Jnvwwlcrquc1bbzt4yqq

イタリア

CATEGORY | イタリア

ローマから日帰り!電車1本で行ける10つの観光スポットをイタリア在住者がお届け!

2019.08.19

イタリア旅行、ローマから電車1本且つ日帰りで行けるアクセスのいい魅力的な町をご紹介します。聞いたことある町から、あまり日本では知られていない小さい町まで。ツアーに参加してても、日帰りだから自由時間を使って行くことも可能です!ぶらりと日帰りで少し違う景色を見に行くのもいいですよね。折角、イタリアに来たんだからローマはもちろん、他の町も探検してみましょう!

この記事に登場する専門家

Vnhummzugidixhxmdgnd

イタリア在住ライター 兼 新米主婦

Erica

ローマ郊外在住です。色んな場所に詳しいイタリア人の旦那さんとともに、イタリア内外と旅行をすることが大好きです。今まで行ったことのある国は約20カ国。イタリアの小さな町まで色々ご紹介できればと思います。

  1. 有名観光スポットからあまり知られてない素敵な場所をご紹介!
  2. ①ローマっ子のサマースポット!古代都市遺跡も探検できる【オスティア(Ostia)】
  3. ②14の都市からなるローマのオアシス!【カステッリ・ローマーニ( Castelli Romani)】
  4. ③ユネスコ世界遺産のヴィラが2つの芸術都市【ティボリ(Tivoli)】
  5. ④天空の町、「世界一美しい丘上都市」【オルヴィエート(Orvieto)】
  6. ⑤戦いの舞台にもなった町【カッシーノ(Cassino)】
  7. ⑥花の都、ルネッサンス文化と芸術の町【フィレンツェ(Frenzie)】
  8. ⑦チョコレートが有名な古都【ペルージャ(Perugia)】
  9. ⑧ドラマの舞台にもなった自然豊かな穏やかな町【スポレート(Spoleto)】
  10. ⑨「ナポリを見てから死ね」魅力満載の町【ナポリ(Napoli)】
  11. ⑩”ボロネーゼ”発祥の町【ボローニャ(Bologna)】
  12. ご注意を!
  13. ローマ周辺にも見どころはたくさん!
  14. このライターのブログとインスタグラムはこちら!

Ciao! ローマ郊外に在住のEricaです。イタリア旅行、ローマ発着だけどローマ以外にも行きたいと好奇心旺盛の方もいらっしゃるのではないかと思います。ローマから日帰りで、電車で行ける町をご紹介します。下記を参考に、オリジナルの旅行を計画して見てください!


余談ですが私の住んでる町もこの中にあります。選んでいただけると嬉しいです!

イタリア オスティア

オスティアで海水浴

ラツィオ州ローマ県にあるオスティア(Ostia)。昔港町として栄えた沿岸部にある町です。

古代遺跡も残る地域でもあり、且つ夏にはローマっ子がビーチを求めてやってくるそんな場所です。

夏は大変混雑しますが、イタリア人の夏の風物詩が見れるかと思います。

ローマ観光で、海水浴も楽しみたいなら近場のこのビーチがおすすめです。

オスティア海水浴場までのアクセス

メトロB線Piramide駅やEur Magliana駅からRomaLido線の電車に乗り換え、Ostiaで下車。

そこから若干徒歩。(ローマテルミニ駅から約1時間弱)



切符:地下鉄料金1.5€+(大人・片道)

オスティア・アンティカ(Ostia Antica)

紀元前4世紀頃から形成されたとする古代都市オスティアの遺跡です。紀元後約4世紀頃まで残っていたというこの町は、古代の暮らしを垣間見れるような、劇場や浴場、トイレなどの跡が残っていてる貴重な場所です。

オスティア・アンティカまでのアクセス

電車:

メトロB線Piramide駅やEur Magliana駅からRomaLido線の電車に乗り換え、オスティア・アンティカ駅(Ostia Antica)で下車。(ローマテルミニ駅から約1時間弱)


入園料:10€(大人)


営業時間、休園日などの詳細は下記のリンクをご参照ください。(イタリア語)

公式サイトです。

https://www.ostiaantica.beniculturali.it/it/orari-e-tariffe/

イタリア アルバーノ湖

カステリ・ローマーニとはローマ県にあるアルバー二の丘陵地帯にある地域のこと言います。

ここには14の都市が存在しており、自然が豊かな地域です。古代ローマ時代の遺跡や、有識者や貴族らがかつて建てた別荘、庭園をはじめ、たくさんの芸術が残っています。。その中のいくつかのアクセスの良い素敵な町をご紹介します。

アルバーノラツィアーレ市(Albano Laziale)

アルバーノ 遺跡

古代の遺跡が多く残っており、古い教会も多いこの町。アッピア街道が通るこの町には紀元前2世紀に作られたという地下水路などもあり、とても歴史ロマン溢れる町です。

2世紀に建てられた教会 サンタマリア・デラ・ロトンダ教会

イタリア 教会

サンタマリア・デラ・ロトンダ教会(Chiesa S. Maria della Rotonda)は2世紀に建てられたとても古い教会です。普段は開放されていませんが、たまに中を拝見できる日があります。

昔の壁や、彫刻がそのまま残されているところも多く、とても貴重な教会です。

古代の貯水池を探検 チステルノニ (CISTERNONI)

202年に作られ使用されていた貯水池跡を見ることができます。全長約47,90 mも繋がるこの場所は、1912年まで実際にずっと使用されていました。この地域の住民にとっても生活に欠かせなかった施設も見学することができます。

アルバーノ・ラツィアーレ市までのアクセス

ローマテルミニ駅から電車で約1時間。


Albano Laziale行きの電車で終点です。(運行:大体1時間に1本)

切符:2.10€(大人・片道)

カステル・ガンドルフォ市(Castel Gandolfo)

イタリア カステル・ガンドルフォ

アルバーノ湖に面しているこの市は電車の窓からの景色も最高です。またこの地は、ローマ法王の避暑地として有名で、見晴らしの良い高台には、法王の別荘もあります。リベルタ広場(Piazza della Liberta)にはベルニーニ作の小さな噴水もあり、とてもこじんまりとした可愛い町です。

「第二のバチカン」教皇宮殿(Palazzo Pontificio)

イタリア 教皇宮殿

古くからローマ法皇の休暇場所・避暑地として使われていたこの場所。2013年5月にベネディクト16世から現法皇フランチェスコが即位して以降は、夏には使用を控えると宣言されたため、近年は日帰り程度に止まっている状態ですが、この地域一体はバチカン市国が所有している地域には変わりありません。

バチカン市国発、カステロ・ガンドルフォ への電車ツアー

毎週土曜日にあるバチカン市国から出発する電車のツアーです。バチカンからダイレクトにカステロ・ガンドルフォまで連れて行ってくれ、庭園などを回るツアーです。1日フルでのツアーです。費用は42€。


詳細・予約は下記のリンクを参照ください。

アルバーノ湖の絶景を楽しむ

駅から見えるのはアルバーノ湖です。電車の窓から見えるこの景色も大変おすすめです。

下車しなくて十分に綺麗な景色を楽しめます。

アルバーノ湖をカステル・ガンドルフォの町から見下ろすこともできます。

イタリア アルバーノ湖

また下まで降りて、近くからアルバーノ湖を眺めたり、レジャーボートで散歩したり、周囲を散策したりと楽しめます。


周辺はBARやレストランも多く、夏は特にい涼を求めた人たちで賑わっています。

イタリア アルバーノ湖 

カステル・ガンドルフォ市までのアクセス

ローマテルミニ駅から電車で約1時間弱。


Albano Laziale行きの電車でに乗り、湖の見える駅、Castel Gandlfo駅で下車

(運行:大体1時間に1本)

切符:2.10€(大人・片道)

フラスカーティ(Frascati)

イタリア フラスカーティ
引用: https://timesofindia.indiatimes.com/travel/destinations/frascati-and-castelli-romani/as49464207.cms

ワイン好きの方は耳にしたことのある名前かもしれませんが、ワインの産地で有名な市です。カステリ・ローマーニの地域でも古い町で、別荘や噴水など多く残っており、ローマからも30分程と気軽に立ち寄れる場所です。

他にもルネッサンス時代の芸術が残る素敵な町です。

パノラマスポット!ヴィッラ・アルドブランディーニ(Villa Aldobrandini)

イタリア ヴィッラ・アルドブランディーニ
引用: https://www.casilinanews.it/27355/attualita/frascati-strati-scrive-ad-acea-sulle-carenze-idriche-predispone-piano-antineve.html

16世紀末から17世紀初頭にかけてピエトロ・アルドブランディーニ枢機卿のために作られた別荘です。高台にあるため、フラスカーティの見渡せる絶景パノラマスポットでもあります。

ワインの産地、フラスカーティ

白ワインの産地としても有名なフラスカーティの街。町から少し外れると葡萄畑が広がります。アグリツーリズモをの楽しめることろもあります。

フラスカーティまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約30分。


Frascati行きの電車でに乗り終電まで。

(運行:大体30分に1本)

切符:2.10€(大人・片道)

このカステリ・ロマーニのオフィシャルサイトはこちら。

イタリア ティボリ

紀元前1215年から歴史が始まったと言われている町ティボリ。アブルッツォ州との交易で栄えたとされるこの町は水が豊かで、多くの素敵な建築物が今も残っています。

ヴィッラ・アドリアーナ(Villa Adriana)

古代ローマ皇帝ハドリアヌス帝別荘だった場所です。2世紀ごろに、属領だった場所によく赴いて管理をしていた彼は、このティボリに別荘をたて、エジプトやギリシャなど各地で見た建築物などをこの場所に再現したといわれています。

ヴィッラ・デステVilla d'Este

イタリア ヴィッラ・デステ

16世紀半ばに、エステ家の枢機卿イッポリト・デステが建てた別荘です。客人を驚かせるために、当時の芸術家たちが作った庭園はとても素晴らしいです。ここは独特な噴水が多くあり、とても素敵な庭園で、とてもユニークな庭園です。

ティボリまでのアクセス

電車:

ローマ ティーボルティーナ(Roma Tiburtina)駅(メトロB)から電車で約1時間。

(運行:大体30-60分に1本)

切符:3.00€(大人・片道)


駅からヴィッラ・デステまで徒歩15-20分ほど。

駅からヴィッラ・アドリア-ナまでは市内のCAT社のバス4番で


バス:

メトロB線でポンテ・マッモーロ(Ponte Mammolo)駅から、COTRAL社のバスで終点(ティヴォリのマッシモ広場Piazza Massimo)まで。

所要時間:約1時間

イタリア オルヴィエート
引用: https://www.booking.com/hotel/it/la-rosa-di-orvieto.it.html

「世界一美しい丘上都市」と呼ばれるオルヴィエートの町。凝灰岩でできした城壁にそびえ立つ町で、古代エトルリア時代に栄た歴史をもつとても素晴らしいところです。

ローマから約1時ほどで着くこの独特な土地を訪れているのはいかがでしょうか?

地底都市、探検ツアー

イタリア 地底都市
引用: https://www.tgtourism.tv/2018/02/viaggio-ad-orvieto-dalla-rupe-alla-citta-sotterranea-56634-56634/

何千年もの間、地下に潜んでいた都市をツアーで探検することが可能です。地形等から考えるとこの都市を掘る作業は2500年ほどに及ぶと考えられています。

こんな貴重な体験ができる場所も多くありません。

是非、一度体験して見てください。

オルヴィエートまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約1時間15分。

Orvieto駅で下車。


切符:9-13€(大人・片道)

時期・時間によって変動します。

オルヴィエート市 オフィシャルサイトはこちら(日本語あり)

イタリア カッシーノ
引用: https://www.tripadvisor.jp/AttractionProductReview-g187790-d14071323-Montecassino_Abbey_Anzio_War_Cemetery_day_trip_from_Rome-Gaeta_Province_of_Latina_.html

ラツィオ州フロジノーネ県にある町、カッシーノ。幾度と戦いの犠牲となったことの町もまた古い歴史とともに独特な風景を見る子ができます。

中でも郊外に位置するモンテ・カッシーノという場所が有名です。

モンテ・カッシーノ(Montecassino)、戦いの歴史を持つ町

イタリア モンテ・カッシーノ 歴史
引用: https://www.tripadvisor.jp/AttractionProductReview-g187790-d12965299-WWII_BATTLEFIELDS_Battle_of_Montecassino_and_Rapido_River_from_Rome-Gaeta_Province.html

カトリック教会最高の修道会、ベネディクト会の修道院があるこのモンテ・カッシーノの町。

この地は戦いの戦略上、都合のいい位置にあるため、度々戦火に苛まれて来た歴史のある町です。ナポレオンにも侵略により破壊され、第二次世界大戦においても”モンテ・カッシーノのた戦い”と呼ばれる戦の舞台にもなりました。

カッシーノ、モンテ・カッシーノまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約1時間30分。

Cassino駅で下車。


モンテ・カッシーノまではバスが出てますが、1日4本ほどです。

下記のリンクから時間を確認してください。(英語)


切符:約9€(大人・片道)

時期・時間によって変動します。

イタリア フィレンツェ

皆さんよくご存知のフィレンツェです。ローマから以外と近く、日帰りでも行ける距離なのでご紹介します。

ローマ、ミラノに並ぶかなり有名で大人気なフィレンツェ。

ルネッサンス芸術作品の宝庫、ウッフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)

イタリア ウッフィツィ美術館

メディチ家の美術コレクションを収蔵しているこの美術館はヨーロッパ最大の美術館の一つです。レオナルド・ダヴィンチをはじめ数多くの有名芸術家による作品が展示されています。

チケットはオンラインで事前に押さえてことをお勧めします。

チケット予約は下記公式ホームページから購入可能!

フィレンツェまでのアクセス

ローマ(テルミニ・ティーブルティーナ)駅から電車で約1時間半。

Firenze S. M. Novellaで下車。(中心の駅)


切符:20-50€(大人・片道)

時期によって変動するため。

イタリア ペルージャ

ウンブリア州のペルージャ県にあるペルージャ市。紀元前から栄えた古代文明エトルリアの同盟都市だった町の一つで、とても歴史の古い町です。またチョコレートが有名で、秋にEUROCHOCOLATEという祭りが開催されます。

ゴシック様式の教会 サンロレンツォ大聖堂(Cattedrale di San Lorenzo)

イタリア サンロレンツォ大聖堂

町の守護神サン・ローレンツォを祀る大聖堂。町の中心近くにあるドゥオーモです。外装はシンプルな色味ですが、中は鮮やかなステンドグラスに彩られまた違う一面を楽しむことができます。

ペルージャまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約2時間半から3時間。

ペルージャ(Perugia)で下車。


切符:12-15€(大人・片道)

時期によって変動するため。

イタリア スポレート

ウンブリア州ペルージャ県にあるスポレートの町。山間にあり、トリュフなど山の幸が美味しくいただける場所です。自然も豊かで、ゆったりとした時間が過ごせます。

またイタリアで人気の「ドン マッテオ(Don Matteo」というドラマの舞台でもあります。

トリュフがイチオシ!

イタリア トリュフ

このスポリートの町は、景色や建造物もとても素敵ですが、この地はトリュフがとても有名なんです。パスタやお肉料理にふんだんに使われた料理は格別です。

世界三大珍味を是非、ここでご賞味ください。

スポレートまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約1時間15分から1時間半ほど。

スポレート(Spoleto)で下車。


切符:9€-15€(大人・片道)

時期によって変動するため。

イタリア ナポリ

イタリア南部を代表する大きな町、ナポリ。海に面したこの地にはおいしい食事や、歴史的建造物、また美しい景色を見ることができます。「ナポリを見てから死ね」という言葉を残ったのも納得の素晴らしい町です。見どころ、楽しみ方も満載!

卵城(Castel dell'Ovo:カステル デローヴォ)

サンタルチア港のすぐ近くにあるお城、卵城。なぜ卵城という名前なのかは諸説ありますが、お城の基礎部分に埋められた卵があり、「この卵が割れるとき、このお城、ナポリも倒れる」と魔術師によってかけられた呪いがあるとか。

中世に建てられたお城で、上から見ることのできる絶景も素敵です。

ナポリ 卵城

おすすめナポリのスイーツ

ナポリにも観光スポットもたくさんですが、食事もぜひ楽しみたい項目の一つです。

ナポリのドルチェ(スイーツ)は有名ですが、ババやスフォイリアテッレもナポリに来たらぜひ味わいたい一品です。

ナポリ スイーツ

ナポリまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約1時間から1時間15分ほど。

ナポリチェントラーレ(Napoli Centrale)で下車。


切符:13€-50€(大人・片道)

時期によって変動するため。

ヨーロッパ最古の大学「ボローニャ大学」がある、文化、芸術、美食の街、ボローニャ。ボロネーゼという言葉はこのボローニャからきています。地図で見ると距離がありそうですが、アクセスがいいため、2時間ほどでいけるため、いけぬ距離ではありません。素敵な街なので、是非足を延ばす価値はあります。

ボローニャまでのアクセス

ローマテルミニ(Roma Termini)駅から電車で約2時間。

ボローニャ(Bologna Centrale)で下車。


切符:30€-50€(大人・片道)

時期によって変動するため。

上記でご案内した費用や時間ですが、参考の情報となります。

イタリアの電車は、乗車する電車や時期、または購入時期によって変化します。つきましては、下記のサイトより、詳細をご確認するようお願いします。

いかがだったでしょうか?どこか行ってみたいところありましたか?

イタリアにはたくさんの小さな町があり、それぞれに文化が違ったりととてもユニークな国です。自分の足で、異国を冒険するは簡単ではありませんが、とてもいい経験になるのは間違えありません。みなさんの旅が素敵なものになりますように!BUON VIAGGIO!