Kmueupiblkvtyq4s32fi

ニュージーランド

CATEGORY | ニュージーランド

【厳選】ニュージーランド・クライストチャーチお菓子お土産10選!もう迷わない!

2019.07.10

クライストチャーチを訪れた方、せっかくならクライストチャーチ特有のお土産を買って帰りたいですよね。お土産にお菓子を買いたいけど、何を買えばいいのかわからない…という方必見!お菓子のお土産を買うならここ!というお店をクッキータイムを筆頭にご紹介します。

この記事に登場する専門家

Fx8c0ekwuycnbm0gdscb

海外在住ブロガー

Saki

人生は一度きりだから楽しんだもん勝ち!という精神で生きています。LTLYL BLOG (リトリル ブログ)では海外情報や日常生活に関することなどを発信しています。

  1. クライストチャーチで買えるお菓子のお土産10選!
  2. クライストチャーチならではのお菓子のお土産といえばクッキータイム!
  3. 甘いお菓子好き必見!Fudge Cottage
  4. 小分けしやすいお菓子のお土産ならLOLLY SHOP
  5. チョコレートで少し高級なお菓子のお土産ならDe spa chocolatier
  6. 受賞歴に輝くチョコレートが人気!クライストチャーチのShe Universe @ The Tannery
  7. ベーカリーだけどお菓子のお土産も購入できるCoupland's bakeries
  8. チーズ好きにお土産はいかが?Canterbury Cheesemongers
  9. マカロンのお土産ならここ!J'aime les macarons The colombo
  10. お土産に喜ばれるクライストチャーチ産の100%生はちみつならGOLD FERN
  11. 種類が豊富でお土産にピッタリ!J.Friend & Co.
  12. クライストチャーチで買えるお菓子のお土産まとめ

こんにちは!ライターのSakiです。


今回、クライストチャーチならではのお菓子のお土産について、何を購入すれば良いのかわからない・・・という方のために、クライストチャーチで買えるお土産10選をまとめてみました!少しでもお役に立てれば幸いです。

本店がクライストチャーチにある!?

Jzbegog3wgubf1pyvkvq

クライストチャーチでお菓子のお土産と言えば、こちらのクッキータイム!

日本の原宿にもお店があるので、クッキータイム自体をご存知の方はいらっしゃるかもしれません。

実は、そのクッキータイムの本社がクライストチャーチにあるのです!

外観、内装共に可愛らしく、子供から大人まで楽しむことができます。

ここでしか買えないものや見れないものがたくさんあるので、日本へのお土産に最適です!

Pyqtnt7cv7cickluylc6

ここでは出来たてのクッキーも販売しており、いくつかのフレーバーから選ぶことが出来ます。お土産ついでに自分へのご褒美として、スーパーなどでは購入できないホカホカのクッキーはぜひ試して頂きたいです。できたてのクッキーは一味違います。

クッキータイムのギフトセット
引用: https://cdn.munchtime.co.nz/wp-content/uploads/2019/04/MT-Mothers-DEALS1.jpg?x61378

上記のギフトセットは「Kiwi Love Cookies」というものですが、これだけ入っていて$40(約2500円)とお得になっています。

クッキータイムの店舗情報

お店:Cookie Time

住所:789 Main S Rd, Templeton, Christchurch 8042

営業時間:月曜~金曜日 9:00~17:00 / 土日 9:30~16:30

ニュージーランドの人は甘いものが大好き!!

ここではファッジをメインに販売しています。ファッジという言葉に馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。

ファッジというのは元々はイギリス発祥のお菓子で、砂糖、牛乳、バターを混ぜ加熱したものを冷やして固めたものです。

ホーキーポーキー味のファッジ
引用: https://fudgecottage.co.nz/wp-content/uploads/2017/03/Hokey-360x360.jpg

ここではそのファッジに様々なフレーバーを加えたものが売られています。

中でも、HOKEY POKEY(ホーキーポーキー)というキャラメル風味でニュージーランド特有のフレーバーはひとつ$5.50(約350円)とお得でお土産にもってこいです。

Qih6ssrwfmaalh25uavl

ファッジの他にもチョコレートなどが販売されており、お土産やギフト用に可愛くラッピングされたものがあります。

実は筆者も、上記の写真にもあるチョコレートで出来たソリで作られたお菓子をお世話になっている現地の方にお渡ししました。これだけ豪華な見た目でも$24とお得です。

すごく喜んでもらえたので、ちょっとしたギフトにもオススメです!

Fudge Cottageの店舗情報

お店:Fudge Cottage

住所:28 Worcester Blvd, Christchurch Central, Christchurch 8013

営業時間:月曜~日曜日 10:00~17:00

引用: https://www.lollyshop.co.nz/site/lollyshop/images/Shop%20Photo%20(3).jpg

1997年から20年以上、クライストチャーチで地元の人に愛されてきたお家族経営の菓子屋さん。

ここでは地元の素材を使用したキャンディーやグミなどが販売されています。

バレンタインデーやクリスマスなどのイベントごとに、スペシャル仕様のものが作られ、多くのカテゴリがあるのも特徴です。

Feijoa味のキャンディー
引用: https://www.lollyshop.co.nz/ic/4143690458/feijoa%20rk.png

ニュージーランド産のフルーツを使用したキウイキャンディーやフェイジョアキャンディーなど、ここならではのお菓子が購入できます。

ニュージーランド特有のキャンディーが買えるのは嬉しいですね。

写真のフェイジョアキャンディーは$3.49(約250円)です。

LOLLY SHOPの店舗情報

お店:LOLLY SHOP

住所:173 Dyers Rd, Bromley, Christchurch 8062

営業時間:月曜~金曜日 8:30~17:30 / 土曜9:00~17:00 日曜 10:00~17:00

素材にこだわったチョコレートで、少し高級なお土産として大切な人へ贈ることができます。

チョコレートの種類も豊富で、お土産に最適なギフトボックスもあります!

どれを買おうか迷っても、店員さんが優しく対応してくれます。

普段とはちょっと違ったお土産はいかがでしょうか?

物により値段は変わりますが、4ピース入りで$10.40(約700円)、12ピース入りのもので$32.50(約2000円)です。

De Spa Chocolatierの店舗情報

お店:De Spa Chocolatier

住所:218 Riccarton Rd, Riccarton, Christchurch 8041

営業時間:月曜~金曜日 10:30~17:00 / 土曜日 10:00~16:00 / 日曜定休日

現地の人にも愛されるチョコレート屋さんがこちら。こだわりぬいた材料で手間暇かけて作られたチョコレートは、数々のチョコレートアワードを受賞しています。

クライストチャーチには2店舗あり、1店舗はGovernors Bayの絶景が望めるカフェとして有名です。ホットチョコレートも人気があるので、お菓子のお土産ついでにゆっくりしていく過ごし方も素敵ですね。

3種類もの受賞をしたチョコレート
引用: https://cdn.shopify.com/s/files/1/1348/4783/products/decadent-dates_1000x1500.gif?v=1550695917

3つの賞を受賞したDecadent Datesというもので、$15.50(約1000円)で販売されています。

オーガニックのチョコレートは一度食べたら忘れられません。

She Universeの店舗情報

お店:She Universe @ The Tannery(チョコレートショップ)

住所:3 Garlands Rd, Woolston, Christchurch 8023

営業時間:月曜~日曜日 10:00~17:00


お店:She Universe Cafe(チョコレートカフェ)

住所:79 Main Rd, Governors Bay, Christchurch 8971

営業時間:月曜~金曜日 9:30~15:00 / 土日 10:00~17:00

Coupland's bakeriesは可能な限りクライストチャーチなど現地の食材や地元の小麦を使用することに重点を置いているベーカリーです。ニュージーランドならではのパンやお菓子が手に入ります。

ここにはパンだけではなく、クッキーやマフィンなどの焼き菓子もたくさん売っているので、お土産にも最適です。

HOKEY POKEYビスケット
引用: https://www.couplands.co.nz/wp-content/uploads/2016/01/Hockey-Pokey.jpg

個人的におすすめなのが、ニュージーランドならではのホーキーポーキービスケット。トレイパックで$2.99(約200円)、ファミリーパックで$5.79(約400円)と大変お得です!

Coupland's bakeriesの店舗情報

お店:Coupland's bakeries

住所:Carmen Rd &, Buchanans Rd, Hornby, Christchurch 8042

営業時間:月曜~日曜日 6:30~19:00

お菓子というと語弊があるかもしれませんが、少し粋なお土産としてチーズはいかがでしょうか?ここには海外から輸入したチーズに加え、ここならではのニュージーランド産のチーズもたくさん販売されています。乳製品ですのでお持ち帰りされる際のチーズの購入は、帰国の直前をオススメします。木曜、金曜日のみオープンしているお店なので、その点についてもお気をつけください。値段は$10~$100(約700〜7000円)とピンからキリまであります。

Canterbury Cheesemongersの店舗情報

お店:Canterbury Cheesemongers

住所:Settlers Cres, Christchurch Central, Christchurch 8013

営業時間:木曜、金曜日 10:00~18:00 / 土曜~水曜定休日

オーナーがフランスへ訪れた際に出会ったマカロンが忘れられず、ニュージーランドへ帰国した際に理想的なマカロンのお店を見つけることが出来なかったので、自分でクライストチャーチにお店を出しちゃった!というなんとも行動的なオーナー。そのオーナー監修の元作られた、愛情たっぷりのマカロンです。

マカロンギフトセット
引用: https://cdn.shopify.com/s/files/1/0020/3531/8839/products/Summer.GiftBoxes.Print_1_of_18_2048x2048_800x.jpg?v=1539394159

季節ごとに変わるマカロンではニュージーランド特有のフルーツを使用したものもあったりと、種類も豊富で魅力的です。

お土産やギフト用に可愛いラッピングがされている詰め合わせもあり素敵です。

物により値段は変わりますが、画像ギフトセットはは$49.90(約3500円)です。

J'aime les macarons The colomboの店舗情報

店名:J'aime les macarons The colombo

住所:19 Cable St, Sockburn, Christchurch 8042

営業時間:月火水金土 9:00~18:00 / 木 9:00~19:00 / 日 10:00~17:00

クライストチャーチで100%生のはちみつにこだわっているのがこちらのGOLD FERN HONEY。2014年に設立されたばかりの養蜂場で、クライストチャーチ市場向けにはちみつの製造を行っています。

生はちみつだけではなく、手作りの再利用可能なはちみつ蝋から作られたエコラップも販売されており、こちらも注目されています!

はちみつ蝋で作られたエコラップ
引用: https://cdn.shopify.com/s/files/1/0112/8392/3002/products/beeswax_wrap_590x.jpg?v=1558943572

食材にラップなど使いがちなので、再利用できるとかなりのエコになりますね!

ここのはちみつやエコラップを購入する際は、ホームページからStockistsで販売しているお近くのお店を探すことが出来ます。

はちみつは$10(約700円)から、エコラップは$7.50(約500円)からと大変お得な金額で販売されています。

GOLD FERNの店舗情報

店名:GOLD FERN HONEY

住所:8 Garnett Ave, Spreydon, Christchurch 8024

営業時間:店舗により異なる

11種もの花の蜜から作られたはちみつは、それぞれの香りや味に特徴があります。

日本でも注目されているマヌカハニーも、お手頃価格で購入することが出来ます。

グレードによっても異なりますが、一番安いもので160g入って$16.10(約1000円)でマヌカハニーが手に入るのは嬉しい!

養蜂家のこだわりぬいた製造方法で作られたはちみつをお土産にいかがでしょうか。

J.Friend & Co.の店舗情報

店名:J Friend and Co Dispatch & Shop

住所:66 Lismore St, Waltham, Christchurch 8011

営業時間:月曜~金曜日 9:00~16:30 / 土日定休日

こうやってまとめてみると意外とクライストチャーチでしか買えないお菓子がたくさんあることに気付きました。筆者も日本へ帰る際は、このまとめを参考にお土産を買って帰ろうと思います!

筆者のブログはこちら!

この記事が気に入った方は、他のクライストチャーチの記事もチェックしてみてください!