Gfmo2wgwiz7i6vpd9j54

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

迷ったらココへ!旅行者が厳選するウィーンのおすすめ観光スポット10選!

2019.07.31

数々の観光名所がひしめき合うウィーン。見どころが多いので、どこに行ったらいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、実際の旅行者が厳選したウィーンのおすすめ観光スポットとして、世界遺産や音楽、アート、そしてグルメも欲張れる10ヶ所を紹介します!ここさえ回れば大丈夫!

この記事に登場する専門家

Hw6irwwwcme3fce70jhx

旅ライター

松本マユ

ドイツ在住経験のあるフリーライター。ドイツ滞在と世界15ヶ国以上を旅した経験を活かして、ワクワクする海外情報をお届けします。
旅先はヨーロッパや南の島が多め。旅行と犬とドイツビールが何よりも好き。

  1. ウィーン観光のおすすめスポットを厳選!
  2. ①あのマリーアントワネットも過ごした!【シェーンブルン宮殿】★特にオススメ!
  3. ②ウィーンの美しいシンボル!【シュテファン大聖堂】
  4. ③鮮やかなグリーンの屋根が目を惹く【ペーター教会】
  5. ④音楽の都ウィーンで感性を磨いて【ウィーン国立歌劇場】
  6. ⑤エリーザベトのドレスも見学できる!【ホーフブルク宮殿・国立図書館】★特にオススメ!
  7. ⑥ウィーンで買い物するならここ!【ケルントナー通り・グラーベン通り】
  8. ⑦ウィーンの台所でつまみ食い(試食)してみる?【ナッシュマルクト】
  9. ⑧世界最大級!クリムトのコレクションが所蔵されている【ベルヴェデーレ宮殿】
  10. ⑨インスタ映えする!1階のカフェで一休み【フンデルトヴァッサーハウス】
  11. ⑩本場のザッハトルテ発祥のお店!【カフェ・ザッハー】
  12. 行きたいスポットを絞り、ウィーン観光を楽しもう!
オーストリア シェーンブルン宮殿

こんにちは、旅ライターの松本マユです。

ウィーンと言えば、ヨーロッパの大国だったハプスブルク帝国のイメージが強いかもしれません。きらびやかな建物が目を引きますが、「芸術の都」「音楽の都」と称される通り、ウィーンはアートや音楽が有名な街でもあります。

ここでは宮殿や大聖堂などの華やかな建物に加え、ウィーンを訪れたらぜひ回りたいアートなスポットやカフェも紹介していきますよ。

※この記事の情報は2019年6月のものです。

オーストリア シェーンブルン宮殿

まずはウィーンで最も人気のスポットと言われるシェーンブルン宮殿から。

この宮殿はハプスブルク家の夏の離宮として使われており、マリア・テレジアやマリー・アントワネット、フランツ・ヨーゼフ皇帝、エリーザベト皇妃などが過ごしました。

貴族たちの豪華な暮らしが想像できる部屋を始め、華やかな庭園、眺めのいい「グロリエッテ」、子どもも楽しめる「迷路庭園」など、数々の見どころがあります。

シェーンブルン宮殿について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。宮殿内の見どころから、アクセスやチケット情報、並ばないための方法まで解説していますよ!

シェーンブルン宮殿 (Schloss Schönbrunn)

住所:Schönbrunner Schloßstraße 47, 1130 Wien

営業時間:8時~17時30分(4月~6月、9月~10月)、8時~18時30分(7月~8月)、8時~17時00分(11月~3月)

公式サイト:https://www.schoenbrunn.at/en/

ウィーン シュテファン大聖堂

Uバーン (地下鉄)のシュテファンスプラッツ駅を降りてすぐ見えるのは、ウィーンのシンボルとも言われるシュテファン大聖堂。

高くそびえる尖塔と、美しくも不思議な模様の屋根が特徴的です。塔には登ることもでき、頂上からは屋根のモザイク模様やウィーンの街並みを眺めることができますよ。

有料でオーディオガイドを借りることも可能。人々の遺骨が納められた地下のカタコンベは6ユーロ(約730円)で見学できます。

シュテファン大聖堂(Domkirche St. Stephan)

住所:Stephansplatz 3, 1010 Wien

営業時間:9時~11時30分、13時~16時30分(日曜日は13時~16時30分のみ)

公式サイト:http://www.stephanskirche.at/

※1ユーロ=約122円

ウィーン ペーター教会

シュテファン大聖堂のすぐ近くにあるペーター教会は、9世紀に建てられたかなり古い教会。緑色のドームのような屋根がかわいらしい外観です。

見た目はそれほど派手ではありませんが、内部は細かい装飾と温かなライトに彩られた幻想的な雰囲気で、思わず息をのんでしまうほど。二階にはパイプオルガンがあり、一階から見上げるだけでもものすごい存在感が伝わってきます。

ペーター教会ではパイプオルガンの無料コンサートが開催されています。月~金曜日の15時からなので、荘厳な音色に酔いしれてみるのもおすすめです。

ペーター教会(Peterskirche)

住所:Petersplatz, 1010 Wien

営業時間:7時~20時(月~金曜日)、9時~21時(土~日曜日)

公式サイト:http://www.peterskirche.at/st-peter/

「音楽の都」ウィーンを象徴するスポットと言えば、ウィーン国立歌劇場。世界でも屈指の伝統を持つ劇場で、オペラやバレエ、コンサートなどが開催されています。館内の見学ツアーもあるので、観劇しなくても入ることができます。

チケットは予約が基本ですが、当日券もあるので気分次第でふらっと立ち寄ることも可能。立見席は4ユーロ(約490円)と非常に安価なものもあり、気軽に足を運べます。

ただしTシャツにジーンズなどのカジュアルな服装では浮いてしまうので、少しおめかしして行くのがいいでしょう。

9月から6月までのシーズン中は毎日のように演目がありますが、7~8月はオフシーズンとなるため注意してください。

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)

住所:Opernring 2, 1010 Wien

公式サイト:https://www.wiener-staatsoper.at/en/

ホーフブルク宮殿

ウィーン ホーフブルク宮殿

ハプスブルク帝国の歴代皇帝が住んでいたホーフブルク宮殿。その広大な敷地内には、王宮や教会、美術館、国立図書館など、さまざまな建物が集合しています。

宮殿内の部屋は贅を尽くした造りで、皇妃エリーザベト(シシィ)の部屋は特に豪華。彼女が着ていたドレスなどを見ることができますよ。

入場料は15ユーロ(約1,830円)。シェーンブルン宮殿にも行く方は、両方に入れるシシィチケットを購入したほうがお得です。

名称:ホーフブルク宮殿(Hofburg Wien)

住所:Michaelerkuppel, 1010 Wien

営業時間:9時~17時30分(9月~6月)、9時~18時(7月~8月)

公式サイト:https://www.hofburg-wien.at/en/

国立図書館(プルンクザール)

観光スポットとして人気なのが、ホーフブルク宮殿の一角にある国立図書館。そのあまりに素敵すぎる内装で、「世界一美しい図書館」とも言われています。

高い天井には壮麗なフレスコ画が描かれ、彫像や書架の細かい装飾は見飽きません。ディズニー映画「美女と野獣」に出てくる図書館のモデルになったとも言われています。

入場料は8ユーロ(約980円)です。

国立図書館(Österreichische Nationalbibliothek)

住所:Josefsplatz 1, 1015 Wien

営業時間:10時~18時(木曜日は10時~21時)

定休日:10月~5月の月曜日

公式サイト:https://www.onb.ac.at/en/

買い物をするなら、ショッピングストリートであるケルントナー通りやグラーベン通りを歩いてみるといいでしょう。

ケルントナー通りはシュテファン大聖堂のある「シュテファンスプラッツ」と国立歌劇場を結ぶ通りで、カフェやブティック、ホテルなどが立ち並びます。

グラーベン通りは、シュテファンスプラッツから伸びる大通り。高級ブランド店やデパートなどがあります。

お土産選びには、グラーベンの「ユリウス・マインル」というデパートがおすすめ。値段は少し高めですが、素敵なデザインのコーヒーやココア、チョコレートなどが買えますよ。

ケルントナー通り(Kärntner Str.)

住所:Kärntner Str., 1010 Wien

グラーベン通り(Graben)

住所:Graben, 1010 Wien

「ウィーンの台所」と呼ばれるナッシュマルクト。ドイツ語でナッシュは「つまみ食い」、マルクトは「市場」を指す通り、ここにはさまざまな食品店が並びます。

野菜やフルーツ、チーズ、ナッツ、パン、ワイン、酢、ピクルスなどが買える他、ケバブサンドなどの屋台もあります。試食しながら歩いているだけでお腹いっぱいになってしまいそう。

ナッシュマルクト(Naschmarkt)

住所:Wienzeile, 1060 Wien

営業時間:平日6時~21時(飲食店は23時まで)、土曜日6時~18時※各店によって異なります

定休日:日曜日

公式サイト:https://www.wien.info/ja/shopping-wining-dining/markets/naschmarkt

ウィーン ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿は、オスマントルコとの戦いでウィーンを救った英雄・オイゲン公の夏の離宮でした。宮殿は上宮と下宮に分かれ、現在はいずれも美術館として使われています。

上宮にあるクリムト作品のコレクションは世界最大級。クリムトの代表作「接吻」を始め、ウィーン分離派の画家エゴン・シーレの作品なども展示されています。

上宮の入場料は16ユーロ(約1,950円)。有名な絵画と華やかな宮殿を同時に楽しめる、とても贅沢なスポットです。

ベルヴェデーレ宮殿上宮(Schloss Belvedere)

住所:Prinz Eugen-Straße 27, 1030 Wien

営業時間:9時~18時(金曜日は21時まで)

公式サイト:https://www.belvedere.at/en

ウィーン フンデルトヴァッサーハウス

フンデルトヴァッサーハウスは、ウィーン出身の芸術家・フンデルトヴァッサーがデザインした建物。

「芸術の都」ウィーンらしいアーティスティックな建物で、「人と自然の共生」を掲げるフンデルトヴァッサーによって、ぐにゃっとした曲線のみを用いてデザインされました。

定規を使わずに描いた絵画の中から飛び出してきたような、インパクトある見た目が特徴的です。

現在は集合住宅として使われており、住んでいる方がいます。中に入ることはできませんが、1階には「クンスト・ウント・カフェ」というカフェがあるので、休憩するのも楽しそう。あちこちにあるモザイクタイルや、曲がった階段なども必見です。

フンデルトヴァッサーハウス(Hundertwasserhaus)

住所:Kegelgasse 36-38, 1030 Wien

公式サイト:https://www.wien.info/ja/sightseeing/sights/hundertwasser-house-vienna

ウィーン ザッハトルテ発祥 カフェ・ザッハー

世界的に有名なチョコレートケーキであるザッハトルテは、ウィーンの銘菓でもあります。

ウィーンでザッハトルテが食べられるカフェはいくつかありますが、中でもザッハトルテを生み出した一族が経営する「カフェ・ザッハー」は別格です。

一口食べると、チョコレートとあんずジャムの濃厚な甘さが口に広がります。付け合わせの甘くないホイップクリームと一緒に、本場の味をぜひ楽しんでみてください。

「カフェ・ザッハー」のザッハトルテは7.50ユーロ(約920円)です。

名称:カフェ・ザッハー(CAFÉ SACHER WIEN)

住所:Philharmonikerstrasse 4, A-1010, Wien

営業時間:8時~24時

公式サイト:https://www.sacher.com/hotel-wien-2/kulinarik/cafe-sacher-wien/

ウィーン

ご紹介したように、ウィーンには数々の観光スポットがあります。1つ1つが非常に見どころたっぷりなので、見学に時間がかかってしまうと思います。行きたいスポットは事前に絞っておくのがいいでしょう。

私が特におすすめなのは、「①シェーンブルン宮殿」「⑤ホーフブルク宮殿・国立図書館」。豪華な内装には思わず感動してしまうはず!

ここだけはマストで巡ってください!