Gpkrywywqbirjjmudvw8

イタリア

CATEGORY | イタリア

イタリア都市別観光スポット&やるべき10のことを在住者がお届け!旅行前に要チェック!

2019.08.01

イタリア観光に際しての情報満載です。イタリアの主要観光スポットからイタリアならではの楽しみ方、せっかくのイタリア旅行で楽しむべき10つをご紹介。この記事を見て可能な限りを満喫しましょう!できる限り沢山感動して、体験して素敵な思い出を作りましょう!

この記事に登場する専門家

Vnhummzugidixhxmdgnd

イタリア在住ライター 兼 新米主婦

Erica

ローマ郊外在住です。色んな場所に詳しいイタリア人の旦那さんとともに、イタリア内外と旅行をすることが大好きです。今まで行ったことのある国は約20カ国。イタリアの小さな町まで色々ご紹介できればと思います。

  1. イタリアならではの楽しみ方って?
  2. イタリア観光で外せない観光スポット
  3. イタリア旅行に来てすべきこと10選!
  4. イタリア観光ですべきこと① グルメを堪能
  5. イタリア観光ですべきこと② スイーツを食す
  6. イタリア観光ですべきこと③ 芸術・アートに触れる
  7. イタリア観光ですべきこと④ ショッピングを楽しむ
  8. イタリア観光ですべきこと⑤ ワインを味わう
  9. イタリア観光ですべきこと⑥ BARで過ごす
  10. イタリア観光ですべきこと⑦ 大都市を探検
  11. イタリア観光ですべきこと⑧ 小さな町で違う景色を
  12. イタリア観光ですべきこと⑨ 自然でリフレッシュ
  13. イタリア観光ですべきこと⑩ イタリア人との会話
  14. まとめ
  15. 筆者のブログ、インスタはこちらです。

Ciao,ローマ郊外に暮らしているEricaです!

皆さん、イタリアに旅行に行くってなった際、見たい場所、食べたいもの、買いたいもの沢山の浮かんでくるかと思います。そんな沢山の選択肢の中から、限られて時間の中でできるだけイタリアを満喫したいですよね。これからご紹介する記事が皆さんの旅行をより濃いものになるようお助けできればと思います!

イタリアにはたくさんの観光スポットがあります。

どこに行こうか検討中の方、下記の場所はリストに入ってますか?

イタリア観光で外せないスポット イタリア北部編

Ievimqjkczjjtirdlibm

フランス・オーストリア・スイスと上部は陸つながりになっている北イタリア。

他国と隣接しているだけに独特な文化を持っている場所も。

言葉もイタリア語と他に違う言葉が公用語になっている地域もあります。

ベネチア(Venezia)

Drcdceiihpf8yvbxr9qs

水の都ベネチア。ベネチアの水路を水上タクシーや、水上バスで移動しながら綺麗な景色にうっとりできる町。ちょっと優雅な旅行が楽しめる人気の観光スポットです。


見所については、下記のリンクを確認ください。

ミラノ(Milano)

Jjxo8uqwfdhttaue80sx

大都市ミラノ。最先端のファッションの街。また企業のオフィスなども多く、商業の要の一つ。ミラノにはハブ空港もあるため、日本からのアクセスも便利。

本場のミラネーゼ(ミラノの)を堪能してください!

ヴェローナ(Verona)

Nzuzheo4bx7jz30jtmt8

ヴェネチアから少し足を伸ばしていけるヴェローナ。シェークスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となった家があり、たくさんの観光客で賑わっています。

他にも見るものは沢山。

例えば・・

アレーナ・ディ・ヴェローナ

・エルべ広場

・カステルベッキオ城

・ジェスティ庭園


などなど。

Hahane4xnrlyyxuld393

トレンティーノ・アルトアディジ(Trentino-Alto Adige)

Mv2mv0vvjsgwxtsecykz

オーストリアやスイスの国境近くにある地域。ワイン好きの方は一度は耳にしたことがあるかと思いますが、トレンティーノのワインもとても有名です。アルプス山脈の麓にあるボルツァーノという町もとても素敵です。自然に囲まれていて空気も澄んでいます。冬にはクリスマスマーケットがありとても賑やかです。

イタリア観光で外せないスポット イタリア中部編

Trj40cimbw7vhsfgwui0

首都ローマや、フィレンツェなど大きな都市も多いイタリア中部。山岳地帯も多く山の幸を美味しくいただけるところも沢山あります。もちろんワインの栽培なども盛んで、見所が沢山です。

ローマ(Roma)

Ombqh1rry70jfmlzxxki

イタリアの首都、ローマ。ローマにはコロッセオなど遺跡、世界遺産がが多数あり訪れたいところは沢山。

トレビの泉や、スペイン広場、バチカン市国など、何日あっても足らないぐらいです。遺跡以外にもショッピングや食事も楽しめる、観光都市です。イタリア初めての方は是非、ローマを訪れてください。

フィレンツェ(Firenze)

W9z7ocit3bcczaire5au

ルネサンス時代の面影を多く残す花の都フィレンツェ。

世界遺産も多く、見渡す限り素敵な景色が広がります。

芸術的な町で、革製品なども有名です。

ハイブランドの鞄などもフィレンツェ周辺で作られていることも多いぐらい、職人さんが多い地域です。


詳細は下記のリンクからお願いします。

トスカーナ地方

Rkyfhs3xh3vnbct56dwz

フィレンツェ市を含む、トスカーナ地方。ワインや食事はもちろん、見所がたくさん。

アグリツーリズムなども盛んで、ワインの葡萄畑や、オリーブの木の栽培も多くされています。

映画にもありました、「トスカーナの休日」のように、自然の中でゆったり、かつ町で出歩いても楽しい、トスカーナ地方はおすすめです。

詳細は、下記ご参照願います。

イタリア旅行で外せないスポット イタリア南部編

Kadnyknvltuee0ad06ci

イタリア南部もとても魅力的です。

海に面している都市が多いので、海鮮料理を楽しめるところや、もちろん綺麗なビーチなども沢山あるため、オススメです。

ナポリ(Napoli)

Ikqegtkb8ggawj9jbuuc

「ナポリを見てから死ね」という言葉があるように、ナポリもとても素敵な観光地です。

あのマリゲリータピザの発祥地でもあるナポリ。

景色はもちろん、食事で満足できることも間違えなしです。


ナポリの魅力は下記の記事をご参照ください。

アマルフィ海岸・ポジターノ・カプリ島周辺。

Ivjebkokghuiu9nypful

イタリア観光スポットで有名な「青の洞窟」があるのがこのイタリア南部。カプリ島から船で向かいます。周辺も青い海、青い空。また映画で一躍有名にもなったアマルフィ海岸。どこを切り取っても絶景です。

美味しい食事、美しい景色と、贅沢な旅行になるのは間違いなしです。

ここまではイタリアに来たら、是非訪れてほしいメジャーな観光都市を紹介しました。

ここからは、イタリア旅行に来たら、是非楽しんでほしい、体験してほしいイタリアの見所をご紹介します!

Ebtkpwblcwc7sqh0rakc

もちろん、日本でもお馴染みのイタリア料理。本場に来たならやっぱり食べないと帰れませんね。色々、美味しそうだけど、何を食べよ?って迷う方もいらっしゃるかと。


オススメは、”そこの地域の料理を食べること”です。

イタリア観光で外せないグルメ① ピザ(Pizza)

Rqlxrcpn8ciwzgzoi89k

定番中の定番のピザ。

ピザ大国のイタリアでは、沢山の種類を見ることができます。

大きく分けて、イタリアでは2パターンの購入の仕方があります。

パターン1) レストランやピッツェリア(ピザ屋さん)で食事をする

おそらく、旅行で行かれる際は、このパターンで食べられる方が多いかと思います。

このようなレストランや中でレストランのように中で食べるピッツェリア(ピザ屋)では、基本ピザ1枚(よく見かける丸いピザか、お店によったら、長方形の形をしたピザ)で提供されることがほとんどです。

なので、1種類好きなものを決めて、注文するというパターンです。


大体のピザの相場は、お店によりますが、

8ユーロから15ユーロぐらいが多いです。(1000円から1800円ぐらい)

Jlpxctxpgjpyr4exyw4i

パターン2) ピッツェリア(ピザ屋さん)で、購入する

イタリア北部ではあまりないようですが、ローマやナポリなどでは、大きなピザを欲しい分だけ、切ってもらっってTAKE OUTするというようなお店が沢山あります。


沢山の種類のピザがすでに焼かれており、欲しい分だけ、欲しい種類を注文します。


種類と重さによって、料金が出て来ます。

小腹が減った時や、たくさんの種類を食べたい!と思っている方にオススメです。


Qj1rdhdwwfb8gkpsjdf9

イタリア観光で外せないグルメ② パスタ(Pasta)

Drwajovguyyptbqmqwgv

ピザと同様、イタリア料理の定番といえばパスタですよね。

麺類好きには海外の食事の中でも、麺類は食べやすい、って方もいらっしゃるかも知れません。パスタと言えば、皆さんスパゲティーを想像される方も多いかと思いますが、スパゲティー以外にも沢山のパスタの種類があるので、それを楽しむのも一つです。

勿論、麺の種類だけではなく、ソースも沢山。

見たことないパスタで楽しんでください。

1)パスタの種類

B0iotopwo49tm5yqtdpz

存在するパスタの数は答えることができませんが、沢山あります。


スパゲティーなど私たちが、「麺」と呼ぶような長いパスタ(総称:パスタルンガ)、マカロニのようなチューブのようなパスタ(総称:パスタトゥボラーレ)、グルグルとっと捻られているような短いパスタ(総称:パスタコルタ)とざっくり大きく分けると3種類です。


レストランではソースに合わせて使うパスタを決たり、その地域のご当地のパスタを使っていたりと様々です。

イタリア観光で外せないグルメ③ 生ハム・サラミ

E4z8pnz24mxosyn6akbg

生ハムやサラミは大体、アペリティボ(夕食前のおやつのようなもの:詳細下記でご紹介)や夕食で食べるのが一般的ですが、旅行中は食べれるときに食べてください。


ワイン片手に、生ハムを嗜む、THEイタリアです。

生ハム、サラミをレストランで注文する

メニュー表で見る場合は、基本「Antipasto(アンティパスト):前菜」のページに書かれています。

そこで、「Prosciutto(プロシュート):生ハム」「Salame(サラメ):サラミ」というキーワードを見つけましょう。

生ハム、サラミを購入して食べる

E0tqj0rywe2esewrld0k

イタリアのスーパーには、生ハム、サラミ、チーズ、パンなどを販売しているコーナーがあり、それぞれ欲しい量を伝え、生ハムなどをカットして販売してくれる があります。


ちょっと、イタリア語が使えなければ、難しいかも知れませんが勇気を出してトライして見てください。大体100g単位で購入します。味見程度であれば100gを注文して見るといいと思います。


他にもすでにカットされているものもあるので、ホテルで切って食べてるという手もあります。

Eih6v8gztb47rl4pyd47

イタリア観光で外せないグルメ④ 海の幸 (Frutti di Mare)

Sfaedoatoqur5u4m6sqh

アマルフィ、カプリなどイタリアは海に囲まれている町も多いので、海の幸も大変美味しいです。海沿いの町に行かれた際は、是非、海の幸をお試しください。

イタリア観光で外せないグルメ⑤ 山の幸

Dq5a0ionpevw5q3t6doc

山の幸もとても沢山。山の地域に行けば、イノシシ(Cinghiale:チンギアーレ)のお肉や、ポルニーにやトリュフのようなきのこ類。チーズの種類も豊富です。

地域によって、製法が違ったりととても沢山の料理がためしめるのが、イタリアの素敵なところです。

Kf8ojwmyn8cs5jw90zie

イタリアのスイーツも有名ですよね。スイーツはイタリアでDolce(ドルチェ)と言います。

甘いという意味です。

甘いもの大好きな方、このDolceという単語を探し見てみください。

イタリア観光で外せないスイーツ① ジェラート(Gelato)

Ejzpspe5ky9gabdruhhu

イタリアでジェラートは子供から大人、老若男女関わらず食べられているとても身近なものです。夏は勿論、冬でも食べます。

イタリアでは、ジェラートの上に「生クリーム」をのせる習慣があり、大体のお店では、「Panna(パンナ)?:生クリーム」と聞かれます。


この生クリームは日本の生クリームより少し軽めの味わいだと思います。


一度、生クリームをジェラートと一緒に味わってみてください。

イタリア観光で外せないスイーツ② 小さなお菓子(Piccola Pasticceria)

Rrd6ar3fqhah1wwmbjxb

イタリアにはPasticceria(パスティチェリア)というお菓子屋さんがあり、

クッキーや、ケーキなど主に焼き菓子が売られています。

手作りのものがほとんどです。


そこで、小さなお菓子がとても可愛らしく、とても美味しいので、何個か選んでおやつや、食後のデザートにされてもいいかと思います。

Mignon(ミニョン)またはPstarelle(パスタレッレ)と呼ばれています。

BARとかにも置いているので、ぜひお試しください!


見てるだけで、嬉しくなるDolceです。

イタリア観光で外せないスイーツ④ ティラミス

F1esohq6iuiqmarq3bww

イタリアの代表的なお菓子の一つであるティラミスも食べて見てください。


カフェに浸されたビスケットの程よい苦味と、上のチョコレートの層がたまりません。

マスカルポーネのクリーミーな味も加わりとても美味しいです。

イタリアといえばのカフェ、チーズ(マスカルポーネ)そして、チョコレート。

イタリアならではのコラボレーションがなされている一品です。

Ghte2g5puaz6yaitgbuz

芸術鑑賞も忘れては行けない一つの醍醐味です。

国全体がどこもアートに見える、そんな国で色々、芸術、文化に触れてみましょう。

イタリア観光で外せないアート① 美術館

Aqkgf3249fjczdt0k6ry

多くの芸術家を生んだイタリアには、沢山の美術館が存在します。

ローマ時代、ルネサンス時代など様々な時代の芸術に触れることが出来るので、あまり芸術に興味がない方も、一つぐらいは行って見ることをオススメします。

バチカン美術館

イタリアは芸術の都と呼ばれているだけに、数多くの美術館が存在します。どこもとても素敵でお勧めしたいのですが、中でもバチカン美術館は世界最大級の美術館と言われておりとてもおすすめです。美術館といえども、博物館や図書館、システィーナ礼拝堂などもあり時間がいくらあっても足りないぐらいです。最低でも3時間から4時間は必要と言われています。有名な「最後の審判」やオナルド・ダ・ヴィンチの「聖ヒエロニムス」など有名な作品が数多くの展示されいます。時間の有る限り楽しみましょう。

イタリア観光で外せないアート② 古代遺跡

Od1yerbtzmdkzsoxxr8v

至る所に、古代の面影を残している場所がイタリアにはたくさんあります。

ローマやその周辺を歩いていると、突如現れる石の塊。

その度に、以前この場所で何があったのか想像することも楽しいですよ。

コロッセオ

Flplnqsms4u0tzgtrf74

イタリアの代名詞のような古代の建築物、世界遺産のコロッセオ。

ローマ帝政時代の円形競技場です。

外から見ても圧巻の存在感。時間があれば中も見てみる価値ありです。


昼間の様子はもちろん、夜もライトアップされて素敵です。

フォロ・ロマーノ

S2b5rfcasezgqoohju4s

コロッセオに隣接するフォロ・ロマーノ。こちらも世界遺産に認定されています。

都会の中の異空間。歩いていると歴史のロマンを感じます。ローマ時代の政治・経済・商業の中心だっただけに、スケールも大きいため、ゆっくり、コロッセオと合わせて観光できればいいですね。

イタリア観光で外せないアート③ 教会

Bgm8kfnqkqo0eg0zffge

カトリック教徒の総本山を抱えるイタリアには本当に多くの教会が存在します。

中には壁画だったり彫刻が置かれていたりと芸術的な絵画などがたくさん装飾されています。

どこを切り取ってもとても素敵です。


ですが、ここは神聖な場所です。

観光スポットになっている場所もたくさんありますが、秩序を崩さないよう、十分に配慮し訪れることを忘れないでくださいね。

バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

Ymar1qsgp5je1faz36fk

キリスト教カトリックの総本山、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂。

世界中から連日たくさんの観光客が訪れます。ローマ教皇の住まいの宮殿などもありとても神聖な場所に加え、芸術作品も多数ありとても豪華な内装となっております。

イタリア観光で外せないアート④ 街並み

昔に建てられた建物をそのまま中を改装して使用していることが多いので、外装はとてもアンティークな様子の街並みが多いのがイタリア。それぞれの地域で屋根の形が違ったり、色使いが違ったりと、歩くだけでとてもうっとりしてしまうことも。

アルベロベッロ(Alberobello)

Utyslqjxymag6jmuutsx

南イタリアバーリ県にあるアルベロベッロ。トゥルッリと呼ばれるとんがり帽の様な屋根をした石灰で作られた住居が有名なアルベロベッロ。世界文化遺産にも登録されており、この独特な町並みを見にくる観光客も増加しております。元々は厳しいい生活環境の中、手軽に手に入る石灰で住居を建設し始めたのがこのトゥルッリの始まりとい言われています。

こんな可愛らしい町並みを歩くのも、歴史、文化、芸術を感じられ楽しめるはずです。

マテーラ(Matera)

Ziynveskv0rcbxibadql

イタリアのバジリカータ州にあるマテーラ。洞窟住居のサッシと呼ばれる住居が有名な場所で、こちらも世界遺産登録されています。サッシとは岩や石という意味で、この意味の通り岩造れれた住居が特徴です。もともとイスラム教徒の迫害によって逃れてきたキリスト教とが住み着いたのが始まりと言われています。


街全体がとても魅力的で、町並みを見るだけで満足感を得られる様な場所です。


夜景も大変おすすめです。

Nq8dxzsxhrl9lxbygn6p

ファッション大国のイタリア。

センスが光る逸品ばかりが並びます。

お土産も勿論、自分へのご褒美を買われる方も多いのでは?

イタリア観光で外せないシッピング ①ブランド

Yzsysutul53ujv0reson

イタリアと言えば、ハイブランドの排出国でも有ります。

プラダやフェンディなどもイタリアのブランドです。

TAX FREEも利用して、お得に買い物ができるかもしれません。

イタリア観光で外せないシッピング ②革製品

革製品もイタリアでは有名です。至る所に革で作った、カバンや小物のお店を見つけることができます。店の中で職人さんが作成していることも多々有ります。

一度お店をのぞいて見るのもいいですね。

イタリア観光で外せないシッピング ③衣類

Ptdpqxzkfhsqcaqqkyab

ファッション国のイタリアには、プチプライスで購入できる可愛い洋服屋さんもたくさん。

有名なチェーン店はもちろんですが、小さい道にある個人店にも一見敷居が高く見えても意外と手の届く価格のことも多々有ります。お金をかけず、洒落た洋服を探して見てください。

イタリア観光で外せないシッピング ④雑貨

Qkw4a0kfrmxccegbehqh

色使いが日本と少し違う、そんな雑貨屋さんを見つけることができます。

ちょっとしたお土産をここで調達することもできます。

見てるだけで、ちょっと楽しくなるような商品もたくさん見つけることもできます。

Csjmd4nmt1kvgymqeddc

イタリアの飲み物といえば、ワインですよね。イタリアにはほとんどの地域でワインを生産しています。もちろん有名なワインからあまり日本ではあまり知られてない銘柄も多数あります。

ワイン好きの方はもちろん、ワインにあまり慣れたない方も、一度本場の味を本場で楽しんで見てください。もちろん、価格も日本に比べるとお手頃です。

エノテカ

Enoteca(エノテカ)と呼ばれるお店が、ワイン屋さん。ワインの販売のみのところもありますが、実際に座って飲める場所もたくさんあります。

沢山のボトルの中から選ぶのは難しいですが、オススメなどを聞いて、新たなワインにチャレンジするのもいいかと思います。

Dxcc0j9y27spkbxirsam

イタリアのBARはイタリア人の憩いの場です。朝から晩まで何かと人が行き来し、世間話などに花を咲かせている人をよく見かけます。常連客ばかりで入りにくそうなところもありますが、笑顔で対応してくれるところも多いので、一度イタリア人気分を味わって見てください。

朝食

Tzufhdpuj12klbczqycb

朝食を食べに来るイタリア人はたくさんいます。座って落ち着いて朝食、というわけではなく基本カウンター横に立ったまま、せかせかと食べて行く、ということが多いです。またイタリア人は朝は甘いものを食べる人が多めです。カプチーノなどに合わせて、コルネット(クロワッサン)などを食べて、旅の1日をスタートさせるのも楽しいですよ。

休憩

Yld3wdpfusnqcifeallz

旅で歩き疲れたら一旦休憩で、BARへ行ってみましょう。上記で案内した通り、席につかない時の料金と、席に着いた時の料金が異なるところもあるので注意が必要ですが、座りたい時は、座ってゆっくり休憩してください。立ちながらのCAFE'が1ユーロだと座ると3ユーロぐらいになるぐらいの感じです。(約120円が360円ほどに)

(※もちろんお店によって異なりますので、テーブルにメニューが置かれていたら確認して見て、もし高すぎたら移動もしくは退店してください)

アペリティボ(夕食前のおやつ)

O6rnx1qrttkivv91qijw

イタリアにはアペリティボという習慣がBARで楽しむことができます。アペリティボとは夕食前のおやつのようなもので、カンパリやワインなどを1杯とおつまみ程度の軽い食事を取ることがあります。

日本と異なり、夕食の時間が20時から21時頃の家庭が多く、それまでの間少し時間が長いので、軽めに食べながら、友達や同僚などと話をします。BARによって内容は様々で、飲み物とナッツのみのところもあれば、飲み物に小さいピザや、ポテトチップス、サラミなど色々と大盤振る舞いしてくれるBARもあります。相場は大体5ユーロ〜。(600円ほど〜)

もちろん、飲み物のみの注文も可能ですので、雰囲気とお腹の状態によって注文してください。

Uumyhx9x81onzwzvmjkh

大都市のナポリ、ローマ、ミラノなどたくさんの見物スポット、買い物スポットが存在するので、ザ・イタリア気分を体験できるのは間違えありません。短時間の旅行の場合が多いので、人気のスポットなど、見回れないほどたくさんあるので、十分に楽しむことができます。

Cqkjbawuf6bdsq7m5d6t

イタリアは以前、小さい国がたくさんありました。そのため地域ごとに違う文化が根付いているため、いろいろな町の様子を見ることができるのも一つの魅力です。数キロメートル離れているだけで、方言が違ったり、名物がそれぞれあったりと探検すればきりがないほどたくさん発見できます。大都市はもう見た、違う景色を見て見たいと思う方は、電車に乗って郊外や違う州、県に行って見てください。大きな感動に出会えるはずです。

Ix2kabrstzulbr7maspz

イタリアは半島になっているため、海に囲まれていて、かつ山も多いので、自然を感じることのできる場所がたくさんあります。イタリア観光で忙しく歩いた後、少し自然の多い場所に足を運ぶと、また頑張ろうという気持ちになれると思います。

イタリア観光で楽しめる自然スポット① 海

Hdcmkjiyny5e8zvy4miy

地中海に接しているイタリアの海は綺麗なところが多いです。アマルフィ海岸なども人気のスポットです。青い海を見たり、泳いだりとのんびりするのもおすすめです。

イタリア観光で楽しめる自然スポット② 山

Ih5ugtx6huqv7zjpz48p

海にも負けず山岳地域もとても楽しいです。山の中の町を歩いて見たり、滝や川を見ながらゆっくりハイキングも素敵ですよね。

イタリア観光で楽しめる自然スポット③ 島

シチリア島やサルデーニャ島、そのほかにも小さくても綺麗な島もたくさんあります。

大都市に比べ人が少なくゆっくり都会の忙しさを忘れるのいいですよね。ハイシーズンは人も多く物価も高くなっているかもしれないので、行く時期のチェックは必須です。

Ra379l0ryzpwlvhtpmdz

基本気さくなイメージのイタリア人。おしゃべりが好きな人がたくさんいます。言葉の壁はあるかもしれませんが、笑顔でニコッとするとニコって返してくれます。たまにウィンクも可愛くしてくれる人もいます。イタリア語はちょっと、、という方も、笑顔でいると何かとコミュニケーションができるかもしれません。もちろん人によるので、冷たくされてもすぐに忘れて旅を楽しんでくささいね。

イタリア旅行で観光スポットに訪れることもとても素敵で十分楽しいですが、プラス、訪れた場所でいろんなことが楽しめるようにと思い、紹介させていただきました。イタリアにはお伝えきれないほど素敵な場所、素敵な文化がたくさんです。たくさんの角度からイタリアを満喫してください。

イタリアの生活日記、イタリア旅行について記載してます。よければ遊びにきてください。