Orjpdveayga8ui1uomfc

イタリア

CATEGORY | イタリア

実際に盗まれた!イタリアのスリの手口が卑怯?在住者が役立つスリ対策と体験談をご紹介!

2019.11.06

イタリア旅行の際気になるのが現地の治安のことですよね。特にイタリアで多い犯罪はスリです!観光客を狙ったスリ、置き引きの被害が後を絶ちません。ではスリに合わないためにはどうしたらいいの?と不安を抱く皆様のために、イタリア旅行前に絶対知っておきたいスリに関する情報をここにまとめました!

この記事に登場する専門家

F9fxfxnuzxelf7sc30lz

イタリア在住ライター

Enami

オーストラリア、ニュージーランドにワーキングホリデーで滞在、海外生活にすっかり魅力され現在イタリアで語学留学中。趣味は美味しい食べ物を探し求めてあらゆる街を散策すること!人気スポットから隠れスポットまで現地在住だからわかる旅情報をお伝えしていきます!

  1. イタリアでのスリが多いのは本当!
  2. よくあるイタリアでのスリ手口
  3. イタリアで実際に遭遇したスリ体験談
  4. イタリアでスリが多い都市
  5. イタリアでスリに合いやすい人の傾向
  6. こんな時は細心の注意を!スリに遭遇しやすい状況や場所
  7. イタリア在住者が教える効果的なスリ対策
  8. スリに遭遇したら大きい声を出す!反撃は危険!
  9. イタリアでスリ被害にあったらするべきこと
  10. 【まとめ】スリ対策をしてイタリア旅行を存分に楽しもう!
Na7ecfiapqbso4huwvsr

みなさまこんにちは!イタリア在住のEnamiです。

イタリアに渡航する前、私自身も十分にスリに関する情報を調べていましたが、正直軽視していました。しかしこちらに来てみてスリ被害の人数の多さびっくり!私の友人10人のうち5人がスリ被害に合っています。

スリのプロはあの手この手を使って観光客から盗みを働きます。大事なのは手口とその対策を頭の中に入れておくことです。

Xxwnzc6vnmyodtprrvlp
引用: https://pixabay.com/ja/photos/%E8%B2%A1%E5%B8%83-%E7%8F%BE%E9%87%91-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-1013789/

いくつかの有名な手口をご紹介しておきます。筆者も実際に下記の場面に遭遇して「これはスリかも!?」と思うことがありました。知っておくだけでも有効なスリ対策になります。

バックやポケットからこっそり盗み取る

こちらは最も多いタイプで、スリと聞くと想像するのはこのタイプですよね。ポケットはもちろんチャック付きのカバンでも注意が必要です。ナイフで切りつけるという事例も世界にはあるそうですがイタリアではほとんど聞きません。

気を他にそらせているうちにスリを働く

フレンドリーに旅行者に話しかけ、私達が会話に気を取られているうちに盗む事例や、ケチャップやドレッシングをわざとつけて「ついてますよ」と声をかけ、親切に拭くふりをして盗むタイプです。2人以上のグループであることも多いです。

イタリア人はお話好きで、フレンドリーに話しかけてくることは結構あります。スリ犯を疑うような態度は失礼なので、筆者はよく話を聞きつつさりげなく両腕でカバンを前で抱えてガードするようにしています。

何かになりすましてスリを働く

警察になりすまし、ボディチェックをするふりをして財布を盗む手口です。

一般の旅行者に警察がパスポートの提示を求めたり荷物をチェックすることはまずありません。提示を求められたら断り、近くの人やお店に助けを求めましょう。

Uky4aeqimcatyrxvaz8n

【ミラノでの体験談】地下鉄でズボンを踏まれる

友人と地下鉄に乗った時に体験したことです。

近くにイタリア人男性2人がいました。電車が揺れた瞬間1人の男性がよろけ友人のズボンを踏みました。「あっ!ごめん!ズボン汚れちゃった!?」とかがんでポンポンと汚れを払ってくれました。

次の駅で彼らは降りて行きましたが、ふとみると友人のバックが全開!財布が盗まれていました。しかもウエストポーチを体の前にななめ掛けしていたのにも関わらず気づかなかったのです。なくなったショックよりもその神業に驚きでした。

【ミラノでの体験談】中央駅でのスーツケース置き引き

こちらは友人の話です。スリとはまた少し違いますが、本当に多いのが置き引きです。

ミラノの中央駅に着いた友人がスーツケースから手を離しカバンから携帯を取り出した所、もうスーツケースがありませんでした。その間約10秒以内。持ち去る人の影も見なかったし、まるで手品のように消えてしまったそうです。

特に夜間は怪しげな人々がうろうろしており観光客を狙っていますので注意が必要です。

【ナポリでの体験談】旅行者に時間を聞いてくるこども達

X4vhdwbgfzrkpnusonim

私がナポリ旅行に行った時の体験です。

「おねえさん、今何時ですか?」と滞在中に計3回ほど小学生くらいの子どもから時間を聞かれました。

ナポリには子どものスリグループがいるとナポリ出身の友人から聞いていたので、はなんとなくピンときてカバンを腕でガード。貴重品は無事でしたが、知らずにいたら盗まれていたかもしれません。

【ナポリでの体験談】サッカーをするこども達

ナポリ旅行で目撃したスリグループの子ども達。

これは事前に注意喚起を受けていたのですぐにわかりました。

遠くから見ていると、サッカーをする子ども達が女性に「ボール取って下さい!」と話しかけ、その隙に背後からスリを働こうとしていました。女性はそれに気づいて怒ってすぐに逃げていました。

他にも、「人数が足りないから一緒にサッカーしてくれない?」と男性旅行客を誘う手口もあるそうです。街の至るところにピアッツァと呼ばれる広場があり、子供グループをよく見かけます。

現地の人々との関わりは旅の醍醐味ですが、何か怪しいな?と感じたらなるべく近づかないようにしましょう。

【ローマ】はヨーロッパで2番目にスリが多い!

Gp9vpljhyrnrzruhrv8e

ヨーロッパのスリが多い都市ランキングで2位に選ばれたのがローマです。

イタリアで最も人口が多く、観光地としても一番人気が高いため、質全的に犯罪率も増えています。

有名スポットのパンテオンやトレヴィの泉へ訪れましたがとにかく大混雑です!隣の人と密着するほどの人混みで、スリに狙われる可能性が高いです。

ヨーロッパで6番目は【フィレンツェ】

P6ldvndau0fzjjimdhs2

屋根のない美術館と言われ、街全体が世界遺産に登録されています。

街並みは芸術的で美しく、全ての景色を思い出に残そうとつい写真を撮るのに夢中になってしまいます。そのような観光客を狙いスリの被害が後を絶ちません。

世界から人が集まる最大の商業都市【ミラノ】

Lmuepyzcttcyqcpqpbee

被害に合った私の友人達5名は全員ミラノです。そしてミラノでの被害は少しずつ増えています。一番スリの発生率が多いのは中央駅や地下鉄ですが、いずれも観光客や現地に住む外国人を狙っていることが多いです。

筆者は約1年ミラノに住んでいますが、公共の交通機関では特に注意し必ずカバンは体の前で持つようにしています。

【ナポリ】のスリは古くから有名

Kpmg84lcwcn9o5lmlnvp

ナポリの泥棒と言えば世界でも有名、現地人も警戒するほどです。北イタリアに比べると移民が多くあまり経済状況も良くないためスリが多いです。近年は犯罪発生率が低下し、むしろローマやミラノの方が多くなっています。

街は賑やかでナポリの人々はとても明るい人ばかりですが、スリや犯罪で有名な通りや地区は夜になると雰囲気が変わります。暗くなってからは近づかないようにしましょう。

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2019/03/30/20/05/photograph-4091950_960_720.jpg

悲しいことに私達日本人はスリ被害の対象になりやすいです。イタリアに比べると日本は安全な国、スリが少なく注意力が少ないためです。周りには半年のうちに3回ほど被害にあった人もいます。

傾向としては、キョロキョロしているがぼーっとして注意が散漫な人、話に夢中になっている人、話しかけられると断ることが出来ない人などです。

人が多く集まる場所

Lanhyygej8j0krukmryj

観光スポットとして有名な場所、駅や空港は年中観光客で賑わいます。スリだけでなく置き引きも発生しています。

ラッシュアワー時間は東京に負けないほどの満員です。有名なミラノコレクションなどの世界的イベント期間では、観光客を狙った他国からのスリグループもやってきます。明らかにイタリア人とは違った雰囲気で気づきやすいこともあります。

時間に余裕があるときは空いてから乗るようにするか、別の路線を試すようにしましょう。

狭い路地や人気の少ない場所

Velnyersvcoze0ypsgfz

特にナポリは注意が必要です。少し大通りから中に入ると細い人気のない道に入り、怪しい人たちがたむろしていたりします。通りの雰囲気も何となく不気味で恐怖感があります。そう感じたら自分の直感を信じてそのような道は避けましょう!

スリだけでなく脅して強盗されることもあります。どこの都市でも暗くなってからの外出は避け、道は街灯の多い大通りを選ぶようにして下さい。

疲れている時

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/06/08/11/44/winks-2383407_960_720.jpg

観光はとても楽しいですがやはり疲労は隠せません。疲労が貯まると判断力や注意力が低下し、スリ被害に合いやすい状況になります。無理せずにカフェやホテルで休息を取り、体調を万全にして観光しましょう。

Povrzezrzkl1bfcwio3b

財布はバックやジャケットの内ポケットにしまう

冬だと便利で安心なのはジャンバーの内ポケットに貴重品を入れて前を上までチャックをきっちりしめておくことです。バックにしまう際は内ポケットの底の方に貴重品を入れましょう。

セキュリティポーチも有効ですので検討してみて下さい。私自身もナポリ旅行で使いましたが、貴重品が体に密着しているため盗られる心配がなく安心して旅行が出来ます。衣類の下に隠すように装着しましょう。

LiberFlyer セキュリポ®︎ 【高防水ライクラ生地】セキュリティポーチ ランニングポーチ ウエストポーチ スキミング防止 薄型で隠せる
価格 ¥2,098
Amazonで一番人気のものです。他にも首から下げるタイプがあります。

適切なカバンを選び常に体の前で持つ

カバンの中に隠しポケットが付いたスリ対策用のカバンがとてもおすすめです。チャックがついたものを選び、肩掛けでもリュックでも必ず体の前にかけましょう。

イタリア人でも地下鉄に入るとスッとカバンを前に持ってくる人を見かけます。トートバックでチャックのないもの、カバンを肩に引っ掛けるように持つことは避けましょう。

[NOSYU] ボディバッグ メンズ 防水 iPad収納可能
価格 ¥3,460
カバン内の収納が多く機能性も高いです。こちらは男性用のもの。

何か他の動作に注意を向ける際は絶対に気を抜かない!

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/07/14/13/25/iphone-393080_960_720.jpg

気を付けて欲しいのは販売機で乗車チケットを買う際、スマホで道を調べる時、観光地の写真を撮る時です。カバンは体の前から離さないようにしましょう。怪しいと思う人を見かけたら抱きかかえるように持つのも良いです。

話しかけられてわからない時は「NO」という

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/21/15/35/no-1532826_960_720.png

話しかけられたらまずはスリを疑ってバックを手でガードします。イタリア語・英語がわかれば返答できますが、相手の言っていることがわからなければ「NO!」と一言いましょう。それでも執拗に話かけてくる場合は時間稼ぎをして隙を狙っている場合があります。

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/05/21/20/57/call-2332278_960_720.jpg

すられた瞬間に気づいたら、まずは声を出すことです。スリを指さしてとにかく声を上げましょう!びっくりして財布を投げ捨てていくことがあります。勇敢なイタリア人がスリを追いかけていく姿を目撃したこともあります。

しかし追いかけたり反撃することは絶対にしないで下さい!反撃すると相手を興奮させることがありますし、犯人がどんな危険な物を持ち歩いているかわかりません。身の安全のために反撃や過度な追跡は止めましょう。

Lroob5xt6ijuyuaf7p1h

まずは悪用を防ぐためクレジットカードや携帯電話を全て停止しましょう。次に最寄りの警察署に行き被害届を提出します。被害届は旅行保険の利用やパスポート紛失の際の帰国渡航書発給に必要になります。パスポートを紛失された際は日本大使館・領事館(ローマかミラノ)での申請が必要です。参考にして万が一のために必要書類を準備しておきましょう。

Knt9oeximauwlccbnzcx

これを読んで「すこし大袈裟じゃない?」と感じる人もいるかもしれません。私自身もそうでした。誰もが皆自分は大丈夫だろうと思うものですが、実際に被害に合うと「ちゃんと対策しておけば良かった!」と後悔します。旅行を思う存分楽しためにも十分にスリ対策をしていきましょう!

他のイタリアの記事もチェックして、充実したイタリア旅行を楽しんでください~!