Rzzpes75j6lzvhhjvei8

フィンランド

CATEGORY | フィンランド

フィンランドのムーミンワールドについて行き方・料金・パーク情報など徹底解説!

2019.08.13

ムーミンが大好き!ムーミンの世界に飛び込んでみたい!でも行き方がわからない、英語が苦手だから情報を集められない!そんなあなたにフィンランドにあるムーミンワールドについての最新情報やお役立ち情報を実際に行った北欧在住者がご紹介します。

この記事に登場する専門家

Usuvblmynn8arbwsgdee

スウェーデン在住ライター

Maddy

西洋史とマヤ文明を学んだ大学時代を経て、バックパックと共に旅をした国は30カ国以上!現在はスウェーデン在住、たまにバンコク。歴史オタクと現地在住の知識を活用し、活きた旅情報をお伝えします!

  1. 島が丸ごとテーマパーク!ムーミンワールド
  2. ムーミンワールドの夏の営業時間と料金について
  3. ムーミンワールドの秋の営業時間と料金について
  4. ムーミンワールドの冬の営業時間と料金について
  5. ムーミンワールドへの行き方
  6. ムーミンワールドの気候やおすすめの服装
  7. ムーミンワールドの園内の様子
  8. 話す!動く!ムーミンたちによる劇の様子
  9. ムーミンたちが本当に暮らしているかのような世界
  10. ムーミンワールドで体験できる様々なイベント
  11. ムーミンワールドから手紙を出してみよう
  12. ムーミンワールドで購入できるお土産
  13. ナーンタリに泊まってみよう
  14. 実際にムーミンワールドへ行った感想
  15. ムーミンワールドで北欧を満喫!
ムーミンワールドは自然がいっぱい

こんにちは!ヨーロッパを含む30カ国以上をバックパックとともに旅をした経験のあるMaddyです。今回は日本でも大人気、ムーミンの物語を題材としたフィンランドにあるテーマパーク【ムーミンワールド】の最新情報をご紹介していきます!

※情報は全て2019年8月現在です。

ムーミンといえばフィンランド人作家、トーベ・ヤンソンの書いた小説、絵本、漫画に出てくる妖精のこと。主人公、ムーミントロールを中心とした彼の家族や友人の生活、冒険を語っています。日本では何度もアニメ化され大変有名なこのムーミンの物語は楽しいお話もありますが、世の中の不条理や生きることの虚しさ、大自然と生きることの喜びとそれの脅威など、大人の心にもぐっとくる深い内容が多く存在します

ムーミンワールドは春は営業していないため、ご注意ください。

夏のフィンランドはとても美しい

【営業時間】

6月8日〜8月11日 10〜18時

8月12日〜8月25日 12〜18時(チケット売り場は17時に閉まります)


【料金】

・1日チケット

オンラインでの購入は29ユーロ(約3450円)、チケット売り場で購入の場合は31ユーロ(約3680円)

・2日通しチケット

オンラインでの購入は37ユーロ(約4400円)、チケット売り場で購入の場合は39ユーロ(約4630円)


・1日チケットの家族割引

4人 オンラインでの購入は112ユーロ(約13300円)、チケット売り場で購入の場合は120ユーロ(約14300円)

5人 オンラインでの購入は140ユーロ(約16600円)、チケット売り場で購入の場合は150ユーロ(約17800円)

6人 オンラインでの購入は168ユーロ(約19950円)、チケット売り場で購入の場合は180ユーロ(約21400円)


※2歳以下の子供は入場無料です

※駐車場/1日 10ユーロ(約1200円)

▶︎ムーミンワールド公式ホームページ 夏の営業と料金について(英語)

【営業時間】

10月12、13、17、18、19、20、26、27日 11〜16時


【料金】

・1日チケット

オンラインでの購入は20ユーロ(約2380円)、チケット売り場で購入の場合は22ユーロ(約2600円)

・1日チケット 4〜14人の団体向け

オンラインでの購入は19ユーロ(約2260円)、チケット売り場で購入の場合は21ユーロ(約2500円)

・2日通しチケット

オンラインでの購入は27ユーロ(約3200円)、チケット売り場で購入の場合は29ユーロ(約3500円)


※2歳以下の子供は入場無料です

▶︎ムーミンワールド公式ホームページ 秋の営業と料金について(英語)

【営業時間】

2020年2月15〜23日 10〜16時(チケット売り場は15時に閉まります)


【料金】

2019年8月の時点ではまだチケットの詳細が発表されていませんが、例年通りであれば1日チケットは20ユーロ(約2380円)となります。


※2歳以下の子供は入場無料です

▶︎ムーミンワールド公式ホームページ 冬の営業について(英語)

ムーミンワールドの位置

日本から直接ムーミンワールドに行く場合はまずヘルシンキへ飛ぶのが一番効率が良いです。東京、名古屋、関西、福岡から飛行機が飛んでいて、加えて2019年12月16日から新千歳からもヘルシンキまでの直行便が就航予定です。最短で9時間半の空の旅となります。

ヘルシンキからトゥルクへ

【電車】1時間に1本出ており、料金は買う時期や残席数によって変動、基本は20ユーロで早めに買えば9ユーロ(約1100円)を切る場合も。2時間かかります。チケットの購入はVR公式サイト、または駅のVR窓口か自動発券機にて!

オンニバスのウェブサイト

【バス】オンニバスという会社から1時間に約1本程度出ており、こちらも料金は買う時期や残席数によって変動しますが、なんと最安値は3.7ユーロ(約440円)!こちらも2時間程度かかります。チケットの購入はオンニバス公式サイトから。ヘルシンキのバス乗り場はカンピ(Kamppi)から出ています。

トゥルクからムーミンワールドへ

ナーンタリ駅からバス停まで

【公共バス】6番か7番のバスにPuutoriというバス停から乗り、Kaivopuisto Bで降ります。3ユーロ(約360円)かかり、約30分ほどです。上の地図はトゥルク駅からの道のり(15分かからない程度)で、下はバスでトゥルクに行った場合の道順です。どちらも徒歩圏内ですのでご安心を!

ナーンタリバスセンターからバス停まで
ムーミンワールの最寄りバス停からの道のり

バス停からから海沿いにまっすぐ15分ほど進むとムーミンワールドです!ムーミンワールドはナーンタリという町にあり、このナーンタリもとても可愛らしい街並みなのでぜひ街の散策もしてみてください!

ムーミンワールドに続く道のり

バスから降りて公園を右手にまっすぐ進むとすぐに見えるレストランです。この道をまっすぐ進みます。

桟橋を抜けてムーミンワールドに

この桟橋の先に見えるのがムーミンワールドです!この橋を渡ることで別の世界に行っている気持ちが高まります。

フィンランドでの服装

夏の時期は平均最高気温が20度前後ととても過ごしやすいです。秋は平均最高気温5度前後、冬は平均最高気温-5度前後とかなり冷え込みます。

夏は日差しがある日はかなり暑くなるので半袖と、朝晩の冷え込み対策に日本の秋に着るようなアウターを持って行くのをおすすめします。秋は日本の冬より少し着込む程度で、冬は腰が隠れるダウンコートやスノーブーツなど防寒・雪対策をしっかりしていってください。

ムーミンの家の前

園内にはジェットコースターなどの乗り物系はなく、自然とムーミンの物語をゆっくりと、存分に楽しむことのできる作りです。園内に入るときにマップをもらえますがなんと日本語版があります!このマップには割引クーポンもあるのでぜひゲットしてくださいね。ムーミンワールドの公式アプリも無料で使えますが会員登録をしなくてはいけなかったり、マップが最新のものに反映されていなかったりトラブルもあるので個人的にはこの紙マップをおすすめします。ホームページのマップも最新版ですのでこちらと併用して散策しましょう


▶︎ムーミンワールド公式ホームページのマップ

ムーミンの家の中

園内は非常に再現率が高く、本の中から飛び出してきたかのようです。子供はもちろんのこと大人でも、物語の中に引き込まれる空間になっています。ムーミンの家を始め内部もしっかり作り込まれていますのでじっくり見て色んなものを発見してみてくださいね。現在はムーミンの家に魔法の貝殻という細工が施してあり、入場時にコード付きのリストバンドを受け取り、このコードを貝殻にかざすと色んな仕掛けが動き出すという楽しいアトラクションとなっています!

食事にも困りません

食事をするところは園内にたくさんあります。特に人気なのはブッフェスタイルの【ムーミンママのキッチン】で、料金は15.50ユーロ(約1800円)ほど。写真のように手軽に食べられるスタンドのお店も、料金は高くて10ユーロ(約1200円)と商業施設としてはお財布に優しい価格です。

▶︎ムーミンワールド公式ホームページ

このページでWhere To Eatを選択したら食事ができる場所を確認できます。

劇の様子

ムーミンワールドのチケットに含まれているこの劇はエンマ劇場で1時間に1回開催されます。フィンランド語やスウェーデン語で上演されますが英語の字幕がステージの上にある電光掲示板に流れます。英語がわからなくてもコミカルに動くキャラクターたちを見るだけでも十分楽しいです。また、1日8回、小さなステージでは音楽と一緒に楽しむショーもありこちらは言葉がわからなくても大丈夫です!

ムーミンの登場人物が暮らしている

ムーミンたちは園内に突然現れます。面白いなぁと感じたのが、。毎回家の前を通るたびにいるキャラクターが違い、またキャラクター同士が談笑する動作をしたり、実際に話したり、キャラクター同士でおどけてみたり、お客さんを巻き込んで遊んだりします。

ムーミンパパとお客さん

ムーミンパパはこうやってよくお客さんと遊んでいました。毎回彼らを見るたびに違うことが起きていて本当に面白くて、まるで実際に彼らがここに生きているように思えます。メインのキャラクターはムーミンの家によくいますが園内中に何かしらのキャラクターがうろついているのでたくさん歩いて探してみてください!


▶︎ムーミンワールド公式ホームページ

園内で会えるキャラクターの紹介ページです

ワークショップの様子

季節ごとにムーミンワールド内では様々な体験ができるイベントも行われています。上の写真のように工作教室が開かれたり(現在はスノークによる工作教室があります)、下のように体を動かすアクティビティが開催されます。園内歩きに飽きたらぜひ参加してみましょう!

ムーミンワールドの郵便局

ムーミンワールドにはなんと本物の郵便局があります。上の写真の黄色の建物が郵便局で、ここから手紙を送るとムーミン切手を貼ってもらったりや限定の消印を手紙に押してもらえます。

またこの施設には本屋さんと園内インフォメーションも併設してあります。様々な言語で書かれた本があるのでこちらはお土産に最適ですね。園内について困ったことがあればこのインフォメーションに尋ねてください。

郵便局内にはムーミンのポストカードがたくさん販売してあるのでぜひ思い出に手紙を出してみてください!

上記で説明した本やポストカードの他に購入できるお土産ですが、【スニフのブティック】に多くのムーミングッズが揃っています!おもちゃやゲームから、食器、洋服、アクセサリー、人形などなど、特にムーミンワールド限定の商品が大人気です。また思い出作りに【ムーミンパパの写真館】でムーミンと写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

ナーンタリまできたらせひムーミンワールドから1.5km先にある【ナーンタリスパホテル】に宿泊してはいかがでしょうか?こちらの施設には温水プールやブール、サウナ、レストランバーなどリラックスできる環境が整っています。また、日本語での対応があるのも売りの一つです。一番注目したいのはホテルに3室限定であるムーミンルームです!インテリアや食器など全てムーミン。この部屋はとても人気ですので予約はお早めに。ムーミンルームは一泊286ユーロ(約34000円)で、他の部屋は206ユーロ(約25500円)からの両機運となっております。

※現時点でも今年の夏にもムーミンルームの空きのある日程があり、また10月のムーミンワールド営業期間も予約可能です!

ナーンタリスパホテルの詳細

住所: Matkailijantie 2 FI-21100 Naantali

ウェブサイト: https://web.naantalispa.fi/en/(日本語対応あり)

行き方: ムーミンワールドから徒歩だと20分程度かかります。8月14日まで【Naantalin Kaivohuone】という場所からホテルまで下の写真のようなミニ列車が走っています。詳細はこちら、大人7ユーロです。タクシーはホテルからは呼べますがムーミンワールドには流しのタクシーはいないので、個人的に徒歩でホテルを行き来するのをおすすめします!

ミニトレイン
ムーミンは子供が大好き

成人女性が一人、子供の集まるムーミンワールドに行って果たして浮かないか…と若干の不安を抱きつつ私は7月初頭に行きました。他のテーマパークと大きく違うムーミンワールドのいいところはなんといっても園内の時間がゆっくり流れているので忙しなく楽しめるし、フィンランドの自然を堪能できるのもとても良い。冬の雪景色も、秋の草木が枯れて何か物寂しい雰囲気も、夏の青く広い空もすべて美しい。キャラクターたちもとても気さくでやたらと絡んできます。話せるキャラクター、例えばミィとかは日本語で挨拶してくることも!お客さんものんびりしているのでキャラクターと写真を撮るときの争奪戦がないのも◎

スノークのお嬢さん
ムーミンワールドの様子

最後まで読んでくださりありがとうございます!ムーミンワールドは常にお客さんをわくわくさせることを考えていて、毎回異なる催し物や施設の模様替えがあるので何度来ても楽しめるのも魅力です。私もこの記事を書いていてまた行きたくなったので、2月に冬眠から目覚めるムーミン達に会いに行こうと思います!