

これは定番ですが、話しかけてくるインド人には注意しましょう。ろくなことになりません。先ほど紹介した「悪質旅行代理店」に連れていかれることもあります。すべてがそういう人ではないのは確かですが、余計なリスクを背負う必要はありません。もし、仲良くなってしまっても嫌なこと・危なそうなことにはしっかり「ノー」と言いましょう!

インドの貧困はいつまで続くの?スラム支援経験者がインド貧困の実情を報告!のサムネイル

インドの貧困はいつまで続くの?スラム支援経験者がインド貧困の実情を報告!

インドに行ったことある人は、道路わきのちょっとしたスペースなどで生活している人たちの集団を見ませんでしたか?今回はインドの貧困についてお話します。重い話題ですが、いつまでたっても無くならないインドの貧困の現状と原因を探ってみましょう。

trip-partner.jp

インド・ムンバイエリア別治安情報②「北部」

インドのお祭り

北部は観光というよりは商工業地区になっています。そのため注意点が南部とは少し変わってきます。訪れる方は注意してください!

暗いので夜歩きは避けよう

南部は観光客も多いので夜になっても比較的明るいですが、北部はそうではありません。夜になるとしっかり暗くなってしまいます。なので、一人で出歩くことは極力避けた方がいいでしょう。

インドは性犯罪が多いことでも有名です。女性も男性も暗い夜道を歩き回るというのはお勧めできません。

インド・エリア別治安情報③「全体」

それでは最後に全エリアで注意してほしいことをお伝えします。

スリは多い

電車・バスを利用する際はスリに気を付けてください。こっそり取られるようなこともあれば、大胆にもカバンをナイフで切られたり、無理やり持っていかれたりなど様々です。リュックならば前に持つようにするなどをした方がいいですね。

置き引きにも注意

どんな国でもどんな場所でも置き引きにはしっかり注意してください!仲良くなったインド人に見てもらうように頼んだら、荷物と一緒にインド人も消えていたということもあるようです。

路地裏に進んでいくのはやめておこう

極貧旅行の醍醐味と言えば街歩きですが、路地裏にガンガン進んでいくのは避けましょう。特に一人で行くのは避けたいです。先ほども言ったようにインドでは性犯罪が多いです。犯罪に巻き込まれないためにも注意が必要です。

ムンバイではテロにも注意

ムンバイでは過去に何度か大きなテロがありました。ムンバイ同時多発テロは記憶にある人も多いのではないでしょうか?近年では落ち着いているようですが、いつ起きるかもわかりません。無用な人ごみは避けるなどしておきましょう。

お祭りにも注意

ガネーシャ祭り

インドの祭りは盛大でとっても楽しいですが、日本の祭りを想像していくと度肝を抜かれます「ホーリー祭」「ガネーシャ祭り」など大きな祭りはいくつもあります。その時は、軽い暴動に参加するという気持ちで行きましょう。その激しさはすさまじく、僕が参加したときは何の注意もなくいきなり真横で花火や爆竹がさく裂していました。

外国人もですが、それ以上に現地人の熱はすごいです。貴重品などは極力ホテルやゲストハウスのロッカーに置いていった方がいいです。

注意さえすれば大丈夫!

ここまでいろいろと言いましたが、しっかり注意さえすればムンバイはきれいで過ごしやすくいい街です。インド人もほとんどの人はいい人で気さくな楽しい人ばかりです。注意を怠らずにインド・ムンバイ旅行を楽しんでください!それでは、良い旅を!


この記事が気に入った方は、他のインドの記事もチェックしてみてください!

インド在住者おすすめ!絶対に喜ばれるインドならではのお土産10選!【2019年最新版】のサムネイル

インド在住者おすすめ!絶対に喜ばれるインドならではのお土産10選!【2019年最新版】

世界第2位の人口を誇り、人で溢れるインド。多種多様な民族、言語、宗教。行く土地によって異なる姿を魅せてくれるインドに多くの人が魅了されていることでしょう。旅に欠かせないのが、お土産!今回はインド在住者がおすすめするインド土産をご紹介します!

trip-partner.jp