M3mvjdigob3gxmh3skbb

スペイン

CATEGORY | スペイン

スペインの年末年始・冬の観光特集!マドリード・バルセロナの様子は?

2019.12.19

スペインで年越しを考えている方!首都マドリードやバルセロナはカウントダウンイベントもたくさん!ワインを片手に年越しも良いですよね。今回はそんな人気観光都市・マドリードとバルセロナの年末年始の過ごし方、各所の商業施設の様子も一挙にまとめてご紹介!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. 【スペイン冬の観光】スペイン風年越し!大晦日には蕎麦を食べずにブドウを食べよう!
  2. 【スペイン冬の観光】バルセロナの年末年始の様子は?
  3. 【スペイン冬の観光】バルセロナならモンジュイック噴水前で年越しを楽しもう!
  4. 【スペイン冬の観光】年越しが終わったあとの元旦には【サグラダファミリア】を見にいこう!
  5. 【スペイン冬の観光】その次はガウディの世界遺産マンション【カサ・ミラ】もチェック!
  6. 【スペイン冬の観光】マドリードの年末年始の様子は?
  7. 【スペイン冬の観光】マドリードならプエルタ・デ・ソル広場 で年越しを楽しもう!
  8. 【スペイン冬の観光】元旦からスタートする観光地巡りのスタートは【マヨール広場】
  9. 【スペイン冬の観光】マドリード最大の自然公園【エル・レティーロ公園】で散歩もおすすめ!
  10. 情熱の都マドリードの年末年始ガイド 【スペイン冬の観光】ー総括編ー
Tffa6ufmw2y1dsj7wp8y

こんにちは!


ブダペスト拠点にヨーロッパ各地で色々と活動をしているロン毛ことマエダです。


今回は実際に仕事でもプライベートでも何度か訪れたことのあるスペインの首都マドリードとバルセロナの年末年始事情からオススメの過ごし方についてご紹介をしていきたいと思います!

日本では大晦日の晩では年越し蕎麦を食べる習わしがありますが、実はスペインはでも似た様な風習が存在しています。


それが年越しのカウントダウン時に「ブドウの粒を12粒、年越しのカウントダウンに合わせて鳴る鐘に合わせて食べる!」というものであり、取りこぼすことなくしっかりと全部の粒を食べることが出来れば新年には幸運が訪れると言われています!


これこそがスペイン風の年越しの習わしであり、先ほどにご紹介をしたプエルタ・デ・ソル広場にいる人々は皆んな一斉に年明けと同時にブドウを食べ始めます!

M0fudb6irefn9if4m4zd
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwinm7Cgsc7kAhUHMuwKHcQnCI0QjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fcatavino.net%2Fnew-years-traditions-in-spain-12-grapes-in-12-seconds%2F&psig=AOvVaw0g6gvl0F0EqpidNxfAXQ2l&ust=1568484231784582

もちろんロン毛がいたホテルのラウンジでもお客さんから定員さんまで皆んなが一気にブドウを食べ始めたのには驚いたことを今でも覚えています。


こういったその土地ならではの風習や習わしに従ってカウントダウンを過ごすのも粋なものであるので是非ともマドリードでの年越しをお考えの方がいれば当日にはスーパーなどでブドウを事前に購入しておき、カウントダウン時にはスペイン風に年を越されてみてください!

Sxavfbmoq10u2kwjwegp

スペインの人気都市バルセロナの年末年始の様子は大盛り上がり!


とくに年末の大イベントであるカウントダウンは毎年バルセロナ市内にある「モンジュイック噴水」前にて開催され花火からミュージックコンサート、噴水ショーにカウントダウン・ライブといったイベント模様てんこ盛りの祝祭感が特徴です。


会場となるモンジュイック噴水には大勢の人々が溢れかえっており、たくさんの人がカウントダウン用のブドウを持参していました。

Clfnqqldgaqgorpioog6

また大晦日である12月31日のバルセロナ市内では、基本的には店じまいをしているレストランが多いものの、観光地中心であるランブラス通り、カタルーニャ広場周辺、グラシア通り周辺、サグラダ・ファミリア周辺のレストランなどは特別に営業しているところが多かったです。


逆に元旦では飲食業から観光スポット、美術館や博物館といった場所はほぼほぼが休業しています。


ただ一部の有名観光スポットでは元旦の1月1日でも特別営業時間を設け、オープンしている場所もあるので比較的他のスペインのとしに比べて年末年始の観光地巡りにも優しいポイントが魅力の一つでもあります。

Ep0h3d6d6awyyv5rqjbh
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjxpIu-v87kAhVBIMUKHaREAE8QjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.linguabarcelona.com%2Fblog%2F2015%2F12%2Fwhats-on-this-week-in-barcelona-new-years-eve%2F&psig=AOvVaw3FTHeGLUko-YIBIbUzH7kf&ust=1568487996823426

バルセロナのカウントダウン花火の特徴としては打ち上がり場所がここモンジュイック噴水前であるものの、市内のいくつもの鑑賞スポットからその光景を見ることができるといったものでしょう。


実際にモンジュイック噴水前で大晦日はカウントダウンを過ごしてみましたが、やはりましたから見上げる大スケールのカウントダウン花火は絶景なので是非ともここモンジュイック噴水前での鑑賞をおすすめしたいです!

Rn89e88dcprnmu0cd5v2

会場は大きな道路を封鎖した場所となっていて入場は無料となっています。


またチケットを購入しておくといった必要もないため飛び込みで参加してくる人たちも多く、やはり人混みに揉まれることは予想しておいたのでストレスにはならなかったです。


ただ、それ以上にあの壮観な景色は一生に一度の思い出になること間違いなしなので是非カウントダウン用のブドウを片手に訪れてみてください。

Q0ynmniin4l4nday1cc6

大晦日のカウントダウン花火を楽しんだ後の元旦には是非サグラダファミリアへと訪れ、観光地巡りをスタートしましょう!


着工から100年以上が経過しても今なお建設途中というバルセロナが代表する世界遺産物「サグラダ・ファミリア」ですが、元旦の1月1日ではなんと嬉しいことに09:00 〜 14:00まで営業しており、その内部や建物の周辺を散策することができます。


しかし、入場までには常に長蛇の列ができているので是非とも事前にオンラインでチケットを購入しておくことがオススメです!


一歩足を踏み入れることができるれば、外からも存在感抜群のあの高い塔にエレベーターで上ることができバルセロナの街並みを眺めることができます!

O6vdezeittvzkfxvb1uu

営業時間:1月2日以降は連日9:00 ~ 20:00

X4fzgqvzne4myipq4sp1

続いてオススメをしたい観光スポットはこちらの「カサ・ミラ」です。


カサ・ミラとはサグラダファミリアの生みの親であるスペインの天才建築家「アントニオ・ガウディ」が手掛けたもう一つのバルセロナの建築アートとし人気の高い観光スポットです。


彼が手がけた奇抜なデザインが最も色濃く残っていると言われているここカサ・ミラは、すでに世界遺産としても認定され、その外観は地中海をイメージしてデザインされたといわれ、まるでおとぎの国の家のような、そんなユニークな建物でした。


カサ・ミラも同じく元旦の1月1日では、特別営業時間として11:00 〜 20:30からオープンしているので是非とも訪れてみください。


こちらもチケットの事前購入をお忘れなく!

Pi5aydh3yr0jks6p0ifw

営業時間:1月2日以降は連日9:00 ~ 20:30 / 21:00 ~ 23:00

Ixkeoqwh1uywd7masdjy

そんな情熱の都マドリード市内の年末年始の様子ですが、通りには数多くの観光客から地元スペイン人たちがざっくばらんに思い思いにお酒を飲み盛り上がっていたり、若者はスピーカーから音楽を流し友達と盛り上がっていたりと、なんともスペインらしい活気に満ちたものとなっています!


またスペインを代表するサッカーのクラブチーム「レアル・マドリード」を愛する熱狂的なファンたちの為のスポーツバーなんかも市内では特別に出店しており、店内ではレアル・マドリードの録画試合を流し大酒を食らっていたりと、サッカーファンであれば盛り上がること間違いなしであります。


マドリード市内のレストランやパブ(日本でいうバー)といった商業施設では基本的には特別営業時間を設けて営業しているものの既に予約済みの団体客による「年越しパーティー」が店内では開催されており、予約をとっていない状況で突然来店をしても席が空いていないとの理由で断られることが多いのでご注意を!

Z1d53835zp4dhdjfika0

またフードメニューや料金価格も通常営業とは異なり「特別コース」であったり「特別価格」といったカウントダウンに沿ったものとなっています。


そのほかスペインという国自体には実はチップ文化というものは確かに存在するもののそこまで重要視されるものではなく、他ヨーロッパ各国に比べても非常に店側も客側も慣用的に捉えている様に思えます。


なのでもちろんチップを支払う人もいますが「必ずしも!」というものではなっていなく「上質なサービスを受けた」「何か店側に要求をしてサプライズイベントに協力してもらった」「席をいい場所へと変えてもらった」など、チップを支払うに値する対価を頂いた時にのみ支払うといったものであるので、アメリカの様に「支払わなければ人間じゃない」と言わんばかりの冷たい目線を受けることはありません。

Nbb85ydugaanwnjbwynp

まず初めにご紹介をしたいマドリードでの年越しのオススメはこちらの「プエルタ・デ・ソル広場」でのカウントダウンイベントへの参加であります!


プエルタ・デ・ソル広場はマドリード市内で最も有名な広場であり、スペイン国内でも2大カウントダウンイベントと呼ばれる「バルセロナのカウントダウン」それからここプエルタ・デ・ソル広場で行われる「マドリードのカウントダウン」の開催地となっています。


こちらでは数多くの地元スペイン人から観光客の多くがカウントダウンを祝祭しに訪れ、0時ちょうどとなった年明け時に響き渡る「マドリード州首相公邸に置かれた鐘の音」を今か今かとお酒を飲みながら待ちわびています!

Lairtq4xcfcnzxnuocak

広場ではたくさんの屋台や路面店が立ち並んでいることもあってか、美味しいご飯にお酒を楽しめる環境が整っており待ちくたびれることもないので楽しく年越しが出来るのも魅力の一つであるかと思います。


またプエルタ・デ・ソル広場内でのカウントダウンを希望する場合には最低でも20時までには広場へと到着しておくことが賢明かと思います。


というのも訪問者の数が非常に多い為、時には21時をもって入場制限がかけられ入ることができなくなってしまうのでここは是非ともご注意ください!

Vxagx2llhnhuxxreoqv6
Nk0xmr22ilyrediwg4cr

そんな情熱の都マドリードの盛大なカウントダウンが終わればお次はお目当の観光へと周り始めるかと思います!


しかし、残念なことにマドリード市内に点在するいくつもの有名観光スポットや美術館、博物館といった場所は主に1月1〜6日までお休みとなってしまい観光地巡りはどうしても難しくなってしまうのが現状であります。。


ただし広場として人気の観光スポットは元旦も関係なく連日オープンしているのでそういった場所へと訪れたいもの。

Eewbrz2iae0rshdiaquz
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwif-JOZw87kAhXB-6QKHecGBfEQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fphotohito.com%2Fphoto%2F6938903%2F&psig=AOvVaw2LHt1wuwj6X0MRQvUvZ3us&ust=1568488956747467

そんな中でオススメなのがこちらの「マヨール広場」です!


ではマヨール広場はマドリードでも有名なランドマークであり、そこには広場に面して237箇所のバルコニーを持つ3階建ての建築物に取り囲まれた広くて美しい場所が広がっています。


インスタ映えには最適な背景と綺麗な建物が非常に多かったのでここで写真をたくさん撮るはオススメです!

営業時間:1月2日以降も連日営業

Sw5xbemhlmfz2yn1rnyc

つづいてはこちらの「エル・レティーロ公園」です。


エル・レティーロ公園はスペインのマドリッド市内でも最大の自然公園の1つとなっており、この公園はで19世紀後半にスペインの君主制に属し公共公園として当時から数多くの地元マドリード人から愛され続けてきた場所となっています。


公園内には数多くのモニュメントからたくさんのカモメや鳥などが生息していて、ベンチや休憩どころもいたるところに設置されているためゆっくりと散歩ができます。

営業時間:1月2日以降も連日営業

Sumooaijfelugzi4klcc
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwj7z_CGxM7kAhXM2qQKHbvNAlEQjRx6BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.spainteca.com%2F2019%2F02%2Falmendro-el-retiro.html&psig=AOvVaw30bgiQEVOT1nNl3td1uynK&ust=1568489146902337
Udipq2odb7mwkjftde2n

いかがでしたでしょうか。


今回はスペインの年末年始ガイド!としてマドリード・バルセロナの年越し、年明け別のオススメの過ごし方についてをモデルプランも沿えてご紹介をしてきました。


是非とも今年の年末年始はスペインにて過ごされてみては如何でしょうか!

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjcjYnn45TkAhUxposKHQ1AB1wQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwww.elmundo.es%2Falbum%2Fmadrid%2F2018%2F01%2F01%2F5a4a2893e5fdea115e8b45f0_13.html&psig=AOvVaw3FqCe_ToHqRs_XmuEhyJBa&ust=1566504916654707