Jrpm9relvq5xevbwdy1e

オランダ

CATEGORY | オランダ

もう悩まない!アナタにぴったりなオランダ土産を在住者がご提案

2019.07.24

楽しいオランダ旅行もあっという間。やってきました悩ましいお土産選びタイム。あー!何を買えばいいのぉ〜!!ここでは、そんなアナタに役立つ情報をお届けします!これを読めばきっと欲しかったオランダのお土産が見つかるはず♩

この記事に登場する専門家

Wvtztnbd745xbqkblmmj

オランダ在住トラベルライター

あゆみん

リラックマ大好きオランダ在住28歳主婦。サイクリングが好きで、時間を見つけては色々なところをほっつき回るのが趣味。自分が実際に行って見聞きしたことを人に話したがりな性格が高じてライターになる。オランダ第5の都市・アイントホーフェンでの暮らしを綴ったブログ(https://ameblo.jp/k0531377/)も執筆中。

  1. オランダのお土産あれこれ
  2. ★オランダのお土産【食べ物編】
  3. オランダのお土産【食べ物編】①ストロープワッフル(stroopwafel)
  4. オランダのお土産【食べ物編】②トニーチョコレート(Tony's Chocolonely)
  5. オランダのお土産【食べ物編】③ドロステ(Droste)のチョコレート
  6. オランダのお土産【食べ物編】④picwickのフレーバーティー&ハーブティー
  7. オランダのお土産【食べ物編】⑤DOUWE EGBERTSコーヒー
  8. オランダのお土産【食べ物編】⑥地ビール
  9. オランダのお土産【食べ物編】⑦ザーンセ・マヨネーズ(Zaanse mayo)
  10. オランダのお土産【食べ物編】⑧ホワイトアスパラガスのインスタントスープ
  11. オランダのお土産【食べ物編】⑨Bioのブイヨンキューブ
  12. オランダのお土産【食べ物編】⑩チーズ各種
  13. ★オランダのお土産【食器編】
  14. オランダのお土産【食器編】①pip studio
  15. オランダのお土産【食器編】②Janny van der Heijden
  16. ★オランダのお土産【コスメ編】
  17. オランダのお土産【コスメ編】①RITUALS
  18. オランダのお土産【コスメ編】②Etos
  19. ★オランダのお土産【雑貨編】
  20. オランダのお土産【雑貨編】①DILLE&KAMILLEのキッチングッズ
  21. オランダのお土産【雑貨編】②&kleveringの生活雑貨
  22. オランダのお土産【雑貨編】③HEMAのステーショナリー
  23. オランダのお土産【雑貨編】④木靴の形をしたルームシューズ
  24. オランダのお土産【雑貨編】⑤ミッフィーグッズ
  25. オランダのお土産【雑貨編】⑥繰り返し使えるペットボトルDopper
  26. オランダのお土産まとめ
オランダ風景

こんにちは、トラベルライターのあゆみです!

オランダにはデルフト焼きや木靴、チーズなど、様々なお土産がありますよね。

とはいえ、本物のデルフト焼きは高価すぎるし、木靴は実用性に欠けるし、チーズは種類が多すぎてどれがいいのかわからない。。。そんな方も多いのではないでしょうか?

今回は、イマイチお土産が定まらないそんな悩めるあなたに、筆者的オススメのオランダ土産をご提案します♩

オランダチーズ

お土産購入場所として最もポピュラーなのが現地のスーパー。

注意点としては、オランダのスーパーではレジ袋をタダではくれませんので、30セント出して購入するか(とはいえ、日本のものより大きく丈夫にできてる)、もしくは持参するかになります。

①ストロープワッフル

②トニーチョコレート

③ドロステチョコレート

④picwickのフレーバーティー&ハーブティー

⑤DOUWE EGBERTSコーヒー

⑥地ビール

⑦ザーンセ・マヨネーズ(Zaanse mayo)

⑧ホワイトアスパラガスのインスタントスープ

⑨Bioのブイヨンキューブ

⑩チーズ各種

ストロープワッフル

あまりにもど定番なオランダ発祥のお菓子、ストロープワッフル。これが売っていないスーパーなど存在しません!!甘いシロップがパリパリのワッフル生地の間にたっぷりと塗られ、思わずやみつきになる味です。

ストロープワッフル

こちらはヨーロッパにしては珍しい、個包装になっているタイプ。8枚で2.19ユーロ。

スーパーJUMBOで売られています。

オランダチョコレート

アフリカの児童労働の温床にもなっているカカオ産業。おいしいチョコレートの裏側を知った、あるオランダ人ジャーナリスト、トニーさんの「フェアなチョコレートを作りたい!」という思いから生まれたこのブランド。カラフルでポップなパッケージはお土産に最適!

オランダチョコレート

トニーチョコレート以外に、Droste(ドロステ)ブランドもオランダ。チューリップのプリントされたお土産用の綺麗なパッケージは女性に喜ばれること間違いなし!

オランダ紅茶

日本に煎茶、ほうじ茶、緑茶・・・と種類があるように、オランダにも様々なフレーバーの紅茶が存在します。ルイボスオレンジ、パッションフルーツ、ミントなど、日本ではお目にかかれない珍しいテイストがたくさん!お値段も一箱100〜200円で買えてしまうプチプラでGOOD!

ダッチコーヒー

オランダは世界で最もコーヒーを消費する国のうちの一つ。物価の高い外食に対し、カフェで注文するコーヒー1杯のお値段は300円程度と気軽に飲めます。そしてダッチコーヒーの定番といえばこのブランド。最もオーソドックスな赤いパッケージの「AROMA ROOD」は、ミルクを入れれば子供のころに飲んだようなどこか懐かしい味のするコーヒーです。

オランダビール

オランダの有名な2大ビールブランドは、HeinekenBavariaですが、レア度の高い地ビールも捨てがたいチョイス。

写真はアイントホーフェン市の地ビールで、家電メーカーフィリップス創業の地ということで、同社のシンボルマークである電球がプリントされたパッケージになっています。

また、秋から冬には季節限定で風味とコクの強いボックビール(Bock Beer)も各社から発売されますので、日本の喉越しを重視するビールとは違った味や香りを楽しむタイプをぜひお試しあれ。

オランダスーパー土産

マヨネーズなんて、どれも同じような味でしょ?と思ったアナタ。オランダのマヨネーズは日本のものと違って酸味が少なく、クリーミーでフライドポテトにすごく合うんです!お値段も一つ100円以下で買えてしまうため、バラマキ用には最適です。

オランダスープ

オランダは寒い国のため、昔からスープ文化が発達してきました。スーパーには様々な種類が並び、中には日本では見かけない珍しい味も。

特にオススメなのは、ホワイトアスパラガスのスープ。毎年春になると、市場には立派なホワイトアスパラが一斉に並び始め、オランダ人たちがこぞって買いに集まるほど。お土産には、手軽に飲めるインスタントタイプをどうぞ。

オランダスーパー

料理好きの方は必見!オランダのスーパーには様々な種類のブイヨンが売られています。しかも日本では珍しいBio(有機、オーガニックの意)製品も。

もちろん味も◎で、筆者としては日本のブイヨンよりも断然おいしい!お湯に溶かして野菜と煮込むだけで本格的な味に仕上がります。

チキン、ポーク、ビーフ、フィッシュ、ベジタブル、ハーブ、味比べしてみるのもいいかもしれません。

オランダチーズ

世に数多あるチーズの中で筆者的、最もオススメは「extra old」と表記があるもの。

味のパンチが強いチーズは日本人には敬遠されがちですが、こちらは驚くほど嫌味がなく、適度な塩気と深くコクのある味わいでお酒のアテにぴったり。

飛行機内のスーツケース保管場所は寒いので、特に保冷剤などはなくても開封していなければ1〜2日ぐらいは大丈夫でしょう。

上の写真は、オランダ各地にあるお土産用チーズ専門店henri willigのもの。基本のラインナップに加え、ガーリックやハーブ、とうがらしが入ったものなど、個性的な味が揃います。

どこで売ってるの?

以上、紹介した食べ物は以下のスーパーで購入可能。お土産物屋で買うよりも断然安いのでお時間があればお立ち寄りを。


アルバート・ハイン(Albert Heijn

ユンボ(JUMBO)

エコプラザ(EKOPLAZA)

オランダスーパー

水色のマークが目印のオランダ最大手スーパー、アルバート・ハイン(Albert Heijn)。例えば、アムステルダム中心部にはざっとこれだけのアルバート・ハインが(赤いピン)。

オランダのスーパー

黄色と黒の色使いが目印のJUNBO。ジャンボではなく、現地読みではユンボと言います。

ご紹介した個包装のストロープワッフルが買えるのもこのスーパーです。

残念ながら、アムステルダムの中心部には店舗が少なめ(赤いピン)。

オランダスーパー

オランダには日本には珍しいチェーンのオーガニック食品専用スーパーマーケットが、エコプラザ(EKOPLAZA)

オーガニックスーパー

こんなものまでオーガニック!?となるようなおもしろい商品にきっと出会えるはず。

アムステルダム中心にも何店舗かありますので、ご興味がある方はぜひ訪れてみてください。

オランダのオーガニックスーパー

ヨーロッパといえば洋食器のメッカ。日本で買うより断然安いのでお好きな方は要チェック!特に、毎年7月ごろにはオランダを代表する百貨店、バイエンコルフ百貨店(de Bijenkorf)にて店内一斉セールが行われるので、さらに安くゲットできるチャンス!

スーパーとは違ってこちらは百貨店なので、さすがに無料で割れないようにくるんで手提げ袋に入れてくれますのでご安心を。

ここでは2ブランドをご紹介します♩


①pip studio

②Janny van der Heijden

pip studio

乙女心をくすぐるようなデザインのpip studio。食器いっぱいに描かれた美しい花や鳥の模様には、自然を愛するオランダ人の心が表れています。日本ではオンラインで取り扱いしているお店が数店舗あるだけでいずれも売り切れ必至。

オランダで購入すれば、お値段はべらぼうに高くはないのでご安心を。カップ&ソーサーで約10ユーロほど。オランダのバイエンコルフ百貨店(de Bijenkorfにて取り扱いあり。

※URLジャンプ後、トップページ左上の「winkels & openingstijden」をクリックすれば店舗一覧が出てきます。

デルフト焼き

こちらはオランダの伝統工芸品であるデルフト焼きを連想させるいかにもオランダらしいデザインが特徴のJanny van der Heijden。デルフトブルーの深い青が、毎日の食卓に豊かな彩りを添えてくれるでしょう。

こちらも前述のpip studioと同程度の価格帯で、バイエンコルフ百貨店での取り扱いがあります。

日本とは少しラインナップの違うオランダのコスメ事情。

小さいボトルに入ったものは、お土産用やトラベル用に最適。

ここでは2ブランドをご紹介します!


①RITUALS

②Etos

RITUALS

オランダ発、日本未上陸コスメのRITUALS。「桜sakura」「禅zen」などのタイトルがついたコスメは、アジアを連想させます。

アジア人がヨーロッパに憧れるように、彼らもまた、遠いアジアに想いを馳せ、私たちの文化からインスピレーションを得ているのかもしれません。

RITUALS

筆者的、お土産としてオススメのアイテムは、それぞれ種類の異なるミニサイズのハンドクリームが4個入ったセット(13.9ユーロ)。

リチュアルズ

シャンプーなどはメンズ用の取り扱いもあり。

駅ナカや空港、街角や百貨店の中など、オランダ各地に店舗を構えているので、気になった方はぜひお立ち寄りを。

Etosのフェイスマスク

Etosは、オランダのちょっとおしゃれなドラッグストア。店内には、様々なコスメやヘアケアグッズ、オリジナルブランドの製品等が並びます。

一つ99セントで買えてしまうフェイスマスクは全部で9種類あり、どれにしようかう〜ん、決められないっ!

オランダのドラッグストア

街角や駅ナカ、どこにでもあるありがたい存在のEtos。

オランダには、機能性とユニークさを併せ持つ「ダッチデザイン」の考えを巧みに取り入れたカワイイ雑貨がたくさんあります。ここでは、代表的なものを6つに絞ってご紹介します!

①DILLE&KAMILLEのキッチングッズ

②&kleveringの生活雑貨

③HEMAのステーショナリー

④木靴の形をしたルームシューズ

⑤ミッフィーグッズ

⑥繰り返し使えるペットボトルDopper

オランダ雑貨屋

DILLE&KAMILLEのキッチングッズは全てナチュラルテイスト。お化粧もしない、毎日の服もシンプルに、家のお庭にはたくさんのお花たちを、そんな自然派志向のオランダ人らしさが伝わってくるアイテムです。

DILLE&KAMILLE

店内にはキッチングッズをはじめ、ジャムやスパイスなどこだわりの食材、バスアメニティ、ガーデニンググッズなどがたくさん。オランダ各地に店舗が展開されています。

あなたもお気に入りのアイテムを見つけてみては。

&klevering

&kleveringは、アムステルダム気鋭のイラストレーターが手がける動植物のモチーフが印象的な生活雑貨を販売するお店。写真左に見えるえんどう豆の形をしたお皿など、遊び心を感じさせるアイテムは、思わず手にとってながめてしまうほど。

アムステル市内のほか、オランダのバイエンコルフ百貨店(de Bijenkorf)でも取り扱いあり。

※URLジャンプ後、トップページ左上の「winkels & openingstijden」をクリックすれば店舗一覧が出てきます。

HEMA

友達へのお土産に、ステーショナリーはいかがですか?日本にありそうでない外国風のポップなデザインはお土産に最適。

カラフルな表紙のノートや、カワイイ絵柄のペンなど、お子さんやカワイイもの好きな女性にどうぞ。

HEMA

Etos同様、どの街にも必ず一つはあるHEMA。中にはカフェもあり、ショッピングの合間、休憩がてらコーヒーをすするオランダ人をよく見かけます。

オランダ木靴

昔からの定番オランダ土産といえば木靴。オランダらしいけれど、如何せん実用性に欠けるので、木靴の形をしたルームシューズならどうでしょう?

デザインも豊富で、赤ちゃん用の小さいものから大人用まで幅広いサイズ展開が嬉しい♩

オランダ版ドンキホーテ

一部のお土産ショップでも取り扱いがありますが、オランダ版ドンキホーテSoLowでも購入可能。日用品からお土産ものまでなんでも揃います。

残念ながらアムステルダムの中心部には店舗がありませんが、オランダのどこかで見つけられたらラッキー!他よりもリーズナブルにお土産が購入できます。

ミッフィー

ミッフィーは、オランダの絵本作家、ディック・ブルーナによって発明されたキャラクター。日本でもおなじみのミッフィーは、オランダ生まれだったのですね!

せっかくなので、オランダの民族衣装を来たバージョンのミッフィーなんかはどうでしょう?

オランダ土産ショップ

ミッフィーグッズはもちろんミッフィーショップでも購入可能ですが、近くに専門ショップがない場合、小さい駅ナカでも割と頻繁に見かけるAKOが便利。

筆者にとっては、本屋のような文房具屋のような土産物屋のような謎の存在で、全店舗にミッフィーグッズがあるかはわかりませんが、たいてい取り扱いがあります。

ダッチデザイン

ジムや外出時の強い味方、オランダ人はたいてい持っているDopper

洗えば衛生的に繰り返し使えるという機能性に加え、上部がワイングラス風にもなるユニークな発想が、いかにも「ダッチデザイン」といったところでしょうか。

レギュラーサイズで12.50ユーロ。軽くて持ち運びにも便利でおすすめです。

バイエンコルフ百貨店(de Bijenkorf)や街の本屋、雑貨屋などでも売られています。

※URLジャンプ後、トップページ左上の「winkels & openingstijden」をクリックすれば店舗一覧が出てきます。

ガラスの過敏

オランダはヨーロッパの田舎なだけあって、フランスやイタリアなどと比べ、ぱっと見、野暮ったいお土産ばかりが目立ちますが、長く住むと意外に掘り出し物がたくさんあることに気づきます。

買いたいものは見つかりましたか?ぜひ旅の準備に役立ててくださいね。

筆者のブログはこちら!

夫とふたり オランダ・アイントホーフェン暮らし〜from Eindhoven, the Netherlands〜柿の種のピーナッツいらない人さんのブログです。最近の記事は「思い切ってDMM英会話をやめてみた」です。


この記事が気に入った方は、他のオランダの記事も読んでみてください!