T2dv3zoolfva8ffbtzjg

イタリア

CATEGORY | イタリア

「地中海最大の島シチリア島」の観光スポット4選!現地の英語事情からパレルモ付近のモデルコースもご紹介!

2019.09.13

ブーツの形をしたイタリア国土のつま先に浮かぶ地中海最大の島「シチリア島」。世界的にも非常に状態の良い状態で残った壮大なギリシャ神殿がある神殿の谷から島全体を覆う活火山など、自然と遺跡が融合した魅力的なシチリア島の観光スポットをご紹介!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. 地中海最大の島シチリア島ってこんな場所!
  2. シチリア島の市内は英語が通じない!?
  3. ①シチリア島観光のスタートはここ!シチリアの大地を熱する活火山【エトナ火山】
  4. ②シチリア島が世界に誇るギリシャ神話の神殿【神殿の谷】も観光必須!
  5. ③古代の山岳都市【ノト・アンティカ】はシチリア島の隠れ家的穴場観光スポット!
  6. ④シチリア島1の活気溢れる街【アチレアーレ】でグルメ観光を!
  7. ⑤シチリア島の自然を感じれる【フルヴィアレ・デッラルカンタラ公園】でリラックス!
  8. ⑥【オリエンタタ・デッロ・ジンガロ自然保護区】の高台から見る大自然の絶景も必見!
  9. ⑦ユネスコ世界遺産認定の【ベネデッティーニ修道院】はシチリア島観光のマストポイント
  10. ロン毛のオススメ!地中海最大の島【シチリア島】の観光コースはコレ!
  11. 「地中海最大の島シチリア島」の観光スポット ー総括編ー
C2wxt2z5ofetdgbmxuxv
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwi274_V1q3kAhUCqaQKHV5sD6sQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.tabikobo.com%2Farea%2Fitaly%2Fsicilia%2F&psig=AOvVaw3yWaTcDac-jjDv1sVW4wX-&ust=1567360402535703

こんにちは!


ブダペスト拠点にヨーロッパ各地で色々と活動をしているロン毛ことマエダです。


今回も実際に仕事でもプライベートでも何度か訪れたことのあるブーツの形をしたイタリア国土のつま先に浮かぶ「地中海最大の島シチリア島」の観光スポットについてをおとどけ!


ほかにもこの記事内でピックアップしているロン毛のオススメ観光地をぎゅっと凝縮した効率よく周れる観光モデルコースなんかも後半にはご紹介!

ヨーロッパはイタリアのブーツの形をした本土の「つま先」に位置する地中海最大の島ここシチリア島は、自然保護区から考古学的遺跡までを有する「大自然と遺跡と青海」を誇る世界でも有数の人気リゾート地として今も人気を博す街となっています。


そんなシチリア島は古い遺跡や歴史が大好きな方から、自然や海といった夏のレジャーが大好きなアウトドア向けの方にまでも大人気の島として、年間でも数多くの日本からの旅行客が訪れていることでも知られています。

Yhuphjdflm0wlknlkxk1

ここシチリア島では多くの古代から残る古い歴史や神話でも登場する神聖な土地も多くあり、中でも「神殿の谷」というスポットではギリシャ神話で最も完璧な神殿の1つとして崇められているほど非常に状態の良い状態で残っており、こうした土地土地を巡れるのもシチリア島の魅力の一つであるといえるでしょう。


その他ではユネスコ世界遺産に登録されている寺院などもシチリア島のジャングルの中に点在しているなど、島を囲う綺麗な地中海と自然がこういった遺跡が共存する姿には圧巻の一言であり息を呑むものがあります。


またシチリア島にはエトナ山と呼ばれるヨーロッパで最も高い活火山として知られる山脈もそびえ立っており地中からの暑い熱気と美しい海、島も覆う大自然と遺跡の姿は恐らく世界でもここシチリア島をもってしても他にはない特別な空間となっているといっても過言ではないでしょう。

Nzgsyjpfxqu4bujavcgf

そんなシチリア島でありますが、気になる市内の英語レベルですがこちらは問題なく通じるのでご安心を!


市内のレストランやカフェ、ショップなど様々な商業施設では観光業が盛んな土地ということもあってか殆どの方が英語を話すことが出来るので旅行客にとっても安心して観光や買い物巡りが出来るのも嬉しいポイントであります。


ロン毛も実際に訪れた際には滞在中ずっと英語を使ってレストランやカフェで注文をしたり、お店の人などに道を尋ねたりなどしましたがみんな嫌な顔一つせず親切に向き合ってくれた、といった温かい印象を地元シチリア人には持っています。

Rkah3gqi0i2pjy5vdur8

もちろん公用語はイタリア語ではあるため、市内各地の案内板などはイタリア語での表記が当たり前ですが万が一迷った際などには思いきって人に尋ねられてみても現地の方との関わりは違った意味での素敵な思い出となるので是非ともオススメしたいところであります。


最悪「どうしても不安」で声がかけれなくとも、シチリア島市内に点在する商業施設の多くには無料WiFiが付いているのでGoogle mapを駆使し目的地までへと辿り着けるでしょう。

Vbcjjfcgpitrndvu3o4a

まずはじめにご紹介をしたいオススメの観光スポットはこちらの「エトナ火山」であります。


エトナ火山はまさしく「シチリア島の風景」といっても過言ではないほどその壮大で巨大な姿は息をのむほどであり世界で2番目に大きな活発な火山として知られています。


こちらのエトナ火山はシチリア島全域からでもその姿を見る事ができますが、実は登山も可能となっており、特にこの「エトナ火山の登山」がシチリア島では人気のレジャーとなっています。


一応登山を行う際には登山客は丈夫なハイトップウォーキングブーツ、グローブ、スヌード、そして山頂付近では夏であっても非常に冷え込んだ空気が舞っているため最低限の防寒着の着用が義務付けられています。

Cgwuttnupqbpq1oho7xu
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjd2bb0163kAhXLyKQKHTvEAmAQjRx6BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fgahag.net%2F002274-eruption-kilauea-volcano%2F&psig=AOvVaw1eRmxdVQwSp7oAjPSOumF6&ust=1567360684799389

また登山中には山頂とふもとの境に「エトナ・スッド」と呼ばれるベースキャンプも設けられており、こちらではツーリスト・ショップから軽食を食べれるレストラン、休憩が出来る宿泊用のキャンプなども備わっているため無理なくエトナ火山を登るに非常に便利なポイントとなっています。


その他にも途中でやはり下山したくなった際にはこちらのエトナ・スッドから出ているケーズルカーによってふもとへと下りることが出来るので安心して登山チャレンジが出来るものであります。


また山頂までの登山は可能であるものの、エトナ火山のクレーターや火口付近への侵入は資格のあるガイドまたは火山学者がいなければ侵入することが出来なくなっています。

Plmjqialzfksrijs8tpk

続いてご紹介をするオススメ観光スポットはこちらのユネスコ世界遺産にも登録されている「神殿の谷」であります。


ここ神殿の谷は、もともと考古学者のヴァッレデイテンプリによって「紀元前400年から500年の間に建てられたシチリア島内に立っていたとされる7つの寺院の1つである」として説かれた世界でも最古のギリシャ神話に登場する神殿となっています。


シチリア島には他に「コンコルディア神殿」「ジュノ神殿(別名ヘラ神殿)」、「ヘラクレス神殿」「オリンピュアゼウス神殿」「デメテルとペルセポネ神殿(旧称カストル神殿とポルックス神殿)」「バルカン神殿」という6つの他寺院が総勢立っていたと言われいるものの、神殿の谷の寺院は最も状態の良いまま現代まで残っているとされています。

Odctxcsvasr6bm0sqyrv

続いてご紹介をするオススメ観光スポットがこちらの「ノト・アンティカ」であります。


ノト・アンティカは古代の山岳都市が今現代までも続いて残っている古代遺跡として知られるシチリア島でも人気の観光スポットの一つであります。


そんな古代山岳都市ノト・アンティカは、もとは17世紀に一度崩壊した際に当時のイタリアの建築たちにより再建されたとされており都市全体が美しくもどこか怪しく描かれたバロック様式のデザインとなっており、その壮観な姿には傑作の一言です。

Zbnfyiuwmtotbchorjkm

続いてご紹介をするオススメ観光スポットはこちらの「アチレアーレ」であります!


年の初めにシチリア島を訪れる際はまずここアチレアーレに向かうことをロン毛はオススメします!


というのもこの小さな街アチレアーレでは「Carnevale di Acireale」と呼ばれる2月〜3月にかけて開催されるシチリアで最も大規模であり16世紀から続く最古のカーニバルが行われることで有名であり、こちらのカーニバルへと参加するためにイタリア本土からも数多くの人々が訪れているとされています。


カーニバルでは主にユニークな姿をした巨大な人形が大勢の踊り子たちと豪華な馬車が通りを周っており、市内には数多くの民詩人が街中を演奏しパレード状態となっています!


もちろんこういったカーニバルだけがアチレアーレの魅力ではなく、2月〜3月にかけてのカーニバル期間外でも市内は数多くの美食レストランから一息つける落ち着いたカフェが立ち並んでおり、シチリア島観光で疲れた体をリフレッシュ出来る場所となっています。

V2vzvxxiteceie5dqbl9

続いてご紹介するオススメの人気観光スポットはこちらの「フルヴィアレ・デッラルカンタラ公園」です!


こちらは何世紀も前に溶岩の波によって作成された広場を公園と改装した場所となっており敷地内には、50メートルもの高さの玄武岩の壁が縦横無尽と立ち並んでいます。


またフルヴィアレ・デッラルカンタラ公園では、ガイド付きツアーを土地博物館または自然歩道で手配できるようになっておりハイキングにはもってこいのものとなっています。

Ax4hwy8rzvnowt8m2kea

続いてはこちらの「オリエンタタ・デッロ・ジンガロ自然保護区」です!


1981年に設立されたオリエンタタ・デッロ・ジンガロ自然保護区は、シチリアで最初に設立された自然保護区であり、山岳地帯と7 kmにも及ぶ海岸が広がる大自然となっております。


自然愛好家としては野生動物の生態を覗き見ることができ、保護区には博物館や小道などの多くの設備が整っており公園へは徒歩でしか訪れることしかできません。

Id7giubpalslfnptq2qq

続いてご紹介をしたいのがこちらの「ベネデッティーニ修道院」であります。


こちらのベネデッティーニ修道院はカターニアにありユネスコとヴァルディノート世界遺産に認定されており、ヨーロッパ最大の修道院の1つとなっています。


またカターニア大学人文学部もここベネデッティーニ修道院では収容されており、 ガイド付きツアーでは、回廊、地下室、ローマのドーム、サンニコロのメインの祭壇、および建築家ヴァッカリーニとデカルロが設計した庭園やその他の部屋を観覧することができます。


他にも毎月最終金曜日には、建物だけでなく街の歴史も見る特別な夜のツアーも開催されているため必見であります!

Pep4hk8tdsw5cuy7mvfh

さて続いては今回ご紹介をした各所観光スポットをまとめたオススメモデルコースをご紹介していきたいと思います!


要所要所の詳しいスポット情報については既にご紹介しているのでここではコース周りに焦点をおきます!

10:00 〜 16:00 【エトナ火山】

Xii7p99m3qollp7sprcd
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwimyIP95q3kAhXCZlAKHfWHCaYQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Ftabizine.jp%2F2018%2F08%2F12%2F198722%2F&psig=AOvVaw1JeVC2PMKRp-C9dmrF2cYf&ust=1567364783052624

まずは初日のシチリア島観光のスタートはエトナ火山からスタート!


やはりエトナ火山へと訪れたなら登山へとチャレンジしていただきたいものです。


頂上からの景色はシチリア島全土と周りを囲む美しい地中海を一望できる景色となっており、その眺めは一生の宝となること間違いなしであります!


お昼の食事については登山中に設けられたベースキャンプの「エトナ・スッド」にて軽食を食べるのもオススメであります。

17:00 〜 19:00【アチレアーレ】

M9omupwmnzppenjire9f
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwj88cqN563kAhWSJFAKHSp-DakQjRx6BAgBEAQ&url=http%3A%2F%2Fwww.siciliaclub.net%2Facireale_carnevale.html&psig=AOvVaw3WEnEyJ1DHDtF0LpyJXB3d&ust=1567364818858423

そんなエトナ火山での登山が終われば、疲れた体と心をリフレッシュしにアチレアーレへと向かいましょう!


アチレアーレの市内には美味しいグルメレストランからコーヒーが飲めるカフェなど、さまざまな商業施設が立ち並んでいるためお好きなお店へと出向き、そこでビールで一息つくのは格別なものであります。


初日のシチリア島観光はこのように「シチリアの大自然に触れる!」といったプランをオススメします!

19:00 〜 21:00【ベネデッティーニ修道院】

Mrjdl323harpmlxz5mu8

最後はこちらの「ベネデッティーニ修道院」であります!


美しい建設美を目の当たりにしつつ館内を探索し、毎月最終金曜日では特別な夜間に開催されるツアーへとタイミングが合えば是非参加してみましょう。

翌日 11:00 〜 12:00【神殿の谷】

Hshjgkcqmoffa1iqi9xw

続いて二日目の観光はここ「神殿の谷」からスタートです!


シチリア島が世界に誇る最古のギリシャ神話に登場する神殿であるためか、想像をはるかに超えるその姿には息を呑むことでしょう。


またフォトジェニックな雰囲気も醸し出しているためインスタ用に写真をとったりするのもオススメであります!

翌日 09:00 〜 11:00【フルヴィアレ・デッラルカンタラ公園】

Hubosl7ikyhuexo88j2y

翌日の観光スタートはこちらの「フルヴィアレ・デッラルカンタラ公園」から!


フルヴィアレ・デッラルカンタラ公園内では綺麗な清水が流れる地帯が多いため、是非足元はスリッパや濡れてもいいもので向かいましょう!

翌日 13:00 〜 15:00【オリエンタタ・デッロ・ジンガロ自然保護区】

Gbugfuqemdnrwsyphjyp

続いてはその足でこちらの「オリエンタタ・デッロ・ジンガロ自然保護区」へと向かいましょう!


こちらもハイキングにはもってこいの場所となっており、インスタ用の写真なんかも撮れるマストポイントとなっているため是非撮影を試みてみてもいいかもしれません!

翌日 16:00 〜 18:30【ノト・アンティカ】

Liinhkwzwl6uyv24xi35
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwiBnr__563kAhVCZlAKHS-QBhIQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fjp.123rf.com%2Fphoto_88607475_%25E3%2582%25A8%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25A5%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B9%25E8%25A6%2581%25E5%25A1%259E%25E9%2581%25BA%25E8%25B7%25A1-%25E3%2582%25A8%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25A5%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B9-.html&psig=AOvVaw33pQdwSe63f1HHKlVHOPJZ&ust=1567365058401351

そして二日目最後の観光スポットはここ「ノト・アンティカ」です。


シチリア島最古の山岳都市の遺跡を巡り、シチリアが歩んできた歴史と文化、そして脈々と続く古代からのメッセージを感じ最高の旅の締めくくりをしましょう!

Mx0f5qefjzsn6eiewu2w

いかがでしたでしょうか。


今回は地中海最大の島「シチリア島」についていくつかのオススメ観光スポットとともに現地の事情についてもご紹介をしてきましたが「行ってみたい!」といった気になる場所はありましたか?


今年もし海外旅行の予定を組んでいて未だ行き先が決まっていない方がいれば是非とも検討されてみてはいかがですか!

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwi274_V1q3kAhUCqaQKHV5sD6sQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.tabikobo.com%2Farea%2Fitaly%2Fsicilia%2F&psig=AOvVaw3yWaTcDac-jjDv1sVW4wX-&ust=1567360402535703