Gqe9rpsf49tdzg2yo7j4

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

ニューヨークでニッチなバーも楽しもう!ニューヨーカー隠れ家バー9選!

2019.10.01

ニューヨークにはルーフトップバーだけで無く、ローカルの人に人気なユニークなバーが沢山存在します。マンハッタンからブルックリンまで幅広く観光と一緒に楽しめるニッチなバーからおしゃれな隠れ家までを一挙公開していきます。2019年最新版!

この記事に登場する専門家

Roiooke2dl0d4oc3nlj4

さすらいの呑兵衛

アルカリ

ニューヨーク、マンハッタン及びブルックリンのローカル情報、クラフトビール、そしてクラブやバーシーンを通好み目線で配信していきます。

  1. こんな穴場があったなんて!ニューヨークバー紹介2019年版。
  2. ニューヨークのバー①禁酒時代から続く隠れ家Bar【Please Don't Tell】
  3. ニューヨークのバー②昼から飲めてたまにはヨガ?【Blind Tiger】
  4. ニューヨークのバー③住宅地に突如現る隠れ家ワインバー【Black Mountain Wine house】
  5. ニューヨークのバー④ヘッドバンキングしながら楽しめるメタルバー【Saint Vitus】
  6. ニューヨークのバー⑤哀愁漂いしみじみしちゃうビキニバー【Nassau bar】
  7. ニューヨークのバー⑥オールドレコードを聴きながらお酒を楽しむ【BierWax】
  8. ニューヨークのバー⑦犬と犬好きが集合する【Lucky Dog】
  9. ニューヨークのバー⑧美味しいカクテルとツマミが絶品のバー【Silver light Triven】
  10. ニューヨークのバー⑨おまけ:アルコール入アイスクリーム専門店【Tipsy Scoop】
  11. せっかくのNY飲み過ぎに気をつければバー巡りだって楽しい。
Rjqrnu1ttdgepukdjnhe

こんにちわ。飲むことに関しては誰にも負けていない自負がありますアルカリです。

さて、ニューヨークのバーと言えば、マンハッタンのルーフトップで摩天楼を見渡して。などと言ったイメージが強いと思いますが、実はルーフトップではなくてもユニークなバーが沢山あります。今回はそんな中でも特にユニークなものをピックアップして紹介していきますので、どうぞ今回もお付き合いください。

Qnq0gafmrz5gxcxlkdpr

Please Don’t tell 言っちゃダメよ。と言う名前のバーがあります。マンハッタンのEastVillege(イーストビレッジ)と言うカジュアルなエリアにそのバーは存在します。かく言う私もこのバーに行きたくて何度も何度もバーがある筈のストリートを通ったのですが結局見つけられず、最終的に詳しい人に教えて貰って辿り着いたと言う場所。その入り口は、、、驚くことなかれ。なんとホットドッグ屋さんの中にあるのです。これぞまさに隠れ家。

O5ds1atl3qru0mmztpsj

さて、入り方にはコツがあります。

ホッドドッグ屋に入ると小さい電話ボックスがあります。そこで電話をし何名かを伝えます。これだけでなんだか秘密感が満載。席が確保でき次第、隠しドアが開くといった仕組みになります。是非試してみて下さい。

実際のカクテル及び食べ物までもがひっそりと!

カクテルは美味しいのですが、一杯20ドル(2160円前後)します。普通に美味しいカクテルだった為ついつい普通のバーの感覚で3杯程オーダーし、この時は80ドル弱払いました。(20ドルのお酒3杯+ニューヨークの消費税率約8.9%プラスチップ18%)ニューヨークはチップ習慣があり、今は18%が普通のラインです。注文する時はチップを忘れずに!

Iiprayfuf9ufxygj3yas

また、隣がホットドッグ屋と言う事もあり、カクテルを飲みながらお腹が空いたらホットドッグ等が頼めます。カウンターに座るとわかるのですが、これも小さな隠しドアがあり、バーテンダーの後ろのお酒の棚の一画の壁からホットドッグがすうっと出てくるので、チャンスが有ったらこれも見てみて下さい。

住所:113 St Marks Pl, New York, NY 10009

時間:6PM-2AM

最寄駅:2Avenue Station(Fトレイン) , 1-Avenue Station(Lトレイン), Astor Place(4・5・6トレイン)

Epfi4ia5yjbqp8fctklg

多くのニューヨークのバーが夕方からオープンするのが一般的ですが、ここのクラフトビアバーはなんと午前中の11時30分からお店が開いています。常に30種類ぐらいの様々なクラフトビールが店で楽しめ、クラフトビール好きで昼から賑わっています。夕方から週末なんてぎゅうぎゅうの時もしばしば。ここは毎週ではないのですが、定期的に週末にドランクヨガを実施しています。またつまみも結構美味しいので、クラフトビールに合わせて試してみて下さい。


住所:281 Bleecker St, New York, NY 10014

時間:11:30AM-4AM

最寄駅:Christopher St Station(1・2トレイン)

Ngqecnrdvfarbtangeae

ドランクヨガって一体何?

ドランクヨガというのはその名前の通り、ワインやカクテルを飲みながら、少しほろ酔いでヨガをするイベントなのですが、私は以前ルーフトップバーで真夏にミモザを飲みながらやったことがあります。これはお酒の力も借りてみんなで楽しくヨガをしようと言った取り組みであり、仲間づくりにも最適です。


コアマッスルを鍛えるヨガとバランスを無くすヨガのコラボレーションなんて変な感じなのですが、ニューヨークでは色々なところでドランクヨガが開催されています。機会があったら試してみて下さい。本気のヨガをやりたい方には無論おすすめしません。

N7fy9qn34kkubwqeyele
引用: https://www.instagram.com/p/B2QC9fpDC9c/
J4mb8hciv99aowbut9hz

NYブルックリンに位置する閑静な住宅地でもあり、隠れたローカルファンの多いコブルヒル。ここはBOCOCAエリアと言い、ボーラムヒル、コブルヒル、キャロルガーデンとかなり閑静で安全な住宅街です。このエリアのメインストリートはCourt Street(コートストリート)と SmithStreet(スミスストリート)となり、ブリュワリーやローカルの美味しいレストランやバーが軒を連ねています。

Vtydonzux9hff2ei4vpu

今回紹介する店はもう一本奥の、Hoyt Street(ホイトストリート)にあります。住宅地の中にいきなりポツンと出てくるので本当に知る人ぞ知る隠れ家といった感じであり、中に入るととてもムーディな空間が広がっており、そこでは洒落たつまみやワインが楽しめます。


私が前回行った時には初めてのデートのカップルが居て、ワインを楽しみながら初々しい会話をしていたので大分ほっこりとしましたが、そんな初めてのデートに選ぶに相応わしいおしゃれな隠れ家。ブルックリンを散歩がてらそんなワインバーに足を運んでみるのも如何でしょうか?

Nwpcxaz9oust1fjlkdsr
引用: https://www.instagram.com/p/B2hucZ5JTBo/?utm_source=ig_web_copy_link

住所:415 Union St, Brooklyn, NY 11231

時間:3PM-12AM

最寄駅:Carroll St Station(F・Gトレイン )

Zf4d3j10kk9m7m9t5vcf

ニューヨーク、ブルックリンのグリーンポイントにある隠れ家も隠れ家なメタルのバーがあります。ここは毎日では無いものの頻繁にメタルのライブを開催しており、行く時は入場料(アーティストによりますが、大体15ドル〜25ドル)が必要です。


中はメタル好きに刺さるようなデザイン、そして客もメタル好きばかりと、かなり特殊なバーになっていて、普通のビールだけではなく店オリジナルビールも飲むことが出来ます。

Msbgmzgeawzm2ldeyubl

バーの先にはカーテンがかかっており、その先ではローカルメタルバンドの面々が演奏をしています。お酒を持ってヘッドバンキングし、疲れたらまたバーで一杯なんて言うのもニューヨークのユニークな楽しみ方だと思います。


入り口は黒い鉄の扉しかなく、名前等が書いてありませんので場所に着いたら兎に角真っ黒な鉄の扉を探してみてください。ライブのある日は目の前に喫煙者がいるので、目安にはなるかと思います。あとここは、ニルヴァーナがゲリラライブをやったというバーでもあります。もしかしたらすごいバンドに出会えるかも?

住所:1120 Manhattan Avenue Brooklyn, NY 11222

時間:イベントによって異なる

最寄駅:Greenpoint AV Station(Gトレイン )

Rfioqil4bgqrhuht6hp2

ニューヨークのウォール・ストリートで有名なFIDI(ファイナンシャルディストリクト、通称ファイダイ)ですが、この街に実は素敵なビキニのバーがあるんです。


ビキニバーと言えばイメージするのはフーターズの様なお姉さん達が現れるバーですが、ここは違います。ドアを開けて入ると怖そうなガードマンが複数人居て、非常に入口付近が混んでいます。そこには綺麗な女性のバーテンダーが居るからなのですが・・・

Jskaesrlkcqn719dz0yt
引用: https://www.instagram.com/p/BV7neEoDXbo/?utm_source=ig_web_copy_link

私の場合はガードマンが、奥は大丈夫!空いているから是非入って楽しんで行ってと言うので奥に行ったのですが、なるほど。


ビキニは着ているものの奥は引退したプロレスラーみたいなむっきむきのおばちゃん、そしてくたびれたおばあちゃんのバーテンダーがビキニで現れました。入り口に居るらしき可愛らしい女の子なんてチラリとも見える訳もなく。無論おばあちゃんのエリアはガラガラでした。

F4bsvoh9ui9cqzmxyjt3

さらに、ここではちょっとしたダンスタイムもあります。フーッとため息をつくおばあちゃんが足をよいしょとカウンターにのせ、だるそうにダンスを踊ってくれるなんて、ちょっと涙が出そうになりました。因みに特にここニューヨークでは、おばあちゃんのミニスカートやホットパンツは街でしょっちゅう見かけます。


日本の感覚では良い年になってと言う意見もありますが、年齢差別という言葉もあり人を年齢で差別するのは差別主義だと言う考え方があるので、誰もそんなことは言いません。こちらのバーは非常に健全なガールズバーアメリカ版と言った感じ。是非一度試してみて、彼女達から勇気を貰うのも良いかと思います。

住所:118 Nassau St, New York, NY 10038

時間:11AM-11PM

最寄駅:Fullton St Station (4・5・J・Z・2・3トレイン)

Uziroqz0jvqbppdg5oo6

NYのクラフトビール業界出身のオーナーが始めた、ビールとレコードが楽しめる店がプロスペクトパークにあります。店内はずらっと並んだレコードと、ニューヨークの美味しいクラフトビール、またこちらはビールだけではなく、カクテルも注文することが出来ます。


中ではDJが心地よい音楽をかけているので、ゆっくりと友達と音楽を聴きながら楽しむと言ったことが出来ます。オーナーの出身がクラフトビール業界という事もあり、ここではこだわりのニューヨークの地ビールが楽しめます。

Bxnbaqodjhahwpcazn3a

プロスペクトパークは、今ではブルックリンの人気のエリアの一つです。ブルックリン美術館もそばにあり近所には雑貨屋や古着屋などのお店も沢山あります。明日を運び楽しんだ後にオールドレコードを聴きながら一杯飲むなんてシーンには非常に最適のお店です。

住所:556 Vanderbilt Ave, Brooklyn, NY 11238

時間:日によって異なる。

最寄駅:Clinton-Washington Avenue Station (Gトレイン)

N1yomuelvmqxpaxijobs

ニューヨークのブルックリンの一角、ウィリアムズバーグは犬好きが知る犬好きの為のバーがあるんです。


さてニューヨーカーは犬が大好き。電車にも一緒に乗り、会社に犬を連れて行くなんていうのも結構当たり前。テラスのあるレストランには犬を連れて一緒にランチやディナーを楽しんでいる人も頻繁に見かけますし、一緒にショッピングなども珍しい光景ではありません。


ですが基本的に飲食店の室内へは犬は入れません。バーも犬と一緒に入れると言うのは珍しい話。遠くからNYに旅行している人にとっても、あまりにもニューヨーカーが犬とべったり一緒にいるのをしょっちゅう見かけるため犬が恋しくなるなんて事も。実際中にはそういう人も沢山います。

Ql5b6dwxelq01io4clxz

さてそんなことを解消してくれるバーがこちらのバーです。

中に入ると人の中には犬、犬、犬!。ここのバーにはテラスがあって、ビールを頼んでからビールを片手に持ちテラスに行くと、楽しそうに数匹の犬が走り回っています。


これは近所の人達が連れて来ている犬で、犬の社会性のために犬同士のコミュケーションを行なっているのです。中には怖いからといって、飼い主の膝から離れない犬もいます。大抵の人はとてもフレンドリーなので、犬が飼い主のそばにいる場合は、犬撫でてもいいですか?と聞くと触らせてくれます。犬が自分からくる場合も沢山あります。ビール片手に犬と触れ合いながら、おしゃべりなんていうのも楽しいのでは無いでしょうか?

Tzvpyz6p2so3fti0jezl
引用: https://www.instagram.com/p/By8Ua-3IC1w/?utm_source=ig_web_copy_link

無論ですが、飼い主に無許可でフードを上げるのは禁止です。

犬も怖がりますので、抱き上げるなどもやめましょう。


住所:303 Bedford Ave, Brooklyn, NY 11211

時間:12PM-4AM

最寄駅:Marcy Avenue St (M・Jトレイン)Bedford Avenue St (Lトレイン)

Le6vnldfwugdtze7m6fn

ニューヨークのバーの食事ってなんだかなと思ったことはありませんか?高いだけで特に凝ってもいない場合や、寧ろ安いだけでそこまででもなく、東京の方が美味しかったなんてしばしあるはず。さてここSilver Light Trivenはウィリアムズバーグのちょっと外れた場所にあるバーでもり、ちょっとしたおつまみもあり、カクテルが美味しいです。

Shetcueloju6qv1gsmrc

季節によって(今の所は夏メニュー、冬メニューがあります)カクテルが変わるので、店員さんにどれが美味しかった?などと聞くと、細かく感想を教えてくれたりしますので、ぜひ聞くことをお勧めします。

私が聞いた時は、「このカクテルを4杯飲んだら結構酔っ払ったなー。月曜日には飲みたく無いなあ。木曜日とかが最高」などと生々しい店員さんの感想が聞けて楽しかったです。それも一人の店員さんだけではなく、色々な店員さんが自分としてのお勧めをそれぞれ持っているので、悩んだ時は話してみるというのも楽しいですよ。

Rkgnpp5ierswoizy7srd
引用: https://www.instagram.com/p/B2zObNAhUXh/?utm_source=ig_web_copy_link

住所:689 Lorimer St, Brooklyn, NY 11211

時間:4PM-2AM

最寄駅:Lorimer St (Lトレイン)

Mbqfqqfh5vp1po8z2n65

飲むだけじゃなく、少し口を甘くひんやりさせたい人にはアルコール入りのアイスクリームがおすすめ。これはカクテルベースのアイスクリームなのですが、アイスクリームと言って甘くみてはダメです。なんとお酒も5パーセントぐらい入っているのです。この店はアメリカに数店あり、マンハッタンでは26Stにあるのですが、今回ウィリアムズバーグにも店がオープン。

店はアルコール好きのアイスクリーム好きに大人気です。

日本人は若く見られる事も多いので、念のためパスポートを持って買いに行くことをお勧めします。

Exdli4l4utc7y9xw8e28
引用: https://www.instagram.com/p/B16tulohaAv/?utm_source=ig_web_copy_link

住所:217 E 26th St, New York, NY 10010

時間:12PM-10PM

最寄駅:23 Street (4・5・6トレイン

Bqyhdq2exxqgzoi444vn

お酒が飲めるのであれば、NYのローカルバーも楽しみたい。そんな人に向けてのユニークなバーをマンハッタン、ブルックリンに分け幾つかピックアップしてしてみました。さてバーでお酒を飲む時ですが、カードを預けて後で払う場合と現金で一回一回払う場合があります。カードはカウンターで保管している場合と、登録だけして返してくれる場合がありますが、どちらもOPEN?と聞かれますのでYESと言えば、追加オーダーの時に名前を言うだけです。


カードを預けたく無い場合はNOと言ってください。ですが、店によってはカード利用の際の最低金額が決まっている場合もあるので、カードで一回一回支払う時はそれを確認して下さい(バーテンダーも教えてくれますが大抵ビール2杯分ぐらいの金額です。)現金でお金を払う時はビール1杯につき、1ドルをカウンターに置いておくのが一般的です。

この記事が気に入った方は、他のニューヨークの記事もチェックしてみてください!