Xukllpmj3o7vlxb6wkdn

キューバ

CATEGORY | キューバ

キューバ・ハバナの年末年始!カウントダウンの様子から年越し・年明けでのオススメ観光スポットを紹介!

2019.09.17

南米はカリブ海に位置している小さな島国キューバは世界屈指の南国リゾート地としても知られる人気国であります。そんな中でもキューバを代表する人気観都市ハバナの年末年始情報から航空チケット、滞在人が推めるオススメのプランもお届け!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. ハバナ旅路【年末年始シーズン】
  2. ハバナの年末年始の様子は?
  3. ハバナの年越しを楽しもう!【 ハバナ・ビエハ & ホテルのレストラン or ラウンジ】
  4. カリブ海に隣接するハバナだからこそ!ビーチでの年越しも大いにアリ!
  5. 年越しが終わったあとのハバナの年始の様子は?
  6. キューバの首都ハバナの年末年始ガイド ー総括編ー
Ltjtxcocqvvwbepqk80c
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjghp3exb7kAhWBr6QKHWA9DGMQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Ftravelnoah.co.jp%2Ftabimaru%2Fcolumn%2Fticket%2Flcc-merit.html&psig=AOvVaw2SzCwvTDWIIdgmINe1zyAh&ust=1567939954242838

こんにちは!


ブダペスト拠点にヨーロッパ各地で色々と活動をしているロン毛ことマエダです。


今回は実際に仕事でもプライベートでも何度か訪れたことのあるキューバの首都として知られるハバナの年末年始事情からオススメの過ごし方についてご紹介をしていきたいと思います!

カリブ海最大の島国キューバの首都ハバナは温暖な気候と隣接する海が魅力的な街であり、真夏を代表する有名なリゾート地の一つとなっており市内にはいくつもの歴史的文化遺産が数多く残る素敵な観光都市としても知られています。


そんなハバナでは年間を通しても非常に温厚な気温が街自体を覆っており、日本の真冬にあたる12月〜1月をかけてはキューバは真夏となるシーズンにさしかかるため平均は常に23°〜25°といったとことなっており文字通りの南の島といった様子になります。


旅行客が訪れており、日本だけを数えても常に人気観光都市の上位にランクインしています。


またこういった街の温暖な気候もあってか、年末年始ともなれば日本国内を出て暖かい場所で年越しやカウントダウン、新年を迎えたいと思う方も近年では比較的増えてきているとされており各旅行代理店など最近では有名どころのハワイやグアムでの年末年始をくくったツアー旅行をさしおいて、ここキューバでのものも組まれるようになってきています。

Lggwqexchg9wu6r94cqb
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwid8v7wxb7kAhVwMewKHS1_B4EQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Ftravelist.jp%2Fairport_IWJ%2Fguide%2Fposts%2Fp1530&psig=AOvVaw2SzCwvTDWIIdgmINe1zyAh&ust=1567939954242838

そんな年末年始シーズンでも大人気のハバナでありますが、今現在は東京からハバナへの直行便が提携されておらず経由便でのみの渡航となっておりフライト時間もおおよそ約13〜15時間が妥当といったところとなっています。


また年末年始シーズンであれば人気シーズンであることから、航空券の相場価格は15〜18万となっており近年ではハバナ自体の人気の上がりようもあってか少しずつ毎年毎年チケット価格も高騰してきています。


ロン毛は普段からフリーランスとしてノマド生活をおくっているため、しょっちゅういろんな国へと訪れては現地で仕事もしつつプライベートで遊んだりとなにかと航空券を頻繁に使う人間であるため日頃から格安航空券のチェックには人一倍力をいれています!


そんなロン毛のおすすめする「格安航空券検索にバッチリのおすすめサイト」を以下に貼り付けておくので是非ともチェックされてみてください!

Gm5anasklqnwdspcpapa

そんな真夏状態のハバナ市内の年末年始状況はいつも以上に活気断ち街全体がお祭り騒ぎの熱気に満ち溢れたものとなっており、外では陽気なサルサとともに踊りをする若い女の子からカップル、お酒をたらふく飲み明かし友達と大騒ぎをする男の子たちなどで賑わっています。


また年末年始の12月31日〜1月1日にかけては市内のレストランの多くが特別営業時間を設け、日頃よりも早い時間に閉まるところが多く見受けます。


特にこうしたレストランでは「ローストポーク」を扱うお店が多く、というのもハバナの大晦日ではお祝いのためにこちらのローストポークを食べる習慣がありいくつかのホテルやレストランでは店内やテラスにてこちらのバーベキューをし行なっているところも少なくはありません。

Wof9hwbbazbxmbgr15in

またパブ(日本でいうバー)に関しては、年末年始も特に変わらず営業をしているお店が多いためお酒が大好きな地元キューバ人たちは新年を祝杯するカウントダウンを楽しむため多くの団体客で占めています。


そんな中に予約なしで当日いきなりお店へと訪れてもすでに予約客でいっぱいとなっている場合が非常に多いため、年末は年越しでのパブにてカウントダウンを行いたい場合には前もって行きたいお店へと予約をとるように心がけましょう!

Frxcexobdy0ofudqu4if

そんなハバナ市内でありますが、主に多くの地元キューバ人から観光客までもが訪れる「ハバナの年越しと言えばココしかない!」といったスポットが実はあります。


続いてはその「THE 年越しスポット」についてと共にロン毛オススメの「ホテル内での年越し」についても一挙にご紹介をしていきたいと思います。

①ハバナ・ビエハ

Eqyrvmpm9ad6p9odvsze

まずはじめにオススメしたいハバナ市内でカウントダウン時に打ち上げられる「大花火イベント」を最高に眺めれるオススメの過ごし方がこちらの「ハバナ・ビエハ」でのものとっています。


毎年ハバナのカウントダウンの夜空を煌びやかに描く年越し花火は世界中の他の都市と同様に大晦日の大イベントとなっています!


打ち上がるポイントとしてはハバナ市内の中心地であるラハバナビエハ周辺の「パラダレス」というエリアからとなっており、植民地時代からの名残である旧市街地の街並みとともに見上げるこちらの花火はなんともロマンチックな雰囲気となっており、市内に点在するレストランにて予約がとれた際には、ショーやキューバの生演奏とともに特別なディナーを味わえるものであります。


また、ここ「ハバナ・ビエハ」では大晦日はカウントダウン花火を鑑賞するために当日では特別にテラス席が設けられ、ここから見るハバナの夜景と美しい花火は一生の思い出となること間違いなしであります。


他にも当日の年明け直後には年越しの一環として、湾の反対側にあるサンカルロスデラカバナ要塞の大砲から21の敬礼弾が撃たれるなんともダイナミックな演出となっています!

②ホテルのレストラン or ラウンジ

Hov4s3lh5byeipcws4aw
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjM4ojtn63kAhWKblAKHWgaAB8Qjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwww.tripadvisor.co.hu%2FHotel_Review-g147271-d148066-Reviews-Hotel_Nacional_de_Cuba-Havana_Ciudad_de_la_Habana_Province_Cuba.html&psig=AOvVaw0slh-OPel_fxGqZLXVvVP_&ust=1567345678942233

そして続いての年越しオススメの過ごし方がこちらの「宿泊先ホテルの中にあるレストラン or ラウンジ」でのカウントダウンであります!


先ほどご紹介をしたハバナ・ビエハでの年越しであったり、ハバナ市内での年越しではやはり混雑に見舞われることが予想されます。


というのも、大晦日はカウンドダウンともなれば多くの人々でごった返しとなっているのでどうしてもスリや軽犯罪が起きているのが事実であり、したがって行く分には楽しめてもそういった被害に合わないようにと気をつけなければならないのがどうしてもストレスに感じてしまいがち。

しかし、ホテル内でのカウントダウンもまた違った意味で非常に楽しめるものであり、一般的にはどこのホテルであっても基本的には年越しメニューを設定していることがあり、ホテル内のレストランで年越しをするメリットとしてはそれ以外にも「席の確保が比較的楽に行える点」や年越し花火後の混雑に巻き込まれる心配がないといったところかと思います。


もしこちらのモデルプランを予定する方がいれば事前に宿泊ホテルのレストラン情報や席の予約などをしておくことが賢明でしょう!

Fioffxguwrbgnexpwtfc

そんな年越しカウントダウンで大盛り上がりのハバナ市内とは少し離れたビーチで遠くに見えるカウントダウン花火を眺めながら優雅に夜のカリブ海を満喫する年越しスタイルなんかも大いにアリであると言えるでしょう!


逆にロン毛個人としては12月〜1月にかけてが常夏になるリゾート地、ハバナであるからこそ出来る特別な過ごし方であるためこちらを大いにオススメしたいものであります。


そんな年越しビーチでもオススメのスポットがこちらの「トリニダード」です!


トリニダードはハバナの南中央海岸に位置する人気ビーチであり、16世紀から19世紀にかけては主要なサトウキビ生産地の1つであったとされ今現在では1988年にユネスコの世界遺産に登録されました。


トリニダードは、大晦日のカウンドダウンを過ごすには抜群のスポットとしても地元キューバ人から観光客にまで知られており、その美しい白い砂浜と青い海、そして後ろにはキューバで2番目に大きな山脈である「Escambray Mountains」が覆いかぶさる最高のリゾートスポットであります!

Zng6euvjjcoxcvlib7do

年越しのカウントダウンが過ぎればハバナの街は一気に穏やかな空気が市内全体を包み、日頃の静寂が戻ってきます。


中でもハバナ市内に点在するレストランやバー、カフェにショッピングモールといった主な商業施設が1月1日はお休みとなっているところがほぼであり、どうしても外出をする目的が狭まれてしまうのが現実であります。


かくいう有数の観光地でも1月3〜4日までは閉館となっているところも多く、観光地巡りをしようとしても訪れることのできる場所も限定されてしまうもの。


しかし、逆にそんなタイミングでも入場ができる観光地もいくつかは点在しているため是非この時期を活かし普段では人で混んでいる人気観光スポットへと出向き限定はされるものの1月1日だからこそ出来る「THE 元旦観光」を組むのも賢明なものであると言えるでしょう!


続いてはそんな1月1日でも開業しているおすすめ観光スポットをご紹介!

①ラマーセド教会修道院

Dgcxtexsvucteboivph9

まずはじめにご紹介をしたいオススメの元旦でも訪れることのできる人気観光スポットはこちらの「ラマーセド教会修道院」であります。


ラマーセド教会修道院はハバナ市内の中心地であるプラザ・ビエハから南に数ブロック離れた場所に位置する豪華に装飾された教会修道院です。


内装にはシスティーナ礼拝堂に匹敵するほどのフレスコ画から天井画、そして見事なステンドグラスと塗装ガラスが独特ななんとも美しい教会修道院となっており外観をバックにインスタようの写真なんかも新年の迎えと共に撮られてみてはいかがでしょうか!

②プラザ・デ・サンフランシスコ

Ryinyrcu2uutj4epru5a

続いてご紹介をしたいオススメの元旦でも訪れることのできる人気観光スポットはこちらの「プラザ・デ・サンフランシスコ」であります。


ここプラザ・デ・サンフランシスコは1990年代に復元されたハバナ港近くの石畳の広場であり

18世紀にバロック仕上げが施された美しい広場となっています。


こちらもなんともフォトジェニックな雰囲気漂う場所となっており、ここプラザ・デ・サンフランシスコ広場に立ち並んだ大理石とブロンズの彫刻は是非とも見ていただきたい圧巻の一言であります。

Y96wk6rto6pnqrllw6cm
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjzsYqNoa3kAhVDDewKHfM-BnwQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fboliviaesturismo.com%2Fja%2Fplaza-san-francisco-la-paz-boliviaesturismo%2F&psig=AOvVaw3urXA_Lq-49QWUE_6YQDw7&ust=1567345981207850

いかがでしたでしょうか。


今回はハバナの年末年始事情から年越し、年明け別のオススメの過ごし方についてをモデルプランも沿えてご紹介をしてきました。


是非とも今年の年末年始はキューバの首都ハバナにて過ごされてみては如何でしょうか!

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwj00PaUmq3kAhWKZlAKHbZqCkEQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.positiveluxury.com%2Fblog%2F2019%2F08%2F08%2Fnew-years-eve-havana%2F&psig=AOvVaw2GglUpTnedt8v6kUVKNK24&ust=1567344166633118